エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:姉

    俺が24歳の時の話だけど、4歳上の姉貴に童貞を捧げた。
    そのあと2年弱の間は、俺は姉貴に何度もお世話になった。
    姉貴が3か月前に結婚した。結婚するまでの間の話だけどね。悲しいけどずっと童貞だった。彼女ができないし、風俗なんか行って病気もらったら嫌だったから。
    エッチしたくてしたくて、でもできないからオナニーの毎日だった。
    7月だった。
    いつものようにパソコンでAV見ながらオナニーした。もちろん、音が漏れないようにヘッドフォンつけてた。
    日曜日で、誰も家に居ないときだったから、やりたい三昧だった。
    思いきりオナニーできるのが嬉しかったなあ。が、夢中になってしまったのが敗因だった。2回目の発射を姉貴に完全に見られてた。
    気が付かなかった。姉貴が買い物から帰宅したのも。俺の後ろでオナニーをずっと見ていたのも。もちろんAV見てたのも。
    「ううう!出る!」2度目の射精をティッシュに発射して、チ○○を拭いて、ごみ箱に捨てようと後ろ振り返ったら、姉貴が間近に立っていた。
    チ○○見ながらニヤニヤしてた・・・。
    まじにあせったし、固まった。なんせ下半身丸出しでオナニーしてたからね。
    「ね!・・・姉ちゃん!」
    「すっきりした?なんてね。ずっと見ちゃった。智之のオナニー現場!!」
    「・・・・黙ってみるなんて・・・姉ちゃんでも許せねーよ!!」 【姉貴に童貞を捧げ、姉貴は俺の子供を身籠った【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ねー、なんか中でプニプニするよ」
     きっとミサキは包茎という知識もそんなにないのだろう。皮の上から中身を滑らせるようにして
    遊んでいる。ときたま上に少し皮をひっぱり上げては引き戻したりもする。それでもマサルの寝息の
    リズムは乱れもしないから、これはもうかなりの熟睡といったものだ。薄闇の中のこの光景はあまり
    に現実離れしたものである。額に大粒の汗が流れ落ちるのを感じた。
    「ねえ、せっかくだし、パンツ全部下ろしちゃおう」、パンツを押さえる手が疲れたという理由もあ
    るが、それより私も触りたいのでそうささやいた。
    「いいね」、そう言うミサキの顔はニスでも塗ったように照っている。
    「じゃあ、ミサキはマサルの足を持ち上げて。そっとよ」、私はそう言い、念を押した。ここまでき
    てマサルに目覚められるわけにはいかないのだ。ミサキは手をマサルのそれから離し、私の後ろに回
    る。私はパンツのゴムを押さえたままマサルの右手に膝で立つ。このポジションチェンジはコンマの
    速さで行われたようにも思える。そして私がコクリと頷くとミサキはマサルの足を片足ずつ軽々と持
    ち上げた。その間に私がパンツを太ももの位置まで引き下げる。すると、マサルの真っ白なお尻が露
    わになるのだ。それも片足を上げられ、お尻の隙間から丸まったタマ袋がちらりと見える。すべてが
    ツルンと丸みを帯び、マシュマロのような臀部は小麦粉を塗りたてたばかりのように真っ白だ。そん 【真夏の夜の夢[19]【エッチ体験談】】の続きを読む

     ぺた……、再び私の指はそこに不時着した。今度はしばらくの間である。なんとなくその小さな膨ら
    みをなでるように指を動かす。あまりの滑らかな感触に、その時私は我を忘れてなでていた。まるでそ
    うすることで御利益か何かがあったりするとか、あるいはそれが愛くるしいペットであるかのように執
    拗になでたのである。きっと私の口からよだれとかが垂れていてもおかしくないほどの至極の感触だっ
    た。「どうどう?」と言う声でいくらか我にかえったが、その指と視線は止まらない。「ねえ、どうな
    の?」
    「やばいよ、ミサキ」
    「えー、どうやばいの? ねえ」
    「触る?」、私がそう聞くとミサキは照れ臭そうに頷いた。結局ミサキも触りたかったのである。
     ミサキは私よりももっと大胆だった。私がパンツを押さえる役にまわると、ミサキはマサルの隣に座
    り、おもむろにそれを摘まみだしたのだ。その時、鼻から抜けるような「うっ」という声が微かに聞こ
    え、マサルの腰のあたりがほんのわずかではあるが横に動いたのである。ダメだ……、ばれた。その晩
    最高の心臓の高鳴りである。一瞬ミサキをおいてでも部屋から飛び出そうと、本気でそう思った。しか
    し、すぐにまたさっきより強い寝息を立て眠り始めたのである。あの睡眠安定剤はかなり効いているぞ
    ……、だってさすがに今のだったら普通は起きるはずだよ。私はなんだか自身が湧いてきた。 【真夏の夜の夢[18]【エッチ体験談】】の続きを読む

     マサルは私たちに背中を向け、掛け布団をギュッと抱きかかえるようにして眠っている。背中は豆電球の
    オレンジに照らされ、焼き立てパンのようにこんがりして見えた。細い腕は日焼けのせいか他よりも濃いオ
    レンジで、何とも言えないほどセクシーなかたちに折れ曲がっている。もちろん、弟にセクシーなんて言葉
    は使いたくはないけど、このときばかりはそれ以外に表しようがないほどだった。その先では小さな手がし
    っかりと布団を掴んでいるのである。青地に赤色で何やら英語が印刷されたトランクスは、少しばかりマサ
    ルには大きく見えた。そこからスラッっと伸びる足はこの子は本当に男の子なのだろうか、と考えさせるほ
    ど滑々しているようだった。しばらく私たちはマサルを取り囲むようにして眺め、それから二人で眼を合わ
    せ文字通り無音でこの興奮を示しあったのである。
     私がマサルの顔を覗きこむと、微かに「スー、スー」という規則的な寝息が聞こえる。子供が口開けて寝
    ていても少しも間抜けに見えないのはなぜか。私がマサルみたいに寝ていたらさぞ滑稽だろう。マサルの瞼
    はしっかり閉ざされ、それを包装するかのように長いまつ毛がびっしり覆っている。これはかわいい……。
    思わず声に出しそうになった。きっとこの子はあと数年は小学生料金で電車に乗ることができるだろう。私
    はそっとマサルの頬に手を当てた。
    「お姉ちゃん」、ミサキが小さくささやいた。私を注意する先生のようなその顔は、そんなことしたら起き
    ちゃうよ、という注意なのか、それとも、お姉ちゃんばかりズルいと訴えているのか、私には分からなかっ 【真夏の夜の夢[13]【エッチ体験談】】の続きを読む

     時計の針が夜中の一時を差す頃、私たちはマサルの部屋の前に立っていた。辺りは静ま
    りかえり私たちの息遣いだけが廊下に微かに響く。二つ年下のミサキは私のパジャマの袖
    つかんで離さない。シーっと人差し指を一本口の前に立てるミサキの顔が窓から差し込む
    月明かりに照らされる。ミサキの興奮がそのイタズラに目を輝かす子供の表情から見て取
    れた。そう言う私も心底興奮していたのだ。
    「いくよ」、そう言うと私はマサルの部屋のドアノブに手を掛けた。ドアからカチャっと
    いう小さな音が鳴る。私はミサキと眼を合わせる。ミサキの満面の笑みに私も思わずにや
    けてしまう。二人でわずかに開いた隙間から部屋を覗くと、オレンジの豆電球が薄らと部
    屋を照らしていた。ベッドの上で緑の掛け布団を抱くように寝ているマサルの背中が見え
    る。机には夏休みの宿題か何かが山のように積まれ、その横に学生鞄がくたびれたように
    口を開けたまま置かれている。音が鳴らないように慎重にドアを押し開け、人が通れるだ
    けの隙間をつくった。なんだかスパイにでもなった気分だ。
    「おねえちゃん、マサル、パンツ一枚で寝てるよ」、ミサキは小声で言った。
    「好都合ね」、私はミサキにと言うよりも自分に言い聞かせた。

    僕が中学二年の時です。
    僕の家族は、五人家族で姉が二人いて一番上が23歳、もう一人が20歳でその次が僕でした。
    勉強とかよく見てくれて優しい姉達でした。性格が良いせいか友達も多く近所にも評判もよく友達からはうらやましがられていました。
    中学上がるまではよく一緒にお風呂も入っていて弟の僕から見ても本当にスタイルがよく裸の姉を見ていても隠すわけでもなく普通に体を洗ったりしていました。一番上の姉(紗彩)は、身長は150㎝ オッパイは、Dカップでアンダーヘアーは恥丘の上に生えてるくらいでした。
    二番目の姉(沙衣)は、身長は、155㎝ オッパイは、Eカップでアンダーヘアーは産毛が生えているくらいでほとんどパイパンでした。顔も美人って言うより可愛いって言った方が似合うほうで二人とも色白でした。
    僕も身長は、低く165㎝くらいしかなくちょっと運動をしていたので少しくらいは筋肉がついているくらいでした。
    中学に入ってからは、小学生ほどではないけど僕が入っているとたまに平気で入ってきて僕の慌てようを見て楽しんでいるのか気にしてないのか普通に体を洗っていました。こんな姉達で彼氏は、出来るけどなぜか長続きもせずすぐに別れてしまいました。
    僕は、中学に上がってからは、友達からいろいろと教わり女性の体に興味を持ち出しました。
    今までは、姉達の体に触ったりしていたけどどうしてもそれ以上の事に性的興味を持ち始めていたのでした。中学二年になってから一人の友達から一冊の本を見せられました。
    それは、女性がセックスしている所とかマンコから白濁した物が溢れ出てくる所でそれも無修正な本でした。
    姉達の裸よりは綺麗じゃなかったけどマンコにチンコが挿入しているのに妙に興奮しました。どうしてもマンコに挿入してみたかったけど姉達にそんな事も言えず言っても凄く怒られるのがわかっていました。
    そんな事知らず姉達は僕がお風呂に入っている時でも平気で入ってきて普通に体を洗っていて僕は、そんな姿を見て興奮してきてチンコが勃起していました。僕が勃起していても姉達は普通に接してきて平気で湯船にも一緒に入ってきました。
    そんな事が続いてある日両親、一番上の姉紗彩が旅行で二番目の姉沙衣が飲み会で僕一人が家に留守番をしていました。
    コンビニでご飯を買って両親も姉達がいなかったので遅くまでテレビを見てる時でした。電話が鳴り出てみると沙衣姉の友達からの電話で沙衣姉が酔いつぶれたので迎えに来て欲しいっと言われたけど今日は、僕しかいない事を伝えたけど友達は、明日用事があったので預かれないっと言われ僕は、沙衣姉達が飲んでいる居酒屋まで迎えに行きました。
    居酒屋に着くと一人の友達がお店の外で僕が来るのを待っていてくれてお店の中に入ると沙衣姉は酔いつぶれていて僕は、沙衣姉を肩に抱えると何とか立ち上がり沙衣姉の友達にお礼を言ってからお店を出ました。 【姉【エッチ体験談】】の続きを読む

    『蛙の子は蛙』という諺があるけど、最近それを身をもって実感することになった
    13歳になる息子がいるのだが、妻が息子の部屋を掃除してて机の奥から1足の黒いパンストを発見したのだ
    俺に見せてくれたのだが、黒いパンストには息子の精液を思われるものが付着して乾いてた
    まさか中学生の息子が他人の家から泥棒したとは考えにくいし考えたくもない、おそらく妻が穿いたものだろう
    妻は問い詰めて叱ると言ったが、俺も昔から黒いパンストが好きで姉の黒いパンストでオナニーしたことがある
    気持ちがわからないでもないから息子を弁護した、「しばらく気付かないふりして様子を見よう」となった
    考えてみれば息子は妻の穿いた黒いパンストに欲情してパンストのままセックスした時にできた子供である
    息子ができたのは結婚してすぐだった、その頃はしばらく2人だけの夫婦生活を楽しもうと考えてたので避妊してた、
    ところがある日妻の実家で法事があり、俺たち夫婦は出席することになった、法事なんだから当然妻は黒いパンストを穿いていた
    法事は午前中で終わったのだが、お昼に妻の実家の家族や坊さんや親戚と近くの料亭で会食した
    それが終わり帰ろうとしたら義父が「○○君飲み足りんだろう、家で飲みなおさんか」と言ってきた
    結局夕方まで飲んで夕食もごちそうになりかなり酔った状態でタクシーで家に帰った
    実はすでに朝から妻の黒いパンストに欲情されてた、いつも穿いているベージュのパンストとは違うエロさがあった
    家に入って2人きりになると我慢できなくなった、酔いも手伝って服を脱ごうとしてる妻をそのまま押し倒した
    「スーツが皺になる」というのを無視して妻をむさぼった、最初は抵抗してたがしばらくして観念したらしく 【親も親なら【エッチ体験談】】の続きを読む

    妻の姉妹ではないけれど、不倫相手の姉さんと。
    この間いつものように不倫相手の陽子の携帯にメールを入れて、
    デートの待合せをした。
    待合せ場所に行くと、陽子が来ていない。
    約束時間から10分ほどしたところ、知らない女性が声をかけてきた。
    「陽子と待合せ?」
    「ん?」、、と思ったら、その女性は陽子の姉で、この間陽子の家に
    行っったとき、陽子が買い物に出かけたときに、私がメールをした
    らしい。携帯をテーブルの上に置いたままだったようだ。
    なんとなく見てしまったら、私からのデートの約束メール。
    いたずら心で返信して、どんな相手と浮気してるか見たい、、と
    思って来てしまった、、とのこと。
    ちょっと話しましょう、、と喫茶店へ。
    「ヤバイなあ、、、」と思いながら、一緒に喫茶店へ行った。
    「別れなさい」とか言われるのかと思いきや、家庭の話や仕事の話し 【不倫相手の姉さんも【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺の家族は父43歳、母41歳、姉23歳、俺20歳の4人、顔は全員フツメンの家族。
    父も俺も165センチあるかないかのチビ、女どもも155以下のチビ。
    姉が物心付いた頃に俺が生まれたもんだから、風呂には姉を親父が入れ、母が俺を入れていたらしい。
    習慣とは恐ろしいもので、姉が早く帰って来た時は、親父が仕事から帰って風呂に入ってると、
    「私も入るよぉ~」
    と一緒に入ってる。
    俺も親父も現場仕事なんで早く入りたいが、親父の手前、晩御飯食べてから入ってる。
    俺が中一の頃、先に風呂に入り体を洗ってると母が入ってきて
    「体洗ってるのね、私が先に浸かるからちょっと洗い桶貸して」
    と言うので、見るといつもの母が裸で立っている。
    桶を渡すと俺の横にしゃがみ、蛇口から湯を出して何回かかかり湯をし、最後にシャワーを手に取り、股間を洗って立ち上がり湯船に浸かっていました。
    見慣れている母の裸を見て今までは何とも無かったのに、その時は俺のチンポ勃ってしまったのです。
    見られるのが恥ずかしくて股間にタオルを置き、シャワーで洗い流していると 【母親と一緒にお風呂に入ったらギンギンに立ってしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    タカシさん(10代)からの投稿
    ----
    『【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした』の続き。
    あの日、偶然目にしてしまった姉の日記帳の中に綴られていた姉の心のうちをもう少し書き留めておきたい。
    「ミサトちゃんとタカシが部屋に閉じこもっている。時々、ミサトちゃんの甲高い声が聞こえる。最近の高校生はみんなこんな風なのだろうか」
    「ミサトちゃんの声を繰り返し聞くうちに下腹部がキュッとなった。ミサトちゃんが帰って、タカシがシャワーを浴びている間に脱衣所からタカシのパンツを持ってきてしまった。男の匂いがする。匂いを嗅ぐうちに、いつの間にか私の指は下着のゴムをくくって自分を慰めていた。気がついたら私は下半身裸のまま眠っていた」
    姉のベッドに忍んで行った日の事を読んだとき、何だか胸が締め付けられるようだった。
    姉の葛藤を読むうちに始めてひとつになったときのことを思い出した。
    「タカシのペニスが唇に押し付けられた時、ミサトちゃんがタカシを咥えている姿を想像してしまった。途端に私はミサトちゃんに負けたくなくて、大きく口を開いていた」
    「タカシが私の喉の奥で暴れている間も、タカシは私の一番敏感なお豆を吸い続けていた。苦しくて、それでいて気持ち良すぎて私の舌が動き回ったせいか、タカシのペニスはいきなり膨張したかと思うと激しく脈打って、私の喉の奥に熱いものを流し込んだ」
    「顎が外れるかと思った。タカシが出した精液を私は躊躇いもなく呑み込んでしまった。次の瞬間、タカシが私に覆い被さってきて、私の耳元で"挿れるよ"と言った」
    「それだけは許されない背徳の領域だと思っていた。だからダメだと言ったのに、タカシは私の初めてを奪った。さっきまで私の口の中で暴れていたペニスが押し込まれて、物凄い痛みが走った。けれどもタカシに繰り返し出し入れされているうちに痛みは薄れ、やがて快感が私を襲った、初めてだったのに、私はタカシにイカされた。弟なのに、許されない行為なのに、私はイカされた」
    日記にはその翌日のことが続けて書かれていたので、多分同じ日に書いたのだと思う。
    「タカシの寝顔を見ているうちに、タカシがどのような気持ちで私の操を奪ったのかが気になり始めた。挿れないと約束したからタカシの言葉を信じていたのに・・・。信じていた私の気持ちなんてどうでもよかったのかと思ったらとてつもなく悲しくなった。そう思い始めるとタカシに聞かずにはいられなかった」
    「タカシはどうしても我慢できなかったらしい。若い男の子なので仕方がないのかな。そう思った途端、タカシのことが愛おしくて仕方がなくなった。やっとミサトちゃんに追い付いた気がした」 【避妊に失敗して姉との子供が出来てしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ