エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:姉

    俺と妻の間には二人の娘がいます。娘が二人とも結婚したんですが
    子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました
    家も手放して俺は、一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしています
    そんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。
    次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。
    小さい子供も抱えてるし。という理由で俺のアパートへこいといってやりました
    2部屋しかないアパートだけど、娘は了解してくれました。
    子供はまだ生まれて5ヶ月だし、俺の負担もけっこう大きいものとなりました。
    次女の裸なんか小学生の時みたことないのに、母親になったというのもあるでしょうが
    大胆というか。自分のことにかまってられないというのもあるでしょう
    授乳させてるときも、最初は背中を向けてやってたんだけど。
    そのうち平気になったのか平然とやるようになったし、子供をお風呂から上げにいくときも
    娘は全裸のまま、隠すようなこともしなくなってきた。
    そんな生活にも慣れ始めたとき、ふと夜中に目が覚めると横で寝ている娘の異変に
    気づきました。吐息がもれてる。明らかに声をださないように、オナニーしている娘を 【自慢の娘【エッチ体験談】】の続きを読む

    私と妻の間には子供がいません。
    夫婦間も冷めつつある。。。。
    そんなある日姉の息子を1日あづかることになったんです
    姉の息子は双子の男の子で小学5年生になります。
    いたづら好きでなんかかわいい子です。
    妻から子供たちは俺がお風呂に入れてあげてねっていわれてて
    ちょっと面倒だなって思ってて。。
    妻が先にお風呂にはいってるときに、今だ一緒にいれたれとおもって
    息子達を裸にしてお風呂へ連れて行ってあげました
    妻はかなり驚いたようではずかしそうに裸をかくしてたんですけど
    強引に息子達を浴槽に入れてあげました
    そして俺はリビングにもどったんですけど
    浴槽からは楽しそうな声が聞こえてくるしまぁいいかとおもってたんですけど
    「きゃーたすけてーーー」って妻の声がきこえてきたんです
    気になってお風呂場の近くまでいったんですけど 【妻と姉の息子たちと【エッチ体験談】】の続きを読む

    オレが小5のときに、中二の姉ちゃんに襲われたことがある。
    夜中、オレが自分の部屋で寝ていると姉ちゃんがオレの布団にもぐりこんできた。
    ビックリして
    「姉ちゃん、どうしたの?」
    と聞くと、オレの顔を自分の胸に押しつけるように抱きしめながら
    「静かにして」
    と言った。
    数分間、姉ちゃんは荒い息でオレの顔を自分の胸に押しつけていた。
    オレは訳がわからず怖くなった。
    少しすると姉ちゃんはパジャマのボタンを外して自分の胸元を開いた。
    豆電球が点いているだけの薄暗い部屋の中、水色のパジャマの中から白いブラジャーが見えた。
    オレが何も反応できずにいると姉ちゃんは再び胸を顔に押しつけてきた。
    ブラジャーの感触はパジャマより柔らかい感じだった。
    姉ちゃんは無言でオレの顔に胸を擦りつけ続けた。
    ブラジャーの生地が顔に擦れて痛かったので 【昔姉ちゃんからイタズラされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺には姉ちゃんと妹がいた。
    俺は部屋も一緒だった妹と仲が良く、一緒に遊ぶ事が多かった。
    妹の喜んでくれた顔が好きだった。
    妹も俺を喜ばすために何でもした。
    でも姉ちゃんはちょっと違った。
    一番上というせいか、俺たちには厳しいところがあった。
    俺も妹も悪さをして姉ちゃんによく怒られた。
    でも姉ちゃんは怒っても、親には大抵黙っててくれた。
    厳しかったけどそんな姉ちゃんが好きだった。
    俺が15、妹が12、姉ちゃんが17の時、妹が恥ずかそうに聞いてきた。
    「ホントに固くなるの?」
    「ホントだよ」
    といって俺はウェットティッシュで拭いたのを見せてやった。
    妹を喜ばすためにそのくらいの事はやった。
    妹も見せてくれた。 【JKの姉とJSの妹と凄く仲がよかった【エッチ体験談】】の続きを読む

    タカシさん(10代)からの投稿
    ----
    小さい頃から三つ上の姉はボクの憧れだった。
    小学生の頃からクラシックバレエをやっていた姉は脚がすらりと長く、子供の目にも優雅な物腰で、長い黒髪はずっと伸ばしていて腰まであった。
    年が三つ離れていると、ボクがわがままを言ってもいつも姉が折れてくれて喧嘩にはならず、ボクは母親以上に姉になついていて大好きだった。
    人よりは体格に恵まれてスポーツは元々得意だったボクだが勉強は苦手だったので、面倒見のいい姉はいつも自分の宿題をさっさと片付けるとボクの勉強を見てくれて、毎日家庭教師がついてくれているようなものだった。
    姉のお蔭で苦手な勉強も人並みにはできるようになって、一応進学校と呼ばれる高校に合格できたとき、周りは喜んで誉めてくれたが、ボクは全て姉のお蔭だと素直に思っていた。
    同じ年に大学に合格した姉にそのことを言うと、姉はボクに勉強を教えたことで自分も基礎の復習ができたので大学に入れたのだとただ笑っていた。
    小さいころから、ボクが悪さをしても姉がボクを叱ることはなかったが、とても悲しそうな表情を見せるのが常だった。
    その度にボクの胸はキュッと締め付けられて、姉を悲しませることは二度とするまいと心に誓うのだった。
    姉のお蔭で少しはまともな人間になれたとも言えるし、姉の所為で人の道を外れた獣になってしまったとも言える気がする。
    そんな訳で、昔からボクはいつも姉と一緒で、どこにでもついて行くので、親には
    「姉の金魚のフンだ」
    などと言ってからかわれたが、ボクの中では姉と一緒でないとなんだか落ち着かなかった。
    姉が大学生になっても姉はボクを誘ってくれて、連れ立って出かけることは多かった。 【【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    七年前から、お姉ちゃんの協力で大人になり成長しています。
    お姉ちゃん、さおり。現在、25歳。大学→会社員(事務系)。彼氏、いない。
    俺、ともはる。22歳。高卒→地元企業に就職(外回り営業系)。彼女なし。
    父母は俺が中学二年の時に交通事故に遭い他界。
    まだ父が41歳、母が38歳だった。
    お姉ちゃんは高校二年から俺を親に代わって育ててくれた。
    生活費は交通事故の賠償金や生命保険が入ったので、十分に賄えた。
    住居は地方の山間部で大きな川の近くで夏は涼しく過ごしやすい土地だった。
    お姉ちゃんと二人の生活では、ほとんど入らない部屋があるほど広く大きな家だった。
    寂しくなるくらいの家だったが、父母と暮らした家だから俺もお姉ちゃんも離れたくなかった。
    父母の葬儀とかバタバタした事が落ち着いた頃、俺が入浴していたら、お姉ちゃんが
    「背中、流してあげる」
    と入ってきた。 【【近親相姦】両親が事故に遭い、姉が高校二年の時から親代わりをしてくれた【エッチ体験談】】の続きを読む

    僕は中2、姉ちゃんは高1です。
    夏になって部活から帰ったらシャワーするけど出たらスッポンポンで部屋にいきます。
    その日もシャワーから出たら、姉ちゃんが学校から帰ってて洗面台で顔を洗ってました。
    姉ちゃんはいつもは僕がスッポンポンでいたら
    「パンツくらい履きや!」
    と言って、僕も
    「いいやん別に」
    で終わってたけど、その日はじーっと僕のぶらぶらしてるチンチンを見てるので
    「何みてるん。すけべやなあ」
    と言うと、姉ちゃんは僕のを触ってきました。
    「何すんねん」と言うと
    「いいやん。うちの触っていいし」
    と僕の手を胸に当てました。
    姉ちゃんはノーブラでした。
    胸はDカップあって、大きくて柔らかいので、思わず両手で揉んでしまいました。 【JKの姉ちゃんがおっぱい触ってと言ってきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    姉とエッチしたいと思ってもう数年が経ったが、ついに姉とエッチできた!
    しかも姉の方から誘わせた!
    とりあえず俺20、姉24ね。
    チキンだから俺の方から誘う事はできなかったので、そこでどうしたらエッチしたい事をアピールし姉の方から誘わせるかを考えていたんだ。
    そんなある日気付いてしまった。
    俺は普段から家ではパンツとシャツだけしか着てないんだが、このパンツだけの状態で胡座をかくとなんと隙間から息子が見えるんだ!
    凄い時なんて隙間からぽろんっと出る事すらある。
    俺はこれを利用した。
    勿論普通に座っただけじゃ息子は見えない。
    コツは出来るだけ股を開いて胡座をかく事。
    足とパンツとの隙間を出来るだけ作るのがポイントね。
    まずは飯食う時とか親には見えないように姉の方から見えるようにいつもしていたんだ。
    飯以外にも日頃からずっとね。
    それを続けていたある日。
    いつも以上に息子がぽろりしてたんだ。 【念願の姉とエッチな事ができた【エッチ体験談】】の続きを読む

    友達数人と酔った勢いでヘルスに行った。
    「3人いるんだけど、すぐつける娘でよろしく!」
    って店員さんに威勢よく言って、3人ともフリーで入る事に。
    友達2人は先に呼ばれて最後に俺に声かかる。
    店員さんに細い通路を案内され、いよいよカーテンの向こう側の嬢とご対面・・・姉でした。
    姉はその場では、平然と
    「いらっしゃいませ~♪」
    と営業スマイルで俺の腕を取り、部屋まで案内。
    部屋に入った途端、
    「ちょ・・・何でこんなところに来てんの?」
    と顔面蒼白で俺に言う。
    俺も同じセリフを言いました。
    とりあえず小遣い欲しさに短期で働いてるそうで、ヤクザにハメられてるとかそういうんじゃないので安心。
    俺はチェンジを希望したら、出来ないんだって。
    じゃあ金返せって言ったら、それも無理なんだって。 【ヘルスにフリーで入ったら姉が出てきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺と姉ちゃんのエピソード。
    当時18歳だった俺は、ほとんど学校にも行かずに家でゲームばかりしていた半引きこもり状態。
    いつものように俺は、レンタルビデオからエロアニメのDVDを借りてオナニーをしていた。
    すると、
    「ねえ健太郎・・・あっ!」
    部屋にノックもせずに、姉ちゃん(当時20歳の女子大生。若い頃の山口智子に似ている)が入ってきて、オナニーしてるのを思いっきり見られた。
    「な、なんだよ姉ちゃん!」
    俺は怒鳴ったが、お姉ちゃんは部屋も出て行かずに、俺をじっと見ていた。
    「なんだよ、何か用かよ?早く出て行けよ」
    姉ちゃんは腕を組んで、
    「ねえ、あんたいつもエロアニメでオナニーしてるの?」
    「え?何でだよ?」
    「あんたさ、アニメとかマンガばっかり見てるよね?」 【引きこもりだけど姉にオナニーしてるところを見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ