エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:覗かれ

    嫁の真奈美が、俺に隠れて隆司とセックスをしていたことがわかってしまった。
    真奈美は、あくまでもマッサージだと言っているし、キスは禁止しているようだ。
    家での俺に対する態度も、一時悪くなった気がしたが、今は良好そのものだ。
    相変わらず、週に2〜3回隆司とデートに行っている。
    最近では、平気で土日などの休日を、一日デートに使うこともある。隆司と一緒に買ったペアリングは、常に身につけている、、、
    そして、デートから帰ってくると、激しくセックスをするのがパターンになっている。
    セックスをしながら、真奈美が俺を挑発するようなことを言って興奮させてくる。
    隆司とは、腕を組んで歩いたとか、映画の間中ずっと手を握っていたとか、そんなことを言ってくるのだが、セックスまではしていないという感じで話す。
    実際にはしているのがわかっているし、裏切られたという気持ちも少なくない。
    だが、冷静に嫁の話を聞いていると、確かに嘘はついていない。
    うまくはぐらかすというか、流れを作って話をしている。俺が、”セックスしたんだろ?”と聞いたら、ちゃんと白状しそうな気もする。
    だが、嫁が俺のことを嫉妬させて興奮させて来ることに、幸せと興奮を感じているのも確かだ。
    しばらくは、嫁を信じてこの状況を楽しもうと思っていた。
    そんな矢先、久々に3人で遊ぶことになった。
    ボーリングやカラオケをしようという話で、仕事終わりに俺たちが車で隆司を迎えに行った。 【奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた4【エッチ体験談】】の続きを読む

    とても恥かしいのですが告白します。それは今年の夏休みの出来事でした。
    私達夫婦と夫の同僚のご夫婦と那須高原にキャンプしました。
    ご主人はハンサムで優しくて頼もしくて、奥様はとてもお上品でお綺麗な方でして
    お二人はお似合いのご夫婦で、とても羨ましく思っていました。
    私、用を足したくなって、人に見られないところを捜して林の中に入りました。
    すると向こうからご主人がやってきました。
    「何処へ行かれるんですか、この先は人があまり入りませんよ」と聞かれて、
    「恥かしいわ、そんなこと言えません。後を付いてこないでくださいね」
    とお答えしました。少し奥へ入ったところで私、我慢できなくなって、スカートを
    捲ってショーツを脱いで座り込みました。そして用を足し終えたときに・・・
    後ろから誰かに抱き付かれました。信じられないことですがそれはご主人でした。
    私、声を出すと大騒ぎになると思い、声を出さずに我慢してご主人から離れようと
    頑張りました。でも、押し倒されて両足首を掴まれて両足を開かされて、ご主人の
    顔がゆっくりと私のアソコに近付いてきました。
    「いけません、きたないわ。お口が汚れてしまいますわ。奥様に嫌われますわ」 【信じられない出来事【エッチ体験談】】の続きを読む

    私30歳、妻28歳の子持ち夫婦です。
    少し前の夏のことです。
    子供を実家に預け妻と二人で午後から海水浴場へ出かけました。
    平日ということもあり夕方になると人気もまばらになり、
    私たち夫婦も荷物を預けている海の家へ戻りシャワーを浴びに更衣室に入りました。
    トタン板で囲まれた粗末なつくりのシャワールームには5つのシャワーが横並びに
    設置されており、同じくトタン板で間仕切りがされています。
    左から2つ目と3つ目のシャワーは2人の先客が使用中のようでカーテンがかかっており
    私は右端のシャワーを使用することにしました。
    先客たちは私の存在に気づいていないかもしれません。
    しばらくすると
    「あっ、来た!!」と先客たちのささやく声が聞こえてきました。
    「人妻風やな!!」ともう一人の先客が小声で答えました。
    もしや女性用のシャワールームが覗けているのか?人妻風ってうちの嫁さんの事か?
    気になって観察すると女性用のシャワールームとの間仕切りのトタン板に釘で開けたような 【視姦された愛妻【エッチ体験談】】の続きを読む

    夜中のゴルフ場で
    女房がゴルフ場で仕事をしていた頃の話です、ゴルフ場と言ってもキャディではなく洗濯、掃除とか雑用で、
    お客さんとはさほど顔を合わす訳でもありませんが、せいぜいロッカールームでお客と接するくらいでしょう、
    その頃と言うか、それ以前から、私の性癖で女房とのセックス場面の写真やビデオを撮っていました。
    私は自他共に認める位助平は自認していますが、女房も結構助平だと思います、それはというと
    結婚する前から裸の写真やビデオを撮らせるのに全くと言って良いほど嫌がりもしなかったからです。
    家の中でのセックスは、ベッドの上は勿論、台所でも、トイレの放尿も、お風呂でのビデオも撮り尽くす程撮りましたし、
    友人との3Pなども、ビデオに撮り大事なコレクションとして今も取ってあります。
    家の中は勿論、近くの山の中へ入りまだ小さな子供をそばに置いて、そのヘリでしゃがんで小便をしているところを撮ったり
    子供を妻のさとに預けて二人きりで山奥に入り、シートを敷いて、青空の下、二人とも全裸になり
    三脚にビデオカメラをセットし、オメコしている所等も何度も撮りました、アングルもいろいろ変え
    特にもろに女房のオメコに私のチンボが、ズボズボ抜差ししている所などをよく撮りました。
    そして子供も大きくなった頃、女房が近くのゴルフ場で働き始めました。
    ある日、女房が仕事から帰ってきて私に「これお客さんから貰った、」と言って、青い錠剤を見せました、
    それはまだ誰でも手にいれる事も難しかったバイアグラでした?(何で?)とも思いましたが 【女房の仕事場で【エッチ体験談】】の続きを読む

    はじめまして、私は45歳 妻33歳 結婚して7年目の夫婦です、
     私は二回目の結婚で 妻とはお見合い結婚でした、
    最初は前の妻との比較でよく喧嘩もしました、
     今では無くては成らない人になり、良きパートナーです、
     仕事も遊びも一緒に楽しんでやります、
     妻は、158センチ55キロややふっくら、色白で男好きするタイプです、
     仕事で店にいる時は よく色っぽいねと私がからかわれます、
     私にも それが妻の魅力だと思います、
     年甲斐も無く週二回はこなしております、
     目を閉じ悶える表情は顔を見てるだけで感激です、
     それが、5年目位経ったある休日の日、私は久し振りにパチンコの帰り、車を駐車場に入れ車から出ようした時二階のベランダで妻が洗濯物を乾しているのが見えました、
     それを下から覗き見している高校生が2人いました、
     妻はそんな事には 全く気にせず洗濯物を乾していました、
     休みが1週間に1回なので洗濯物も多く、その作業はなかなか終わりません、
     2人は必死にスカートの奥を覗いている様子でした 【覗かれた妻【エッチ体験談】】の続きを読む

    もう40年前の話です、
    母は、32歳の時で、私は5歳です、まだ犯罪とか知らない歳でした。
    母は、普段、生け花の先生をしていまして、着物を着ていました、ですので下着はつけていませんでした、いわゆするノーパン、ノーブラでした。
    ある日、デパートでバーゲンセールがあり、母と私は、バスに乗り、デパートに行きました。
    出かける時は、少し短めのスカートを履いて出かけます、そして、バーゲンセール会場に行くと、安いものを買おうと、必死で探しており、私は、後ろの方で待っていました。
    すると、中年の男の人が、母の後ろで足を動かして何かをしている、何をしているのか見に行くと、母の足と足の間に靴の先に手鏡がついた物でスカートの中の覗いていたのです、
    手鏡に写ったのは、下の方のお尻の割れ目やおまんjこ毛が微かに写っていました。母は、ノーパンで出かけていたのです、
    中年の男は、ニヤリと笑いながら、一生懸命に足を動かして、母のスカートの中を覗いていたのです、
    私は、その時は、何でこんな事しているのかわかりませんでした。
    そして、バーゲンセールが終わり、バスに乗って帰る時でした、バスは混んでいまして、母は、つり革につかまり私は、母の手を握っていました、すると、その中年の男が現れて、又、母の後ろにいました、そして、また靴を母の足の間に入れて、スカートの中を覗いていたのです。
    私も下を見たら、手鏡は、真っ暗で何も写っていませんでした。
    そして、バスを降りて、母に、変なおじさんがついて来るよと言ったら、母が後ろを向くと、おじさんは消えていました。
    昔を思い出して書いてみました。

    嫁さん(38歳)が、下の子が小学校に上がったのを期に、
    パート事務員として通い出しました。
    パート先が近いという事で制服のまま自転車で通っています。
    その制服というのが、膝上のタイトで38の主婦が履くには短いような
    気がしていましたが、この前出勤時に
    携帯を忘れたのに気付いて引き返す途中見てしまいました。
    自転車に跨がり信号待ちで片足を着いてる嫁のパンチラです。
    むっちり体型の嫁が自転車を漕ぐとスカートがずり上がり易くなるのか?
    ベージュのパンストの奥の白い下着が交差点の向こうにいる嫁のふとももむき出スカートの中に
    わずかに見えていました。
    ちなみに嫁は目が悪く、信号が変わってこっちに向かって自転車を漕いでいる時も
    全く私に気付いていませんでした。
    その間、嫁はふとももむき出しパンチラどころか、モロ見え状態で、
    私は異様に興奮してしまいました。すれ違う時にようやく気付いたようで
    私「おう!」 【無頓着な嫁【エッチ体験談】】の続きを読む

    当時付き合ってた彼女が化粧品会社に勤めてた頃、寮に入ってました。
    寮といっても普通のマンションを借り上げていた寮でした。
    その寮には彼女の他に1人入っていました。彼女の先輩でした。
    彼女(優子)25、先輩30、私(守)27でした。その寮はリビングを囲んで部屋があり、
    それぞれの部屋が自分の部屋。リビングは共有スペース的な感じでした。
    寮は男子禁制だったのですが、普通のマンションということもあり、管理者も
    居ず、私の出入りも特に問題はありませんでした。昔から結構男の出入りはあったようです。
    先輩自身も過去に寮生の彼氏が来る事はよくあったと聞きました。
    何度か行くうちに、お邪魔した時、先輩にお土産を持っていったり、ご飯に誘ったりと、
    先輩も私もお互い気兼ねする事も無くなるまでになりました。
    寮にはエアコンがリビングにしか無く、それぞれの部屋は夏の暑い日には自分の部屋の
    引き戸を開けて冷気を呼びこんでいました。
    普段、部屋でのHは当然先輩が居ない時にしていました。
    ある夏の夜、リビングで3人でお酒を飲みました。早々に先輩が酔っ払い、眠いと言って
    自分の部屋で寝てしまいました。私達も部屋に戻りました。引き戸は暑いので半分ほど開けてました。 【先輩に見られたエッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    週末の金曜日の夜、娘(13歳)は出かける準備をしていた。
    友達数人とTDKに遊びに行くのだ。家から小1時間程で行ける距離だった事と
    子供の友人の家族も同伴すると言う事で、了承した。
    その日は、友人宅に泊まり早朝から出発!一泊して翌日(日曜)の夕方帰宅する予定だ。
    娘は急ぐ様に”行って来ます”と出かけて行った。久々の夫婦2人だけの週末!
    私は妻が入浴する風呂に裸で入っていった。
    「えっどうしたの?」
    「今日は一緒に入ろうや!久々なんだし」
    「うん!いいけど・・・」
    「身体洗ってくれよ。昔みたいにおっぱいで・・・」
    「もう!じゃ、あなたも洗ってよ!私の身体!」
    「何だよ!お前だってちょっと期待してたんじゃないか?」
    そんな感じで、私達夫婦は久々に味わう新婚気分を満喫していました。
    その夜は、何を言うでもなく2人は衣服を脱ぎ捨てお互いの体を堪能したんです。
    「なぁ、明日は一日家でゆっくり過ごさないか?」 【子供が旅行で居ない時に妻とエッチな事をしていると上司が・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    野外プレイというのは興奮する反面、けっこうなリスクがある。特に昼間の場合、周囲にバレる危険性が高く思い切ったことができなくて、無駄に時間だけが過ぎていくことも少なくない。出来そうな場所を探しているうちに女性の気持ちやカラダが落ち着いてしまい結局ホテルですることになったり。露出癖とは違い、人のいる場所や人が来そうな場所でする行為で悦びを感じるので、大自然の中で裸で…ということはしない。あくまでも羞恥プレイの一環として街中や店の中、公園、トイレなどで辱しめることが目的。。カラオケを出てしばらくするとあゆみは恥ずかしさに慣れたのか普通に話せるようになった。。
    スカートは履いてるし、中が見られることはないので慣れるのにそう時間はかからない。「どうだい、少しは慣れたかな?」
    「うん…もう大丈夫」大丈夫じゃよくないんだが…(^^;「あそこに入ってみようか?」そう言って指差したのは109。。「なにか買うの?」
    「いや、買わないけど、エスカレーターやエレベーターがあるでしょ?」
    「あ…」その言葉で理解したのか、あゆみは大人しくこちらのあとについてきた。。平日とはいえ、109はさすがに女子校生やギャルで溢れかえっていた。
    修学旅行生もいるので店内はこの不景気にも関わらず混雑していた。。109のようなショップ型のビルだと、エスカレーターを利用するコが多く、エレベーターを利用する場合は少ないので比較的こういったプレイをしやすい。。
    し易い…というのは適切な表現ではないけど…ね(^^;エレベーターに乗ると案の定、他の人はいなく、あゆみと2人だけだった。。
    あまり時間も無いので乗り込むと早速命令をしてみた。。「いづみ、スカートを捲くっていやらしいオマンコをおれに見せてごらん?」
    「う…うん」いづみもあまり時間がないことを分かってるようで、素直にこちらの言うことに従って、ゆっくりとそれでも素早い動作でミニスカートを捲くり始めた。。
    「こ、これでいいですか?」
    「可愛いね、もっと捲くってごらん?」
    「う、うん…恥ずかしい」そういうと、手で持ったスカートの裾を胸元付近まで捲り上げるあゆみ。。
    ここまで捲り上げるとほとんどなにも隠されることなく、あゆみのオマンコがあらわになる。。
    あゆみのオマンコは毛が少なく、全体的にキレイな印象で、間近で見るとうっすらと生えた毛の中のオマンコは少し濡れているようだった。。「可愛くていやらしいオマンコだね、あゆみ。。」
    「そんなことないよぉ…そんな近くで見ないでぇ」舐められるほどの距離…こちらの息遣いや言葉が発せられるたびにあゆみの陰毛が揺れる。。 【写真有。エレベーターでの羞恥露出プレイ。【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ