エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:女同士

    きっかけは私が小4の時の親友のYの一言です
    Yの家で遊んでいた時に急に
    「ねぇ愛菜(私)おしっこって飲んだことある」
    「いきなり何言ってるのよ 飲んだことないよ」
    元々不思議な事をいう親友でまさかこんなこと聞かれるなんて思わなかった
    「やっぱり~飲んでみたくない」
    「飲みたくないよ汚いから」
    「気になるじゃん どんな味か」
    「私は気にならないよ」
    「でも私は飲みたいからおしっこ飲ませて」
    Yは新聞を下に敷き
    「さぁ~~」
    「もしかして私が出すの?」
    「そうに決まってるでしょ」
    親友の頼みだしここにはほかに誰もいなしからいいかなと思い 【おしっこの味見 1【エッチ体験談】】の続きを読む

    吐きそうになった経験(6)究極の調教方法を受けた兄と姉妹.しかし,3人の表情には愛と陶酔があったように思えた. 苦しみや悲しみを感じさせるものは,まったく無かった.姉妹は自ら服をゆっくりと脱ぎ,兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめた.その表情には相手を思いやる愛が見えた.妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は2人の仕草を見ながら,またも不思議なことに気がついた.2人の胸,そして毛一本も無い恥丘が子供とは思えないほどふっくらしているのである.少なくとも5-7歳は上の身体,年齢不相応なふくらみなのである.また兄の男根も年齢不相応に大きい.Rの方を見て,何か聞こうとすると,Rはまたニヤリと笑い「気がつきました?」との目配せを送ってきた.そして,私が理由を聞こうとすると,「今は,ショーの時間です」と笑って何も語らなかった.
     ぞくっとするような寒気に襲われた.おそらくあの兄姉妹は牛と同じような成長促進性ホルモンを大量投与されたのだと直感した.子供でありながら半分以上強制的に成長させる悪魔のホルモン剤.しかし,副作用も激しく腫瘍発生や奇形腫を起こす確率が数十倍にも跳ね上がるだけでなく,精神疾患も引き起こすのだ.おそらく家畜用ホルモン剤を気が遠くなるほど,食事といっしょに与えられたのであろう.寒気と吐き気が私を襲った.
     KMの方をみると,日本から連れてきたアリスと呼ばれる少女がKMにキスを求めて,身体を預けるように甘えている.KMは私の視線に気がついたのか.「この子にはあまりハードなことはできなくてね.まあカネもかかっているし,,,,」と笑いながら杯の酒を自分で飲み,それをその少女に飲ませていた.少女はKMの前に跪き股間の愛撫を始めていた.その仕草を見ていると,年増女の技巧を凌ぐようなテクニックのように見えた.股間の皺に舌で唾液を丹念にまぶし,舌でゆっくりと広げ,口に含むと頭を回転させるようにピストンする.どう考えて10代前半の少女の技巧ではない.10年以上風俗をやっていた30-40代の年増女の技巧であった.70代を少し過ぎているKMの男根も次第に天を突くように膨張してきているが,少女はアゴが外れるのであろうか?根元まで飲み込みながら,手も巧みに動かし刺激を続けている.KMの視線は3人の兄姉妹に釘付けになっている.
    .KMは上着のポケットから何か小さな瓶を取り出し,テーブルのグラスに数滴落とした.少女はそんな事を知ることもなく,KMの股間の愛撫を続けている.KMは少女の頭を撫で,口をはずさせ,そのグラスの液体を飲ませ,また愛撫を続けさせていた.

    親がまた旅行に行って家に誰もいないので泊まりに来ない?って友達に誘われました。
    前にも何度か泊まりに行ったことはあったけど、普通に夜中まで話したりゲームしたりするだけでした。
    その日もそんな感じで夜中まで過ごして、そろそろ寝よっか~って言って、
    友達はベッドに、私は床に敷かれた布団に入りました。
    電気を消してしばらく喋っているうちに、話題はエッチな話題に…
    私たち以外に誰もいないのに、なんとなく普通の声の大きさで話すのが恥ずかしくて、
    私がベッドに移動してなぜかひそひそ声で話していました。
    私も友達も彼氏がいるから、彼氏とのHの話をしていました。
    友達の彼氏はあまり上手じゃないらしくて(友達で童貞を卒業したらしい)、
    触られてもほとんど気持ちよくないとのこと。
    「○○(私)はどう?」と聞かれて、「まぁまぁ気持ちいいこともあるかな~」と答えると、
    「どんなふうに(される)?」って興味津々な感じで聞かれて、
    そのまま流れで友達にちょっと実践してみることに…
    さすがに下の方を触るのはお互い気が引けたので、胸を彼氏にされるみたいに揉んでみたら
    「△△(友達の彼氏)よりイイかもw」って言われました。 【親が旅行でいなかったので【エッチ体験談】】の続きを読む

    1987年3月号
     はろー!わたぴは、14歳。花の中2の処女。今日は、わたぴのどHオ○ニー体験を告白しちゃいます。7月ごろ、部活が終わってくたくたになってマイルームにもどってきたときのこと。わたぴの、ルームのでんきをつける10メートルくらいはなれた、ハウスの2階のまどで人の影が動いた。「?」と思ってもう一回、電気を消してそっと双眼鏡でその家をのぞいてみたら。なんと、向こうからも双眼鏡でマイルームをのぞいているのだ。(大学生の♂だったと思う)最初は、びっくりしたけど、今までものぞかれたのかと思うと。(マイルームは大きなあみ戸サッシなのだ)
     「あそこ」がじんっとあつくなった。わたぴは電気をつけて制服をゆっくりとぬいでいった。むこうのルームの電気は、いつのまにか消えていたけど、あそこから、わたぴを見てるんだと思うと、さらにじんと来た。素っ裸になって知らんぷりでむこうのルームにむかって立ったんだけど。もうだめ!
     わたぴのま○こは、べとべと。それから立ったまま指でオ○ニーしてしまいました。見られながら(わ!変態)それから毎晩バスからあがると、タオルを巻いてマイルームへあがり、向こうのルームから見えるように、素っ裸になってオ○ニーしています。わたぴのどHオ○ニーベスト3は、
    3位 自分で自分をなでまわして鏡にうつした!(SM本を参考にした!)
    2位 あそことアヌスにマジックいれて自分で乳首や足をなめながらエアロビクスした!(器用!)
    1位 雨のふった日、屋根にのぼっておしっこ(!)した。(もちろん素っ裸で!)
     見てる方もびっくりしてるでしょうね。(A)さえまだのくせしてこんな、変態どH
    オ○ニーばっかりやってる、わたぴを見て…。さて、これ書いたら、1~3位をまとめてやっちゃおーかな。
    岩手県 ぴんくのRiKAE 14歳

    データベースへ
    1987年5月号
     はろー!3月号に載せてくださって、どーもありがとうございました。1月号にも載らない、2月号にも載らない。その上、2月号のメインはあの京都府のめぐみさん。文章も上手だし、内容も過激だったので、「あー、わたぴは没だったんだなー」とあきらめていたのです。そして3月号を買って読んでたら、巻末のポップ・アップ・ジョッキーでポン!でした。
     あー、今頃みんなわたぴの秘密を読んでるんだなーと思うと赤面!(さきさんのいうとーり、確かに例の♂を道で見掛けることもあります。でもしらんプリで、通り過ぎます。お互いに)さて、東京都比べて「田舎」はいまが冬真っ盛りです。見せっこオナニーは、やめっこにしています(冬に窓を開けておくのは、やっぱり不自然)でも、新しいオナニーを開発しましたので、ここにレポートします。実は2月号の京都のめぐみさんのレポートを読んで思いついたのです。わたぴのおばーちゃんは、盛岡の病院に入院しています。わたぴは日曜日におばーちゃんの荷物を持って、お見舞いに行くのですが、その後一人デパートでショッピングしたり、本屋に寄ったり(そこでロリポップを買っている)して帰るのです。 【ぴんくのRIKAE【エッチ体験談】】の続きを読む

    現在は高校2年生で公立高校に通ってます。
    忘れもしません。セーラー服のサイズが変わってしまった頃でした。
    子供の頃からの大親友Mとコタツに入りながらTVを見てました。
    TVの位置的に、2人並んで座ってました。
    衛星放送で姉が撮っていたビデオでしたが、TVの筈なのに結構裸もあったりして驚きました。
    「昔は大らかなんだね」などと話しながら観てると、保険調査員の女性2人が裸で縛られ浴槽へ入れられるシーンがありました。
    悪漢はお湯がでする蛇口を捻って2人をお湯責めにしたりするのです。
    そんなシーンを見ていると、いつの間に私とMはコタツの中で手を握り合ってました。
    でもビデオは止まりません。止めたくありません。
    別のシリーズに変わり、2人の女性が縛られてライトバンで運ばれてしまうシーンに、私はドキドキが止まらなくなりました。
    「…ねえ、あんな目に遭うって…気持ちいいのかな?」
    Mの言葉に横を向くと、Mの顔は上気して真っ赤でした。
    もうそこからは雪崩の如く、でした。
    ついばむキスから始まり、ソックスを脱いであたしの手を前で縛ったりし始めたのです。
    コタツの中で赤外線に照らされた下着にドキドキしつつ、私達は荷造り用のガムテープで縛りっこしてじゃれ合いました。今ではお互いの家でライトなボンデージプレイ+レズプレイの日々です。

    セフレのオバチャンから連絡があり、オバチャンの家に行った。
    ところが、オバチャンがいない。
    しばらく玄関で待っていると、奥で聞き慣れない声がした。

    オバチャンの家の奥はキッチンとバスルームがある。
    無論、キッチンには人はいない。
    残るは、バスルーム。

    バスルームのガラス戸越しに人影が見える。
    バスルームの戸を、ゆっくり開けてみると…

    女2人がお互いの体を愛撫しあってた。

    1人は最近肌艶が良くなった、セフレのオバチャン。
    もう1人は、若い女。 【貪欲【エッチ体験談】】の続きを読む

    小学校の時の話。
    女子ばかりの私立に通ってたの。
    お友達の家へ行って、性器の見せ合いとかしてた記憶がある。
    けど、実際に何をしていたのかさっぱり覚えてないわ。
    そして中学3の時、仲よかった子の家へ泊まりに行ったの。
    両親が旅行でいない、ってことでね。
    一緒のベッドで寝てさ~。
    まだ見ぬHな世界の話をするわけ。お約束ですよね。
    で、キスはどんな感覚か知りたくなった私たち。
    二人して、ちょー悩んだ揚げ句「してみよっか」ってことになったの。
    女同士だし初めてのことだし、テレくさくってねぇ。
    だからジャンケンで負けたほうが仕掛けるってことにして。
    私は負けた。。

    彼女が下になり、私が上から多い被さる。 【私と彼女の内緒話【エッチ体験談】】の続きを読む

    まず ゆきちゃんのほっぺに
    ちゅって軽くキスしようか
    んっ//
    (ゆかさんの手を握り体を寄せる)
    (ゆきちゃんの腰に手を回して、ゆかの身体にピッタリくっつくよう寄せる)
    ゆかさんに虐められたいです。
    (恥ずかしくなりゆかさんの首もとに顔を埋め抱きつく)
    虐められたいんだ…
    (意地悪くゆきの耳たぶを甘噛みする)
    いい匂いぃ……
    (ゆきの甘い髪の香をかぐ
    んぅ…ゆかさん
    (耳元で吐息をもらしながら)
    ゆかさんの好きにして、いっぱいして…
    (向き合ってゆっくりと何度か唇を重ね、舌先を絡め) 【レズの2人【エッチ体験談】】の続きを読む

    ミニミニ
    どうやったら出るんですか?
    彼が潮を吹かせたいらしく、
    一生懸命指でいじるんですが、
    だんだん痛くなってやめてもらっています。
    オシッコが出そうな感じにはなるのですが、
    本当にオシッコが出てしまいそうで・・(>_<)
    あと、潮を吹くとすごく気持ちが
    良いって本当ですか?
    誰か経験者の方アドバイスを下さいm(__)m
    出してみたいなぁ(*^^*)

    のん
    私の場合はすぐに気持ち良くなって
    潮吹きしちゃうのが悩みです。 【潮吹き話しで盛り上がる【エッチ体験談】】の続きを読む

    毎週ジムに通いはじめて半年。
    よく見掛けてた年上のきれいなおねえさんが、最近話しかけてくれるようになり、
    ジムのあと「一緒にご飯に行こうよ」と誘われました。
    女同士だし、もっと仲良くしたかった私はふたつ返事でOK。
    「私の家の近所においしいとこがあるの」という事で、ジムのあと二人でそこにむかいました。
    そこは洋風の居酒屋で、車だった私は「車なんでお酒は…」と断ったのですが、
    「少しなら大丈夫!それに、いざとなったら泊まっていってよ」
    のセリフに甘えてしまい、勧められるままついつい飲み過ぎてしまい、泊まってゆく事に。
    「ごめんね〜来客用布団今ないの、一緒に寝てもらっていい?」
    「いや、いいというか悪いというか…私が押しかけ他わけだし…なんかすいません。」
    そういうと、「気にしないで〜かわいい!」といいつつベッドの上で抱き締められて、頭をなでなで…
    お酒が入ってた事もあってか、なでなでされて私もトロンとしてきて…
    「まなちゃん(私)かわいいよね…」そういわれて、触れるようなキスをしてきたお姉さんを普通に受け入れてしまいました。
    「ほんとかわいいよ」そう言いながら、今度は舌を絡めて優しくキス…唇と舌を使ってすごく優しいキスをされて、
    もう、思考完全にストップ。気持ちいいんです。キスだけで体中の力が抜けて…そのままベッドに倒れこみました。 【ジムのお姉さん【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ