エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:行きずり

    いとこで社会人の、兄(に〜)のお話しです。小さな頃からどこか落ち着いていて優しいに〜に、私は懐いてました。
    社会人になったに〜に恋をして2年たった今、私も社会人になりました。子供の頃からの習慣で大人になった今でも、に〜のお部屋に遊びに行ってます。
    遊びに行くといっても今では、少しでもに〜に会いたくて、です。ところで私、に〜に恋をしてからというもの、時々見る夢があります。
    それは、に〜と恋人でデートしてたり(場所はDLとか)、あとは…エッチな夢です。
    夢の中のに〜は、私によって(エッチな勉強家の私)何度も射精させられていたり(主にフェラチオ)、
    少し強引なに〜に、セックスされていたりします。
    バックの時のに〜のちから強い打ち付け(ピストン運動)、ドキドキです。
    そしていつもラブラブで、ドキドキです。
    ※そんな日は寝起きの状態からいやらしいような気持ちで困るので、シャワーを浴びてから仕事に行きます。
    シャワーを浴びると爽やかな気持ちになるので。
    に〜の知らないうちに私も、こんなに大人になったってことだと思います。※もちろん、淡白な女性もエッチ系統が苦手な女性も普通にいますが。に〜のお部屋では話しをしたり、漫画を読んでいます。
    夢の中ではあんなに色々してるのにな、ラブラブなのになと、漫画を読みながらに〜をこっそり見ています。遊びに行くと、私はベッドに座っていて、に〜はパソコンデスクの椅子に座っています。だからなのか夢の中でよく、に〜はパソコンデスクの椅子に座って、足の間にひざまづいてる私にフェラチオをされている夢が多いので、見ていてドキドキです。
    セックスの夢は、私がよく座っているに〜のベッドで、少し強引なに〜にバックで…が多いので、ベッドに座っていてもドキドキです。に〜は何も知らないで、ケロヨンの小さなマスコット(薬屋さんでもらったみたい)を手に持って何となく、眺めていたりして可愛いです。「に〜って、モテそう。」
    って言ったら
    「そうか?モテないよ。」 【に〜の2【エッチ体験談】】の続きを読む

    一昨日の同窓会で×1子蟻女にお持ち帰りされた漏れが通りますよw
    高校の同窓会で、その頃、好きだった女が2歳の子供つれて遊びに来てた。
    子供を連れてきたことに周りは反対が多かったが、
    俺はその女が好きだったから、擁護に回った。
    そうしたら、俺の隣に彼女は子供と一緒に席に着いた。
    結構、同窓会で飲んでその後の記憶はない。
    気づいたら、彼女の部屋のベッドの上にトランクス一枚の姿で朝を迎えてた。
    驚いておきたら、彼女が台所にいて、
    「おはよう 服は汚なかったから洗っちゃった。乾くまで待ってて」と
    笑顔wマジで怖かった。 
    寒いので、仕方なく毛布にくるまったままの格好で過ごしてた。
    子供が昼寝して二人きりになったら、彼女が俺の隣に座ってきて、
    「同窓会行こうと思っても近くに子供預けられるところなくて、連れて行っちゃったんだ。
    昨日はかばってくれてありがとう」とか何とか言ってしなだれかかってきた。
    そうこうしてるうちに、俺の息子が元気になってしまって、 【×イチ女と同窓会【エッチ体験談】】の続きを読む

    20年以上前の夏に、九州北部に広まった。都市伝説があった。内容は、次の通り、
    可愛くて、細身で、ショートカット、背は小さく、パイパンのサセ娘がいて、かなりの男が、ヤっていた。一晩で、何人も相手してるってな感じだ。
    俺も、出会った。夏の夜に、散々ナンパを失敗して、
    諦めて、風俗にでもって考えて、車に戻ると、可愛い女が、ボンネットに座ってた。ピンときて、車に載せて、すんなりとラブホでヤったんだけど、気になってる事が、生セックスだったって事だ。
    夏の終わりに、
    噂を耳にした。
    それは、○○小学校の女子児童が、AIDSで、死んだが、移された恨みでこの夏に、ヤリまくったって、内容だ。俺は、青ざめた。良く良く考えたら、生のあの娘は、無毛で、ペチャパイだった。周りの仲間も、何人も覚えのある。奴ばかりだ。(今と違い携帯は、アナログでカメラ機能なんて無い)ざわめきたち、保健所に行くかって言うが、
    怖くてさ。まず、夜の町で、その女探しが、始まったが、見つからないそんなある日、
    友達の友達が、その女のポラを撮影してるって聞いて、直行した。あるは、あるは、ヤった女のポラが、ザッと100枚以上。しかし、共通の女を発見した。
    みんな肩の力が抜けて、しゃがみ込んだ。
    未だに仲間は、
    誰一人検査をしてないが、誰も発症して無いところ、大丈夫なんだろう。

    おれは海外に住んでいる。
    こないだ町で知り合った女が大学のカリキュラムで2週間留学しにきてて、 ちょうどホームステイもおれの家の近くだった。
    話してたら意気投合したんで、近くのバーに誘って二人で色々喋ってた。
    なんか酔うと人にくっ付きたくなるおれは段々腰に手回したりしてて、いつの間にかキスしてた。
    向こうは年上だったので、「軽い事しないの!」なんて怒られて、雰囲気が悪くなったので、おれは
    「もう遅いよね。送ってくよ」と答えた。
    周りはなんもなかったし、少し寒かったので二人で引っ付きながら歩いた。
    彼女はその翌々日に帰る予定だったので、おれは彼女のステイ先の前で
    「もう帰っちゃうの?1年ぐらいいればよかったのに。」
    って言ったら、いきなりキスしてきて段々激しくなって、Dキスに。
    「もっと一緒にいたい…帰らないで…」
    と言われたのでおれは彼女を近くの公園に連れてって
    ベンチの上に座った。彼女はおれの膝の上に来て、ずっと舌を絡めてくる。
    向こうもおれも我慢できなくなって、彼女の上着を脱がした。
    華奢な体の割に胸がでかくて、そこに顔うずめたり、舐めたり、色んなことをしてみた。 【海外で拾った女の子【エッチ体験談】】の続きを読む

    たまにですが、体が疲れたときに、ビジネスホテルではなく温泉宿に泊まります。
    最近は、一人客も受け入れる宿屋も多くなりましたが、以前も夕方駅周辺にいる旅館の客引きに話をすれば安く泊まれることがありました。
    平日に一人で泊まりますから、仲居さんからは、休養ですかお仕事ですかとよく質問されます。
    そのときは「しがないスキン売りです」と言います。
    すると、半数以上の仲居さんは興味を示します。
    「どんなスキン売っているんですか」とか、「売れるんですか」とか。
    そんな話をしていれば、三十代後半から四十代後半の仲居さんとなら打ち解けていきます。
    泊まる温泉宿は中規模の所にしています。
    大規模な所は、平日でも団体客が多いですし、一人で小規模な所では何か息苦しい感じがしますからです。
    中規模ですと、平日は団体客がなければ、仲居さんは人にもよりますが、いろいろ気をくばってくれます。
    特に、スキンの話に興味を示した仲居さんは、スキモノの表情をうかべますから、すぐ分かります。
    そんな仲居さんが住み込みだと展開があります。
    住み込みといっても、宿近くの寮の個室住まいですが。
    話しがあえば、仕事が終って一度帰ってから、夜遅く部屋を訪ねてきます。
    そこでいただくわけですが、何故か仲居さんの多くが腰使いが上手いんです。 【スキン訪問販売、温泉宿【エッチ体験談】】の続きを読む

    つい先月のこと。
    出会い系で仲良くなった人と、家が近かったので遊びました。
    下ネタは日常茶飯事で、しかもかなりエロイ内容だったw
    最近人肌恋しいんだよね〜って相手が言い出してきて、抱きしめられた。
    私も彼氏いなくて少し寂しい気持ちがあったから、久しぶりに人に抱きしめられて、嬉しかった。
    抵抗しないでいたら、徐々に胸を触られて、服の中に手を入れて、乳首をクニクニされた。
    そのまま、ベットに寝転ばされて、乳首を執拗に舐められた。
    そして、そのまま下に下がっていこうとしたので、「お風呂入ってからじゃないと汚いよ!」って言うと、
    「汚くないよ。」と言って下着を横にズラシテ、クリトリスを舐め始めた。
    ジュルジュルと音をさせて、クリトリスを吸いながら舌の先、舌全体を使って転がされた。
    下ネタで盛り上がって話てた時に、言葉攻めに弱いと言ってたのを覚えてたのか、「オ○ンコぐちょぐちょだよ。とか、クリちゃん皮剥けて大きくなってるよ。」とか言葉攻めが始まった。
    「恥ずかしいから言わないで」って言うと、「でもさっきより濡れてるよ?エッチなオ○ンコ汁がお尻の穴まで垂れてる…」って、わざと卑猥な言葉で辱めてきたのです。
    舌先でチロチロとクリの表面を撫でられ、「もっと吸って!」と言うと、「ヤラシイね…」ってクスクス笑いながら、またクリトリスをジュルジュルと吸いました。
    下着が邪魔だと言って脱がされ、ノーパン状態のスカートの中に頭をつっこみ、穴に指2本を入れながら、クリを舐められ、グチュグチュと濡れた音がすごく恥ずかしくて興奮しました。
    元々イキにくいのですが、30分近く舐め続けてくれて、その間も時々、 【出会い系で見つけた彼【エッチ体験談】】の続きを読む

    人には言えない私の処女喪失
    学校帰りにいつも通る公園で、いつの間にかホームレスの人と挨拶するようになり、世間話とかするようになった
    いい人で、私も特異な境遇のその人に興味を持った
    いろんな面白いこと言ってた
    夏の暑い日、部活の帰りにまた公園に寄ったら、おじさんはビールを飲んでた
    飲んだことあるか?飲んでみたいか?と言われると、いけないとは思っていても、飲んでみたくて仕方がなくなってきた
    おじさんのオゴリだ、俺んとこに買いだめしてあるからおいで、内緒だぞ、と言われるがまま興味本意でテントについていった
    周りに人気のない公園の隅、三畳くらいの広さで意外としっかりしたテントの中には、生活用品が整頓されてあって、子供の秘密基地みたいで何故かワクワクした
    ビールは苦かった
    飲めずにいると、これはどうだ、とカップ酒を出された
    苦くはなかったし、飲まないのは悪い気がして飲んだ
    徐じょに酔い、おじさんとの会話は弾んだ
    テントの中は暑かった
    汗を拭いてやるから脱ぎな、といわれ、酔っていた私は素直に下着以外を脱いだ
    おじさんはタオルで私の肌をポンポンしながら、きれいだな、べっぴんさんの肌だよ、スタイルいいね、と誉めてきた 【浮浪者相手に処女喪失【エッチ体験談】】の続きを読む

    2ヶ月程前のとある週末の事、何時もよりちょっと早目の帰宅で電車に乗った時の事、何時もの時間帯でないので意外に混雑していたが何とか座る事が出来、自分の下りる駅までこのまま座っていられる喜びに浸っていた♪
    あ、俺今年30歳になる極々フツーのリーマン…独身…彼女居ない歴…以下略
    更に嬉しい事が!乗ってから3つ目の駅で右隣に座っていた男性が下車し、代わりに20代前半位の可愛い女の子が座って来た。
    俺は心の中で思わずガッツポーズをした♪
    何処まで一緒なのか分からないが、日々変化の少ない通勤において、こう言うサプライズは嬉しいものだ。
    暫くするとその彼女、俺の肩に寄りかかる様に眠ってしまった…もうすぐ俺は下りるのに困ったなと思いつつ嬉しさもあり、どうしようかなと…
    大分お疲れの様でかなり真剣に寝ている…それを起してまで自分が下りるのは可哀想だと思うが、この娘もいずれ何処かの駅で下りるのだろうしと…
    結局、起こす事が出来ず、自分の下りる筈の駅を通過…そのままかなり先の方まで行ってしまった所で、電車がカーブで大きく揺れたのをきっかけに彼女は目を覚ました。
    ハッと我に返ったのか「あっ!」と、ちょっと大きな声で驚くとキョロキョロと外の風景を見渡すと「はぁ~…またやっちゃった…」と、独り言の様で、でも俺にはしっかり聞こえる声で呟いた…
    すると俺にもたれ掛かって寝ていた事に気付いた彼女は「すみませんでした…」と謝って来たので「あ、いや…いいよ気にしなくて♪」と俺は冷静な態度ででも嫌みの無い爽やかさを表して「あんまり気持ち良さそうに寝てたから起こすの可哀想だと思って…君も下りる駅通過しちゃったの?」と聞くと「あ、はい…って、あなたもですかっ!?」と、ちょっと驚いた表情で聞き返すので『しまった!余計な事言っちまった』と思ったが時既に遅し…俺はバカ正直に答えた…
    すると「ほんっとーに、ゴメンナサイ!」と両手を合わせて謝って来たので、何か悪い事した気がして「あーいいよっいいよっ全然構わないから…どうせ今日は帰っても何も用事無いし明日は休みだし、気にしないで…それに俺も自分の下りる駅手前で君を起していれば、ひょっとしたら君も乗り過ごさなかっただろうし…お互い様って事で…」と言ったが、彼女はそれじゃ私の気持ちが許しませんからと「あの~因みに下りる駅は何処でしたか?」と聞いて来るので「○△駅だけど…」と答えると「えっ!○△駅ですかっ!?私もそこなんですっ!」と偶然にも下りる駅が同じだった事に何か運命的な物を感じたが、単なる偶然だよと思う冷静な自分も居た…
    俺達は次の駅で下りると、折り返しの車両に乗り込んだ。目的の駅に着くまで彼女と色々話した。
    彼女は24歳のとある雑誌編集社の社員で最近締め切りに追われて帰宅するのが3日振りだったと言う…
    そのせいもあり疲れがドッと出て、帰れる日は安堵感から何時も電車で寝てしまう事が多いとの事…
    そんな事や自己紹介等をして意外にも御近所さんだと言う事も分かり、お互いの事が少し分かった所で駅に着いた。 【通勤電車で…【エッチ体験談】】の続きを読む

    先週の金曜日、名0屋発、最終00行きで確保しました!
    爆酔状態の、若い30前のOLが一人電車に取り残されてた。
    周りは誰もいないので、肩を貸してやるように階段をのぼり
    改札を出て、階段を下りた。迎えは誰も来ていない模様!
    ラッキーと判断して、タクシーに乗り込みラブホに直行!
    部屋に着いても、意識はもうろうとしている。
    服はスーツとハーフコート。スカートなので脱がせやすい。
    下着姿にさせてから、バックを漁ると証券会社の身分証と免許証
    本籍は隣の県、現住所は駅の近くのマンションだった。
    身長は155位、88Dカップくびれもあり、白く綺麗な肌が印象的だった。
    全裸にして、デジカメを動画にセットして愛撫スタート!
    プルンプルンのオッパイに吸い付くと感じ始めた。
    首筋、脇、腰まわり、愛撫に応えてイイ声になってきた。
    クリに吸い付くと声が一段大きくなり、マンコから汁が溢れてきた。
    2本の指でマンコをかき回してると、グシュ、グシュと大量に潮吹きはじめ 【拾い物【エッチ体験談】】の続きを読む

    友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。
    それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、
    部屋が一つしか空いてなかった。
    そこでその部屋を借りて4人で入ることに。
    俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし
    友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。
    実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。
    デカいし上手いって。
    4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。
    俺の相手がリカでY雄がアキ。
    シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。
    シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。
    アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、
    Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。
    アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」 【男として完全敗北~イキっぱなし・寝取られ~【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ