エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:義理の母

    須田浩二君のこと覚えてるかしら。
    なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。
    須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。
    安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。
    娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。
    須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。
    須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。
    昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。
    ※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」
    彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。
    ま、他人の空似だろうけど。
    ※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」
    「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」
    「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」
    「ただのデブだよ」 【限界集落の須田君【エッチ体験談】】の続きを読む

    .
    俺が体調不良で会社を休んだ日、義母が食事の世話や看病をしてくれた。
    義母が 「健さん 具合はどう?」 と俺のおでこに触ってきた時に 
    俺が 「ハーイ お蔭さまで~す」 と、その手を握って抱き寄せたら、
    義母も 「よかったね」と肩を抱き返し、そのままベッドに倒れ込んだ。 
    ふざけ半分で体を重ねて、義母のシャツの上からオッパイを撫でても
    義母は、笑顔で 俺の為すがままになっているので
    シャツの下から手を入れて、素肌のオッパイを揉むと
    義母も、俺の首に抱き付いて来て、お互いに唇を吸い合う。 
    俺が義母のベルトを緩めたら 「体調は大丈夫?」 と俺に気を遣いながら
    腰を上げ、ズボンやパンティーを脱がせ易く してくれた。
    ズボンやパンティー、ついでにシャツも脱がせたら ノーブラだった。
    俺も、素っ裸になって義母に抱き付いていった。 
    口を吸い合い、オッパイを揉み…その手を徐々に下の方に這わせて
    花びらを、指で撫でながら かき分けて指先を差し込む・・・ 【義母と初エッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    彼女 当時21
    義母(になる予定)当時42彼女と義母は母子家庭でもう父親は他界してた。彼女と会ったのは19の時でそれから一年後母親に会った。
    その当時、こっちは独身で彼女のこと本当に好きだったけど、言い訳になると思うが、年齢が離れてたために彼女もいずれ心が離れていくだろうという勝手な予測、そしてそのせいと年下に対してちょっと躊躇があった俺はあまり真剣になれない自分自身もいた。
    そんな気持ちを抱えてたため後ろめたさがあり、彼女の親にばれない様にいろいろ工作して行動してたつもりだった。
    でも彼女はスパイのように俺に合わせて行動するくせに、その一方で全部母親に報告してた。始めて母親に逢ったのはクリスマスの週の週末だった。
    それまで何度か呼ばれてものらりくらりかわしてたけど、クリスマスに大好きな母親一人はかわいそうだからということでしょうがなく逢うという感じだった。
    母親は彼女から何もかも報告を受けてたため最初から俺に馴れ馴れしくして、そして俺を受け入れてくれた。
    俺の方も徐々に母親に打ち解けて話してるといつ彼女とエッチしたかとかも全部筒抜けだったことが判明した。
    それから奇妙なデート?するようになった。
    週末は彼女の実家に泊まって三人で食事→泊まりになったり、一ヶ月に一度は母親含めて食事や映画するようになったり、しまいには三人で旅行行ったりするようになった。
    彼女の母親は年齢より若く見え、見た目は30代前半という感じで、彼女と母親の関係は親子というより姉妹のような仲のいい関係だった。
    それまで俺と彼女は俺の遠慮からちょっと距離のある恋人?という関係だったけど母親が入ることで仲のいい三人組が出来上がった。こういう関係になると、俺は彼女のこと好きだけど母親のことも好きになり始めた。
    多分、最初に母親と出会って付き合い、後から娘の彼女とこういう関係になったら逆に娘(=彼女)にも恋心抱いてたと思う。
    そう考えると今の状態がベストだと思いなんとか感情を抑えることが出来た。
    そうこうしてるうちに母親と逢ってから一年経ち、正月に彼女の実家で三人で正月休みを過ごす事になった。 【彼女の押しで彼女の母親ともSEXするようになって親子丼の日々【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺 智31才,妻美可26才,嫁母育江51才の3人家族。
    美可は妊娠4カ月で安定期に入っている。
    美可の親友が長野で結婚式,身重の為に大事をとって長野一泊で行く事になった。
    嫁母の育江は決して飛びきりの美人ではないが色白で痩せ形で俺は育江に欲望している。
    痩せ形の身体だがお尻は大きく,オッパイも人波に大きい事は判っている。
    なにしろ女っぽい仕草が堪らないのだ!
    育江は妻と嫁に行った次女の女ばかりの育ち,自分も女だけの姉妹育ちの為,男の俺に
    興味津々で俺と話す時なぞは真直ぐ潤んだ目で見つめで頬を赤くする事がある。
    3人で出かけた時,妻の目が届かない時に足場の悪い道を育江の手を握り支えてあげた。
    育江は俺の手を強く握ってきて,なかなか離そうとしなかった。
    その時も頬を赤くしとても可愛かった,チャンスがあれば抱けるかも知れないと思った。
    それからは家ですれ違う狭い廊下や台所では,なるべく身体が触る様にわざと押し付けながら通る。
    無言で反応が無い素振りをするが,毎回触る事を嫌がってなく意識しているようだ。
    嫁が長野一泊の金曜日の夜 いろいろ作戦を練ったが良い案が浮かばず,強姦すれば後が
    気まずいし・・ と思っていたら部長から一杯やろうと誘われた。  【嫁母に泥酔を介護され・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    お腹の子が元気よく動いている。
    2年前、私は旦那と再婚してこの家にきた。
    前妻はすでに他界し私とひと周り違う社会人の息子良樹が同居している。
    再婚当初、旦那は毎夜私の中に生で精液を注ぎ込み続け子供が欲しいと言ってくれたが不倫で不本意な妊娠をし
    堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。
    親子の会話はほとんど無かったが夕食を3人でするようになると少し変わってきた。
    旦那の夜の相手をする時は艶声は控えていた。
    1年ほどして仕事が忙しくなり旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。
    良樹と2人の夕食で
    「兄弟はいつごろかな」
    「親父は元気かな」
    などとからかわれることもあったが時々DVが始まっていた。
    そして出張の多い旦那との夜の会話も3カ月ほどご無沙汰だった。
    良樹から「何かあったら連絡して」と声をかけられ嬉しかった。
    夕食で少し愚痴を聞いてもらったらストレス発散にと外食に誘われた。 【初孫なのに・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    会社の飲み会で遅く帰る義妹を、妻が駅まで迎えに行く事になった。俺は、酔っ払ってる義母を部屋まで運んで、ベッドに寝かせる。
    普段 気が合い話しが合う愉しい義母・・・酒を飲むと一段と愉しい。こんな事は、今までにも何回か有り 何も気にならずに世話をして来たのに
    今回は、妻も義妹も居なくて、家には義母と俺だけと思う所為か、
    義母を抱き抱えた時のオッパイの感触や体の温もりが気になった。
    「抱き合っている」っていう感じがして、ドキドキした。義母に肩を貸して、抱き抱える様に義母の部屋まで行き、
    ベッドに仰向けに寝かせる為に、お嬢さま抱っこで抱き上げたら 
    義母がふざけて『降ろしちゃダメ~』と、首に抱きついてきた。
    ベッドに降ろしても手を放さないので、俺も一緒にベッドに倒れ込み
    覆い被さって抱き寄せて、シャツの上からオッパイを揉む・・・ 
    義母は『コラ』と俺の手を抑えるが軽くオッパイに押し付けてるだけ…
    抱き締めてそのままオッパイを揉むと義母も抱き返してきた。唇を吸い合いながら、義母のズボンのベルトを外すと
    義母が、口では『バカ ー』って言いながらも、脱がせ易い様に腰を上げた。
    ズボンとパンティーを脱がせ、シャツを開けてブラジャーも外し
    俺も下半身裸になって、義母に覆い被さって抱き締める。オッパイを揉み、その手をだんだん下に這わせていき
    花びらを撫で、かき分けて指を挿し込むと ゥッ と力が入っている。 【初めてのお義母さん【エッチ体験談】】の続きを読む

    妻が出産予定日の2週間前から入院する事になった。赤ん坊の首にへその緒が絡んでいて、すぐ に危険てわけでもないんだが妻が神経脅迫症という精神的な病を抱えていることも考えた上でだった。 で、妻の48歳になる母親が来てくれて昼間病院で付き添ってくれることになった。ただ妻の実家 から電車で2時間はかかるので、とりあえず出産が済むまで夜は俺達のアパートに泊まることになった。
    妻は病気のせいもあって家事も殆ど出来ず、俺が仕事を終えて帰宅してからやっている状態だった から素直にありがたかった。
    三日ほどして夕方帰宅してみると義母はいなかった。留守電に帰宅は夜7時過ぎるとメッセージがあった。
    先に風呂入っか、と思い服を脱いで洗濯機に放り込みかけて手が止まった。見慣れない下着が目に 入ったからだ。クリーム色のスリップとブラ、そしてグレーのパンティがあった。それらを取り出して 思わず匂いを嗅いでいた。香水などは一切つけない義母の下着は、洗剤の甘い香りがした。
    パンティを裏返して股間に当たる部分を見ると、若干黄色い染みがあった。鼻を近付け独特の小便臭い匂いに、目眩がするほどの興奮を覚えた。頭の中は台所に立つ義母の姿で一杯になり、痛いほど勃起した自分のペニスにはスリップを巻き付け、無茶苦茶にシゴいていた。
    「お義母さん…うっ、お義母さん…」
    迫る絶頂を抑える余裕もなかった。パンティを鼻から離し、義母の股間に当たっていた部分に猛烈な勢いで俺の精子が弾け飛んだ。物凄い放出感だった。 暫くして正気に戻った俺は洗濯機に下着を戻し、風呂に入ってたんだが、頭の中は「とんでもない事をしちまった…万が一義母が精子の付いた下着に気が付いたら…」
    という罪悪感、恐怖感とともに、これから暫くはとんでもなくいいオカズにありつける、って変な期待 で一杯になっていた。風呂から上がり、テレビを見ていると義母が帰宅した。
    「遅くなっちゃってごめんなさいね。すぐ夕飯の支度するから。」「いや大丈夫です。なんかすいません。」
    俺は料理の支度をする義母の斜め後ろに立ち、観察する様に上から順に見つめる。150cmちょいの小柄な体。小ぶりな胸。そしてジーパンを履いた尻に目が行く。今朝家を出るまで自覚のなかった想いで義母を見つめる。
    今俺は明らかに妻の母親を女として見ていた。義母の下着を、そして下着の中に有るものを想像していた。 それからの三日間は、俺が仕事帰りに病院に立ち寄り、しばらく居て俺の車で義母と一緒に帰るパターンだった。
    俺は毎日夜中0時過ぎて義母が寝たであろう時間に布団から起きだし、洗濯機を開けて義母の下着でオナニーをする事に病み付きになっていた。性格通りの地味な色調の下着に例えようのないくらい興奮した。そして股間部分を精子で汚した義母のパンティを洗濯機に戻しておくのだ。翌朝何も知らない義母に挨拶しながら俺は欲情し、また夜の背徳行為に至る。週末の今夜もそうなる予定だった。
    俺の頭の中では。 土曜日から日曜日に日付が変わった頃、俺はまた起きだし洗濯機を開けた。最初に汚した、グレーのパンティが見えた。
    俺はいつもの様にパンティの匂いを嗅ぐ。今夜はいつもより匂いが多少キツい気がした。そしてジーパンも取り出し、裏側のやはり股間部分に顔を埋めた。匂いは殆ど感じなかったが、義母が穿いていたと記憶を甦らせると、またたまらなく興奮した。俺はペニスを握りしめしごいていた。もう何度妄想の中で義母を犯し、汚しただろうか。 その時だった。
    「…カチャ」 【地獄に落ちるかな【エッチ体験談】】の続きを読む

    1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。
    私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。
    その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。
    一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。
    雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。
    下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。
    中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。
    53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。
    人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。
    ”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。
    何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと
    変態行為がエスカレートする様になってしまいました。
    ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。
    何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは
    ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと 【義母との一線【エッチ体験談】】の続きを読む

    前節で書いた様に、私は妻と義母の3人で暮らしています。
    義母はとても無防備な方だったんです。親子ですから妻も似ています。義母程では無いですが・・・
    3人が一緒に暮らして(嫁と結婚)1年3ヶ月が過ぎます。この一年の出来ごとを書いています。
    去年の秋、私の自宅から車で15分程走った所に、神社があって毎年秋にお祭りが行なわれています。
    妻と義母は3年前から、お祭りが気にいって必ず見に行っているそうです。今年は私を含めた3人で出かける事
    になりました。妻も義母も浴衣姿です。私も浴衣来たらって言われたのですが、車運転するからって事で1人私服
    です。2人の浴衣姿もまた、綺麗でした。
    私  「浴衣の時、下着は付けないの?」
    嫁  「うん!下着ライン見えるとかっこ悪いし、普通じゃないの」
    私  「お母さんもそうなの?」
    嫁  「そうだよ。お母さんもっとすごい格好かも!」
    私  「本当!マジ」
    嫁  「何考えてんの!!!コラ!」
    そんな事で、夕方に祭りに出かけた。義母を見る目がイヤらしかったかも知れない。義母も嫁と変わらず派手目の浴衣で、
    襟足はとても色気が出ていた。 【無防備な義母 Ⅲ【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺の仕事は長距離トラックの運転手で、北日本を走っている。
    ある日義母が地方都市の親戚の家に行くと言うので、俺は何気なく、
    俺もそっち方向に行くから、トラックに乗って行くか?と、誘ったら、1度トラックに乗ってみたいと義母が言うので一緒に行く事に。
    トラックには座席の後ろにチョットした寝るスペースもあるので疲れたら、横にもなれるし、何より俺は義母と2人だけになりたかった。
    義母は17歳で俺の嫁を産み、まだ、40代女盛り、色気プンプン、スタイル抜群で、嫁と歩いていても姉妹と間違えられるぐらい若く、何より、男好きする顔と、潤んだ瞳で見つめられたら、誰でも襲いたくなるぐらいの人だから、俺もチャンスがあればとは思っていた。
    いよいよ出発。
    目的地に到着は次の日の夕方。
    丸1日義母と一緒でタイミングが合えばやりたいと思っていたが、案外早くにそのチャンスはやって来た。
    荷受けして次の場所に運んだものの、荷卸しは2時間後と言われて、待機。
    いつもなら、後ろでゴロンと昼寝したり、雑誌を読むんだけど、義母と一緒だし。
    俺は思い切って時間あるし、後ろで横にならないか、義母に聞いてみた。
    義母は何故か服を脱ぎ横になったので、俺も隣に。
    キスして来た義母にびっくりしたが、俺はためららわず、お返しのキスを義母に返し、
    胸を触り、吸い付き、噛み、乳首を手と舌を使い触り、マンコに手を伸ばしたが義母は嫌がる素振りも見せず、足を大きく広げて来た。
    しかし、トラックの後ろは狭い。 【義母とドライブ【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ