エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:絶倫

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    27歳の幼馴染の彼女(仮:みーちゃん)とのお話。
    とりあえず彼女のスペック。
    年齢は書いた通り27歳で黒髪ロング。身長は160cmないくらい。
    体重はわからないが太ってない。痩せすぎってわけでもない。
    足の肉付は個人的に好き。
    美人というわけではない(どちらかといえば可愛い系)、イメージは学生で言うなら図書委員とかやってそうな感じというか雰囲気。
    ちなみにパイパン。
    で、かれこれ付き合い始めてから5年くらい。
    飽きた、というわけではないのだが、第三者として彼女のよがってる姿がみたいと思い、彼女を説得してサイトで出会った男性と会うことにした。
    この時の条件としては、
    ・年上であること。(同年代だと知り合いだったりするかもしれないので)
    ・彼女の嫌がるプレイはしないこと。
    ・ホテル等の必要経費の捻出 【【寝取らせ】彼女を既婚男性に抱かせてみたら生で中出しまでされてしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私は25歳の女性で、アパレル関係のお店の店長をしています。
    スタッフはほとんどが女性ですが、1人だけ男性を雇うようにしています。
    接客は女性でやるので、男性は業者やチェーン店から届いた商品をお店に運んで並べたり、チェーン店に商品を届けたり、掃除など力仕事を中心としたどちらかと言うと雑用係です。
    あと、私のストレス発散のはけ口の意味でも男性1人を雇っていました。
    アパレル関係の仕事は休みが少なく、彼氏を作っている暇がないのと、接客業なのでストレスが溜まります。
    私や一部の女性スタッフは性欲が強く、そのはけ口が必要なのです。
    3年前ぐらいから、男性スタッフは仕事が終わったら日替わりで、私と一部の女性スタッフが満足するまでセックスの相手をする感じです。
    私は自分が満足するまでは、男性が何度イっても無理やり元気にし、セックスします。
    女子会で聞いている限り、他の女性スタッフも同じ感じみたいです。
    面接の時には、私たちの相手をする事を伝えると喜んでくれるのですが、日替わりでほぼ毎日の為か、私たちの性欲が強すぎるのかは分かりませんが、男性スタッフは段々と生気がなくなり、半年ぐらいで辞めてしまいます・・・。
    3ヶ月前に男性スタッフが辞めてしまいましたので、募集を掛けたら22歳の年下の男性が面接に来ました。
    名前は仮で、エイタとします。
    見た目はまあまあのイケメンで、受け答えもしっかりしており問題なし。 【アパレル関係の雑用係として雇った年下の男性に狂わされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    れいじさん(40代)からの投稿
    ----
    GWの前半、現在調教中の莉子と花音の姉妹と1泊2日の温泉旅行に行ってきました。
    今回は伊達さんは同行していません。
    専門学校生の莉子と高校3年生の花音は、暦通り学校が休みの為、すぐに了承しました。
    今回、私が2人を連れて行ったのは、県境の人里離れた温泉旅館です。
    なぜここかというと、AV撮影などでも使用されており、そのような行為に関して融通が聞くからです。
    私の住んでいるところから大体2時間ほどかかります。
    朝の7時に迎えに行き彼女達を迎えに行きました。
    2人とも今時のギャル系と呼ばれる服装ではなく、化粧もほとんどしていないので、逆に美しさが際立ちます。
    先日、姉妹丼を完遂させ、もう彼女達は急速に淫乱になっています。
    私の要求に困惑しながらも確実に股間を濡らしチンポを受け入れるようになりました。
    私は、普通に目的地に行くのはつまらないという事で、車内で2人にまずマイクロビキニに着替えさせ、それぞれの股間にリモート式のローターを入れました。
    そして、苦しくない程度にロープで手足を縛り、後部座席に乗せました。
    運転中も誰かに見られているという恥辱で、姉妹の股間は湿ります。 【堕とした姉妹と一泊二日の温泉旅行【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/まゆさん(20代)からの投稿
    ----
    どうも、まゆっていいます。
    私は高校で教師をしてて、生徒にはまゆゆって呼ばれてます。
    バストはFカップでウエストは59cmです。
    ずっと運動部だったので、お尻が少し大きいのがコンプレックスですが、同僚からはナイスバディと言われます。
    身体はこんな感じですが、少し変わった性癖があります。
    それは俗に言う『露出癖』です。
    最近は、放課後女子トイレの個室で全裸になって、そのまま全裸で隣の男子トイレに移動して男性みたいに立ちながら、おしっこします。
    その後個室に入り、カギを閉めないで2回イクまでオナニーするのが最高に気持ちいいのでお気に入りです。
    私が学内で大胆に露出できる理由は、同じ高校で保健体育を教えているK先生という協力者兼彼氏がいるからです。
    きっかけは今年の4月のある日の放課後。
    男子トイレでオナニーしてる時に、備品の補充に来たK先生とばったり遭遇してしまい、そのまま犯されながら説教をされ、中出しされながら告白され、そのまま何回も中出しされながら彼の所有物兼彼女になりました。
    私自身がドMであることを自覚していたことと、以前から好き過ぎて目も合わせられなかったK先生に告白されながら犯されるなんて夢のような時間でした。
    私って変態ですね(笑) 【同僚の彼氏と学校内で露出プレイを満喫する私【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(20代)からの投稿----私は自分の夫の父親、即ち舅と関係を続けています。
    事の発端は夫の長期出張でした。
    夫とはお見合いで結婚しましたが、良家と言えるきちんとした家柄で、将に良縁と言える結婚でした。
    モテなかったわけではありませんでしたが、私は結婚するまで貞操を守り、唯一、初めて身体を許したのが夫でした。
    夫も真面目な人で、友人とその手のお店に行ったことはあるようでしたが、あまり遊んでいる様子もなくお互いに学校を出てから暫くして、お見合いを経て結婚に至りました。
    男の人がこれほど優しく逞しいものだと夫と一緒になって初めて知り、とても安心したのを今でも覚えています。
    夫の仕事は極めて多忙でしたが、それでも月に二度か三度、きちんと夜のお務めも果たしてくれて、夫にはそれなりの喜びも味わわせて貰っていました。
    夫の両親とは最初から同居暮らしでした。
    姑はとても親切で優しく、本当の親子のように良くしてもらい、姑が若くして亡くなった時には実の母親が逝ったかのように泣きました。
    「お姑さんを亡くしてそんなに泣けるなんて幸せだね」
    友人にはそう慰められました。
    義母を早くに失った以外は絵に描いたような幸せな生活で、私達が死ぬまでこの状態は続くものだと思っていました。
    そう、あの日までは。
    姑の生前から舅は手の掛からない人でした。
    服を脱ぎっぱなしにすることもなく、下着姿で家の中をウロウロすることもありません。 【夫が出張中のある夜、舅に強引に犯されてしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    私は現在38歳で主婦をしてます。
    子供もでき、凄く忙しくも落ち着いた毎日。
    今日は旦那と子供もは旦那の実家へ行っており、私は久々のお留守番。
    ネットサーフィンしててここに辿り着き、昔の自分を思い出し投稿してみてます。
    当時25-6歳の頃、仕事がとても忙しく、月の半分は出張。
    けどそんな自分は割と好きだった。
    仕事人間って言われてましたけど、楽しい仕事で人生終えてもいいって思ってました。
    私は学生の時はどちらかと言うと地味で、男子と話すのも苦手で、まぁモテる感じでもなかったと思う。
    今は大人になりたまに綺麗とか言ってくれる人もいるけど、自信があるわけでもない。
    唯一特徴といえば親譲りのスタイルくらいか。
    しかも、この頃まで付き合った人数は1人。
    しかも2ヶ月だけ。
    男性経験は、その人とあと3人。 【興味のない男の巨根が頭から離れなくて…【エッチ体験談】】の続きを読む

    去年の夏、会社の創立記念パーティーで逆ナンされた。
    パーティーに来てたのは、社の幹部クラスやOBや取引先の偉い人達。
    ペーペーの新人だった俺は受付その他の雑用係として招集されたわけで、結局最後まで会場にも入れない。
    飯食う暇もなかったし。
    俺ってマジメ。
    で、終わってから会場の隅で残り物の料理をがっついてると、中年の女が声を掛けてきた。
    「キミ、受付にいたよね?」
    ってさ。
    女は40代前半か半ばくらい。
    ケバめだが昔は美人だったろうな、という感じ。
    もらった名刺の肩書きは
    「経営コンサルタント」
    だった。
    とりあえず本名をちょっとだけ変えて
    「美奈さん」 【昔は綺麗だったであろう熟女に逆ナンされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ