エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:看護婦

    私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。
    連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

    俺30歳、妹27歳。
    ともに独身。カレシ、カノジョなし。
    俺が先々月入院したときの話だ。
    よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。
    両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。
    労災なので、全部医療費は会社もちとなった。「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」
    「ええ!お前の病院かよお・・・ここ。」
    手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。
    主治医や婦長さんと主任さんもいた。
    こっちが恥ずかしい。
    そして、3週間の入院となった。
    入院して5日目のこと。体を拭いてくれるってことで看護師(24歳)の子が来てくれた。
    両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱がせてくれて、せっせと拭いてくれた。
    風呂に入れないのもあったから、嬉しかった。さっぱりした。
    個室だったから、周りの目を気にすることなく拭いて綺麗にしてもらった。 【俺の妹は看護師 妹に介抱された俺【エッチ体験談】】の続きを読む

    もう、数年前のことですが・・・
    ある年の冬、俺はスノーボードをしていて、大怪我をしてしまった。
    腰と片脚の付け根と右肩を怪我してしまい、とても帰れる状態でなかったため、スキー場近く(といっても遠いが)の市民病院での入院を余儀なくされた。
    いたって健康だった俺は始めての入院。
    しかも寝たきりで動けない。
    勝手がわからない俺にベテラン看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた。
    小便は「尿瓶」、大便は「差込便器」というものを看護婦さんに股の間に入れてもらってその中にするとのこと。
    そして恥ずかしいことに、その尿瓶の口にち○ぽを差し込むのだが、怪我してない左手を使おうとしても腰と背中に激痛が走るため、結局看護婦さんに差し込んでもらわなくてはならないのだ。
    説明してくれた看護婦さんが出てった後、なんだかおしっこするの恥ずかしいなあと思っていたが、人間不思議なものでそう思うとしたくなってしまうのだ。
    しばらく躊躇していたが、やっぱどうにも我慢できない。
    まあ、引き伸ばしてもいつかはしなければならない。
    そんで意を決して(大げさだが)看護婦さんを呼ぶことにした。

    そしたら、ドアを開けて入ってきたのは説明してくれたベテラン看護婦さんではなかった。
    もっと若い看護婦さんだ。 【後輩の嫁に【エッチ体験談】】の続きを読む

    3年ほど前、19歳で肩を脱臼して一時入院したときの事。
    2日ほど入院したのですが、3個のベットがある部屋で、
    入れ替わりで人がいなくなり、たまたま2日目の夜が一人でした。
    看護婦さんは2日では名前と顔が一致せず…。
    AVみたいなことは起きね〜よな〜と一人、友達の差し入れたエロ本を
    手にパラパラと読んでいたときのこと。
    まだチンチンには手をつけずに読んでいただけでした。
    そのときガラガラ、と30歳半ばの看護婦さんが入ってきました。
    とりあえずバレてるとはわかっていつつ本を隠しました。
    初日に紹介に来たのは覚えてるのですが名前が出てこず。
    名札を見ようとしていると「覚えてないな!」といわれ、
    正直に「すみません、わからないっす」と言うと、
    「全く、Hなくせに女の名前を覚えないと口説けないぞ!」
    と笑いながら近寄ってきました。(やっぱエロ本ばれてた、、、。)
    「そうですね〜、でも口説いても無駄でしょ?」というと、 【人妻看護婦【エッチ体験談】】の続きを読む

    アソコが痒くなったので、泌尿器科に行った。
    待合室にはお年寄りが沢山。
    私には場違いのような気がしました。
    診察室でいろいろ聞かれたあと、内診台に乗せられ、カーテンで仕切られた。すると、いきなり指を入れらビックリ。
    声をこらえていても声が漏れてしまうほど気持良かったので、そのままイッてしまいました。(笑)



    あはははは

    名無しさんからの投稿
    ----
    格闘技オタクの僕たち夫婦の馴れ初めをお伝えします。
    現在、僕は40歳を少し超えた普通のサラリーマンです。
    妻は40歳の少し手前で夜間診療の看護師をしています。
    そのためすれ違いみたいな生活をしていますが、共通の趣味が二人を繋いでいます。
    共通の趣味というのはリアルな格闘技です。
    知り合った時はUWFみたいな打撃と関節技で勝敗が明確に判る試合が好きで、よく試合会場で顔を合わせる事がキッカケでした。
    その後、K-1やPRIDEなど大いに盛り上がりました。
    桜庭が好きな妻と高田、舩木が好きな僕とで格闘技談話に花が咲きましたが、いつも酒を飲みながらの話ですから自然と熱が入り、
    「おちゃらけ気味の桜庭は本当に強いのか?」
    みたいな話になって贔屓にしている妻の逆鱗に触れてしまい、当時、看護専門学校と総合格闘技のジムに通っていた妻は代理戦争だと言い出し、深夜の公園で僕と対決する事になりました。
    ルールは
    『噛み付き禁止。目潰し禁止。ノックアウト(戦意喪失)。関節技あり。仮にも女性なので顔面への打撃なし。後は何でもあり』
    で、勝敗に関わらず再戦有りとなりました。 【格闘技オタクだった僕たちは深夜の公園で代理対決することになった【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は今年、32歳になる男です。今は結婚して、妻も子供もいます。今の妻になってからは浮気などは一度もなく、相手の両親にも大変気に入られ、ほんとに誠実な夫をしている私ですが、若い頃はかなりの遊び人で地元でも結構有名でした。合コンをすれば、かならずお持ち帰りは当たり前、そして彼女の他に常に女が4人くらいいてほとんど毎日のように、女をとっかえひっかえ状態でした。
    一人の女がいなくなると補充みたいな感じで、今おもえば最低なヤツだったなと思います。
    ちなみに、そんなにかっこよかったのか!?と言われると、そうでもなく。
    まぁ、普通くらいだと思います。
    ただ、私はどんな女の人にもスゴく優しく、何時間でも話しを聞いてあげれたので、たぶんそれでいろんな人と会えたのかもしれません。
    話しはもどりますが、ちなみにその彼女以外の女の人達は全員私に彼女がいることを承知で付き合ってくれていました。中には人妻だったり、高校の先生だったりナースだったりがほんとにいました。ただ、どうやら私と付き合うとみんな変態になっていくみたいなんです。
    私は性格的には温厚なんですが、結構Sっ気があり調教するのが大好きなんです。ただ、調教と言っても暴力的な言葉は一切使わず、優しく恥ずかしいことをさせていました。
    例えば、居酒屋でパンツを脱がせてテーブルの上に置き店員が来てもそのままで、店員と女の人の反応をみたり。そこで、オナニーやフェラ、バイブオナやオシッコさせた時もありました。その他には、車の中でナビに付いてるテレビでエロDVDを、走行しながら見せてオナニーを我慢できなくなるまで流して、我慢出来なくなったらオナニー。
    オナニーも本番がしたくてしたくて我慢できなくなったら、私の指で触ってあげて。でも、わざとイカせません。そして本番もそこではしません。
    我慢させて我慢させて、そしてほんとに我慢できないと判断したら、思いっきりしてあげます。
    もうそのときは、大抵の女の人は、ズボンやスカートの後ろの所まで濡れて、びしょびしょになります。それもわざと着替えをさせないでコンビニや、高速のサービスエリアなどをパンティにバイブを入れながらスイッチのオンオフを繰り返してあるかせました。
    する場所も、車の中や、ラブホなどではしません。ましてや、わざと人に見える場所でもしません。する場所は、人の出入りがそこそこ多くしかしまず見つからないような場所。
    女の人は見つかりそうで見つからない、声を出したくても出せない場所の方が興奮するらしく、たとえば、個室のマンガ喫茶でズボンやスカートを脱がせて、下半身丸出し状態にし、足を開かせ手で優しく触ってあげます。触られている時は触られている自分のアソコ見させながら、触れるか触れてないくらいで触ってあげます。もちろん声は出せませんので、我慢です。たまに、個室のドアを開けてあげたり。
    触り方もだんだん強く、そして時には優しく触ってあげると、もう、ソファーがびしょびしょになります。そして、あとは個室なので、全裸にさせてあげます。最初はやはり恥ずかしいらしく、断るんですが、私はあえて無理やり強要はしませんが、女の人は興奮してくると、だんだんもっと興奮を求めるようになるんですね。断られた後、ディープキスやアソコを触りながら少し時間を置きその後に、『脱ぎたいの?』と聞くと、不思議と『うん』という人が多いんですね。あとは、マンガ喫茶の両隣に人がいることを、女の人に再確認させ、全裸でフェラやクンニ、本番としてあげます。
    まあ、マンガ喫茶はいろんな人がエッチなことに使っているので、あんまり話し的には面白くないのですが。 【変態浮気相手【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    なんとなく・・・雨の日は普段より性欲UPします。
    なんでだろ??w
    雨の日に昼間からラブホにこもってエッチするのが好き。
    雨の日と言えば・・・かなり前だけど台風直撃の日に嵐の中でカーSEXした経験ありました。w
    相手は当時、長岡の日○病院でナースをしていた24歳のTチャン。
    数ヵ月前に友達の飲み会で知り合い、そのままセフレ関係がダラダラ続いていました。
    Tチャンは長岡市内のアパートで1人暮らしをしていたので、ムラムラしたら部屋に行ってエッチをしていました。
    かなり背が低くて、程よい肉付きのCカップ。
    目や口や耳など顔のパーツが大きい顔立ちで可愛かった。
    いつも巻き髪で、服装はいかにも女子なふんわりした感じが多かった。
    ただ、下着にはあまり関心が無いらしく・・・基本、上下バラバラwww
    パンツも生理用みたいなボクサーパンツとか緩い感じの色気の無いパンツばかり履いてました。
    ただ、そんなヤル気なさそうな下着とは反対に、パンティの中身はエロエロ。。 【新人看護師のセフレと台風直撃の昼間に中出しカーセックスを楽しんだ【エッチ体験談】】の続きを読む

    福岡県/年上旦那さん(40代)からの投稿
    ----
    ♂45♀28の夫婦です。
    妻(佳菜恵)は現役ナースで、いつも20代前半に見られるかなりのロリ顔です。
    まだ子供もいない為、週2~3でSEXを楽しんでいました。
    しかし、最近佳菜恵を抱こうとすると
    「今日は疲れてるから」
    と拒否される様になり、最初は疑いもしなかったのですが、昨日佳菜恵が入浴中携帯にLINEが送られてきました。
    何気に携帯を見てみると、そこには
    「明日イベント5人参加楽しみにしてるよ」
    という文面が。
    佳菜恵から明日は職場の飲み会と聞いていたので気にしなかったのですが、風呂から上がった佳菜恵に
    「明日の飲み会何人くらい来るの?」
    と聞くと
    「フロア全員だから30人くらい」 【【寝取られ】いつも20代前半に見られる童顔の現役ナース妻【エッチ体験談】】の続きを読む

    はるみさんは、酔ってしまってフラフラなフリをしてますが、スケベなだけだと思います。
    そこで、風にあたろうと、非常階段に誘いました。
    はるみさんがもたれかかってきたので、優しく胸のあたりを微妙な強さで(触れるか触れないかで)さすってあげます。
    究極のソフトタッチで、かなりしつこくが、はるみさんの好みです。
    そして、バックからヌルリと入れてあげて、ゆっくりと、時には速く、小刻みに動かしてあげます。
    永遠とも思える時間、出し入れしていると、はるみさんは何度もイッテ、ケイレンが止まらないようです。
    彼女の押し殺したあえぎ声が、深夜のビルの非常階段に響きます。
    yahoo mail:david_marco_kimura

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ