エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:目撃

    病弱で真っ白く透けるような肌をした母親、当時の私は、そんな母親の姿に目と心を奪われた。
    冬の午後、昼でも薄暗い部屋に全裸で横たわる姿が目に焼き付いている立てた両膝の間に黒い影、下腹部から胸にかけ波打つように揺れ動く肢体。
    幼心にも、その行為が何をしているのか直ぐに理解出来たが、私はその場を離れる事が出来ずに見入ってしまう。
    雪深い北国に育った私、秋の刈り入れが終わると父親は毎年、出稼ぎに行く。
    今年も父親は都会に出掛けた、それから数日が過ぎ母親は私に向かい。
    「今日のお昼からは、お爺ちゃんの所で遊んでおいで」
    私は身体の具合が悪く何時ものように寝るのだろうと思い、言われるまま祖父の家に行く。
    しかし暫くで退屈した私は、やはり母親の側が良いと思い家に帰った。
    家の中は静まり返り物音ひとつしない、私が母親が床に伏してる部屋に近づき障子の下部が硝子に成ってる部分から部屋を覗くと、母親のその光景が目に飛び込んで来た。
    細い腰を浮かし喘ぐ母親、時折上体を弓に反らし仰け反る母親、真っ白な母親の足の付け根を浅黒い腕が抱え込み股間を蠢く頭。
    母親は何かを口走るように口をパクつかせ大きく仰け反り、暫くしてグッタリと崩れ落ちる。
    母親の股間から顔を上げた相手をみて私は驚いた当時、私が兄のように慕っていた人物であった。
    当時の彼は確か中学生だったと思った、その彼が母親を抱いている、彼は母親の股間から身体をずらし母親に覆い被さるように身体を重ねて行く。
    瞬間、母親の脚の間に彼の天を仰ぐ隆々とした物が垣間見えた。
    彼が押し込もうとする動きに合わせるように母親の腰も動き、二人は重なり合って身体を密着させて行く。 【白日夢【エッチ体験談】】の続きを読む

    私が未だ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。居ない事に特に何も思わずランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。
    仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき足を止め、そっちの方を見てみた、物に見え隠れするのは母親だった。
    こんな所で何をしてるんだろう?
    私は不思議に思い、母ちゃん!と声を掛けそうになった時に、姿は見えないが男の人の声が聞こえた。
    出そうになった声を押し戻し、息を飲んだ。「厭らしい子だねぇ、早く出しちゃいなさい」
    母親の声、私は何を言ってるのか理解が出来ないまま、声もかけられず立ち尽くした。
    「女将さん!」
    「駄目よ!これで終わりなさい」
    状況が分からず私は無意識に母親の様子を見ようと場所を替えた。色んな物が立て掛けてある隙間から覗くと母親の行為が最初は理解出来なかったが、次第に状況が私にも呑み込めて来た。
    母親の片手は若い職人のズボンから飛び出している性器を握り、しきりに握った手を動かしている、職人は苦し気な表情を浮かべ母親の方に腕を伸ばして来るが母親は、その手を押し返し、ひたすら握った手を動かし続ける。
    「あぁ女将さん!出てしまう!」
    「厭らしい子!毎日、毎日こんなに硬くして」
    手を動かす母親の表情も普段とは別人の様な表情を浮かべていた。「あぁ、女将さんの中で!」
    「はぁ、無理よ今日は駄目、あぁ凄い!硬いわ‥」
    職人が呻き声を上げるのに合わせるように母親は、もう一方の手を重ねて行った。 【母ちゃんと職人【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ワウッ!!」
     亜理沙が学校から帰ってきて玄関を開けると、まるで帰りをずっと待っていたかのように、ジョンが一声大きく鳴いた。亜理沙はちょっとビックリしたが、昨日のことを思い出して頬を赤らめ、ジョンを無視するように部屋に向かった。残されたジョンはいつもと違う亜理沙に戸惑ったようだったが、すぐに体を躱して亜理沙の後を追っていった。
    「コラ、ダメよ!。部屋に入っちゃダメ!!」
     亜理沙について部屋に入ってきたジョンにそう言ったが、ジョンは亜理沙の言葉を無視してカーペットの上に横になった。
    「もうっ、ジョンったら!!」
     亜理沙は机の上にカバンを放り出し、ベッドの端に腰を下ろした。
    ”まさか、この前みたいなことには・・・”
     ジョンが部屋から出ていくまで、座って待っていようと亜理沙は思った。しかし、ジョンは部屋の真ん中に悠々と寝そべって、クンクンと鼻を鳴らしている。亜理沙はなるべくジョンのほうを見ないようにしていたが、ジョンは何か期待するように、亜理沙を時折見つめていた。しばらく時間が経った後、根負けした亜理沙は着替えをするために立ち上がった。
    「えっ、なにっ!!」
     亜理沙が下着姿になると、いきなりジョンが起きあがって、亜理沙に向かって進んできた。戸惑って亜理沙がジッとしていると、ジョンは亜理沙のアソコに鼻面を付けて、クンクンと匂いを嗅ぎ始めた。
    「ちょっと、ジョンッ、だめっ!!」
     亜理沙の制止も聞かず、ジョンはグイグイと鼻面を押しつけていった。亜理沙は身体をひねってかわそうとするが、ジョンは執拗に亜理沙を追ってい
    く。
    「やっ、きゃっ!」
     ジョンに押されて尻餅をつくと、ジョンはここぞとばかりに亜理沙の股間に顔を埋めていった。亜理沙はすぐに脚を閉じようとしたが、すでにジョンが身体を割り込ませていて、布地を通して荒い息づかいが感じられる。亜理沙は気が動転して、身体を後ろ手に支えたまま困惑の表情を浮かべていた。 【獣姦体験談!!ジョンとの交尾記録 その3【エッチ体験談】】の続きを読む

    市営プールは古い建物で、塩素もきつかった。
    よく「修理中」とかで「臨時休館」になってた。
    その日、帰りのシャワー浴びてたら、
    若い母親が幼稚園くらいの女の子と一緒に入ってきて、
    すいません、シャワー使っていいですかと聞いた。
    横の人が、あーいいんじゃないの、どうぞと答えた。
    母親は、見られてもしょうがないって言う感じで、
    見てる前でさっさと水着を脱いで、シャワーで子供を洗い始めた。
    目が合わないように下を向いてた。
    日焼けの水着の跡とか無くて白い、引締った裸の体、
    形のいいお尻や乳房、水がしたたってる陰毛とか、
    おれは見ないようにと思っても、ついつい見てしまった。
    そういえば、場内アナウンスで女子用シャワーが故障とか言ってた。
    脱衣所に上がろうとしてシャワーを止めたとき、
    にぎやかなおばさんが3人入って来た。 【プールのシャワーが故障【エッチ体験談】】の続きを読む

    とある中国地方の温泉での話。
    そこの温泉宿は男女別の室内風呂と混浴の露天風呂が二つあった。
    あとから知ったんだけどその露天風呂は基本的に混浴なんだけど、中から鍵がかけられて
    家族風呂に出来るつくりになっていた。
    そうとは知らずにそこの露天風呂に一人で入りにいくと、脱衣所は電気がついてるんだけど
    湯船の方がなぜか電気がなく、もうもうとした湯気でほとんど視界がないくらいだった。
    そこにほけーっと一人で入っていると、いきなりきゃっきゃっ言いながら、大学生らしき女の子
    二人組みが脱衣所の中に入ってくるじゃないですか!
    その二人はちらっと湯船の方を見たんだけど、湯気と真っ暗なおかげでまったくこっちに気づ
    いていない!僕が脱いだ服も偶然死角になる棚に入れていたせいか、こちらも気づかれていない!
    二人は内側から鍵をかけると、リラックスしてぺちゃくちゃしゃべりながら、着ていた浴衣を脱ぎ
    はじめました!

    向こうからは暗くて見えないのに、こちらからは明かりで煌煌と照らされた脱衣所の中は
    ばっちり見えています。ちょうど膝の上くらいからガラス張りになっているので、もう二人の 【とある中国地方の温泉での話【エッチ体験談】】の続きを読む

    母親というものは、子供のためなら
    たくましくなるらしい。
    健康ランドに行ったときのこと、
    おれは、風呂あがりで、体をふいていた。
    入り口近くの、ロッカーだった。
    おむつをした子供が、入ってきて、
    おれのほうに、近づいてきた。
    若い母親が、追いかけて入ってきた。
    母親はバスタオルを体に巻いて、手で押えてた。
    おれはフリチンのまま、子供を抱き上げて渡した。
    母親は、子供を受取りながら、
    目を丸くして、おれの半勃起のフリチンを見てた。
    その時、バスタオルがずり落ちて、
    その母親も素っ裸になった。
    すぐに子供を床におろして、 【あっという間の出来事【エッチ体験談】】の続きを読む

    10年ほど前だけど母親が当時不倫していました。
    その不倫相手が自分の学年で相当嫌われているオタクヤローだった。
    豚みたいな顔と体でいつも冬でも汗かいてる本当に気持ち悪い奴だった。
    当時まだ中学3年の俺は毎日暗くなるまで部活をやっていたんだけど、
    今日は担任とコーチが両方ともインフルエンザで学校に来ないうえに、
    部活の仲間も1/3ぐらいはいなかった。
    だから、その日は早く家に着いたんだ。
    リビングから結構大きいテレビの音が玄関まで響いていた。
    強盗でも入ったのだろうかと思いそっと近づくと、そこには
    普段はとても厳しい母親とおそらく学年1嫌われているであろうヤツが
    お互い一糸纏わぬ格好で互いに求め合っていた。
    すぐに飛び込んで殴り殺してやろうかと頭に相当血が上っていたが、
    母の痴態と甘えるような声で突入しようとしていた頭の血がスッと引き、
    自分の股間がムクムクと大きくなるのがわかった。
    隙間からコッソリ見ながらオナニーしていると母はだんだん上り詰めてきたのか、 【僕の母親がアイツと!【エッチ体験談】】の続きを読む

    カミさんの妹が就職活動のため上京。家に泊まっている。
    昨日、家のお風呂から出たところで貧血を起こしたらしく
    ものすごい音ともにぶっ倒れた。
    その音にびっくりしてカミさんが飛んでいったが、意識がなく
    動転したカミさんが俺を呼びに来た。
    おれも、そりゃ大変!と風呂場に向かったが、当然、全裸の
    義妹が倒れている。カミさんは動転して妹の裸を隠すどころで
    はなく、「○○ちゃん、○○ちゃん。大丈夫」と声をかけて
    いる。22才の女子大生の裸を目の前にして呆然とする俺。
    よくよく考えると間抜けだが、実際、そういう場になると、
    何をしていいかわからない。
    義妹はすぐ意識を取り戻し、結局、たいしたこともなかった。
    俺はすばやく退散したので、義妹は俺に裸をさらしたことは気づいていないようす。
    あとでカミさんに、小声で「見たでしょ」と睨まれたが、
    当然、そりゃしょうがないでしょって・・・。 【22才の女子大生【エッチ体験談】】の続きを読む

    僕が中学1年生の頃に、友達と海に行った時の話です。
    そこは一般的には知られていない穴場スポットで、
    朝着いた時点では僕ら以外は誰もいませんでしたが、浅瀬で遊んでいたら、
    いつの間にか女子高生の集団40〜50人ぐらいが集まっていました。
    どこかの女子高の水泳部が、強化合宿の為に訪れていたようでした。
    みんなスクール水着姿で、流石に高校生だけあって、お尻とおっぱいの発育の好さが、
    クラスの女子の比ではありませんでしたので、しばらく見惚れていましたが、
    顧問の先生らしき男(推定40歳代)が見た目通り怖い人で、最初は楽しそうにお喋りしていた女の子達も、
    顧問らしき男が現れたとたんアッという間に緊張した面持ちに変貌しました。
    顧問は竹刀を片手に、ドスの利いた大声でスクール水着姿の女子生徒たちに
    「お前ら分かってるのか!遊びに来たわけじゃねーんだぞ!」「やる気がない奴は失せろ!」
    「また尻叩かれてーのか!」等と怒鳴り散らしました。
    邪魔になってはいけないと思い、沖の方に出て遊んでいましたが、
    昼過ぎになり腹が減って砂浜に戻ると、そこでは衝撃の光景が待っていました。
    昼過ぎの砂浜では、一糸まとわぬ全裸姿の女子生徒たちが100mぐらいの距離を往復で走らされていました。 【砂浜で目撃した衝撃の光景【エッチ体験談】】の続きを読む

    【些事 : 倉庫Ⅰ】
     私は親父が早くに死んだ後 お袋が苦労して大学まで出して呉れました。敗戦の混乱の中で何とか大学に這入り 卒業して就職したときには殆ど蓄えも無い情況です。住まいは戦災に遇って 下町の知り合いの倉庫の二階に仮寓していました。
     大学は出たものの 勤めは夜勤のある工場で、お袋もまだ若かったので 勤めに出て居ました。そんな情況では 本当は、ウロウロと 余計なことを考えて居てはいけ無いのですが、この性体験と云う奴は 時期や処を選ばず襲ってきます。
     …と云うと格好が良いのですが 簡単に云えば、根っからの助平心で 私はこの倉庫の二階で、多くの他人の性行為を覗き見ることになります。そして 自分でも思わずマスを掻き、若い時期の無用心で またそれを他人に見られるようなヘマな経験もします。 倉庫の二階の住まいは 南に肘掛け窓と北に腰高窓がありました。南の窓の下は空き地で 右下に舞台となる平屋の仕舞(しも)た屋があり、左手に繊維モノを仕立てる二階建ての工場で 空き地側に目隠しがしてありました。
     左手の平家は 空き地側に塀を立て、狭い庭があって 肘掛け窓の部屋になって居ます。その部屋から見ると恐らく 正面の工場の二階は工場の目隠しと自家の塀で見られる心配は無く、私の居る倉庫の二階は (もしその部屋が 濡れ縁のある掃き出し部屋だったら判ったでしょうが)死角になっていて全く意識に無いようなのです。その家に住んで居るのは 嫁入り前の適齢期の綺麗な娘と その弟の大学生でした。姉娘の方は家に居ましたが 近所の話では最近縁談が纏まったとか聞いて居ました。
     お袋は朝から勤めに出掛け 私が夜勤明けで家に居るときでした。一眠りして目が覚め 南の窓辺に寄り掛かって平屋を見下ろすと、何やら お客があるようです。どうも様子では 縁談のお相手の青年が遊びに来ているようです。青年の方は 最初は庭側が気になっていたようですが、その内に 娘との話しに夢中になり、ニコニコと愛想よく話し合っていて 全く気にし無くなりました。娘は着物で 青年はスーツで、二人は並んで 結婚式場のパンフレットのようなものを見ています。
     「イイなぁ…」と羨ましく見ていると 左側の青年の右手が娘の肩を抱こうかどうか迷って、上げては下げ 上げては下げしています。「これは面白いことになったゾ…」 と思いましたが、同時に 「あぁこの二人… まだ抱き合ったことが無いんだ」と云うことに気が付きました。青年は暫く躊躇っていましたが その内にグッと右手で娘を抱き寄せます。娘は 始めビックリしたようでしたが、青年が唇を寄せると 自分も身体の向きを換え、右手を青年の肩に掛け 左手を脇の下に挿し込んで唇を合わせます。
     映画では見ましたが ナマで近くに見るキスは始めてです。私はドキドキし 思わずペニスが固く勃ちます。二人は大分長い間 唇を合わせて居ましたが、その内に青年が 娘の八つ口(袖の付け根)に右手を入れグッと乳房を掴みます。「随分 大胆なことを…」と思う内に 青年は乳房を揉み始め、娘は唇を離し 目を瞑って仰け反ります。すると青年は 自分の左手で娘の右手を誘導し自分のズボンの前の膨らみを掴ませます。私はもう 目を離せず、思わずズボンを下ろし 勃ったペニスを出してシゴキ始めます。
     「あれまぁ…」と思って居る内に 青年は娘を押し倒し、唇を合わせたまま 右手で頸を抱え、左手を着物の裾に突っ込み 股の間を探ります。その右手がソロソロと動き始めると 流石に娘は少し抵抗しますが、それも少しの間で やがて娘は身悶えして腰を前後に動かし、青年の手の動きが細かくなると 身体を反らして身悶えします。「頃は ヨシ!」と見たのか 青年がズボンを下ろし掛けたとき、二人の動きが ピタリと止まります。二人が大慌てで 身仕舞いをし終わったとき、這入ってきたのは 弟の大学生でした。(Ⅱへ 続く)
    【些事 : 倉庫Ⅱ】
     (Ⅰより 承前)私はガッカリしましたが ペニスは固く勃って反り返っています。仕方が無いので その日は一連の経過を思い出してマスを掻きました。
     それからも下の家が気になって仕方がありません。何事も無く 10日ばかり経った頃、下を覗くと 今日は娘が一人で窓際の座り机で本を読んでいます。「何だ 一人か…」と目を戻そうとしたとき 娘は本を伏せ爪先立って中腰になります。そして少し股を開き 右手を裾の間に入れ、目を瞑り 細かく手を動かします。私も自分の経験から 「あ… マスだ」と気が付きます。
     こうなったらもう お付き合いです。私は ズボンを下ろして胡坐を掻き、 窓辺の柱に寄り掛かり 斜めにそれを見下ろして自分のペニスをシゴキます。ペニスは 大学に在学中、マスの最中に 包茎の後ろが切れ、瑕が治った後 暫く仮性包茎で勃つと剥ける情況の頃でした。まだ グランス(亀頭)の先端が敏感で、色もピンクで 勃つと自分でも惚れ々々としました。その間にも下の娘のシコシコは続き 私も同じリズムでそれに合わせ、やがて娘が目を瞑り仰向いて手が止まったとき 私も同時に果てて射精しました。
     後で考えると 暫く前の風情に比べ、娘の様子が 大分色っぽくなって来ました。そこへ今日のマスの掻きっぷりですから もう確実に〝どこかで 初体験は済んだナ…〟と思われました。私は恐らく次に機会には 「ウマク行けば 本番が見れるな…」と、折があれば 下の様子を伺います。本番を始めて見たのは 別に書く予定の北の高窓からの情景でしたが、少し遠くて ジレッタイ思いをしました。もしも下の家でヤレばもうバッチリで 此処は特等席です。その機会は意外に早く 次の私の「夜勤の明け」に来ました。
     「夜勤の明け」と云うのは 「夜勤務が昼勤務に換わる 休みの日」で、朝帰宅して一眠りし 夕方に近所をぶら付いていたら、例の娘が 美容院から帰って来る処を見掛けました。家へ帰って覗くと 娘は着物を着込み白い割烹着を掛けて、イソイソと 家の掃除をしています。その内に 弟の大学生が旅支度でバッグを持って出掛けたので、〝ヒョットしたら 今日は…〟と思わせます。私のお袋はその日は 帰りが遅くなる予定なので、これで彼の青年が来れば〝まず 十中八九は…〟と 期待は膨らみます。 【「性の風景‥倉庫の二階」【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ