名無しさんからの投稿
----
実家暮らしで普段家には誰かいることが多いのですが、偶然にもその日は私一人でした。
母は夕方から高校生の弟の面談に出掛けて行ったので、帰りは夜19時頃になると言っており、父も出張だったので、大学が終わって帰宅した私はちょっと解放的になっていました。
住んでいた家は昔ながらの平屋で、声とか音とかあまり出せないから普段できないことをしようと思いました。
そして、ずっと使ってみたかったディルドを出してきました。
お湯でディルドを温めているときから、色々エッチな出来事思い出してしまったのです。
電車で痴漢されたこととか、片思いの男子にじっと胸元見られてたこととか、そんな些細なことで濡れてきちゃって。
横になり、パンツの上から指先でおまんこの入り口を何度も刺激しました。
気持ちよくなってきたとこで、インターホンが鳴ったのですが、夢中になっちゃっていて無視して続けました。
もうヌルヌルがすごくて、パンツの隙間から指を滑りこませると、穴の中にスルンと指が入っちゃって、我慢できなくなってパンツも脱いで温めたディルドを持ってきて股を開いていざ挿入。
ゆっくりディルドの亀頭を自分の入り口に押し付けると、ヌルヌルすぎたのか、すんなりニュルンと咥えこんでしまいました。
温かいし、あまりの気持ちよさに声が出ちゃいましたが、さらに深く挿入して出し入れしてるとさらに気持ちよくなって出し入れのスピードも上がってきました。
好きな男子に突かれていることを妄想して男子の名前を夢中で呼んでいました。
いきそうな寸前で止めて、一度騎乗位の体勢に変えようとして起き上がると、なんと窓の外に男性が立っていました。 【父の部下の若い男性社員にディルドでオナニーしてるところを見られた【エッチ体験談】】の続きを読む