エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:OL

    次の日から、テレビ制作のフロアーへ行くと、綾子が直ぐに傍に寄ってきて耳元で「し・た・い」の3文字をささやくようになった。
    そのうちたまに、「ふたり・だけで・したい」と言い出してきた。
    つまりぼくと通じるためには、陽子の許可が常に必要なので、陽子と3にんでしかぼくのチンポを味わえていないのが不満になってきたというのだ。つまり、独り占めしたいのだ。
    ぼくから見ると、横に陽子が居ようがぼくのチンポをオマンコやアナルに入れたらのたうち回って感じているように見えていたのに、女心は解らないものです。
    そこで、ぼくは出張を利用して綾子と2人きりで北陸の温泉地に2泊3日の淫乱旅行に出かけることにしたのです。陽子には温泉地の取材ということにしておきました。
    一日目、朝7時半に新大阪駅で待ち合わせをして金沢行きの特急サンダーバードに乗り、まるで新婚旅行のようにベタベタとしてくる綾子の腰に腕を回して、うとうとしながら列車の揺れを楽しみながら綾子とどんな風に楽しもうか想いをめぐらせていた。
    綾子には今回の旅行に際して注文をつけてある。
    まず、どんなことがあっても下着をつけないこと。
    陰毛は全て剃り上げてつるつるにしておき、ぼくのチンポが入って居ないときは常にWティルドを両方のアナに差し込んでおくこと。
    スカートは膝丈のもにして、サイドにファスナーがあり、いつでもぼくの手が入れるようになるもの着用すること。この3つだ。
    ぼくはさっそく腰に回していた手をスカートの中に進入させ約束が守られているかどうか確認することにした。
    2人の座った席は8両目の最後尾の席なので誰かが後ろを振り向かない限り、他の乗客に見られることはない。
    ただ出入り口のドアの直ぐ傍なので最中に開けられると即バレの恐れがあった。
    しかし、そんなことには構っていられないので、横から差し込んだスカートの中の手をティルドが刺さっているはずのオマンコに滑らせた。
    約束どうりオマンコの丘はつるつるで指に吸い付いてくる。 【陽子のおもいで  第23章 チンポの貸し出し・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    いつもの駅で降りると改札の前でフラフラ歩く女。
    会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。
    髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。
    「危ねっすよ」
    と言いながら体を支える。
    ややぽちゃ…デブではない。
    むにって感じ。
    『あ…』
    と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。
    「どこいくの?」
    『ちょっと駅から離れてタクシー…』
    「あ~んじゃ途中までご一緒しますよ」
    という事で、がっちり腰に手を回して反対の手で手を握り歩き始める。
    舌足らずで
    『ありがとねぇ~…』 【飲み会帰りであろう泥酔したOLを見かけた【エッチ体験談】】の続きを読む

    正直思い出したくない感じの、ブ男体験なので
    これに書いて封印したいです。
    そもそも、最近になるまで思い出したりも
    しなかったのに、最近のお笑いブームのおかげ?
    でちょくちょく似た顔の男が出るので、そのたびに思い出す。
    そう、あなた、南海キャンディーズの山ちゃん
    マジそっくりなんだよー
    今となっては、受け付けない顔ナンバーワン
    なのに、なぜかあの時の、雪山で貴方の指に
    萌えてしまいました・・・。
    スノーボーにはまっていたフリーター時代、
    冬になると、女友達と毎週のように山に
    通っていました。仕事がないときは、1週間くらい
    とまるかんじなんだけど、そのときは女友達2人と
    滑りに行ってました。もちろんナンパされまくり 【冬山でやっちゃったブ男の思い出【エッチ体験談】】の続きを読む

    ここのところ、仕事の休憩時間になると、
    私の頭の中には宮田くんが…。
    宮田くんのペニスと睾丸が…浮かんでくるの。それというのも、私、イケナイことを楽しんでいます。
    泥酔して(するまで飲ませて…)完全に寝入っている宮田くんを触っているの…。
    キス(ほっぺた)もしてるし…、抱きついたりもしてる。
    そんな事を楽しみはじめて、もうすぐ1年になる。そしてこの間、ついにズボンの上からだけど、
    ペニスと睾丸まで触って…というより、揉んでしまったの。
    2揉みでした…。その感触をリアルに思い出してしまって、
    そんなモンモンとした会社での休憩時間を数日間過ごしていました…。宮田くん、今日…どうしてるだろう。
    また、酔わせたい…。
    ついに想いのまま、終業時間にかけた携帯が繋がった昨日、
    泥酔させる事に成功しました…。仕事帰りのスーツ姿の宮田くんと
    帰り道の途中にある居酒屋へ寄って。「ぐぅ…」
    「宮田くん、寝ないで…。まだタクシーの中だよ〜」
    焦ってゆさゆさ起こす…フリ。 【泥酔中の宮田くん1【エッチ体験談】】の続きを読む

    私が営業職として入社した会社は、本社の近くに寮があり、
    低層階が女の子で、上層が男の子。部屋は3LDKや2LDKを、
    2〜3人でシェアして生活してました。
    私が配属された係りには、1つ年上の寮生の先輩がいたんですけど、頼りになる先輩で、
    メールで励ましてもらったり、飲みに誘ってもらったりで、本当に憧れの先輩でした。
    大体は、休みの前の日に「ビール」と、 一言のメールが来るので、おつまみを作り、
    非常階段をこっそりと上って、先輩の部屋に行くという感じでした。
    その日も、先輩の部屋でいつものように飲んでました。3人…、ぐらいで飲んでて、
    仕事の愚痴を聞いてもらったり、別れた彼氏の話をしたり。
    先輩がマッサージしろというので、うつぶせの先輩にまたがって、 マッサージなんかもしてました。
    周りには「ここは何屋だ!?てか、
    おまいらの関係は何なんだ!?」と、言われたりで。
    その飲み会は、私が食器とかの洗い物をしてる間にお開きになったようで、
    ふと気がつくと、先輩が布団の上で“うつぶせ大の字”で寝てるだけ。
    その頃のあたしは、彼氏と別れたところで、なんかちょっと寂しかったと 【私が好きだった先輩は、・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    お久しぶりです。やっとパソコンが直り、投稿できます。ちなみに捕まっていませ
    んので、安心してください。この3ヶ月の間にあった出来事を随時投稿していきま
    す。
    <12/24 クリスマスイヴ>
    この日はカップルが多く期待できそうだが、ほとんどはホテル等を予約しており、
    職場の飲み会相手が例年の習わしである。私も諦めていたが、22時過ぎ、繁華街の
    ショットバーから男1名(30前後)、女2名(20後半&20前半)が出てきた。1名
    の女がもう一人の女に担がれている様に見えた。さらには女同士で何かもめている
    ような雰囲気であり、イヤな感じがした。すかさず男が私に手を挙げ、タクシーを
    やむなく止めた。男はふらふらしている女を強引に私の車に乗せ、マンションの名
    前を告げ、前金で1万くれた。告げられたマンションは某大手のマンションで出発
    地点から20〜30分程度で着く。車に乗せられた女は残った男ともう一人の女に窓越
    しで文句を言っているようであった。出発後の車内でも独り言で「ふざけんな」
    「死んじゃえ」と言っていた。私は思わず、「何かご不満でもあるようですね」と
    振ると、「あいつらふざけている」「とおるくんと付き合っているのを知っている 【色んな事がありまして。。。Vol.9【エッチ体験談】】の続きを読む

    次の日、お昼前だったと思うが、僕はまだ陽子のベッドで眠っていた。
    しかし、いつのまにか股間に違和感を覚えて目を覚ましたのです。
    横で可愛い寝息をたてて眠っていた陽子の姿がありません。
    どこへ行ったのかなと思っていると再び股間にゾクゾクとする感触を覚えます。
    そうなんです、僕より早く目を覚ませた陽子がシーツの中に潜り込み、僕のチンポや玉袋を玩具にして遊んでいるのです。
    横を向いて寝ている僕の背後に周り、お尻の間から見える袋に吸い付き中の睾丸を歯と舌で手繰り寄せようとしているところでした。
    僕は、陽子の執拗な愛撫を受けていることも判らずに「こんな起こされ方を毎日して貰えたら 最高に幸せだろうな・・・で、このままお口に起き抜けの一発を思いっきり発射すれば気持ちよく起きられるだろうなあ・・・」などと夢か妄想か解らないことを頭に浮かべながらまどろんでいました。
    「それにしても・・・玉袋への刺激は随分ハッキリとしたものだなあ・・・」
    と夢と現実の境を行ったり来たりしていて、ハッと現実なんだと気づいて2度目の目覚めとなった陽子は僕が寝返りを打ったので袋から口を離して上に来たチンポの先っちょにキスをしながら僕の胸の上に可愛い顔を出してきた。
    陽子は小さな声で「おっはよー」と声を掛けてきた。
    「お早う・・・最高の起こされ方に感謝します・・・おお、神様ぼくはなんて気持ちの良い起こされ方をされてしまったのでしょうか、お陰様でチンポが朝から元気いっぱいです。・・・今日も陽子といっぱいHが出来ますように、・・・アーメン」
    と冗談半分でお祈りをした。
    陽子も最後「アーメン」と言ったのか「ザーメン」と言ったのかハッキリしなったけど呟いた。
    「・・・うん?・・・陽子」「なに?」「今最後に何て言った?」陽子は耳元に口を持ってきて囁いた。
    「アーメン・・・じゃなくてザーメンって言ったの。・・・だって・・・雅也の精子君、今日もいっぱい欲しいから・・・神様にお願いしたの・・・いっぱい出ますようにって・・・。どう・・・もうやる気満々みたいだけど・・・さっきから雅也のチンポがカチカチになって陽子のこと見つめてるよ・・・」 【陽子のおもいで 第18章 肉欲だけの夏休み Part7【エッチ体験談】】の続きを読む

     その日は午前中から流していました。やはりこの時期はタクシー業界としては繁
    忙期。当日夕方から雨が降り始めていました。午後5時くらいから繁華街へと輸送
    作業。午前2時くらいまで若い女性やら不倫カップルなどを運搬していましたが、
    チャンス無し。半ば諦め掛けていたところで、休憩のため、コンビニへはいる。そ
    の時気づいたのが、コンビニと隣の建物の1mと無い隙間に後ろ姿の若そうな女性
    1名がうずくまっているのを発見。少々気にしながらコンビニで雑誌と冷たい飲み
    物を購入。店から出た後もうずくまっている女性をチェック。ベージュのフレンチ
    コート・ジーンズ姿である。周りを気にしながら、タクシーに戻り、女性の動向を
    確認。周囲には知人らしき人も居ない。探している様子もない。私は車内で5分程
    度、見ていたが全く動く様子も無し。雨も強くなり、私はタクシーをハザード状態
    にし、ロックをかけ、飲み物を持って女性に近づいた。声を掛けても「う〜
    ん。。。」としか反応が返ってこない。タクシーに連れ込もうにも、女性の躰が重
    く、いうことを聞かないので、断念。ならば、もう少し奥に引きずり込みと考え、
    「雨が降ってきて濡れるからもう少し奥に移動しよう」「水あるよ」等と誘い、人
    目に付かない奥に連れ込んだ。残念なことに、ビルの隙間だったため、顔ははっき 【色んな事がありまして。。。Vol.10【エッチ体験談】】の続きを読む

    初めて投稿させていただきます。香苗と言います。
    先日会社の先輩の智子さんとカラオケに行った時に二人とも全裸で歌っちゃいました。
    ドアに鍵なんてないし、窓は小さいけど外から普通に覗けちゃうので最初はビクビクしていたけど、
    お酒の勢いもあり思っていた以上の解放感とエッチな興奮で盛り上がって、いつの間にか二人とも
    すっかりハジけちゃってAKBの歌をスタンドマイク使って振付しながら歌っていました。
    「男達に窓覗かれて乱入されたら、私たち問答無用でレイプされちゃうよね。欲求不満のスケベ女が
    二人と全裸なんだから」
    「やだ~、智子さんと一緒にしないでよ。私はそんなに欲求不満じゃないよ~」
    「でもホントはレイプ願望あったりして」
    「そりゃあね。って何言わせんのよ~」
    なんて言いながらケラケラ笑って、飲んで、歌って。
    スケベじゃないとか言ってたくせに、私、智子さんがモニター見ながら歌ってる時、こっそり自分の
    クリトリスを指でクチュクチュしていたし。
    もしかしてバレていたかも知れないけど、実は智子さんもやっていたっぽいし、これはお互い見て見ぬふり
    さすがにくたびれて帰る頃には 【カラオケで全裸【エッチ体験談】】の続きを読む

    昨日、仕事が終わったのが遅くてさ、駅までダッシュしても終電間に合うかどうかだったんだ。
    仕事柄終電逃すなんてザラだから、そんなに焦ってはなかったけど、帰れるなら帰りたいなと思った。
    その時社内には俺とおっさん課長と、改造前の釈由美子似のOL、あと5人位の雑魚キャラがいた。
    雑魚キャラの内訳は、先輩男性社員3人、釈の同期女2人。
    男性社員は関係ないが、女性社員は関係あるので、スペックをば。
    ▼女社員A
    24歳・巨乳・サツマイモみたいな顔してる。
    ▼女社員B
    24歳・178cm・顔はちびまる子に出てくる野口さんみたいな感じ。
    で、昨日も一昨日も徹夜だし今日は帰ってオナニーするなりーと思い、席を立った時、課長に呼び止められた。
    「おい、お前なんか忘れてないか?」
    (は?おまえがカツラな事ならしっかり覚えてるぜこの糖尿!)
    と思ってたら、思い出した。
    俺今日中の見積りが3件残ってた。
    こりゃ終わったねと観念し、 【昨日職場の釈由美子似の子にフェラしてもらった【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ