エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:父子相姦

    テツオの父さん(40代)からの投稿
    ----
    妻の視点:【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された
    貞淑だと思っていた最愛の妻があのように悶え狂い、白目を剥いて気を失うほどイカされるのを見たのは初めてでした。
    どこからお話ししたものかと思いますが、子供たちが幼少の頃、私の人生はとても平穏で幸せなものだと思っていました。
    私には人さまにも自慢できる良妻賢母の妻がおり、清楚でお淑やかな娘に、幼少の頃には"末は博士か大臣か"とも言われた息子がおりました。
    妻とは私がまだ学生の頃に、下宿の近くにあった食堂で出会いました。
    貧乏学生だったその頃の私は、アルバイトをしながら生活を切り詰めてできるだけ自炊を心掛けていたのですが、ある時買い物にすらいけないほど忙しくて、たまたま立ち寄った近所の食堂であの天使に出会ったのでした。
    その天使は三角巾を頭に被って、くるくると独楽鼠のように厨房と客席を往復し、一所懸命に働く姿が爽やかで気持ちが良く、とても感じの良い女性だったのを覚えています。
    それが若き日の私の妻でした。
    最初はただ感じの良い可愛らしい女性と言うだけの印象だったのですが、何度かその姿を見かけるうちに私はどんどん心惹かれていきました。
    今から考えるとあれを一目惚れと言うのかとも思います。
    自分の気持ちに気づいてからは、妻に無性に会いたくなって、自炊の食事をサボって食堂に食べに行くようになっていました。
    食堂で顔馴染みになると妻も時折私に話しかけてくれるようになり、私は自分の心を抑えられないほど好きになっていました。
    そして、意を決したある日、私はデートの申し込みをしていました。 【【近親相姦】嫁が息子と交わっているところを目撃した【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私の生まれた地域に今でも残る風習です。
    女子は初潮を迎えた段階で2つのうちから1つを選択しなければなりません。
    1つは、『父親、もしくは5歳以上年の離れた兄に処女を捧げる』
    これを選択した場合、処女喪失以降は自由恋愛が認められます。
    もう1つを選択すると、結婚するまで純潔を守る事ができますが、結婚相手は親が決めます。
    簡単に言うと、人身売買のような形になります。
    男性が娘の「家」から「処女の娘」を大金を以って買うという事です。
    注意点として、男性の配偶者になれるとは必ずしも限りません。
    有力者の愛人になるというケースもありえます。
    「夫」との間に年齢差があって、「夫」が早くに亡くなった場合、実家に帰される場合があります。
    この場合、子供は「夫」の家に取られます。
    私の場合、許嫁とか愛人とかは考えられなかったので1つ目を選択しました。
    上に書いた文の通りの説明を受けるわけではありません。 【【田舎】地域に残る風習で父親に処女を捧げた話【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私が父と寝たのは11歳の、初潮を迎えた1週間後。
    母から泣きながら綺麗なドレスを私に着せ、初めて薄いながら化粧をし、子供の頃から休みの度に遊びに行く伊豆の別荘へと連れてこられました。
    母もいつもより綺麗な出で立ちをし、滅多に着けない真っ赤なルージュを差し・・・・。
    思えば、私の父は多くて週に一度、少ないと月に1回程度しか家には顔を出さない人でした。
    でも私や母にとても優しく、ただ普通の家の父とは少し様子が違うような・・・と薄々は感じ始めた頃の事です。
    もちろん私は何が始まるのかも知らされないまま、いつも遊んでくれる家政婦さんとお風呂に入り、可愛いパジャマを着せられ、案内されるまま母達の寝室に通されたのです。
    そこには裸の両親、正確には薄いベビードールを着た母と裸の父・・・。
    「美咲、よく来たな。お前もやっと女の仲間入りが出来るな。そこでしばらく母がどうするか見てなさい。後で一緒に教えてあげるから・・・・」
    母は、私の目を避けるように
    「やめてください///」
    と何度も小声で父に話し掛けていましたが
    「お前の時と一緒だよ、恥ずかしがらなくても」
    と言い、母の体に巻きつきように手を延ばし、母が息も出来ないほども長いキスを・・・・。 【初潮を迎えた一週間後、別荘で父と母に女にされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    えみさんからの投稿
    ----
    私のエッチの相手は、お父さん。
    高校生の時、学校が終わって家に帰ると珍しくお父さんが居間でテレビ見てた。
    会社から早く帰ったみたいで、私も試験が終わって早く帰って来たので私たち2人だけだった。
    その頃のお父さんは仕事のストレスがめちゃくちゃ溜まってたみたいで、私も彼氏とケンカばかりしてて、むしゃくしゃしてた。
    だから、私からモーションかけたのかな。
    ソファに座ってるお父さんの近くで見えるように制服を脱いで着替えて、一緒にソファに座った。
    顔近づけて甘えてボディータッチしたら、お父さんも笑いながら私の胸元や足をチラチラ見始めた。
    勢いで「もうっ」って言いながら抱きついたら、床に押し倒されて、胸やお尻をいやらしい手つきで触られちゃった。
    つい声が出たら、キスされて、上の服を脱がされそうになったから、
    「私の部屋に行こっ」
    って誘った。
    我慢できそうにない顔してたから、お父さんの手を引いて、私のベッドに連れて行った。
    部屋に入ると、ベッドに押し倒されて、全部脱がされた。 【【父子相姦】試験日で早く終わって家に帰ったらお父さんが居間でテレビ見てた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    中年の普通の会社員です。
    目の中に入れても痛くないというのでしょうか、溺愛している娘の裕子と関係を持ってしまいました。
    中学生の時に嫁を亡くし、男手1つで育ててきた愛娘も大学生になりました。
    母親の死後、娘はしばらく塞いで学校を休んでいましたが、暫くすると元の元気な娘に戻り、普通の生活に戻っていきました。
    中学の間は私が弁当を作り、娘に持たせていましたが、高校に入ると娘は自分で弁当を作るようになり、ついでだからと言って私に弁当も作ってくれるようになっていました。
    片親がいないせいか、自分がしっかりしなければ、と思っていたのでしょうか、その頃には自分の事は勿論の事、私の身の回りの世話も全て娘がやってくれるようになっていました。
    しかし、つい最近になって分かった事ですが、裕子は高校生、いえ、中学生の頃から私を父親以上の目で見ていたというのです。
    私達は、血の繋がりのある、実の親子です。
    私は妻を愛し、若かりし頃の妻と瓜二つな裕子を心から愛しています。
    そんな毎日の中、あの日がやってきたのです。
    休もうと部屋の電気が消えた中、裕子が静かに私のベッドルームのドアを開け、入ってきました。
    「お父さん、一緒に寝てもいい?」
    裕子は私の返事も待たずに、私のベッドに横になりました。 【嫁を亡くし、男で1つで育ててきた愛娘が大学生になった【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校の時、全然モテた事のない俺が突然女子に告白された。
    その女子は、いつも寂しそうにしてて、話しかけるとキョドってぎこちない作り笑いをするような、可愛いけどちょっとメンヘラ気味の子だった。
    しかも、告白されたその日からセックスしまくった。
    で、あっという間に彼女が妊娠してしまった。
    そして母親に勘付かれてしまい怒られたらしい。
    「相手を連れて来いって言われてる。一緒に両親に謝ってほしい」
    と言われ、ビクビクしながら行ったら、母親は泣いて怒ったが父親は割と落ち着いた感じで許してくれた。
    『責任取れ』とか『堕ろす金を出せ』とか、『親や学校に報告する』とか、そういったお咎めは一切なかった。
    その代わり、
    「もう娘とはもう会うな」と言われ、俺は泣いた。
    卒業してしばらくしてから、彼女が父親の子を妊娠して家庭崩壊したという噂が流れた。
    謝りに行った時、やけに穏やかで落ち着いていた父親、あの優しそうなお父さんが…と思ったところで"あー!俺利用されてたんだ!!"と気付いた。
    あの時の俺は無知でバカで混乱してて、彼女が妊娠何カ月だとか、俺とセックスしたタイミングと合ってるのかどうかとか、不自然な点を全く確かめなかった。
    あの時の妊娠も、恐らく相手は父親だったんだ。
    母親の目を誤魔化すために、彼氏(俺)の子供って事にしたんだ。 【彼女が妊娠したと言ってきたけど実は父親の子だった【エッチ体験談】】の続きを読む

    香川県/菊川楓さん(20代)からの投稿
    ----
    その日、私はいつも通りお風呂に入っていたんです。
    ただ…父に、
    「ゆっくりしてきていいからな」
    と言われたのは不思議に思いましたが。
    頭も体も洗い終わり、湯船に浸かったその直後。
    ガラッという音とともに丸裸の父が入ってきました。
    「ちょっ、お父さん!?出てってよ」
    と私。
    もちろん、父の肉棒は剥き出し。
    父はそんな私を横目に湯船に入り、私の正面に浸かってきました。
    その時私は小学6年生。
    ブラもしてましたし、マン毛も生えていました。
    一所懸命に体を隠していると、胸に当てていた手を父に取られました。 【小学生の頃に自宅のお風呂場で実の父に【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ