エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:獣姦

    あれは昨日の夜の事だった。
    15時間ぐらいオナニーしてなかった俺は息子をふくらませながらエロサイトを見てたんだ。
    犬は普段1階のリビングにいるんだけど、昨日は家に誰もいなかったから2階の俺の部屋に連れてきてた。
    犬はオスな。
    種類はロングコートチワワ。
    いつも通り本田奈々美のAVで抜こうとしてしごいていると犬がこちらを凝視しているし、仕方ないから膝の上に乗せてやったら俺の息子を舐め始めた。
    もちろん童貞の俺はこれがフェラか・・・とか思いながら目を瞑って、杉原杏璃にフェラされてる妄想をしながら舐めさせ続けた。
    カリばっかり攻めてくるから俺は3分ぐらいでいきそうになったからティッシュを用意しようとした時に暴発させてしまった。
    初めての精子に戸惑う犬はびっくりしたのか噛みついてきたんだ。
    甘噛みではなく、しっかりと。
    もちろん俺の息子はそんなに固くないので血が出た。
    でもあんまり痛くないし大丈夫かと思って放置してたら勃起してたせいか知らんが血が止まらなかったから、俺は病院にいく事にした。
    菌とかも怖かったしな。
    だからとりあえず病院にどうすればいいか聞こうと思って電話した。
    そう。 【犬にフェラさせてみたら噛み付かれた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    父と母がいとこの結婚式に出席するので、土曜日から泊りがけで九州に出かけていた時の事です。
    私も行きたかったのですが、大学入試も近いので家で勉強してるように、と釘を刺されて1人置いて行かれました。
    夜になって、勉強も一段落したので食事をしてシャワーを浴びてたんですが、シャワーを浴びてる時にビデオの予約するの忘れてるのを思い出したんです。
    見逃してた映画だったのでビデオに録って試験が終わったらゆっくり見ようって思ってたんですが、もうすぐ始まりそうだったし今日は誰もいないので、体も拭かずにとりあえずバスタオルだけ巻いてTVのあるリビングに行きました。
    映画が始まるまであと10分程あるのですが、機械オンチな私はビデオの予約もなかなか憶えられず、10分といってもギリギリかも?って焦ってしまいました。
    とりあえず録ってもいいビデオを探さないと、と思ってテレビ台の下に置いてるビデオを色々見ていました。
    ちょうど四つん這いになる形で、バスタオルしか巻いてなかったから後ろから見たら凄くエッチだったかな?(笑)
    で、とりあえず録ってもいいビデオがあったので、急いでデッキに入れてマニュアルを見ながら録画の準備を始めたんです。
    時間に慌てながらも少しずつセットしてたら、急にお尻に何か感じたんです!
    「きゃっ!」
    思わず声を出して、ビックリして振り向いたらうちの犬でした。
    「ラッキーなの??もうビックリした!あとで遊んであげるからちょっと待ってて」
    とりあえず今は急がないといけないから、犬の事なんて構ってるヒマありませんでした。 【【レイプ】裸でビデオ録画の準備をしてたら飼い犬に襲われた【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は、獣姦経験があります。
    いいえ、獣姦なんて生やさしいものじゃありません。
    昔、今は亡き私の叔父が田舎で養豚場を経営していました。
    家庭の事情で、私はよくその叔父の家に預けられていました。
    9歳の夏休み、いつものように叔父に預けられ、1人で泊まっていた私に、叔父は信じられない事をしました。
    当時叔父は、ペット用で1mちょっとにしかならない小型の豚を飼育してました。
    私はこの可愛い豚が大好きで、いつも豚小屋の前で豚を見ていました。
    そんな私に、叔父は豚と遊ばせてくれると言ったんです。
    ただし、その条件が
    「服を脱いで豚小屋に入る事」
    でした。
    叔父は、慣れない人が入ると豚がビックリするので、服を脱いで豚の真似をしながら入るよう私に言いました。
    私は恥ずかしかったんですが、豚と遊びたい気持ちと、叔父と2人きりという安心感から素直に従い、服を脱いで豚小屋に入りました。
    豚は四つん這いで豚の真似をしている私を遠巻きに見ていましたが、しばらくすると近づいてきて、私の匂いを嗅ぎ始めました。
    そして突然私に伸し掛かり、私を押さえつけました。 【【獣姦】無理やり豚達の相手をさせられた忌まわしい過去【エッチ体験談】】の続きを読む

    鹿児島県/名無しさん(40代)からの投稿
    ----
    私達夫婦は、野外SEXにハマっていました。
    子供も働き始め自立した後、私達夫婦は夜な夜な性に浸る日々。
    元々仲の良かった私達には、SEXレスなどありません。
    定期的に性行為を行っていましたが、年を取るに連れマニアックな事を始めるようになったんです。
    恥ずかしい話ですが、私は47歳、妻45歳ともう熟年です。
    早くに結婚し、子育てを始めた事もあり、若い時は欲求不満な日々だったんです。
    もちろん妻もそうだったみたいで、子供に手が掛らなくなると同時に、私達は一足遅い夜の営みを楽しむ様になりました。
    最近では夜、家を出て外でプレイする事が多く、普段人が集まる公園や海岸に向い、妻を裸にして盛り上がっています。
    何度も知らない人に見られた事もありましたが、それもまた興奮する要因の1つで、妻もすっかり野外露出にハマった感じです。
    ある日の夜、私達は山間部のゴルフ場に向かいました。
    誰も居ない駐車場に車を止め、性処理道具の入ったバックを持つとコースの中に向かったんです。
    広々したコースで妻を全裸にし、首に首輪・お尻に尻尾の玩具を取り付け、胸の上下と股間をロープで縛り四つん這いにさせると、妻の口にはボールギャグ、目隠しをして歩かせます。
    それだけで妻のマンコからは大量の汁が溢れ、太腿を伝って流れています。 【野外セックスをしていたら大型犬が乱入してきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    私の付き合っていた彼氏なんですが、お互い大学生で彼は独り暮らし、私は実家といった感じで、彼は独り暮らしのアパートで犬を飼っていました。
    何でも、私と付き合うまで女性と手も繋いだ事がなかったらしく、犬ととても仲良く過ごしていたらしいです。
    そんな動物に優しい、彼に惹かれて大学1年の頃から付き合い始めたのですが、だんだん彼のおかしな性癖が露わとなってきたのがちょうど付き合って半年が過ぎた頃です。
    彼と初めてセックスをしたのが付き合って4ヶ月くらいと少し遅い気はしたのですが、初めて付き合った女だからどうしていいのか解らないだけかなぁと思い、全て彼に任せてきました。
    でも半年が過ぎ、変な性癖が露になってきた時にはさすがに拒否ってしまいました・・・。
    その性癖とは、彼の飼い犬とのセックスを私に強要してきたのです。
    それだけは勘弁して下さいと必死に抵抗したら、
    「じゃ、犬がクンニをしているところが見たい」
    と言うので、それも拒否しようとしたらかなりの勢いでスネちゃって、クンニならフェラをするよりまだマシか・・・と半分諦めモードで承諾しました。
    犬の舌遣いはとても絶妙な感じで、正直気持ちはよかったです。(自らさせようとは思いませんが)
    そんな感じている私を見て、彼は
    「更なる快感を与えてあげるよ」
    と言って、犬にミンティア的なミント系のタブレットを与えようとしましたが、犬はそれを拒みましたww
    最初ペロっとしたのですが、餌ではない事に気づくと見向きもしないみたいですねww
    そんな感じで私のあそこを舐められると、まるで私のあそこが餌みたいに聞こえますが・・・。 【大学の時に付き合っていた彼氏は変わった性癖を持ってた【エッチ体験談】】の続きを読む

    自分が中3(童貞)で、姉が21歳
    この前の話です。
    春休みに入って、旅行に行く事になって、俺はめんどくさいから行かないってって言って、親と姉の3人で行く事になりました。
    そしてその日の昼間っからねようかなぁってコタツに入って寝てました。
    少し時間がたったときに、玄関があいて姉が入って来ました。
    「何でまだ居るの?」
    って聞いたら姉が
    「親がいない家なら何でもできるでしょ」
    って言いました。
    話はそんな感じで、5分くらい話をした。
    で、姉は自分の部屋に行ったらしいいので、また眠りにつきました。
    すると、2階の自分の部屋から姉がおりてきて、リビングのはしで飼っているジョン(犬の雑種?1mくらい。♂)を部屋に連れて行きました。
    「よぉーし!部屋でボールであそぼっかー」
    とか言いながら連れて行ったので、気にせず寝ようかなーと思ったが、2階から音がしなくなったので、
    「もしや!?」 【自分の昼寝中に姉が犬とヤッてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿----私38歳、妻35歳(B88W62H92)、2人の子供がいます。
    最近起きた話をします。
    私の家は町外れの集落にあり、妻とは社内恋愛で、今も2人で働いています。
    会社まで車で通勤しているのですが、途中人気の無い山道を通ります。
    その途中には材木工場(小さい工場)があり通りからは、駐車場しか見えません。
    ある日、会社から帰宅途中に、ふと駐車場を見ると1台の見覚えのある車を見つけました。
    近くに行き確認すると、やはり妻の車でした。
    しかし妻は居ません。
    ちょっと気になり、工場の方へ行ってみると事務所らしきプレハブ小屋(2階)があり、そっと中を覗くと中には、全裸の妻が四つん這いで50過ぎの男性の物を咥えていました。
    周りには、他に3人(いずれも50代の男性と何故か犬も)がいました。
    飛び込む勇気も無く、暫く覗いていると妻は、
    「早く入れて~欲しい」
    と自分から欲しがっていました。
    あまりの光景に、見ていられず先に帰宅しました。
    それから、2時間過ぎて妻も帰宅するなり 【熟妻が社長達に輪姦された【エッチ体験談】】の続きを読む

    いつものように子供と主人を送り出した後、朝食の片付けを終えてパソコンの前に座りました。
    メールをチェックしたんですが、今日も仕事の依頼は来ていません。
    子供ができたので在宅でできる仕事をと思い、私はHP作成の下請けみたいな事をしています。
    景気が良かった頃はそれなりに忙しかったんですが、今では月に1回仕事が回ってくるかどうかという感じです。
    仕方なく、私は暇潰しにネットの巡回を始めました。
    パターンは決まっていて、求職情報や趣味のHPに行った後、最後はHな告白の掲示板にいくんです。
    他人のセックスに興味があるっていうよりも、欲求不満だったというのが正直なところです。
    というのも、子供ができてからの夫は淡泊になってしまい、その上忙しいとかでほとんど構ってくれません。
    私はまだ32歳で、身体が疼くってわけじゃないんですが、やっぱり寂し過ぎます。
    かといって浮気するほどの勇気もないので、HなHPを見て気を紛らわせていたんです。
    そんなある日、いつも行く掲示板で変わった書き込みを見つけました。
    不倫しているという内容なんですが、その人の相手は飼っている犬だというのです。
    簡単に言えば、私のように暇を持て余していて、悪戯から犬と関係を持ってしまったという内容でした。
    おまけに、犬とのセックスは想像以上の気持ち良さで、喋られる事もないので最高の浮気相手だというのです。
    投稿を読み終えた後、昔の事を思い出して顔が赤くなりました。 【夫が構ってくれないので飼い犬相手にエッチした【エッチ体験談】】の続きを読む

    千葉県/明日香さん(10代)からの投稿
    ----
    私の家は母と私の二人暮らしで、母は会社勤めをしているため帰りが遅いのがほとんどで、半年ほど前に中型犬を私が寂しくないようにと飼ってくれました。
    そして昨日、母は会社に泊まる事になり私と犬のちびと二人になりました。
    私は前々から動物としてみたいと考えていたので、親がいないからと試そうとし下着を脱いで、ちびの前に四つん這いになりました。
    最初は舐めるくらいでしたが、それだけでも私には感じてしまい、まだまだ物足りないのもあって冷蔵庫からイチゴとかにかける練乳?をおまんこに垂らしてみたらさすがは犬。
    甘いのが好きなのかペロペロ舐めたと思ったら、突然ちびが私の腰に手を乗せるので背中に乗りたいのかと思ったら腰を振りだしました。
    さすがに経験はなかったので、いきなり恐くなり離れようとしたらにゅるっとしたものが中に入ってきて一気に奥まで入れられました。
    痛くて涙が出そうになる私でしたがちびはすごい早さで動き出します
    セックスした事がない私にはあまりの快楽に酔いあんあん喘いでいました。
    中出しされたりこぶみたいなものを入れられたりして一時間近くやっていました。
    犬の精子はサラサラしていて私のアソコからたくさん出てきて凄いなと思ったりもしました。
    また親がいない時にしようと思います。

    北海道/名無しさん(40代)からの投稿----1年前夫(48歳)が海外勤務を言い渡されました。
    子供も就職し、県外へ。
    私(42歳)と一匹のわんこ、名前はサブ♂(土佐犬)だけになってしまいました。
    サブは、子供が家を出て寂しいだろうと、夫が友人から貰ってきた犬でした。
    大型犬のサブでしたが、体格はやや小ぶりで気が優しく大人しい犬でした。
    ある日、私はサブを連れて夫とよく出かけていたドックランの設備のある施設へ向かいました。
    その日は愛犬家の姿も少なく、私を含め3組だけです。
    サブを思いっきり走らせ、日頃のストレス発散をさせていました。
    やがてサブの毛を整えていると、1人の女性が話しかけて来たんです。
    「良い毛並ね!土佐犬なんて珍しいわね」
    彼女は50代でしょうか?
    綺麗な顔立ちにちょっとマダムな雰囲気が漂っていました。
    「そうですか?確かに土佐犬はあまり見ないですね」
    「良かったら、あっちで話しませんか?」
    感じの良い女性に私は彼女の後を付いて行きました。 【夫の海外転勤の寂しさを癒してくれる土佐犬のサブ【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ