エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:覗かれ

    「ゴマちゃん…、いなくっちゃったね…。」
    「うん…。」
    「…。」2人だけの部屋の中で、ウーちゃんに抱き締められているのは、私だけになってしまいました…。
    ゴマちゃんは、となりの部屋のベットの上で寝ているのかなと思いました。2人だけになってしまったこんな時は、ドキドキしつつ、はぁはぁしつつ、その場でそっと心の準備をしておきます。エッチなメールの話題をだされて、凄く恥ずかしいのに、内容を少しだけ思い出して、ドキドキします…。
    全部は恥ずかしすぎるので…控えめにです、だけど凄〜い内容なので、はぁはぁもします…。「モナ…。」
    「ン…。」
    さっきまでだっこしていたゴマちゃんがいなくなって、
    ウーちゃんとの密着度が増えたようで、こんな時に耳元で名前を呼ばれて、感じて…しまいます…。「ウーちゃん…。メールにも書いた事ないんだけど…。」
    「何…?」
    「私…、あの、私…。」
    「うん…?」「ウーちゃんが…してるのを、見たい…。」
    「…………………へ?」「ウーちゃんがっ!…自分でしてるのをっ!…み、見たいの…。」
    「へ…?」雰囲気をなごませてくれるゴマちゃんがいないし…、
    耳元で聞く彼の声に感じてしまって…、
    エッチな勇気が出てしまったんです。結果は、ウーちゃんは、見せてくれました…。 【彼とメールと猫の事。その2【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    中学1年の時の事。
    トイレで男子がおしっこしてたら、他の男子が、そいつのちんこを見ていた。
    お互いに、ちんこを見ていた。
    僕は、他の男子にちんこを見られるのが嫌で、トイレ以外でおしっこしていた。
    トイレは校舎の外にあり、独自の建物だった。
    中学は山間にあり、中学校の側は山だった。
    中学校と山の間に狭い道があり、狭い道と中学校の敷地の間に溝があった。
    トイレの向こう側にある溝を跨いで僕はおしっこをしていた。
    僕は友達がいない内気な中学生だった。
    1人で、トイレの外の溝でおしっこをしていた。
    そんなある日、僕がいつも通りトイレの外の向こう側にある溝を跨いでおしっこをしてたら、同級生の数人の男女が、目の前に現れた。
    僕の行動を不審に思ったのだろう。
    僕はちんこを出しておしっこ中。 【中1の時、トイレの外でおしっこしていたら【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ひゃ…。」と、言ってしまいました。カーペットの上で、胡座みたいな格好で、ウーちゃんは1人エッチ(キャッ)を見せてくれていました。
    私は、ドキドキと…そっとはぁはぁ…しながら、ただただウーちゃんの前で、じ〜っと見ていました…。私も、今までたくさん、ウーちゃんのちんちん(キャッ)を触ったり…擦ったり…したのですが、
    ウーちゃんが自分でしてるのを見たら、なんていうか…、
    「そんなに…して、痛くない…?」
    と、つい聞いてしまったくらいの感じで、
    「痛くないよ…。」
    とウーちゃんは教えてくれました。擦りかた…けっこう激しいけど…〔そっかー〕と思いつつ、ちんちん見て、ウーちゃんの顔見てと、そっとはぁはぁしている気持ちを抑えながら、交互に見ていました。しばらくそうして見ていると、ウーちゃんにおいでおいでをされて…、
    「?」と、ウーちゃんにかなり近づいてみました。
    「もっと近くで見ていいよ。」
    と言われました。もう、至近距離になりました。
    ちんちんを、見下ろしてるくらいの距離です。
    エッチな音も、表現が難しい不思議なエッチな音も、さっきよりもハッキリと聞こえる距離になりました。
    ちんちんも、よく見えます…。
    くっついてないけど、ウーちゃんのあったかさも感じるし、押さえぎみの息づかいも聞こえます…。「気持ちいい…?」
    と聞いたら、 【メールと彼と猫の事。その3【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    ジャンルは脅迫にしてしまいましたが、直接的に脅迫されたわけではありません…彼女とちょっと県外へドライブに行った時、日帰りの源泉かけ流し温泉ののぼりにつられて入る事に。
    駐車場に行くとベンツにビーエム、シボレーなど外車がたくさん停まっていた。
    外車オーナーのオフ会かな?と外車好きの俺はちょっとワクワクしながら浴場へ。
    しかし中に入った途端、期待はハズレた上に、逆に気まずい状態に。
    先客は内湯、露天風呂を含め、10人くらいだったがみんな背中を始め身体中に立派な模様が…おいおい。
    こーゆー場所はお絵描き禁止だろ…と思った。
    会話を聞いていてもそれっぽいしお互いの呼び名なんかも
    「アニキ!」

    「オジキ!」
    などいかにもな感じ…まあ気分は悪いけど何をされるわけでもないので諦めてサクッと体を洗い露天風呂へ。
    その筋風の面々は前も隠さずにみんな堂々とブラブラさせながら歩いたり寛いだりしていた。
    小さい奴でもいればちょっと笑えたんだがみんな実に立派な感じ…暖まっていると、1人の男が女湯側の露天風呂へ声をかけた。 【立ち寄った露天風呂に大勢いたヤ◯ザの1人に彼女の裸を見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    自分は、同じ大学に、大好きな女の子がいる。
    でもその子には彼氏がいるっぽくて、諦めてた。
    ただ、彼氏の相談みたいな事に結構乗ってる。
    相談に乗ってるうちに、万が一にも、自分に乗り換えてもらえたら…なんて事を考えてた。
    でも甘かった。
    ある時、彼女と2人きりで飲んだ。
    その中で、思い切って告白した。
    「彼氏がいる事は分かってるけど、良かったら自分と付き合って欲しい」
    と、必死に気持ちを絞り出した。
    すると彼女は言った。
    「彼の事が好きだから」
    うすうす予想はしてた。
    直後、彼女はこう言う。
    「でも…。うーん…。もしかして、ある意味では…大丈夫なの…かな…」
    ある意味では…? 【【大学生】想いを寄せてた女友達の彼氏には寝取られ趣味があるらしい】の続きを読む

    私が中学生に上がった頃に起こった話ですが。
    夏休みに海へ出かけた際、宿泊先の旅館の隣の部屋で母がヤッてるのを見てしまいました。
    その日は2人で海水浴へ来てました。
    夏休みに入ってすぐだけど、すごい暑い日で泳いでいるととても気持ちよかったように覚えてます。
    私も母も競泳をやっているから、競技用の水着を用意してて、母は上に日焼けよけのためにウェットを
    着て、足がつく深さのところまで競争したり、砂あそびをしてすごしてました。
    そこまでは良かったのですが、30前半にもかかわらず、母に声をかけてくるサーファーらしき2人組が
    いて、なんか危ない気がしてなりませんでした。母の側に腰掛けてなにやら話してたみたいですが、
    何を話しているのかさっぱりわからず、気にしながら遊んでいました。
    かなりの時間、側に座って話し込んでいたみたいですが、気がついたらその男はいなくなっていました。
    誰なのかと、あとから聞いても何も教えてくれなかったから、それ以上は気にせずにもう少しだけ遊んで
    旅館へ戻ってすごしました。
    夜中目が覚めたとき、隣に寝ていた母がいません。
    驚いて隣の部屋へ行こうとふすまをあけたら、母の上に男が乗っかってSEXしている最中でした。
    今まで何も音なんて聞こえなかったのに、すでに母はパンティ脱がされてて観念してました。 【水泳選手の母が堕ちた時【エッチ体験談】】の続きを読む

    妻はまだ若く子供もまだいません。
    SEXもよく楽しんでいます。
    少し過激なことをしてみたいと言う話になって外でしてみようと言うことになりました。
    車を走らせて山道に入って行きます。
    夜の11時を過ぎたくらいだったので他の車はほとんど見かけませんでした。
    何件か民家がある場所だったのですが、車が入れて今は使われてないような車庫の影に丁度隠れられる場所を発見しました。
    あまりスカートを穿かない妻ですがこの日は外でするって目的もはっきりしていたので、やりやすようにスカートを穿いてもらってました。
    下着は車の中で脱いでもらい外に出ます。
    ドアの閉める音が大きく響きました。
    今考えればこの音で近くの民家の人が様子を見に来たんじゃないかなんて思っています。
    スカートの中に手を入れると妻がこんなに濡らしているのは初めてじゃないかと思うくらい濡れていました。
    指に妻から出た汁をたっぷりとつけてクリトリスを回すように弄りました。
    妻は抱きついて声を殺しているようでしたが、静かなその場所ではよく響いてしまっていました。
    来ていたブラウスのボタンを全部外し、ブラジャーを上に上げました。
    妻のおっぱいは自分の自慢でもあり、Fカップあります。 【覗かれた【エッチ体験談】】の続きを読む

    半年ほど前の事だが、会社の同僚7人で1泊2日の旅行に行った時の話。
    メンバーは男3人女4人。
    全員独身だが、俺とTは付き合ってて、その事は全員知ってる。
    で、旅行の目的は温泉だったんだが、あろう事か混浴。
    女達も最初は文句言ってたが、だんだんノリノリになってきて一緒に入浴する事になった。
    女達に
    「Tの裸見られちゃうねー」
    とからかわれ、俺は内心焦りつつも、まあバスタオルを巻くだろうとタカを括っていた。
    そしていざ温泉へ。
    平日だった事もあって先客もおらず、俺達は先に湯に浸かっていた。
    と、そこへ女達の甲高い笑い声。
    脱衣所は別になっていて、濃いすりガラス越しに4人の人影が。
    男2人が
    「うひょーっ!」
    と歓声を上げ、それを聞くと俺の鼓動も高鳴ってきた。 【旅行先が混浴で同僚達に彼女の裸を見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ