エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:風俗嬢

    エアコン修理の仕事してるんだが、去年の夏にあるアパートの管理人からエアコン修理の依頼があった。
    入居者の名前は明らかに韓国人で、嫌な予感がしながら訪問。
    インターホン押して出てきたのが20代前半くらいの女の人でした。
    びっくりした事に、タンクトップに短パン、しかもノーブラなようで先っぽが何となく分かる状態。
    部屋の中に入るとエアコンが壊れているせいで物凄く暑い。
    お客さんの胸をもっと見ていたかったのですが、仕事なので修理に取り掛かり、室外機を見ようとベランダに出ると当然のように洗濯物が干してあり、ちょうど室外機の上に下着類が・・・物凄く派手なのやスケスケの下着を見てふと気が付いたのです。
    この人はきっとこの近くのお水か風俗のお姉さんだと。
    確か会社の先輩がこの近辺のアパートにはそういうお姉さんが店に住まわされている部屋があるって言ってました。
    恐らくこの部屋はそうなんだろうな、と思いながら修理し、原因を室外機側で特定できたのでお客さんを呼んで説明した。
    「室外機のここの部分から・・・」
    と説明すると、お姉さんは分かったのか分からないのか、その個所を覗きこみながらフンフンと頷く。
    その時ふとタンクトップから胸チラ!
    しかも先まで丸見えになっている事に気が付きました。
    説明しながら胸元に釘付けになっていると、ふとお姉さんがこっちに振り向いて気が付かれてしまい
    「ダメよ!お兄さん見たでしょ!」 【エアコン室外機の修理で出向いたらノーブラと分かる格好の風俗嬢だった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    おっぱいパブは地域とかで色々差異があると思う。
    この話に出てくるおっパブは追加料金払うと、個室ではないけど外から見られない程度に仕切られた席で、指名した子と楽しめるという要素があった。
    俺は友人に誘われて行って、最初は通常のおっパブで利用したのだが、その時3人のおっぱいを触ったのだけど、最後に俺の上に乗って来た子が凄く好みだった。
    顔はモー娘の安倍なつみに似てて、しかも胸はFカップあった。
    俺はその数日後、もちろん友達とは行かずに1人でそのおっパブに行き、なつみを指名。
    それから定期的に個室で遊ぶようになった。
    おっパブはエロい事する時間と話す時間が基本的に別れてるので、なつみとも色々話してある程度仲良くなったように思った。
    ある日、俺はいつものようになつみの乳房にむしゃぶりついてた。
    その日のなつみはいつもより感度が良くて、俺に乳首触られたり舐められたりすると腰をグリグリ動かして股間を俺のペニスに擦り付けるくらい悶えてた。
    プレイする時間が終わり、なつみを俺の膝の上から降ろして酒を飲みながら、
    「今日なんか感度いいね」
    と言うと、
    「うん、なんか今日発情期みたい」 【半個室のあるおっぱぶで好みの女の子を手マンでイカせた話【エッチ体験談】】の続きを読む

    その子との出会いは高校生の時。
    俺が一目惚れだった。
    外堀を埋めつつ埋めつつゲットした高2の秋。
    スペック忘れてた。
    ■付き合い始めた頃。
    俺:高2、身長は175くらい。顔は…誰だろう?割と中性的な顔と言われる。
    彼女:高2、身長は160ちょいくらい。顔分かんねぇ。まあでも美人系だな。
    普通の高校生カップルみたいな事をずっとしてた。
    ねずみの国に行ったりファミレスでグダったりどっちかの家行ったり。
    お互いの兄弟連れて遊んだ事もあった。
    そんな青春生活を送っていたわけなんだが、高校生っちゅーもんにはいつか終わりが来るんだ。
    受験して、卒業だな。
    受験期はお互い勉強頑張ってたし、良きライバルでありパートナーでもあった。
    彼女は家庭の事情で予備校とか行かず独学で。
    俺は親に甘えて予備校行ってた。 【高校の頃一目惚れした彼女に、大学生になって振られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    大阪府/塗人さん(30代)からの投稿
    ----
    俺、39歳自営業。
    風俗女、27歳。一昔前のヤンキー顔(キレイめ)。T157/B83(C)/W57/H85。声が倖○來未にそっくり!
    去年の9月下旬頃、仲間内でホテヘル遊びが流行り、何処に行こうかと色々な店のHPを見ていたら気のキツそうな、一昔前のキレイめのヤンキーが目に飛び込んできて、一目惚れに近い感覚になってスグ電話。
    予約を取り、指定されたホテルに入り、部屋番号を電話して風俗女(以降・來未)が来るのを湯船を溜めながら待つ事にした。
    20分程して部屋のチャイムが鳴り、当たりである事を祈りながら扉を開けると思わず心の中でガッツポーズをしてしまうようなHPのままの容姿で
    「こんばんは」
    の一言が倖○來未の声にそっくりなセクシーボイス!
    來未を部屋に導き入れ、簡単な自己紹介を済ませた所で來未が
    「そろそろシャワー浴びる?」
    と仕事モード。
    俺は
    「湯船を溜めてるし、一緒に入る?」
    と聞いたら 【【本番】綺麗だけどキツいヤンキー顔したホテヘル嬢に中出し【エッチ体験談】】の続きを読む

    れいじさん(40代)からの投稿
    ----
    これはついこの前の話です。
    私は40歳で、私の住んでいる県には店舗型の風俗店がないため、デリヘルがメインです。
    しかも、経済的に裕福ではない地域なので、地元の女の子はキャバや風俗に走る娘が非常に多いです。
    なので、普段風俗で働かなそうな女の子がたまにいます。
    いつも呼んでいるデリヘルに電話してみると、店長から
    「新人が入ったんですけど、ほとんど経験ないみたいで、色々教えてあげてもらえませんか?」
    と打診されました。
    実はかなりの常連なので、新人の初々しい娘を優先的につけてもらえるようになっていました。
    了解すると、30分後に自宅のチャイムが鳴り、ドアを開けると学生服姿のスレンダーな女の子が立っていました。
    (ちなみにこの店は学生服で来るシステムです)
    まずびっくりしたのは、その容姿です。
    黒髪で化粧も厚くなく、清潔感溢れる感じです。
    芸能人で言えば、川島夏海によく似ています。 【性の知識がないデリヘル嬢を調教した【エッチ体験談】】の続きを読む

    ポンズさん(20代)からの投稿
    ----
    1年ほど前、俺は色々付き合いが増え始め、繁華街へ飲みに行く機会が増えていた。
    また、付き合いが多いのはおっぱい好きがやたらと多く、おっぱぶに行く事が毎回の締めみたいな時期であった。
    ちなみみにオレは足フェチなので、おっぱぶに行ってもキャバクラのようにずっと話してるだけで、他の連れがおっぱいにシャブリつく様を見て笑っていた。
    そんなある日、また仲間内で飲んでから行ったいつものおっぱぶで、ユウキという女がついた。
    ユウキはとてもニコニコしていた。
    ユウキ「初めまして!今日だけ体験入店なんです」
    俺「そうなんだ、いくつなの?」
    ユウキ「ハタチです。お兄さんは?」
    俺「22だよ、歳近いな…」
    小さい街の繁華街、歳が近いのはあまり嬉しくはなかった。
    ユウキ「歳近いねー!!今度飲みに行こうよ!!」
    俺「いきなり??いいけど…」
    確かにおっぱぶに通うよりは嬉しい言葉だった。 【おっぱぶで知り合った子はフェラテクが抜群だった【エッチ体験談】】の続きを読む

    初めておっぱぶに行った体験談を書きたいと思う。
    でも、おっぱぶで過ごした時間だけをただ書くだけじゃ、俺のこの複雑な心境を到底理解できないと思うので、中学時代まで遡って今日の記念すべき体験を語りたいと思う。
    そんなのマテねーよ!って早漏も居るだろうから、結論だけは先に述べたい。
    結論『お前ら。安いからっておっぱぶに行くな。ソープに行け』
    ■スペック
    身長:171cm。
    体重:55キロ。
    年齢:20歳。
    顔:普通に限りなく近いイケメンと言えなくも無い。
    性格:良い。
    中学、高校と男子校で学んで来た俺。
    出会いなんて皆無に近く、当然のように6年間童貞だった。
    別の共学高校に行った友人曰く
    「お前に彼女が出来ないって信じられない」
    とよく言われていたので、顔は悪くは無いと思われる。 【初めて行ったおっぱぶで酷い目に遭った【エッチ体験談】】の続きを読む

    店の外観はボロいホテルみたいだった。
    そのくせ入口はめっちゃ綺麗。
    表通りの方ではなく、横の路地に入口があった。
    中に入るとイカついオッサン2人と若いアンちゃんとスタイリッシュお姉さんが
    「いらっしゃい」
    と出迎えてくれた。
    「何時に○○さんで予約取りました○○ですー」
    と言うと、奥の控え室に通された。
    内装は暗めで、黒い暗幕がところどころに張られていた。
    その暗幕の向こう側は多分事務所だったり、トイレだったり、エレベーターだったり、待機室だったりだ。
    偏見で恐いイメージを持ってたが、オジさんもお兄さんもお姉さんもそこらの客商売よりずっと教育されてる感じだった。
    声色からして怖さがない、ドスの低い声なんて出さないよ、みたいな。
    待機室に入るとお茶とおしぼりを出してもらった。
    「会員証はありますか?」
    と聞かれ、 【ソープ初体験の時に経験した嬢の匠の技【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    私は23歳のデリヘル嬢。
    高校卒業後、普通のOLをやったが、色々嫌なことがあり2年で辞め、デリヘルの仕事を始めた。
    今年でデリヘル3年目。
    ●私の自己紹介。
    名前はミサトで、顔は普通レベルだと思う。
    スタイルは自信あり。
    ってかこれだけでデリヘルで人気出てるww
    入店時に測ったスリーサイズは、103‐60-88。
    ブラサイズはアンダー70のJカップ。
    もう1カップ大きいと思うけど、市販で売ってないのでJカップを付けてる。
    この大きすぎる胸が原因で、OL時代は上司のセクハラや同性からのイジメに遭って辞めてしまったが、今はこの胸のおかげで生活できてる。
    良いのか悪いのか微妙な所…。
    これは、デリヘルの仕事で出会った3人のリピーターになってくれた変わったお客様の紹介。 【デリヘルの仕事で出会った、変わった3人のお客様【エッチ体験談】】の続きを読む

    ■スペック
    弟、大学生、20歳。
    あたしは近くにアパート借りて住んでるので実家は父、私、弟、祖母の三人暮らし。
    うちは家庭の事情で母は昔からいないので、婆ちゃんと私、父、弟で生活していた。
    婆ちゃんっ子&シスコンのため、弟はかなりの甘ったれに育ってしまった。
    でもなんだかんだで三流大学に入学し、それなりにキャンパスライフを楽しんでいるらしく、私は私で独立して彼氏と半同棲しているため、たまに連絡とるくらいの関係になっていた。
    弟が2か月ほど前の夜中、突然訪ねてきた。
    弟:上がっていい?
    私:どうした?急に。
    弟:いや別に大した事じゃないんだけど。
    とりあえず、部屋にいれて話を聞こうとするも、同棲している彼氏の存在を気にしてなかなか話そうとしない。
    彼氏が気を使って隣の部屋へ移動。
    ようやく弟が喋り出した。
    弟:なんかー、すっげーウザい女がいてー…。
    弟は高校デビューのDQNで、喋り方がいきがっていてめっちゃうざい。 【弟がデリヘル嬢を妊娠させたらしい【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ