エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:援助交際

    大阪府/名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    妻と離婚してから半年。
    幸いに子供は出来なかったので、久しぶりの独身生活を満喫していました。
    しかしまだ34歳、性欲の処理が課題でした。
    オナニーばかりも飽きてきて、一度出会い系サイトに挑戦してみようと思い大手のサイトに登録、早速書き込みを見てみました。
    夜も更けた0時過ぎ、その中に気になる書き込みが・・・。
    「本当の年齢、会ってから教えるよ!」
    登録は18~19歳になってるし、大手のサイトだったので年齢認証もあるだろから
    「まぁ18~19でも十分若い!」
    と思い返信しました。
    10分程してメールがあり条件と待ち合わせ場所が書いてあり
    「車内がいい」
    と刺激的な返信でした。
    車で30分程の少し田舎な駅での待ち合わせで、正直すっぽかされたら虚しくなるような場所に到着し、車の色とナンバーを送ると 【出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:援交で付き合っていたJKが、最後だからと自宅を訪ねてきた
    4月になり、援交で付き合っていた天使すぎるJK(結菜)は専門学校へ通うため東京へと行ってしまった。
    しかし、結菜によく似た妹の綾菜が結菜の通っていた高校に入学したということが気になってしょうがない毎日が続いていた。
    とはいえ、せっかく職場に復帰できた身の俺は今は名誉挽回の為にも仕事に全力を尽くそうと頑張っていた。
    通勤電車に乗っている時、綾菜と知り合いになるにはどうすればいいか色々考えてみた。
    高校1年生の女の子にこんな年上の男が普通に声をかけても知り合いになれる可能性は低い・・・。
    そうなるとやはり「金」で釣るしか方法はないのか?
    でも、結菜の時はたまたまその金を求めている時だったからああいう展開にはなったが、そうでなければ門前払いだ。
    とにかく焦らず、まずは知り合いになることが大事だと考えた。
    俺は姉の結菜のことはできれば内緒にしておきたかったが、妹に接近するにはやはり姉の知り合いであることを伝えるのが怪しまれないし、知り合いになれるきっかけになると思っていた。
    そんなある日の夜、結菜から電話がかかってきた。
    結菜「こんばんは」
    俺「やあ、元気でやってる?東京はどう?」 【援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた【エッチ体験談】】の続きを読む

    人妻は雅子という28歳の方でした。
    いつものように2週間ほどメールのやり取りをして、お互いスケジュールの合う日に待ち合わせをしました。
    特別、エッチをするという話はしていなかったのですが、軽く昼食を取ってからホテルへ行くような流れになりました。
    彼女は、化粧っ気のない少し地味な感じで、メガネをかけているせいかリクルートスーツが似合いそうな真面目な印象の女性でした。
    旦那さんとは4年ほど前からセックスレスらしく、欲求不満を解消するためだけに月に1度ほど出会い系サイトを使って適当に男を探して済ませているようでした。
    部屋に入るとエッチモード全開で、舌を絡めるような濃厚なディープキスをしてきました。ポッテリとした唇を押し付けてきて、ヌルっと舌を入れて絡めてきました。
    彼女は、お互い舌を出して舐め合ったり、唾液を交換したり、吸い合ったり、貪り合うような激しいキスを求めてきました。
    僕もそれに応えるように舌の動きを合わせました。
    派手な女性となら何度かこんな外国映画やAVのようなキスはしたことがありますが、真面目そうな女性としてると思うと、
    ましてや痴女のように積極的に求めてくるかと思うと変な興奮がしてきてチンチンがすぐにギンギンになってきてしまいました。
    ベッドに押し倒されるとズボンの上から股間を撫でて、ギュっと握ってからチャックを下ろすとすぐにしゃぶり付いてきました。
    大量の唾液を塗りつけるように手でシゴきながら亀頭やカリを舌先でレロレロしてきり、チュッポンチュッポン、ジュルリジュルリといやらしい音を立ててしゃぶりました。
    僕は、もうすでに限界に来てしまい「そんなにされたら出ちゃうよ」と言うと、「あん、飲ませて。1ヶ月ぶりの精液飲ませて」と潤んだ瞳で見詰めてきました。
    彼女は早くイカせようと、亀頭を咥えて舌を絡め、唾液塗れの右手でサオをシゴいて、左手は玉を揉んだり、アナルの辺りを撫でたりしてくるので、
    僕は彼女の口の中に発射してしまった。 【地味【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は25の時に、
    インフルエンザをこじらせて、入院しました。高熱が1週間続きました、先生から子種を調べたほうが良いと言われ調べたら子供は諦めたほうが良いと言われた。
    それからは、
    大して好きでは無い彼女と安心して中出しセックスの日々を送ってました。結婚願望の強い歳上女で、たまたま付き合いだしただけなのに、中出しを結婚の合図と、勘違いしてる。
    確かに30女にしては、良い女だし、見た目は20代だけどさ。
    そんな中、
    職場に新卒の新人が入社して1人を指導する事になったが、どうにも要領が悪く覚えも悪い。どうやら失敗を、色気で乗り切るタイプらしく、確かに可愛いけど、なびかずに、小言をや叱責をする俺に、最終手段を仕掛けて来た。
    そう、身体を差し出して来たので、躊躇うこと無く、いただいき。
    逆に利用した。
    仕事中に度々、
    人気の無い所で、しゃぶらせ写メを撮りまくり、
    奴隷化していた。バーコード部長が、飲みの席で、新人を気に入った素振りを見せたので、写メを見せたら、大興奮して、
    ワシも味わいたいなぁって、
    秘書にしたらって話して、新人を説得して、部長の愛人けん秘書にした。それからは、
    社の女性社員を根こそぎナンパしては、写メで脅し 【女は道具【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:【援交】天使のように可愛いJKとカラオケボックスでセックスをした。
    電車内で一目惚れした天使すぎるJKとはもう3回の援交をしていた。
    これまでに色んなセックスをしてきたが、あれほど可愛いJKならこれからもやらせてくれると言うのならいくら払ってもいいと思っていた。
    もちろん安月給のサラリーマンである俺にとっては生活が苦しくなるのは目に見えていることだったのだが・・・。
    9月になると、通勤電車には夏休みが終わった学生が多く乗車するようになった。
    そんなある日、俺は仕事を終えて駅に向かうとあのJK(結菜)が近くのベンチに座っていた。
    結菜は俺の姿を発見すると笑顔でこちらに駆け寄ってきた。
    結菜「こんばんは」
    久々に見る夏の制服姿の結菜は、トレードマークとも言えるハーフツインの髪型にしていた。
    俺「やあ、相変わらず可愛いね。もしかして俺のこと待ってた?」
    結菜「違います!でも来るかなーと思って座ってた!」
    俺「それって待ってたんじゃないの?wもしかして今日もこれからするってことだったりする?」
    俺はちょっと期待した。 【【援交】可愛すぎるJKに遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    同級生のキモオタが、女子高生に婦女暴行を働いたとかで捕まりました。
    小学校とか中学の時はそんなことは無かったのに、高校以降にそうなったみたい。
    アルバイトをして、休みには美少女アイドルを追っかけたりしている話は聞いてて噂にはなっていた。
    「ニタニタ笑いながら女子高生を見てた」
    とか
    「太ももを見てた」
    とか、聞くもんはヤバめな話。そんな話を聞いてたが、コンビニでそいつと遭遇した。
    「久しぶり」
    とニタニタ笑いながら話し掛けられて世間話をしたが、やはり女子高生が入ってきたらじっくり見てた。話をした後に、帰ろうとしたら
    「ねぇ・・・これあげるよ」
    とDVDを渡された。
    「なに入ってんの?」
    と聞いたら 【同級生だったキモオタがJKに婦女暴行を働いて捕まった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺は高校時代ある生物系の研究部に所属していた。
    その時にやっていた研究は、必ず1日1回決められた時間にデータを取らなければならず、その日も日曜だというのに学校に登校していた。
    もう1人の仲の良い部員とともに、とっととデータ取りを終わらせてすぐに帰ろうとした。
    誰もいない校舎を歩いていると、友人が
    「あ、オレ教室にちょっと荷物取りに行ってくるわ」
    と言うので、とりあえず一緒に教室へ行くことにした。
    誰もいない教室で、友人は何やら自分の物ではないロッカーを物色し始めたのだ。
    俺「おい、おまえ何やってるんだよ」
    友人「たまにロッカーとか漁ってるといいもん出てくるんだよ」
    俺「バカ、やめとけよ。バレたら問題になるぞ」
    すると友人はあるロッカーからジャージを取り出し、
    「おい、亜美のジャージだぜ。匂い嗅いでみるか?」
    と言ってきた。 【誰もいない教室で友だちとロッカーや机の中を漁ってたらクラスの女子のスマホを見つけた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJKと再会
    俺はあの天使すぎるJKとホテルで一夜を共にした。
    だがJKは本来俺が払わなければいけないお金を受け取らずに部屋を出ていってしまったのだ。
    俺はそのまま会社へ出勤をして仕事をしていたのだが、一体なぜ彼女はそのまま出ていってしまったのだろうと考えていた。
    とにかく彼女とはまた会って話をしたいと思っていた。
    しかしその頃から仕事が忙しくなり、帰りの電車も遅くなるのでとてもあのJKと会えるような時間には帰れない日々が続いた。
    このままではただ月日が流れていってしまう・・・。
    そして季節はもう春から夏になっていた。
    通勤電車にはいつもなら多くいる学生の姿もなくなり、どうやら学生は夏休みに突入したようだった。
    これじゃ今月も間違いなくあのJKには会えないだろう・・・そう思っていた。
    そんなある日、俺は残業を終え会社から駅へと向かった。
    ちょうど改札の手前に来たところで背後から声が聞こえたのである。
    「ねえ、ちょっと!」 【【援交】天使のように可愛いJKとカラオケボックスでセックスをした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    ほんとの中学生とやりたい、そう思いだした。
    コスプレプレイで制服着せてやってたけど、若くて19歳。
    まともにやってたら捕まるし。
    ある危ない事務所にコンタクト取り、ほんとの中学生をかまえてもらった。
    そこは訳ありの女の子を数人抑えてる。多分親の借金で子供を抑えてるんだろう。
    未使用(処女)なら八万円、使用済みなら五万円。
    処女はめんどくさそうなので使用済みを頼んだ。
    先に事務所に金を払い、指定されたホテルの部屋に入った。
    時間になるとベルが鳴り、開けると中学生の女の子が一人いた。
    女の子「◯◯さんですか?」
    俺「そうだよ」
    女の子「入ります」
    入ってきた女の子は、名前は「るみ」と言った。 【【売春】とある事務所にコンタクトを取って中学生とヤラせてもらった【エッチ体験談】】の続きを読む

    出会い系のサイトで女子大生で、交際をお願いというのがありお逢いしました。僕は55歳の熟年ですが、新宿の喫茶店で日曜日の正午に逢いました。
     かなり化粧の濃い子でしたが、「今お金に困っているので3万円で何でもさせるよ」という事でした。
     僕は3万は持っていましたが、ラブホ代が無くなるからと言うと、じゃあ2万でといって昼のラブホに突入しました。
     お互いに全裸になると、何となく幼い感じで、オッパイも大きいのだけど、何となく堅そうでした。
     オマンコを無理やり開かせてクリ舐めをするとクスグッタイと、少し変でした。
     でも二人でお風呂に入り洗ってやり、マットレスで抱き合いました。
     最初はキスにかなり抵抗があるようでした。部屋に戻り、セックスを始めようとアソコに指を挿入するだけで「痛〜い、そっとして〜」などと処女のようでした。
     それでもソロソロと挿入すると何とか収まりました。
     30分ぐらい焦らずにユックリと出し入れをしていると、何となく気持ちが良くなってきて、全身を震わせて抱きついてきました。
     1時間ぐらいで生まれて初めてイッタとかで、その快感にアソコを締めて喜んでいました。
     僕はまだ射精をしないで彼女をお風呂にやりました。
     彼女のバッグを開いて見ると、女子中学の3年生で15歳でした。これをバラスと淫行になると思い一応彼女に話をしました。
    「確かにウソを付いていて、ゴメンなさい。でも友達もみんなセックスで稼いで、携帯代を10万円無いと切られるの」と本当のことを言いました。
     今までに10名ぐらいとSEXの経験はあるそうで、こんなにイッタのは今日が初めてだわと嬉しい事を言われて、もう一度最初からオマンコしました。
     すっかりなれて、僕のチンポも舐めるし、アナルにも指やアレを入れさせてくれました。 【援【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ