エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:見せつけ

     高校の時から付き合っていた彼に誘われて混浴温泉によく行った。初めての頃は彼以外の男性との入浴は恥ずかしかった。初めての混浴はよく覚えている。高校卒業直後で、バスタオルで蓑虫のようにまいて浴室に入った。そこには男性が3人いた。お湯のなかにバスタオルを入れることはできない。不覚にも普通のタオルは脱衣室の籠においてきた。えいままよと思い、バスタオルをとり、前を手で隠そうとした。しかしバスタオルを湯船の岩に置くのにもたもたして胸もヘアもすっかり見られてしまった。それから片腕でお乳を、もう片手で前を隠すビーナススタイルで湯舟に入った。でる時も同じようにビーナススタイルで立ち上がり、バスタオルを取ったがやはりもたもたしてまたお乳もヘアも見られてしまった。でも何度も混浴温泉に行くとだんだん慣れてきて見られることにはそれほど恥ずかしくなくなってきた。むしろ女性は入ってきた時の男性の反応に興味がでてきた。むしろ、見せることが楽しくもなって来た。男性は女性がくると「見たい、見たい」の心理が強いようだ。特にヘアを見たがるようだ。
     ある山の中の河原の野湯に行ったことがある。ハイキングや山歩きの道からは直接は見えないが、川沿いの細い道を通りカーブした先にお湯が沸いている。そこには実に粗末な脱衣室、一応は男性、女性に分かれているが、顔と足、脛から下は、外から好く見える。湯に入っていたのは小さな男の子連れのお父さん、学生風の2人の男性。子供のお母さんらしき人は湯に入らずに着衣でいた。私と彼がそこに加わる。彼はタオルで前を隠しながら湯に入る。私が脱衣室に入った時から男性たちに緊張と期待が集まったのが好く分かる。そこでタオルもバスタオルも籠においたままで素っ裸で何も隠さず全裸オープンで脱衣室からでて湯船に入った。「おおー」とした歓声だかうめき声がした。しばらくする着衣のお母さんが子供のお父さんに「私も入るは」と脱衣室へ。男性達の期待がさらに高まったようだ。そのお母さん、タオルを前に垂らして胸とおなかのあたりを押さえてでてきた。そして湯船のそばにあった湯桶らしきものにタオルを入れると胸は隠さず、片手だけで前をちょっと隠しながら湯に入った。学生風の男性、もう長いこと湯に入っているようだが、中々でない。はじめはこのお母さんが湯に入らないと思いこんでいたのが、女性2人の裸が見られて興奮しているな。きっと2人が湯から上がるのを見ようとしているな。それならせっかくだから見せてやろうと思い、彼と一緒に立ち上がり、岩にもたれかかりながら川を眺めた。彼はタオルで前を隠してはいるが私はタオルもないのでやはり全裸ヘアヌードオープンだ。お母さんがいるにもかかわらずそのお父さんも私に釘付けのようだ。お母さんらしき人はちょっと戸惑ったようだが、えぃとばかりに立ちあがってヘアヌードをオープンした。風呂は裸になって当たり前の場所。そこで男性にヌードを見られるのにちょっと楽しさを感じる。後で彼が「あの女の人のヘアヌードが見られてよかった」と大喜びしていた。「あの二人の学生、二人のヘアヌードが見れて大もうけしたな」とも言っていた。男の人は自分の彼女のヌードを他の男性に見られていいから別の女性のヌードを見たいようだ。

    僕には同い年のいとこT子がいます。
    昔は自分の家に親戚一同が集まって年越しをしていました。
    T子は目がクリっとしていて可愛いコで、当時とても好きでした。
    年に一回だけ、その年越しをする日だけはT子が自分の家に泊まって行ったのです。
    あれは自分が中学2年のお正月でした。
    年があけて親同士は初詣に出かけました。
    僕は寒くて出かけるのが面倒だったので、
    自分の部屋で布団に入って本を読んでました。
    T子も行かなかったようでした。
    家にはT子と自分の二人だけになりました。
    親達が出かけてしばらくたってから、
    自分の部屋のドアをノックする音が聞こえました。
    「は〜い」
    「入っていい?」
    奥の部屋で寝ていたはずのT子の声でした。 【精子出るとこ見せて【エッチ体験談】】の続きを読む

    先日、友人と友人の家で飲んでいるとき、
    「おもしろいビデオがあるから見せてやる」と言われ、
    1本のビデオを見せてもらいました。それは何と、
    友人とその彼女のあつこちゃんのハメ撮りビデオでした。
    かなりビビッたのですが、「お前も撮ってみて見せ合おうぜ」と勧められ、
    僕と彼女のSEXを見せてしまうのはちょっと勿体無いのですが、
    友人の彼女のSEXも見れるので、撮ってしまいました。
    すぐに家へ帰って彼女を呼び、最初は借りたカメラを隠してセットし、SEXしました。
    友人のリクエストでは、「俺は尻フェチだから、尻を中心に」だったので、
    69では彼女の尻がカメラの前に来るようにして撮りました。
    途中からは、「撮っていい?」と彼女に聞いて、
    「えーーー・・・誰にも見せないのなら・・・」と許しを得て堂々と撮ってやりました。
    まだ一回も見ない状態で、次の日に早速友人の家へ持って行って、見せました。
    僕も見るのがちょっと楽しみでした。
    最初はなかなか映らずに友人もイライラしていたのですが、 【友達に彼女のケツの穴まで見せちゃった【エッチ体験談】】の続きを読む

    短大1年生の夏。 高校時代の美術部の仲間(男性3人、女性3人)で、絵画サークルをつくっていた。男性仲間から、裸婦を描きたいとの提案があった。でも裸婦のモデル代は高い。また、「まだ女性のヌードを見たことが無い」と言うので、サークルの女性3人が「本当なの?彼女はいないの。じゃあまだセックスもしたこと無いの。情けないわね。じゃあ、私達のヌードを見せてあげようか。でも見るだけよ。触ったらだめや」。比較的、短時間のドライブで行ける所に鄙びた温泉があり、日帰り入浴OKの混浴露天風呂があるので、そこに皆で行くことにした。もちろん日中の明るい時。混浴露天風呂は男女それぞれの内湯から続いている。女性内湯からはまず小さな狭い女性専用露天風呂があり、そこからさらに広い混浴露天風呂に続いている。女性3人で、露出の仕方を打ち合わせておいた。ギリシャ神話に3人の女神が羊飼いの青年の前にヌードで現れ、誰が一番美しいかを決めさせる話があり、それをテーマにした絵がある。それとよく似た情景を意識していた。混浴露天風呂に他の男性客がいなかった。女性専用露天風呂の湯桶にタオルを入れて置き、タオルなしで、手でヘアを隠しながら女性専用露天風呂から混浴露天風呂に歩いていった。我らが男性、目を皿のようにして私達を見詰めている。女性3人、横にならんで「さあ、これが女性の体よ、よく見ておきなさい。最も美しいのは誰かな」と両手を頭の後ろにまわし、全裸ヘアヌードを正面から見せてやった。我らが男性、うわぁーと私達を凝視しながらも気後れしたらしく、しり込みして、おちんちんも縮こまっていた。その後、3時間ぐらい、湯に浸かったり、湯船の縁に座ったり、湯船の周りを歩いたりしてヘアヌードを十分見せてあげた。ちょっと照れくさかったが3人一緒だからかあまり恥ずかしくは無かった。私の付き合っている男性だったらこんな光景に出くわしたらきっとおちんちんは凄く勃起するだろうな。やはりこの美術仲間の男性、女性に慣れていないなと思った。
     それからは裸婦の絵を描く時には、私達が順番に裸婦のモデルをつとめている。もちろんヘアヌードだ。男性裸体も描きたいと提案するつもりだが、誰かモデルになってくれるかな。もちろんフルチンヌード。でも彼らだったら勃起ペニスにはならないだろうな。

    正月、某温泉に行きました。
    そこで、小学生の女子軍団(なんかのスポーツ団体??)が来ていました。
    最初バーベキューのところで、鍋か何かを煮て食っていたのですが、
    そのうち大人は酒盛り、子供は釣堀とわかれました。
    そこの温泉は温泉というよりバーベキュー場のサービスみたいな温泉なんですが、
    掘建て小屋で、一応囲いがあるのですが、混浴です。
    そのうち、小学校高学年の女子が5人と、中学年くらいが、温泉に来て
    誰も入ってないよ~~。入ろうよ。とタオルを取りにいきます。
    私は、温泉のそばのベンチで見ていたのですが、本当にやってきました。
    やってくると、合計11人です。
    中でわいわい服をぬいで、バシャーン。キャーキャーと聞こえます。
    ここで、私は、中に入ります。小学生たちはあわてて湯船にはいります。
    更衣室で脱いでいると、後ろからの視線がいたい・いたい・・
    私は、たまたま近所なんで来ていただけなんですが、
    もちろん全裸でタオルで隠すこともなく、湯船のへりに腰かけます。 【温泉で小学生の女子軍団と。【エッチ体験談】】の続きを読む

    storyH1沙友里の露出日記

    第1章 6月14日
    6月14日 午前8時39分
    今日、私は会社を休んだ。
    さっき…先輩の美和子さんに生理痛がひどいのでって連絡を入れといた。
    「そうなの…部長にはうまく言っとくから…心配しないで休んで…」
    年上で人のいい美和子さんは私の話を信じて気を使ってくれた。
    「すいません…明日は平気だと思いますから…」
    私はそう言うと受話器を置いた。
    「ふぅぅぅ…」
    仮病を使った罪悪感と美和子さんの対応からの安堵感が入り混じっていた。
    なぜずる休みをしようと思ったか自分でも分からない…
    会社が嫌いなわけでもない…
    美和子さんをはじめ周りの先輩達は優しく私に接してくれていた。 【沙友里の露出日記【エッチ体験談】】の続きを読む

    都内某所にあるマニアックな風俗での体験手記です。
    平日の昼、空いている時間を狙ってそこへ行った。何度か通っている為、
    会員証もあり、スムーズに受付を終えた。プレイルームとなるマンション
    の一室に移動し待機すること10分、指名した23歳の女性が部屋にきた。
    初めてきた時、受付で見せてもらったアルバムで一目ぼれした子だった。
    実物はさらに綺麗で清楚、独特の雰囲気をもっていた。髪が長くスリム
    で少女時代のメンバーの1人に似ている。私生活でも出会えないこんな
    理想のタイプの子が、まさか風俗にいるなんて・・・。正直緊張した。
    彼女はスーツを着ていて、僕を子供扱いするような口調でやさしく言った。
    『それじゃあ、はじめましょっか? ふふ。全部ぬぎなさい。』
    僕の鼓動が激しくなった。言われるがまま、全て脱いだ。
    スーツ姿の女性の前に、おちんちん丸出しで立たされた。
    赤くなった僕の顔を半笑いで見た後、視線を下げて言った。
    『どうして欲しいの?言ってごらん?』
    僕は、つばを飲み込み言った。 【マニアスペース【エッチ体験談】】の続きを読む

    某温泉に行ったときのこと。
    そこの温泉の露天は混浴。受付で料金を払って、さぁ、露天風呂へ。
    ふと見ると中年のカップルがやってきていて受付をしていた。
    もしかして混浴風呂にくるかもと期待しつつ、風呂へ向かった。
    ここの露天は2つあり、どちらも混浴、
    上下2段になっていて上の風呂からは生垣の隙間から下の風呂が少し見えた。
    上の露天風呂に入っていると下の風呂に先ほどのカップルが・・・・
    生垣の隙間から女性の裸が見えた
    おいら「やった!」心の中で絶叫(こんなもんで喜んでいるようではダメなのだが)
    ちろちろ除いていると
    男性「上の方にもいってみるか?」
    女性「え?さっき人がいたよ」
    男性「いいじゃないか。行くぞ」
    おいおい、こちらはありがたいが、いいんかぁ。
    ほどなくカップルが。。。。 【混浴温泉【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は、小さいときから性欲が強いほうだと思います
    性に興味を持ち始めたのは初潮があった小学6年生ぐらいだった。
    当時私は異常なまでの無口、人見知りで、男の子としゃべることもできない。
    すごく妄想癖がありました。
    一人エッチをしはじめたのも小学生の頃です。今では彼氏の目の前でさせられるけど、当時は誰にもこんなこと言えない^^;
    暇さえあれば、一人でやってました^^;
    こんなにしてるのは私だけだろうか?とかいろいろ知りたかったけど友達にも聞けなかった^^;
    毎日寝る前と寝起きにはしてました。それと一人でお風呂に入る時はしてました。
    最初のころは逝くのに時間かかったけど、回数を重ねるうちにコツみたいのが解ってきたのか、20秒もあれば逝けるように
    なってきて、性欲に対する身体の反応が・・・・・^^;
    初体験のときも、逝ってしまって本当に処女か?って疑われた
    今ではしっかり自覚していますけど、めちゃくちゃにされたい願望やみられたい願望というのに目覚めてきた^^;
    近親相姦というだいそれたことではないけど、当時はまだお父さんとお風呂に入っていて、お父さんが私をみる目に私が
    ドキドキしてたのを覚えています。私の勝手な思いだったのかもしれませんが・・
    お父さんはよく「女らしい身体になってきたな」っていう言葉にもドキってしてました。 【ぶっちゃけ^^【エッチ体験談】】の続きを読む

    友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。
    それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、
    部屋が一つしか空いてなかった。
    そこでその部屋を借りて4人で入ることに。
    俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし
    友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。
    実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。
    デカいし上手いって。
    4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。
    俺の相手がリカでY雄がアキ。
    シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。
    シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。
    アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、
    Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。
    アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」 【男として完全敗北~イキっぱなし・寝取られ~【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ