エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:友カノ・友カレ

    Kから久しぶりにメールがきた
    数年付き合っているユキさんが、私に興味があるらしい
    かたい人らしく、私と合うとなると拒否されるから、
    ユキさんがとろけ切っている所を襲う算段となった
    メールでのユキさん情報
    OLしてる
    男性経験は少ない
    耳がすごく感じる
    キスが上手
    エッチが好きだけど誰でもいいわけじゃない
    当日昼の3時
    同じホテルに部屋をとり、シャワーとかの身支度をすませ
    メールがくるのを待つ
    メールが届く
    件名:2012号室 【友人のKさんとその彼女のゆきさんへのメール【エッチ体験談】】の続きを読む

    大人の文章で書き換え御願い致します!
    ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。
    私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。
    彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。
    付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。
    いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。
    私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。
    こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし
    実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。
    彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。
    それからはデートの度にエッチしていました…彼女も嫌がらずそれに答えてくれました。
    案外自分好みに調教しましたが…無理な事はせずに大切にして来ました。
    私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。
    そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみか(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー?他の男はほっておかないのに」と言ってきました。
    私は絶対しないよって」言い返しました。 【彼女が肉便器に…【エッチ体験談】】の続きを読む

    こんにちは!私は今学生の女の子です!
    私のエッチな体験談を聞いて下さい!
    私は処女をあげた彼氏がいるんですけど、その彼氏とは2年付合っています。
    初めてしてから、何回かしているうちに、どんどん気持ち良くなって、元々オナニーしてたのもあって、エッチが大大大好きになってしまいました!
    彼氏もエッチ大好きだから、最初は毎週彼氏の家で一日7回位していました。
    でも、もちろん誰でもいいわけじゃ無くて、大好きな彼氏だからいっぱいしたいって思っていました!
    彼氏も私の事が大好きで、「結婚しようね!」って二人で約束しています!
    でも、彼氏は体力が無いのか、精力が無いのか、今ではほとんど前戯もなしで、入れて終わりって感じです!
    私は何回でもイケるってゆーか、何回もイキたいから、「もっともっと」って言うんですけど、彼氏は「ちょっと疲れちゃったよー」ってすぐに面倒くさいみたいに言うんです!
    正直それで喧嘩した事もいっぱいあります!
    そんな話を友達の麻衣子にしたら「あたしの彼氏と交換してよ!うちらの逆じゃん!」って冗談で言ってたんだけど、麻衣子の彼氏は柔道部のサトル君って言うんだけど、麻衣子とは3年も付合ってるのに毎週何回もエッチしようとするらしいです!
    でも麻衣子は飽きちゃって、完全に拒否ってるらしいです!もったいない!!!
    麻衣子は私の話もサトル君にしてるらしいけど、サトル君も「もったいねー!」って言ってるらしいです!
    そんな不満だらけの中で、ある夏の土曜日の夜に彼氏の家にいました!
    なんか夏の夜って、それだけでエッチになりますよね? 【盛りのついた私を彼氏が満足させないから・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    美和子物語 竹下さん おくすりのお話
    先週のことです。いつもの場所で竹下さんと待ち合わせしました。
    その日に限って食事をしないで、お持ち帰り用のお弁当を買いました。
    彼の住まいで戴く事になりました。
    お茶を沸かしてお弁当を広げます。食事中に錠剤を戴きました。整腸剤とのことでした。
    ビールの小瓶を二人で分け合って錠剤を飲みました。
    その日は彼の関心を惹くために真っ赤なブラとソングのショーツを着用していました。
    彼の手がスカートをおろしながらショーツを見て大喜びでした。
    ブラを外してくれ、彼の下着を脱がせてあげました。彼のジュニアは勃起して居ましたので直ぐにキスしました。
    キスをして暫くして大量のザーメンが噴出です。いつもと違って濃厚でした。
    美和子の舌にこびり付く様な印象でした。飲み込むときも感触が違っていました。
    竹下さんにどうして? と、聞きましたら、二日前からオナニーをしなかったと白状しました。
    多分、彼のお友達の女性とも交わっていないみたいでした。だから、溜まっていたのかな・・・。
    彼は私のショーツを脱がせてくれません。意地悪されています。
    乳房へ執拗にキスしてきます。内股にもキスされました。それでも私のベビーにはふれてくれません。 【美和子物語 竹下さん おくすりのお話【エッチ体験談】】の続きを読む

    美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・
    美和子の自宅は岡山駅の近くです。
    自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。
    自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。
    隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。
    父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。
    そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。
    週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。
    との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。
    早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。
    玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。
    常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。
    畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・
    夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。
    美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。 【美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校1年の時に夫になった人に初エッチされてから、私の体に変化が起きました。
    1年に3回から4回我慢できないくらいにエッチがしたくなるのです。
    私だけ?他の人もあるのか聞けません。
    今まで夫しか男性は知らなくって、体が火照る時は彼(夫)とエッチ、そして短大卒業と共に結婚して2年が経ちました。
    ところが夫が初めての出張中に、私に我慢できない火照りが始まり街に一人出かけた時に、友達の彼氏と会って、家まで送ってもらう途中にエロモード全開しちゃってました。
    私から彼の手を握り顔を預けると「いいのか?旦那さんは?」
    「言わないで」
    「それと俺の○○には内緒にな」
    車の中でキス  私は彼に手を回し激しくキスして、早く挿入て~~って心で叫んでました。
    脱がされながら愛撫   そして挿入されて いい~気持ちいい~~彼を引き寄せるように抱きかかえて答えてたの。
    1回目が終わり彼の物を銜えてから上になり2回目
    荒い息で彼の胸の上で余韻に浸ってました。
    3回目もしちゃって 私満足。
    中に注がれるときがキュンとくるのです。
    夫より気持ちよかったです

    俺の連れの彼女は、めっちゃかわいい。
    気立てもいいし、スタイルもいい。
    俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、連れとのセックスの内容も
    恥ずかしがらずに教えてくれる。
    「○○はお尻にいれるの好きだから」とか
    「お尻もまんざらでもない」とか
    「お漏らししちゃうときある」とか
    「こないだハメ撮りしちゃった」とか
    「○○の前で一人エッチさせられるとか」
    はっきりいってうらやましすぎる。
    こんないい女とこんなことできるなんて、ある意味嫉妬心もありました。
    「今度俺にも一回やらせてよ」っていうと
    「彼氏と別れたらね。浮気はしない主義なんだよ」って
    俺は連れには申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。
    でも連れと彼女が婚約したというの聞かされて 【連れの彼女【エッチ体験談】】の続きを読む

    私はうれしかった。「おいで」と言って、美香を起こすと「舐めて」と言い、美香の頭を優しく股間に持っていった。美香はそのまま、私のペニスを咥えた。チュパチュパと吸ったり舐めたりしながら上下に動いてくれた。このままずっと一緒にいたかった。フェラをしてくれている美香に「今更だけど、こんなことしてごめんな。かわいい後輩の嫁だから、いけないとは分かっていたけど、初めてみた時から好きになって、ずっと辛かった」美香は、何故か優しくフェラをしてくれた。そして、口の中に出すと「出していいよ」と言ったが、飲んでくれた。そして、どれくらいか、美香を抱き締めていた。そして、キスをして「さすがにバレそうだから行くね」と言い「ありがとう」と言って「仲間には腹が痛いから帰ったと」メールを打ち美香とは別れました。

    そして、また美香の服の下から手を入れ、キスをしながら揉んだ。ほんと、思ってた通り柔らかくて、気持ちよかった。唇を離すと「もうやめよう?」と言ってきた。「やめたら、美香ちゃんが、後輩のとこにもどってしまうから嫌だ」美香「やめてくれたら、わすれるから」私「とにかく自分のものにしたい」美香「駄目だっ・・んっ」また、キスをした。そして、上着を捲り乳首に吸い付いた。美香「あん・・だめ・あん」美香は敏感みたいで、こんなことをしているのに、自分の彼女のようだった。どの位乳首を舐めたのだろう。美香の携帯がなっていたが、構わず単パンを脱がし、座席にもたれかかせたまま挿入した。今度は、あせらず腰を振った。「あ・・あん」動きを早くすると「や・あ・・あーっ」逝ったようだ。また、ピストンを始めた「あん。あん・・お願い・あっ・・やめっ」私は構わず動かした。美香が三回逝ったころには、美香に、力は抜けていた。ハァハァと息を切らしている美香に「気持ちいい?」と聞くと「・・・」ハァハァ言って返事がないので、またピストンを始めた「あん・あん」と言い始めたので、動きをとめて、「気持ちいい?」と聞くと「き・気持ちいい」と言った。

    さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。
    草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。
    草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。
    この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの
    俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。
    そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中
    もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった
    ものだ。
    現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 
    てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。
    そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系
    ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。
    この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋
    でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな
    ったことから、この話は始まる。 【親友の彼女に【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ