エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:姉

    8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。
    で、先月実家に帰ってきました。
    こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!
    でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。
    ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。
    今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。
    もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!
    まじに、近親相姦するなんて思わなかった。
    ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。
    姉貴33歳。俺29歳。
    姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。
    どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。
    戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。
    昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」
    「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」 【バツイチの姉と過激にやってしまった!!【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺が中3の時の話なんですがこの日は友達の親が旅行でいないということで泊まりに来ないかって話になり暇だったので俺はもちろん了解にしました
    俺が友達の家についたのが夕方だった
    泊まる目的は夜中ゲームをすることだったので友達の親がいないのは好都合だったが代わりに3つ上のお姉さんがいることだった
    お姉さんは顔もかなり美人で胸もあり大学生ならミスコンで優勝できるぐらいだった
    俺は一人っ子なのでお姉さんがいるのは羨ましかった
    友達の家ではお姉さんが笑顔で迎えてくれた
    料理などのはお姉さんが作ってくれたが本気でうまかったプロ並みといってもおかしくない
    友達に聞くとよく作るから料理は上達したということだった
    みんなが食べ終わると食器を片づけだし洗い始めた
    その時に「先にお風呂に入りなさい」
    と言われたので友達と二人で入った
    お風呂から上がると速攻でゲームを始めた
    よくある対戦ゲームだが友達は弱く俺が楽勝で勝っていた
    するとお姉さんが「私お風呂入ってくるから」と告げ脱衣所に向かった
    俺たちはそのままゲームを続けあまりにも俺が勝つから友達はイライラしていた 【友達が自分のお姉さんを・・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ミサキはオナニーって知ってる?」
    ミサキは私の部屋のパイプベットに横になりファッション誌を開いていた。
    「まー、何となくね。男子の連中がたまに教室で話してるもん」、ミサキは黄色い枕を
    抱くようにして言った。
    「ふーん。じゃあさ、マサルもやってると思う?」、私は高校の世界史の教科書の文化
    史の欄をただ興味もなく眺めながら言った。二人ともこんな変態的な計画を立てながら
    も、どこかまだ明け透けと下の話題をするほど恥じらいを捨ててはいないのだ。それも
    そうだ、私は学校じゃ普通の高校生だし、初体験だって二カ月ほど前にしたばかりなの
    だから。ミサキはと言えば、男子のちんちんすらまともに見たこともない、純粋無垢な
    中学生なのである。それゆえに一層好奇心が強いのではあるが。
    「いやー、それはないでしょ」
    「ないって、やってないってこと?」
    「うん。だってマサルだよ? あんなにチビで子供みたいなやつがオナ……、ねぇ? 
    それはないよ」、ミサキは枕を抱いたまま壁を向き言った。頭に雑誌が当たり、床に
    落ちる。 【真夏の夜の夢[5]【エッチ体験談】】の続きを読む

    小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
    家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。
    すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
    ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら
    「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。
    「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。
    ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。
    その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。
    ミキは怒って
    「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン
    はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」
    と言ってきました。
    「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら
    「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。
    ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。 【従姉妹にやられました【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ねえ、マサルのちんちん見れないかな」、ミサキは言った。私もちょうどそのことを考えていたので、
    しばらくリンスを髪に付けるのに専念した。
    「うーん、そうねえ。むりやり見ちゃうってのもできるけど。あいつチビだし。でもそれも少しかわいそ
    うよねえ。うーん、それじゃあ寝ている間にってのはどう?」
    「えー、起きちゃうよ。マサル神経質だもん」
    「神経質」、私は意味もなく繰り返した。シャワーの蛇口を回し、後ろ髪からリンスを流し始める。その
    間ミサキも昔マサルが遊んでいた玩具の舟をいじりながら何やら考えている様子だった。寝ているマサル
    を起こさずに脱がすには睡眠薬を飲ませるくらいしかないだろう。睡眠薬――そんなものが……。
    「あっ! 睡眠薬!」、私は思わず声を張り上げた。
    「そんなものないよ」
    「あるって! 睡眠薬ってほどじゃもちろんないけど、ほら、伯母さんが不眠症で使ってるあれ。睡眠安
    定剤とか呼んでいるやつ。あれなら大人が使う量飲めばぐっすりじゃない?」
     また流したリンスが右目に入ったが今度は気にならなかった。それより、本当にマサルを脱がせられそ
    うな気がして気持ちが高揚していたのだ。
    「いいね! それ、いけるよ!」、ミサキは湯船の中で祈りをするように膝で立ちながら言った。ミサキ 【真夏の夜の夢[3]【エッチ体験談】】の続きを読む

     ずっと気が付かずにいたのだが、今になってマサルの寝息が少し荒くなっている気がする。
    「ねえ、お姉ちゃん、何か手が濡れてきたんだけど……」
     まさか……、まさかこんなに小さい子が、いや小さいちんちんが射精するなんてありえるのかしら……。
    私は思わず「いいから、もう少し続けてみて」と催促した。
    「うん……、こんな感じかな」、ミサキは手を上下させているというよりも、ただ小さく振動させているよ
    うにしか見えなかった。それもこの大きさじゃしょうがない。よく先端部を見つめていると確かに湿り気が
    見られる。
    「うぅ……、うぅ……」、マサルは鼻から抜けるような声を微かに上げる。感じているんだ
    ……。膝をわずかに曲げ、腰が少し引けた形になる。かわいい……。私はマサルが起きるかもしれないとい
    うリスクを背負う覚悟で、もういい、とばかりに「代わって」とささやいた。
    「おっけー」、そう小さく言うとミサキは私からカメラを受け取った。いやはや……、いざ眼の前でこうも
    きれいな曲線を描かれると、興奮のあまり頭がくらくらしてくる。あらためて私はそれに手を伸ばす。今度
    は私の小指くらいになっているようだった。ピンッと人差し指で弾くと、それはバネでも入っているかのよ
    うにプランと揺れる。親指と人差し指のあいだにそれをチョンと摘まむと、確かに手ごたえがあった。わた
    しは皮を剥くようにそれを下の方にずらし、先端を見つめてみる。しかし、やはりそこには亀頭らしきもの 【真夏の夜の夢[21]【エッチ体験談】】の続きを読む

     私とミサキが今回の計画を立てたのは昨日の夜、私たちがお風呂に入っている時だった。私が
    鏡の前でシャンプーを流していると、湯船につかるミサキは手をだらんと浴槽から出し、タオル
    を退屈そうに絞りながら話し始めた。
    「ねえ、お姉ちゃんってマサルのちんちん見たことあるの?」
    この質問が唐突すぎて、開いた右目にシャンプーが入った。
    「なによ突然。まあ、あるにはあるけど。それよりも、あーもう、痛い」
    「え、ほんと! いついつ? どんなだった?」
    ミサキが湯船でバシャバシャと水を立てる音が聞こえる。
    「かなり昔のことよ。たぶんマサルが小学二年生くらいの頃じゃないかしら。ほら、あんたも一
    緒にお風呂とか入っていたでしょ」
    「えー、全然覚えてないよ。どんなだった?」
    「どんなって」、私は思わず振り向き、親指と人差し指をわずかに離して見せ、「こんなだっ
    た。マメよマメ」、と言った。
    「えー、見たい見たい!」、ミサキはまたお湯をバシャバシャさせ言った。
    「あんた、学校の男の子のちんちんとか見れるんじゃないの?」 【真夏の夜の夢[2]【エッチ体験談】】の続きを読む

    昔のTVゲーム(ファミコンソフト)でプールか海だかで水遊びをしてる男の子達に女の子集団が襲い掛かり海パンを脱がすゲーム(海パン脱がし)が女の子達に大人気でした。ゲームの操作は自分自身で女の子をパワーアップさせ仲間を増やし女の子達を自由自在に操作して男の子達に襲い掛かり海パンを脱がすスリルのあるゲームでした。女の子達を上手く操作して男の子全員の海パンを脱がしたら100点です。小学生の女の子達は、このゲームがストレスの解消になるのでした。ゲームの画面に女の子が男の子の脱がした海パン手に持ってニコニコしてるのとか男の子が恥ずかしがって必死におちんちんを両手で隠してるシーン面白いですね!

    俺大4、姉22才の社会人、妹今年から大1+2人姉「あーん!疲れたー!」
    俺「お疲れさん!
    姉「こっちきて!×2」
    俺「はいはい!」
    姉「ギュー」
    俺「・・・姉さん?」
    姉「なーにー♪?」
    俺「なんでさー?いっつも抱きつくの?」
    姉「んー・・疲れたからかなー?」
    俺「疲れたなら寝ればいいんじゃないの?」
    姉「えー!!?いや?」
    俺「嫌じゃないけど・・」
    姉「俺はずっと私のヒーローだもんね♪なんかこうしてたら落ち着くんだー」
    俺「まぁ、今更やしええけど。」姉さんは清楚で綺麗で昔からモテてたからいろいろと事があってボディーガードしてました。
    彼氏はすぐできても何故かいつも俺頼りで長続きしません。 【女の子って難しい【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺が中2の時の話です
    俺には3つ上の姉と2つ下の妹がいて両親の2人の5人家族でした
    ある日両親は近所の集会で遅くまで帰ってこないというので先にご飯とお風呂を済ますように言われていた
    ご飯はお母さんが作ってくれていてそれを温めて食べてテレビを見ながらくつろいでいました
    そろそろお風呂に入ろうとしたときのことです
    お姉ちゃんに「ねぇきょうは3人で入らない?」と言われた
    3人で入っていたのは妹が低学年まででそれ以降全員別々に入っていた
    お母さんが俺たちの成長をみてお母さんにいっしょに入ることを止められたからである
    俺は親がいないし別にどっちでもよかった
    妹もおっけーだったので3人で入ることになった
    久しぶりに脱衣所でお姉ちゃんの裸を見て妙に興奮してしましたがなるべく悟られないようにした
    湯船につかり温まっていると「どう?私の胸大きくなったでしょ」
    お姉ちゃんに聞かれ目をそらして「うん」と答えた
    「あぁお兄ちゃん赤くなった」
    「うるさい」妹にいたいとこ突かれた 【姉と俺と妹【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ