エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:外国人

    嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
    麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
    でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
    ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
    僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
    『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
    と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
    そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
    『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
    と、泣きながら言ってくれた。
    「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
    僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
    『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
    と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
    そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』 【二番でも良いと言って結婚した嫁と【エッチ体験談】】の続きを読む

    もう昔の事なんで時効にしてくれ。
    当時20そこそこで就職してすぐに海外勤務。
    それも僻地。死ぬほど言葉判らずな毎日。
    国名は内緒にしておく。展開先で身元ばれしそうだしww
    アメリカではない事は確か。
    辛く苦しいホテル暮らし・・・と
    想像していたけれど、意外と日本人観光客も
    ちらほらといるホテルで安心だった。一年以上が過ぎて言葉もなんとかマスターして
    土日のお休みは観光客相手に
    非合法ガイドとかやってたw
    これが意外と給料よりも収入が良かった。
    なんせチップの嵐wバスを貸し切ってツアー会社が連れて行かない
    場所へ連れて行き、店にマージン渡しといて
    豪華料理で腹いっぱいに食わせる。
    決してまずい店ではなく観光客が入れない様な 【ツルペタ金髪ツインテールの処女をいただいた【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は親の仕事の都合で中学の途中からオーストラリアに来て、それ以来こちらで
    暮らしているが、大学生だった19歳のとき、41歳のイギリス人女性と関係を
    もっていたことがある。彼女は俺が高校に通っていたとき、俺のクラスを担当していた
    英語教師で、ある日偶然、卒業以来初めて街角で再会したのがきっかけだった。彼女は
    目尻や口のまわりに少し小じわがあるものの、なかなかの美人で、背が高く、知的な
    雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。体型はスリムだが、
    胸とヒップは豊かに盛りあがり、成熟した女の色気を発散させていた。俺は高校時代から、大人の女性の魅力にあふれる彼女のことを意識していたのだが、
    ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そしてお茶を
    飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、
    彼女も俺のことがまんざらでもなかったようで、その後、よく一緒に食事をしたり、
    飲みに行ったりするようになった。彼女はオーストラリア人の夫と別居中で、
    一人息子は親元を離れ全寮制の高校に通っており、彼女自身、主任教師として高校で
    教えながら、フラット(アパート)で一人暮らしをしていた。そして、ある晩、
    彼女のほうから俺を部屋に誘い、そこで俺は初めて年上の女と交わった。女として
    熟しきった彼女の体とセックスには、それまで俺が体験した若い女性のそれとは別の、 【女の色気をムンムンだしてるイギリス人とのセックス体験談【エッチ体験談】】の続きを読む

    少し前に投稿した“新婚旅行1日目!”の続きで2日目の体験談を書きたいと思います。
    昨日、たくさん遊び、そしてセックスをしたせいか目覚めたのは10時頃でした。目覚めると美咲が裸で俺の顔をジーッと見てて
    『ぐっすり眠れた?寝顔が可愛かったよw』
    朝からハイテンションだ…と思いながら会話をしてました。美咲はシャワーを浴びたらしくシャンプーの香りがしていました。
    シャワーを浴び、朝食を食べてさっそく、ビーチに向かいました。美咲はニコニコしながら俺と手を繋いでいてビーチにつくとすぐに裸になりました。俺も裸になり、日焼け止めのクリームを塗ってあげました。
    最初は背中から、そしてお尻、仰向けになってもらい、たわわに実った2つの白いおっぱいにクリームを垂らし揉みほぐしました。すぐに乳首が勃って『んっ…おっぱいだけじゃなくて下も気持ちよく塗って…』それでも俺は乳首攻めをしてだいぶ堪能したあと、ま○こに塗り始めました。太ももの付け根を刺激した後、手マンをしてあげました。あんあん言ってる美咲を見てると愛おしくて堪らなくなりたした。
    ひと段落した後、海に入りました。海でも美咲の身体を弄りまくり、美咲は『気持ちいい……もっとやって…』
    「続きはホテルでやってあげるw」
    『もう…w 我慢しなきゃだめ?』
    「だーめww」
    美咲はわかったよとビーチに戻りました。少し離れた場所ではカップルがセックスしていて美咲も『私達もやろ?』と諦めきれない感じでしたが、説得させました。
    ビーチで買っておいた飲み物を飲んでいると見覚えのある子供が近づいてきました。
    そう、昨日美咲の乳首に吸い付いていたエロガキです。美咲はその子に気づくと手招きして抱っこしました。その子は美咲のおっぱいに顔をうずめたりして揉んだり、乳首を引っ張ったり転がしたりして遊んでる感じでしたが、美咲はやりたくて堪らなかったため少し弄られるだけで感じている様子でした。美咲は嫌がる様子なく自分の胸を好き放題にさせてあげていて、俺はというと、興奮していましたw
    『んん…あっ…』
    と可愛いらしい声を漏らしています。 【新婚旅行2日目!【エッチ体験談】】の続きを読む

    殿方への回春の施術を専業にしております
    出張治療を専門とし
    店舗、看板広告などは出しません
    施術は
    ご紹介を受けたお客様にのみ
    限定させていただいております
    その治療効果には
    絶大な信頼をいただいてます
    海外で、VIPセレブ相手に
    この回春施術をしてる同業の先輩がいて
    忙しいのでと、お手伝いに呼ばれました
    飛行機で9時間、乗換待ちに7時間
    再度、6時間のフライトの長旅でした
    先輩は昔とお変わりなく
    大喜びで歓迎してくれました 【多くの信頼をいただいております【エッチ体験談】】の続きを読む

    吐きそうになった経験(6)究極の調教方法を受けた兄と姉妹.しかし,3人の表情には愛と陶酔があったように思えた. 苦しみや悲しみを感じさせるものは,まったく無かった.姉妹は自ら服をゆっくりと脱ぎ,兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめた.その表情には相手を思いやる愛が見えた.妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は2人の仕草を見ながら,またも不思議なことに気がついた.2人の胸,そして毛一本も無い恥丘が子供とは思えないほどふっくらしているのである.少なくとも5-7歳は上の身体,年齢不相応なふくらみなのである.また兄の男根も年齢不相応に大きい.Rの方を見て,何か聞こうとすると,Rはまたニヤリと笑い「気がつきました?」との目配せを送ってきた.そして,私が理由を聞こうとすると,「今は,ショーの時間です」と笑って何も語らなかった.
     ぞくっとするような寒気に襲われた.おそらくあの兄姉妹は牛と同じような成長促進性ホルモンを大量投与されたのだと直感した.子供でありながら半分以上強制的に成長させる悪魔のホルモン剤.しかし,副作用も激しく腫瘍発生や奇形腫を起こす確率が数十倍にも跳ね上がるだけでなく,精神疾患も引き起こすのだ.おそらく家畜用ホルモン剤を気が遠くなるほど,食事といっしょに与えられたのであろう.寒気と吐き気が私を襲った.
     KMの方をみると,日本から連れてきたアリスと呼ばれる少女がKMにキスを求めて,身体を預けるように甘えている.KMは私の視線に気がついたのか.「この子にはあまりハードなことはできなくてね.まあカネもかかっているし,,,,」と笑いながら杯の酒を自分で飲み,それをその少女に飲ませていた.少女はKMの前に跪き股間の愛撫を始めていた.その仕草を見ていると,年増女の技巧を凌ぐようなテクニックのように見えた.股間の皺に舌で唾液を丹念にまぶし,舌でゆっくりと広げ,口に含むと頭を回転させるようにピストンする.どう考えて10代前半の少女の技巧ではない.10年以上風俗をやっていた30-40代の年増女の技巧であった.70代を少し過ぎているKMの男根も次第に天を突くように膨張してきているが,少女はアゴが外れるのであろうか?根元まで飲み込みながら,手も巧みに動かし刺激を続けている.KMの視線は3人の兄姉妹に釘付けになっている.
    .KMは上着のポケットから何か小さな瓶を取り出し,テーブルのグラスに数滴落とした.少女はそんな事を知ることもなく,KMの股間の愛撫を続けている.KMは少女の頭を撫で,口をはずさせ,そのグラスの液体を飲ませ,また愛撫を続けさせていた.

    幼少からMの気がある男です
    小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました
    とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り
    そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました
    こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました
    どうして自分はそういった国の子供に産まれなかったのか
    スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます英語の授業は海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行っていて
    先生が帰国するまでの期間に必ずひとつ英語で質問をするようにと課題が言い渡されていました
    先に質問をしてくれた子のおかげで先生には子供がふたりいることがわかっていたので
    僕は思いきって、怒ってお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです
    ただ授業中に聞くのはどうかと思い
    質問の答えを記入するプリントを持って昼休みに先生のところへ行くと
    『う~ん、放課後でもいいかしら?』と職員室を出たところで追い返されてしまいました
    僕の頭に悪い考えがよぎります
    お尻を叩いたことがありますかなんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう 【ブロンド美女からスパンキング【エッチ体験談】】の続きを読む

    白人少女削除依頼
    1: 投稿者:BB 2008/01/16 06:19:59(uLLmRPSh)
    投稿削除

    知り合いの外国人、やっぱ進んでるよ…。洋画で主人公の娘として
    出てきそうな(?)14歳の白人少女と仲良くなったんだけど、
    ある日酒飲んでたら一緒に飲ませろって言うから仕方なく飲ませると、
    どんどん会話は下の方へ。。。ま、持ってったんだけど。
    実は経験ありで、お父さんの知り合いだったらしい。部屋に呼ばれ、
    「○○はもう大人だから、大人の遊びを教えてあげるよ」とか言われて、
    お父さんが出て行った後、おじさんに開発されたんだってさ。
    今では痛くなくなったって言ってて、ちょっとやりたい時もあるって
    言うから、すぐに「じゃあしよう」と言ってベッドへ。いつも思って
    たけど白人の肌は真っ白。ホントきれいで、舐め甲斐がある。
    もちろんパイパンだった。ペロンペロン舐めて、ヨガリまくる少女に 【白人少女【エッチ体験談】】の続きを読む

    同じマンションの隣の部屋の黒人さんとセフレの関係です。最初は挨拶を交わすぐらいだったけど、だんだん話をするようになり、英会話を教えてもらったりもした。ジョーイ(黒人の名前)に何回も告白されたけど、外人は恋愛対象外だったので、いつも断っていた。
    ある日、二人でご飯を食べに出掛けた帰りの車の中で、ジョーイがいつもとは違い、積極的に迫ってきた。最初は手を繋ぐだけって言ってきたのに、キスしていい?って聞いてきて、キス以上はしない約束でキスをした。その時スカートの中に手を入れてきて、パンツの上から触ってきた。私はずっと無理無理!って言ってたらジョーイは諦めてくれて、そのままマンションまで送ってくれて部屋の前で別れた。
    部屋に戻りさっきの事を思い出し考えていると、だんだん体がムラムラしてきて欲求が押さえられなくなり、ジョーイの部屋に行き抱いて!ってお願いした。そのまま玄関で激しいキスをされ服を脱がされ、お互い全身を舐めあい立ちバックで入れられ、駅弁をされ、ソファーに行き正常位で一発目が終わった。ゴムをしてなくてお腹の上に出されたけど、大量に出ててビックリした。ジョーイは二回目を要求して来たけど、あまりの大きさと激しさに、私の体力は無くなった。二人で裸のままベットに横になって話をして、ジョーイが付き合えなくても良いから、セフレになりたいって言ったので私はOKをしました。それから当分は毎日ジョーイとHをしていました。
    だんだんマンネリ化してくると、いろんな玩具を試されたり、コスプレで色々な格好をさせられたり、変な下着ばっかり付けさせられたりした。
    この前は二人でアメリカに行き、人が少なくて結構穴場な海岸に連れていかれ、ジョーイに渡された水着をきた。下はTバックで上は超極小ビキニだった。乳首がギリギリ隠れる位の布しかなく、Eカップの私の胸だと少し動いただけでポロリしちゃいそうでした。
    人前でヤラシイ格好をした事がなかったのでメチャクチャ恥ずかしかったけど、海外と言うこともあって次第に大胆になれた。そのまま海岸の隅の方でHをしていると、地元の少年達にジロジロ見られていたけど、それもまた快感になっていた。
    今じゃあもぅ、恋人以上の関係かもしれません!

    彼女が大学の卒業旅行で女友達と二人で海外に行ったときの話を聞いて興奮したのでカキコ。
    友達は元水泳部で、たまたま裸で泳げる場所があるという話を聞いて凄く興味を持っていたらしい。
    彼女はその気はなかったんだけど、何となく無理矢理連れて行かれその場所へ・・・。
    水着も許可みたいだったので、二人ともとりあえず水着を着て様子見に行ったんだけど、
    驚いたことに本当にみんな裸で泳いだり歩いたりしていて、水着でいると逆に居場所がない雰囲気。
    最初っからその気だった友達の勢いに負けて、更衣室に戻って水着を脱いでバスタオル一枚で戻った。
    いざとなるとさすがに友達も緊張したらしく、しばらくタオルを巻いてうだうだしてたけど、
    「二人ともここでタオルを外して、帰るまで絶対に体に巻かない」と無理に約束させられて裸に。
    そのままプールで泳いだり、シャワーやサウナに入ったりして帰るまでずっと全裸で過ごしたって。
    彼女からその話を聞きながら興奮して、いつか機会があったら彼女に連れて行ってもらい、
    生まれたままの姿で異国の男性と過ごしている彼女をこの目で見ようと心に誓った(笑)。

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ