エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:授業中

    たけるさん(20代)からの投稿
    ----
    高校生の時の話。
    後ろの窓際席に未来がいて、隣に俺がいる状態。
    俺も未来もいわゆるあほの部類で授業まともに聞いてない。
    最初は教師もそこそこ注意してたが、諦めて何も言わなくなった。
    特に数学と英語の授業、つまらないし未来は居眠りするほどに。
    いつも通り未来が右腕を手枕にして左向いて寝てる。
    またかと思い未来を見てると、ときどき身体ぴくっとしてる。
    寝ぼけてるのか、身体が小刻みに震えてる。
    小声で具合悪いのか?と聞くと、ノートに何か書き破って俺に渡す。
    見ると『オナニーしてる』と書いてる。
    おい、マジか?
    また紙渡す。
    『内緒やで』 【高校の頃、授業中にオナニーするクラスメートがいた【エッチ体験談】】の続きを読む

    埼玉県/黒髪の男さん(20代)からの投稿
    ----
    俺が小学生の頃、席は窓側の一番後ろで、後ろを向かないと見えないところらへんにある席だった。
    ある日、隣のSがいきなり、
    「ねぇ、おちんちん見せて・・・」
    と言ってきた。当時、小学4年だったが、その時の俺はあまりエロなどの類いに興味はなかったので、あまり意識せず
    「ん~いいよ」
    と言ったが、俺だけ見せるのは平等じゃないと思い、
    「お前のも見せろよ」
    と言った。その時の授業は算数で教師は椅子に座り、眠たそうにしてた。
    俺らが座っているところもよく注目して見ないとわからないので、これはチャンスだと思った。
    Sの事はあまり好きではなかったが、体型的にはいい方なのかもしれない。
    肌は白いし、少し胸も膨れてきてる。俺は、
    「じゃあ見せるぞ」
    と言って見せた。その時は勃起という言葉も知らなかった。 【隣の席の女子が「チンチン見せて」と言ってきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    福祉系の学校の授業で障害の体験として、車椅子体験などをする時間がありました。
    目隠しをして階段を登ったり、車椅子で段差を越えたりがあるという事で、前の週から先生は女子に動きやすい格好で来るように伝えていたのですが、必ず忘れてしまう子はいるもので、当日の朝、クラスの女子の何人かがスカートで来てしまい、
    「ジャージ持ってない?」
    と男子に聞いていました。
    早い時間に来た子は借りられたのでそれを穿いて授業に出ていましたが、授業ギリギリに来た千佳ちゃんという子がいました。
    千佳ちゃんはクラスでも美人の方で、とても明るい子でしたが、その日はよりによって黄色いミニのフレアスカートで来てしまっていました。
    学校に来て友達の様子を見てスカートがマズいことを思い出して、慌ててみんなに
    「ジャージ持ってない?」
    と聞いていました。
    しかし、みんな持ってきていないか、既に貸してしまっていて貸せる人はいません。
    結局千佳ちゃんはそのままの格好で授業を受ける事に。
    ジャージ持ってない?と聞き、無事に借りられた子はいいのですが、借りられなかった千佳ちゃんは今スカートの下が生パンである事を告白しただけという形になってしまいました。
    スカートがかなり短かったので、あの下が生パンなら簡単にパンチラするだろうと期待して、その日は千佳ちゃんを完全にマークする事にしました。 【【パンチラ】福祉の授業で障がい者の体験をすることになった【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ