エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:病室

    名無しさんからの投稿
    ----
    高校の頃の俺はやんちゃ盛りで、バイクでコケて腕を骨折して1週間ワイヤーで腕を吊るされて、1人集中治療室のベッドに固定されて動けなかった時の話。
    大きな病院だったから看護婦も沢山いたんだけど、その中に1人30歳くらいの常盤貴子似の人がいたんだ。
    忘れもしない、入院5日目の午前中に常盤貴子ともう1人後輩の看護婦が部屋に入ってきて、
    「体を拭きましょうね」
    と言って、お湯に浸したタオルで最初は手足を、次に胸や背中を拭いてもらった。
    当時高校生もちろん童貞の俺はこれだけで痛いくらいに勃起した。
    それを見つけた常盤貴子が
    「あれ、大きくなっちゃった?」
    って悪戯っぽく微笑むとタオルでそっと玉袋の裏を撫で始めた。
    「あっ!」
    って声が出たねw
    常盤さんは黙って、段々と袋からサオの方にタオルを持ってくると、温かいタオルでさおを優しく包んで擦り始めてきたんだ。
    この常盤さんがまた上手いんだ。 【入院5日目に、30歳くらいの美人ナースが手で抜いてくれた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    以前、僕はちょっとした内臓疾患で入院しました。
    これはその時の出来事です。
    一日中点滴で過ごす毎日の中、僕のセフレがお見舞いに来てくれました。
    最初はしばらく会話を楽しみましたが、彼女は僕に
    「溜まってる?」
    と笑って囁きました。
    僕は
    「そりゃ・・・まぁ・・・」
    と少し照れながら言いました。
    僕の左腕は点滴中で、彼女は病室から出ていくとすぐに戻ってきましたが、手には蒸しタオルを持っていました。
    「もらってきちゃった」
    と笑いながら、強引に僕のパジャマのズボンを下ろしました。
    蒸しタオルで僕のアレを拭くと、僕のアレはすぐに20cm級になりました。 【病院の大部屋でセフレが静かにフェラしてくれてたらカーテンがいきなり開いた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    4日間入院してました。
    とても暇なので、チンポはびんびんです。(内臓系の検査のため体調はいたって好調)
    病室で検査のため、チューブをつけられて動けません。
    確認に看護婦が来る時間になると、チンポをしごいてびんびんにしておきます。(いく寸前にしておきます)
    検査は腎臓のため、チンポのすぐ上です。
    下半身にかけてある布を取ると、びんびんチンポがぴくぴくいっています。
    看護婦は顔を真っ赤にしてチューブを調整しています。
    「すいません」
    と言うと、
    「生理現象ですから」
    と言って許してくれます。
    初日に5回ほどそれをやっていたら、見習いの準看からベテランの30中盤の正看護婦に変わりました。
    2日目もそれをしていたら、2回目はチューブを操作しにくいからと言って手でこすって出してくれました。 【入ったばかりの准看護師たちの実地研修に協力【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ