エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:手マン

    名無しさんからの投稿
    ----
    格闘技オタクの僕たち夫婦の馴れ初めをお伝えします。
    現在、僕は40歳を少し超えた普通のサラリーマンです。
    妻は40歳の少し手前で夜間診療の看護師をしています。
    そのためすれ違いみたいな生活をしていますが、共通の趣味が二人を繋いでいます。
    共通の趣味というのはリアルな格闘技です。
    知り合った時はUWFみたいな打撃と関節技で勝敗が明確に判る試合が好きで、よく試合会場で顔を合わせる事がキッカケでした。
    その後、K-1やPRIDEなど大いに盛り上がりました。
    桜庭が好きな妻と高田、舩木が好きな僕とで格闘技談話に花が咲きましたが、いつも酒を飲みながらの話ですから自然と熱が入り、
    「おちゃらけ気味の桜庭は本当に強いのか?」
    みたいな話になって贔屓にしている妻の逆鱗に触れてしまい、当時、看護専門学校と総合格闘技のジムに通っていた妻は代理戦争だと言い出し、深夜の公園で僕と対決する事になりました。
    ルールは
    『噛み付き禁止。目潰し禁止。ノックアウト(戦意喪失)。関節技あり。仮にも女性なので顔面への打撃なし。後は何でもあり』
    で、勝敗に関わらず再戦有りとなりました。 【格闘技オタクだった僕たちは深夜の公園で代理対決することになった【エッチ体験談】】の続きを読む

    アヤノさん(10代)からの投稿
    ----
    私は、普段はごく普通の高校生でした。
    でも、夜はとてもエッチな女の子になってしまいます。
    そうなった理由は、全て痴漢から始まりました・・・。
    あの日は、友達と遊びに行く予定でした。
    露出の多い服を着てお洒落して電車に乗っていたのです。
    するとお尻に触るような感触・・・すぐにそれが痴漢だとわかりました。
    怖くて抵抗できずにいると、その手は履いていたスカートの中に入ってき、下着越しに割れ目を探るのです。
    その時すでにおナニーを覚えていた私は、悔しいことに感じてしまいました。
    そのことに痴漢も気がついたのだと思います。
    次第に下着越しにクチュクチュ音がするようになりました。
    だけど騒がしい満員電車の中では、その音は掻き消されてしまいます。
    ちょうど車両の隅にいたので、周りからは見えない体勢で触られていました。
    いつの間にか、痴漢の手はパンツの中の大事な部分に触れていました。 【痴漢されて電車から引きずり降ろされてしまいました【エッチ体験談】】の続きを読む

    嶺緒さん(10代)からの投稿
    ----
    はじめまして。初めての痴漢体験について書きたいと思います。
    小学校6年生の時でした。結構激しかったです。
    私はおでかけのため、電車に乗っていました。
    友達とは現地集合で、私の地元の駅から目的地の駅までは結構距離がありました。
    私は小学校6年生といえど、女の子ですからお洒落をしてお出かけをしました。
    周りの子よりも胸や身長は大きい方でした。
    夏は、暑いので露出は多かったと思います。
    たしかあの時の服装は、袖のない薄手の服とミニスカート。シャツは着ておらず、ブラだけ。
    スカートの下は、下着だけ。スパッツは履いていませんでした。
    あの日は電車の人が多く、ぎゅうぎゅうと押しつぶされるような感じでした。
    私はまだスマホは持っていなかったので、端っこの角のあたりでぼーっとしていました。
    一人で乗っていたので、喋る相手もおらず。そんな、一人でいる私に目をつけたのでしょう。
    体に、何かが触れた感じがしました。 【小学6年生の時に初めて痴漢に遭った【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJKと再会
    俺はあの天使すぎるJKとホテルで一夜を共にした。
    だがJKは本来俺が払わなければいけないお金を受け取らずに部屋を出ていってしまったのだ。
    俺はそのまま会社へ出勤をして仕事をしていたのだが、一体なぜ彼女はそのまま出ていってしまったのだろうと考えていた。
    とにかく彼女とはまた会って話をしたいと思っていた。
    しかしその頃から仕事が忙しくなり、帰りの電車も遅くなるのでとてもあのJKと会えるような時間には帰れない日々が続いた。
    このままではただ月日が流れていってしまう・・・。
    そして季節はもう春から夏になっていた。
    通勤電車にはいつもなら多くいる学生の姿もなくなり、どうやら学生は夏休みに突入したようだった。
    これじゃ今月も間違いなくあのJKには会えないだろう・・・そう思っていた。
    そんなある日、俺は残業を終え会社から駅へと向かった。
    ちょうど改札の手前に来たところで背後から声が聞こえたのである。
    「ねえ、ちょっと!」 【【援交】天使のように可愛いJKとカラオケボックスでセックスをした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    街コンが流行る前に、20対20ぐらいの大規模合コンをした時の話。
    年齢層は25~30歳ぐらい。
    当然それだけ人が集まればさ、可愛い子も可愛くない子もいたわけだよ。
    その中で俺はそれなりに可愛い子に目をつけて近くに座ったんだ。
    年齢は29歳だけど、北川景子似の美人だった。
    お酒を飲むのが好きらしくて、日本酒だのワインだのドンドン飲むわけよ。
    俺にも
    「飲みなよ~」
    と言って日本酒をガンガン注いでくる。
    俺もまぁまぁ強いから、その子と飲み比べみたいになったわけさ。
    で、結局お互い潰れはしなかったんだけど凄く意気投合しちゃって、景子も凄くベタベタしてくるようになったのよ。
    だから、トイレに立った時に後ろから追いかけてみた。
    上手い具合に俺が出るタイミングと景子が出るタイミングを合わせて偶然を装うと、景子から思いっきり抱きつかれた。 【今で言う街コンで知り合った北川景子に似た美人と非常階段で生エッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    息子(妻の連れ子)は、ほとんど毎晩のように私と妻のSEXを覗きに来るようになりました。
    そろそろ頃合いだと思った私は、先日、SEXの後に疲れて熟睡している妻を寝室に残して息子の部屋に向かいました。
    息子は部屋に入ってきた私に驚いたようでした。
    きっと覗いていた事を叱られると思ったのでしょう。
    身体を硬くして俯いている息子に、私は声をかけました。
    「SEXに興味があるのか?そうだよな。でも、中学生のお前にはまだ早すぎるな。もし友達の女の子とHして赤ちゃんでもできたら大変な事になるだろう。分かるよな?」
    思いがけず優しく言葉をかけられた息子は、驚きながらもほっとした様子でした。
    「ごめんなさい。もう覗かないから・・・」
    そう言う息子に理解ある父親を演じながら、私はついに息子をあの計画に誘いました。
    「そうは言っても、興味はあるだろ?お前くらいの年頃なら"Hしたい"って気持ちはあって当然だしな・・・うん・・・そうだな・・・お前、ここからの話は母さんには内緒だぞ。約束出来るか?」
    「え?何?どういう事?」
    「いいから、約束出来るか?どうなんだ」
    息子は突然話の雰囲気が変わって戸惑っていましたが、私の勢いに押されて返事をしました。 【妻に目隠しをした状態で、連れ子の息子に手招きした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    「ねぇねぇ!コスプレプリクラだって。撮ろうよっ!」
    クミは目をキラキラさせながら健一に言った。
    「えぇ?俺は恥ずかしいからクミだけ撮れば?」
    2人はゲームセンターの角のプリクラコーナーで立ち止まった。
    クミと健一は大学のサークルで出会い、やがて付き合うようになった。
    平日の真っ昼間だが、今日はお互い講議がなかったのでデートをしていた。
    付き合い始めてまだ1ヶ月。
    なんとなく初々しいカップルだった。
    「婦人警官だって!あっ、花嫁さんなんかもある!」
    最近のプリクラは何かと進化していて、コスプレ用の衣装を貸し出している機械もあった。
    もちろん更衣室もある。
    クミは何かを選び、更衣室で着替えているようだ。平日の昼間なので、人はほとんどいない。
    カウンターの中であくびをしているスタッフが1人と、見るからにフリーター風情で小太りの中年男が格闘ゲームをしていた。 【コスプレプリクラ機の中で初めてのエッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    中学時代は吹奏楽部に入ってて、中2の時が男子4名、女子20名超だった。
    中2の文化祭の2日前だったと思う。
    文化祭は吹奏楽部の晴れ舞台でもあるからその日は一日練習かと思ってたんだが、先生の都合で午前までになった。
    一応、
    『午後に残りたい人はお弁当を持ってくれば残ってもいいが、帰る時に職員室にいる事務の先生に言え』
    との条件付きで。
    中学時代はクソがつくほど真面目だった俺はきちんと弁当を持ってきたんだが、みんな持ってきておらず、帰ってしまった。
    俺も帰ろうかと準備していたら、同じ楽器(クラリネットだった)の女先輩も俺と同じく弁当を持ってきていて残るらしく、その先輩からのお願いで一緒に残る事になった。
    他の楽器の人も少しは残るだろう、と思ったが全くいなかった。
    音楽室で、女の先輩と俺だけが残ってしまった。
    お弁当も少し離れて一緒に食べて、その後は少し話をしながら楽器の準備をして、練習した。
    練習が終わって、事務の先生に帰ることを告げようと職員室に行ってみると誰もいなかった。
    事務の先生を探しにあちこち校舎を先輩と探し回った。 【先輩と2人で吹奏楽の居残り練習をしていたら学校に閉じ込められてしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    佳奈さん(10代)からの投稿
    ----
    高2の修学旅行で沖縄に行ったときの話です。
    初めての書き込みなのでみにくいかもしれません。
    とりあえずスペックを。
    私:149cm、細身、胸D。どM。彼氏持ち。
    親友:161cm、力強い。胸C。S。彼氏なし。
    友人A:変顔。
    友人B:レズNG。
    私と親友は同じ部活だったのですが、高1の後半で急に仲良くなり、高2の頃は一緒にいすぎて周りから気持ち悪いと言われるほどでした。
    私はそのことについて、修学旅行に行くことになっても特に何かあるとは思っていませんでした。
    修学旅行は、3日目の夜から4日目の朝まで民泊をしました。
    私の班は女子4人で、親友、友人A、友人B、私でした。
    私は1日目に知らない子と寝ていて2日目は班員と寝たのですが、疲れていたのかすぐ寝てしまい、あまり班員と関わっていませんでした。
    3日目には民泊をした家に何人か子供がいて、その子たちと遊び、やはり疲れてしまって川の字に、友人A、親友、私、友人B、と4つ布団を敷いてゴロゴロしていました。 【【レズ】修学旅行で女友達と一線を超えてしまった話【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(50代)からの投稿
    ----
    50代の女です。
    最近、孫もできました。
    5年前の話です。
    私は病院の売店に勤めておりました。
    そんなに大きくもない病院の売店でしたので、1人で切り盛りしていました。
    あれは、3月14日のホワイトディの日です。
    その日は雪が降っていました。
    リハビリの横田先生が来ました。
    「あの、これ!」
    「なあに?」
    「この前のバレンタインのお返し!」
    「えっ!?」
    横田先生はいつもサンドウィッチと春雨ヌードルを買いにきてくれて、時間の許す限りいろいろ話をする間柄でした。 【夜桜に酔い、息子ような年下の彼に抱かれた夜【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ