エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:高嶺の花

    名無しさんからの投稿
    ----
    倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶ事に。
    ろくに顔写真も見ずに無指名でホテルで待つ事10分・・・そこに現れたのは、倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高嶺の花だったY美。
    勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならない俺はY美をズリネタしていたものだった。
    向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して
    「ごめんなさい、チェンジしてもらった方がいいですよね」
    と言って早々に帰ろうとする。
    Y美の腕を引っ張り、
    「まあ・・・中に入りなよ」
    と強引に引きずり込んで、
    「大変そうだね、なかなか再就職は難しいよね」
    と声をかけるも、
    「あの・・・私・・・ちょっと無理なんで・・・チェンジしてもらっていいですか?」
    と半分パニックになってる。 【【デリヘル】倒産した会社で高嶺の花だった同じ課の同僚【エッチ体験談】】の続きを読む

    あいおんさん(30代)からの投稿
    ----
    大学の同サークルで2年後輩の萌(仮名)は目が大きく、口が小さい童顔。
    身長は150cmぐらいで体も小さかったが、服を着ていてもAカップと分かる貧乳だった。(AAとかだったかも知れない)
    つまり顔から体まで完全なロリ体系。
    また、お嬢様っぽい雰囲気を持っていて、下ネタなどの話題になると嫌悪感を出す事もしばしば。
    そんな雰囲気に加え、性格が良い・明るい・可愛い、と大人気の後輩だ。
    「誰々が萌に告白した」
    という類の話は日常的だった。
    萌は俺のタイプだったが、俺には彼女がいたし、競争率が高すぎて最初から諦めていた。
    そんな俺を安全と判断したためか、萌はよく色々な相談をしてきた。
    そんな関係のまま、俺は社会人になった。
    しばらくして、萌から就職の相談をしたいと連絡があり、会社終わりの金曜の夜に会う事になった。
    久し振りに会った萌は相変わらず可愛くて中高生に見える。
    喫茶店で真面目に相談に乗った後、萌はお礼に食事に誘ってくれた。 【凄くモテてた貧乳の後輩の処女を頂いた【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺にはずっと片思いしていた女性がいた。
    中学の入学式で見かけてから、完全に一目惚れ。
    芸能人で言うと、桐谷美玲みたいな感じかな。
    名前は美玲としよう。
    背が高くて綺麗な顔立ち、勉強もでき、そして性格も最高だった。
    もちろん他の男子連中にも人気があった。
    中1と中3は同じクラスだったが、高嶺の花すぎて当時は会話をほとんどした記憶はない。
    何とか同じ高校に通いたくて、受験勉強を必死で頑張った。
    そして、念願の同じ高校へ進学できた。
    しかし高1・高2と別々のクラス。
    会話どころか、顔を見る機会も少なかった。
    美玲は高校生になって一段と綺麗になり、校内でも有名だった。
    高3になった時にようやく同じクラスになれた。
    勇気を出して同中をネタに何度か話しかけた事を覚えている。
    その時は本当に緊張しすぎて、何を話したかも全く覚えていない。 【ずっと片想いしていた、高嶺の花だった女性と再会【エッチ体験談】】の続きを読む

    中2の時に告白した。
    相手は、クラスのアイドル。
    いわゆる高嶺の花。
    ■初日
    好きだった子は近所だったため、学校に行く途中に告白するも、あっさり撃沈。
    ■翌日
    少し早めに起きてその子を待ち伏せ。
    で、
    「どこが嫌い?直すから付き合って欲しいな」
    と言うも、ほぼ無視状態。
    ■翌々日
    再び待ち伏せ。
    「そのしつこいの、やめてくれない!?」
    で、再び撃沈。
    ■2週間後 【中学時代にクラスのアイドルに告白して撃沈し続けた話【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校の頃、とても仲が良かった女の子がいる。
    ここではN子と呼ぶ。
    当時、遊んでいた女の子の中では、N子は色気はなかったが可愛さはピカイチだった。
    大人になってから久しぶりにN子と会う事になった。
    少し色っぽくはなっていたが、相変わらずといった感じ。
    2人とも会社帰りに会い、そのまま飲みに行こうという事になって個室のある居酒屋に向かう事になった。
    最初は下らない話から始まり、懐かしい思い出話。
    お酒のおかげもあって、とにかくその場はとても盛り上がった。
    途中トイレのために席を立ち、戻ってくるとN子はうたた寝をしていた。
    疲れと酔いで眠ってしまったようだ。
    軽く呼びかけたが起きない。
    いたずらしてやろうかと思ったけど、すぐ起きるだろうと思ってそこは踏み留まった。
    しばらく1人でボーっとしていると、N子の携帯が鳴った。
    でもN子は起きなかった。
    「おい、電話鳴ってるぞ」 【高校時代に仲良かっためっちゃ可愛い女友達が泥酔したのでそのままヤってしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    5年ほど前の事なんだけど、当時会社の子で付き合って間もない彼女が居たんだ。
    藤崎奈々子を清楚にした感じの、俺には手が届かないような子だったんだが、仕事の関係でちょっと近くの役所まで送って行ったのをキッカケに食事に行く事になり、付き合う事になったんだ。
    奈々子さん(仮名)は英語ペラペラで、会社入ってそれほど経ってないのに客と電話やメールでやり取りをして皆からも評価・人気ともに高かったんだ。
    学生時代に年上の彼氏が居たらしいんだけど、会社入ってから別れたから仕事を頑張ってたって言ってた。
    俺達2人の事は誰にも言ってなくて、俺もこんな綺麗な子がフリーなんて・・って思ってたけど、周りの先輩や上司に飲み会とかで色々言われてもうまくあしらっていたからあまり心配しないようにしてた。
    付き合ってからは人並みにデートをしてキスをして・・・そこからの奈々子さんのガードは結構堅かったけれど、それでも凄く幸せだったんだ。
    週のうち2~3回は一緒に食事して買い物したり夜景を見に行ったり、月並みだけど人を好きになるって事はこういう事なんだ、って思ってた。
    でも、いつも
    「夜22時までには家に帰らなきゃ」
    って言ってたし、会えない日に電話やメールしても、夜の22時から23時はほとんど連絡つかなかったんだ。
    不安だったけど、まさか本命の人がいるなんって思ってもいなかったんだよ・・・。
    年末、奈々子さんは家族で両親の実家に帰るって言ってたんだけど、
    「年が明けたら京都に初詣に一緒に行こう。実家が京都の方だから現地で会おう」
    って待ち合わせの場所を決めたんだ。
    俺は京都はあまり詳しくないから、年末に1人で待ち合わせの場所から神社までの道のりを下見しに行く事にしたんだ。 【社内恋愛してた彼女が50過ぎの男に寝取られてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ