名無しさんからの投稿
----
今から10年前の話なんだけど、飲み屋で仲良くなった大島優子似がいて即ヤりだったんだが、実はJKだった。
そこまではよくある話なんだけど、その優子似がわけわからん奴で、何故か自分の友達を紹介してくれるんだよ。
その内3Pも2回あった。合計で15人くらい。
紹介してくれた友達の後輩なんかも入れると30人近くになる。
気に入った子は継続的にヤれるし、一番若いのはJCとか。
援交とかじゃないのに、2年近く学生達とヤリ放題だった。
優子似からは月1くらいで会って、もちろんヤってた。
進学で優子似が東京に行く事になって、最後に普通のデートがしたいとおねだりされた。
映画を観てドライブして進学祝いにピアス買ってやって、飯食った後、結構遅い時間だったんで家まで送ろうとしたら、泊まると言い出した。
親は大丈夫って事だったし、たまにハメ撮りもしていたので、最後の記念にガッチリやるつもりでいた。
いつも通り時間かけて前戯して、そろそろカメラのアングルを俯瞰にして・・・とか考えてたらヒックヒク泣いてんの。
こっちもパニクってさ。どーゆー事だと。
初めてヤった時から好きだったけど、告白してもただのセフレでも逃げられそうだけど、女の子紹介していれば離れる事もないと思ってた。 【飲み屋で仲良くなったJKが何でか自分の友達を紹介してくれる【エッチ体験談】】の続きを読む