エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:女同士

    (レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)
    えっ!ここは…
    (怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)
    あの…優子です…
    (扉が開き、あきさんが…)
    初めまして…今日は宜しくお願いします…
    (ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)

    そう、早く入りなさい。
    (女王様の格好になっている)
    あそこにかかっている縄取って
    (壁にかかっている縄を指差して)
    あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。
    ど変態だから、もうその縄気にいった?
    縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。 【ど変態レズを縛って…【エッチ体験談】】の続きを読む

    これから、先日あった話をします。
    わたし(Sとします。)はテニス部に所属する1年生で、心友(Kとします)
    午前の部活が終わり、Kと私の家で遊ぶことになりました。
    夏休みの宿題をやるはずだったのに、
    なぜか話はHな話になってしまいました。
    K  生理きた?
    私  きたよ。Kもきてるでしょ?
    K  うん。Sって胸おおきいよね。
    私  そんなことないよ。
    K  嘘つけっ!!男子、いっつもSのおっぱいみてるよ。
    私  嘘でしょ?!
    私はすごくビックリしました。
    確かに私は学年の中でも、かなりでかいほうです。
    そんなことを頭の中で考えていたら、いきなり…
    K  胸みせて。 【心友とレズSEX...【エッチ体験談】】の続きを読む

    そしてまた10日ほど経って、私はこの日も仕事が早く終わったのでが家へ帰り音を発てない様に玄関を開けた。
    すると、またしてもリビングの方から同じアパートに住むデブスの熟女の声が聞こえた。
    この間と同じ様にして覗いて見ると、妻は既におばさんに服を脱がされていてパンティ1枚の姿で立たされていました。
    妻は前回同様、同じ女に変態行為を受けた事により恥ずかしさのあまり顔を紅潮させている。
    おばさんはリビングのソファーに座り、妻はその目の前に立たされた状態で話をしていました。
    この日の妻は前回おばさんに剥ぎ取られたパンティと色違いの、セクシーな黒いパンティを着けていました。
    おばさんは妻に「今日は全部脱いだ後は、一緒におばさんの家に行って気持ちいい事しようね!!」
    なんとおばさんは妻の身に着けている物を奪うだけでは飽き足らず、妻を自分の住む部屋に連れ込もうとしているのだ。
    妻はしばらく絶句して「そ…そんな…そんな事なら私、脱ぎません」と拒絶した。
    それを聞いたおばさんは「うふふ、もう今更遅いよ!!あなたの身に着けている物を奪うだけじゃ物足りなくなったの。」
    「今日はおばさんの部屋であなたを抱いてあげるから覚悟しなさいね」と妻に告げたのです。
    次の瞬間「いやぁ~」と叫び恐怖に駆られた妻は、その場から逃げ出そうとおばさんに背を向け走り出したのだが…
    逃げ出す妻の背後から、おばさんの手が伸びてきて妻は腕を掴まれてしまい、あっさりと捕まってしまった。
    妻は捕まえられたと同時に、素早い手付きでおばさんにパンティの横紐部分に手を掛けられ……「あっ…」と小声を出した。
    そしておばさんは、後ろ向きで無防備な体勢になった妻のパンティに手を掛けると… 【妻の下着を狩る熟女②【エッチ体験談】】の続きを読む

    幼なじみの子とそうなった流れは、その子がSMのSに興味があるってブッチャケて来た時に
    私はMに興味があるかもって話になって 、
    なんでも話せる仲だったしその時に思いきって、
    「私レズかも知れないんだよね」って打ち明けたら
    「中学の時から薄々気付いてたよ」とか「○○さんのこと好きだったんじゃない?」とかカナリ図星で・・・・ orz
    で、その時その子と2人で居酒屋とかで飲んでたんで、
    お互い酔ってたのもあってブッチャケトークで盛り上がってたら
    次のお店に行く途中の夜道で・・「女の子とキスしたことある?」って聞かれて
    「無いよって」言ったら、イキナリぶっちゅーーーってベロチューされて
    私にしてみれば、願ったり叶ったりのこと。
    (とにかく女の子とそう言うことがしたかったので)
    拒まなかったんですけどw
    2軒目で飲んでる内に、ひどく酔ってしまってチューしたこともわけわかんなくなってて
    帰り道でその子が、「家帰るの面倒くさいから、ラブホとか泊まっちゃわない?」って言って来て
    女同士で泊まってどうこうなるなんて、思ってもいなかったし、友達同士だし、私も酔ってたし普通にラブホにinしました 【幼なじみの子と初レズ体験【エッチ体験談】】の続きを読む

    友達の美樹とバスツァで温泉巡りをしました。夕食はホテルではなく、近くの河原でその温泉町主催のお祭り広場でありました。ツァの人らはみんな添乗員さんから券をもらってさまざまな遊びと各店の出している食事を取りました。(足らない分は手出しです。)静岡市に住んでいる大学生です。お金握りゲームやビンゴ等もありました。
     9時頃祭りも終わり、みんなでゴミの片づけをしました。19歳ぐらいの男の子と一緒に椅子やら飾り付けをなおしました。その子は、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加し、太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしたそうです。
    片づけも終わって、みんなと離れて三人だけになりました。
    「名前はなんていうの?」「童顔ねー」「彼女はいるのー?」と聞きました。かれは、「いませんよ~」といって「年上の女性が好きです」と話していました。それを聞いて、「この後、一緒に遊びに行かない?お酒をおごるよー」と誘いました。三人で、他のメンバーに見つからないように抜け出して、街の飲み屋にいきました。
    美樹と代わる代わるお酒を注ぎ、どんどんお酒を飲ましました。かれは、お酒に強いほうではなかったので、最後のほうではフラフラになっていました。美樹と二人はあまり飲まないで、かれだけを潰してしまおうという作戦だったのです。その後、飲み屋を出てラブホテルに行きました。三人でホテルに入るのには抵抗がありましたが、温泉街なのでスムーズにはいれました。
     部屋に入ると、服をむりやり脱がしました。素っ裸にすると、体がガッシリしました。
     二人で体やおちんちんをいやらしく撫でました。いきなり、美樹はキスをしました。しかも、舌を絡めているようで、ねっとりと唾液を飲ませようとして、ながれていました。おちんちんはすっかり勃起し、二人で、「やだー!堅いし、美味しそう~♪」と言って、私は手でこすり、タマちゃんもモミモミしました。かれがあまりに敏感だったので、「Hしたことないのー?」
     と聞きました。恥ずかしそうに、「うん」と答えていました。
    美樹と二人でおおはしゃぎで、おちんちんを舐めたり、乳首を噛んだりして弄んだので、かれは思いっきり私の顔に発射しました。そのときには、私も裸になっていたので、服にはかかりませんでした。美樹は飛び散った精液を舐めて「美味しい美味しい」と言っていました。
     その後、かれを四つんばいにさせました。おちんちんがもちあがつていました。犬とおなじでした。私がおちんちんを激しくシコシコし、美樹がかれのアナルを舐めました。
     かれは「ああああ~」と情けない声を出していました。その体勢でかれは射精してしまいました。
     仰向けにさせて、かれのうえの座り、見せ付けて、顔面騎乗しました。「毛の奥がみえる。」かれは興奮して、必死でペロペロと舐めました。美樹は、「もう起っているー」。。美樹が私のおまんこにかれのおちんちんを導き入れて、おちんちんでひっかきました。すぐ私もいってしまいました。美樹は「ひどい。路菜がいってしまつて・・・」と言って、余韻の残っている私を押しのけて、騎上位で挿入し、腰を振っていました。美樹が腰を振ってお尻を浮かしたときに二人のつながっているのがよく見えました。美樹のあそこはべとべとしていて、お尻の穴にまで生えている毛はいやらしく濡れていました。二人は獣のようにうめき声をあげながら快感にもだえていました。
     
     備え付けのコンドームをかれにつけていましたが、いつの間にかとれて、美樹のヘアについていました。「いいのよ~、イっちゃっても!」と美樹は言ってました。かれはすぐにいっていました。美樹はそれに構わずに腰を振り続けるので、かれのおちんちんはまた元気を取り戻して美樹のおまんこをかきまわしていました。
     やっと美樹と交代して、なまのおちんちんを入れて腰をふりました。あたたかいものが入っているので、とてもいい感じです。それからも交代でかれのおちんちんを挿入し、騎乗位でしました。 【祭り【エッチ体験談】】の続きを読む

    いまもあるんだけどアタシ達だけの秘密の場所があるの。
    詳しく書けないけど平地なの。
    私達の天国。
    まわりは壁。
    自然の。
    だから見えないの。
    小学生の時すっぱだかで遊んだの。
    変なルール作ってね。
    萌の提案。
    「ここは天使の居る所です。天使は服着てますか?」
    「いいえ着てません。」
    「そうです!だから私達も服着ちゃいけないのです!」
    最初はそこではだかになったんだけどルールが厳しくなってはだかでないと行けない事にしたの。
    たとえば学校の帰り、一度家にランドセル置いてはだかで家をでるの。
    帰りも同じ。 【快感 3【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺には美佳という彼女がいる。美佳は妹の高校時代の友人で、よくうちに遊びに来ていた。
    物静かな美人で、俺は、初めて美佳を見たときに一目惚れした。俺は妹に美佳との仲を
    取り持って欲しいとお願いしたが、妹はまったく取り合ってくれなかった。
    それから2〜3年後、 妹と美佳は大学生に、私は就職して社会人になった。
    美佳と妹は別々の大学だったので、その頃には滅多に遊びに来なくなっていた。
    ある休日珍しく、美佳が遊びに来た。
    妹と映画に行く約束で、迎えに来たそうだ。そのとき妹は、バイト先に急に欠員が出て、
    2〜3時間繋ぎで急遽応援に行くことなり、当時は今ほど携帯が普及しておらず、
    俺に「美佳へ家で待ってるように」 との伝言を頼んで、バイトに行ってしまった。
    俺は、美佳を居間に通して、お茶をいれてあげた。
    そのあと、雑談をしていたが、
    ふと、今、美佳と二人きりであるということを再認識して(両親は外出中だった)、 緊張した。
    初めて美佳と会ってから、俺も2人の女性と付き合ったが、両方とも1年足らずで破局。
    そのときは、破局の原因をわからなかったが、美佳と雑談していて
    「ああ、俺は、まだこの娘が好きなんだ」 と思い知らされた俺は、思わず美佳に告白。 【彼女が妹に【エッチ体験談】】の続きを読む

    7年ほど前の事です。私(S)が5年生の時に同じクラスだった、女子のリーダー(N)に呼び出されました
    Nは6人の仲間を連れてきました
    (H)(M)(N)(U)(Y)(K)
    私はよくNのグループに性的にいじめられました
    女の性器に鉛筆を何本まで入れられるか?や
    亀甲縛りなどの実験台にされました。
    鉛筆は言うのも何ですがかなり広げられ押し込まれて20本ぐらい入れられました
    この実験の1週間後ぐらいに修学旅行があり
    この日はかなり大変でした。Nのグループに呼び出されて行くと
    男子15人ぐらいがN達の部屋に居て
    マ〇コにチ〇コを豪快に入れNは時間がないからと言って1回に二人のチ〇コを入れられ、勢いよく中出しもされたしM達に無理やり逆立ちもさせられたけど奇跡的に妊娠はしませんでした。
    学校に戻ると、放課後に
    校庭の芝生の上で鉛筆の次は木の枝を入れられました
    当時、ウチの家は両親が離婚していて父親と住んでいました。
    父は離婚した1年後新しい母を連れてきて私は新しい母に家を時々追い出され、夜は公園で寝ることもありました。 【小学5年生【エッチ体験談】】の続きを読む

    吹奏楽部員の中1です。
    ある日珍しく朝早く登校し、楽器を出そうと準備室に入ろうとすると、
    いつもは校門が開く前に先生が開けているはずの準備室のドアにカギがかかっていました。
    不思議に思った私は、古ぼけたドアの微妙に広い5mmほどのスキマから中をのぞくと、
    別のかわいい子が楽譜ファイルの角でオナニーしていたんです。
    「ぁんっ…ん…あっ…」
    (↓探した限りではこの子に似ている)
    http://www.immoral.jp/100/jjovd.html
    私はそのまま部室を出て、いつも来る時間に行くと
    さっきの子は「あ、おはよー」と言っていました。
    朝練習が終わると、あの子はトイレに行こうとしていたので
    またオナニーするのかと思ってついていきました。
    中に入ったところで、私はあの子に抱きついて、
    「さっきオナニーしてたでしょ?」といってあの子のまんこを触ると、
    「あ…ダメ今は…あっ…!」 【学校でエッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    吐きそうになった経験(5)何回かKMからの催促の電話があったが,Rからは「熟成中」の返事しか返ってこない日々が続いた.数ヶ月が経って,Rからの連絡があり,KMに電話をした.直接ではなく,用件を伝えると,KMは待ちわびたのか「おうおう」電話の向こうから弾んだ声が聞こえた.
     数日後,KMと赤茶けた滑走路に降り立ったのは夕方になっていた. またも痩せぎすの狐顔の男と小柄な13-4歳の頬骨の少し張った少女をつれていた.少女はKMに甘えるような目で,連れられていた.手配した車で一緒にいくと,街中から少し外れた郊外の大きな屋敷に到着した.屋敷は4方数メートルの高い壁に囲まれ,入り口には警備員がいた.中に入っていくと 屋敷の中には芝生と花が植えられ,パラソルと木陰を作る木々があり,小さなプールもあった.Rはくだけた服装だが高価そうなシャツをで,笑いながら迎えてくれた.隣には2人の黒髪の美少女,後ろには大柄な男がいた.Rの笑いの中は,鋭い眼光もあり,小心な私には威圧感すら感じた.到着の夜は,宴会が始まった.しばらくの歓談,酒盛りと続き,やや薄暗くなった会場の中心に白いシーツがかけられた円形の舞台が持ち込まれた.舞台にはR氏の隣にいた黒髪の美少女,その美少女に顔立ちの似てやや年長とと思える男の子,そしてその美少女に顔立た10歳前後と思える年少の少女がいた.
    R氏は3人は兄妹だといって,笑みを湛えながら周囲を見渡してから,開始の合図をした.すると2人の姉妹が兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめ妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は,これから始まることを想像し,深く酒に酔いながらも,吐きそうな予感がした.
    しかし,自分の下腹部が鉄のように硬くなっているのも感じた.兄の足を良く見ると,赤い点のようなあとがあった.直径1センチにも満たない小さな赤い点だった.さらによく見るとその赤い点は,黒い点もあり,1箇所ではなく,美少年の身体の10数箇所かについていた.私はR氏にその点はなにか?と聞くと「XXさん.牛を飼っているとき 牛が言うことを聞かないと殺しますか?誰も殺しません.タイでは家族をとても大切にします.2人の姉妹が言うことを聞かないときは兄が罰を受けます.兄も商品です.外に見える罰はありません.小さい穴で竹の串で罰を受けます.2人が素直なら家族が幸せになります.」とだけ言って笑いながら,手に持った箸をぐるぐる回す仕草を示した. めまいがした.2人の姉妹が言うことを聞かなければ,2人の目の前で兄が想像を絶する拷問を受ける.これは.究極の調教方法だが,あまりにも酷い方法.

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ