エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:兄

    あれは、去年末のある週末での出来事でした。
    就職してアパートで独り暮らしをしている私は23才にもなって未だ将来を共にしても良いと思う様な相手も居なく、だからと言って今まで誰とも付き合った事が無い訳でも無く、その時はたまたま独りで、週末特に予定が無かったあの日、そろそろ寝ようかなと思ってたら突然玄関のチャイムがけたたましく鳴ったかと思うと続いてドアをドンドンと叩く音が部屋中に響き渡たりました。
    私は何事かと思い恐怖さえ感じていた時でした。
    「おーい!マキ〜!今帰ったぞぉ〜!」と、聞き慣れた声が聞こえて来ました。
    それはまるで私が妻の様な誤解を招く呼び掛けをして来た相手は誰であろう、実の兄でした。
    兄は実家で両親と暮らして居るので、そうそう私の部屋に来る事は無く、ましてや夜の遅い時間に訪ねてくる事なんて、余程の事が無い限り有り得ません。
    その兄が訪ねて来たと言うのは何かあったのかと思ったけど、どうもそんな様子ではないのは私を呼ぶ声がシラフでない、呂律の回ってない口調から完全に酔っ払っている事がはっきり分かったからです。
    どうやら終電に乗り損ねた様です。兄の勤める会社は私の住んでいる部屋に近くは無い筈なのですが、後で聞いた話では、同僚が急な転勤になるとかで送別会をして、その二次会やら三次会で飲み歩いていたら、たまたま私の住むマンションに近づいていたそうです。
    私はそのままほっといておこうかと思いましたが、近所迷惑にもなるし、あらぬ誤解を招く事にもなりますので、仕方なく兄を部屋に入れる事にしました。
    ドアを開けると、待ってましたと言わんばかりの勢いで兄が傾れ込んで来ました。
    それを私は何とか受け止めると、玄関に座らせてドアを閉めて鍵を詰めました。そして、兄の足から靴を脱がし、そのまま寝てしまいそうな勢いの兄の腕を引張り起して、千鳥足でふらつく身体を支えながら私のベッドまで運びました。
    玄関からベッドまでは、ほんの数メートルなのに酔った兄を支えながらでは、これほどまでに長いと感じることは無かったでしょう。
    私は肩で息をするほど息切れをしてしまい、一方、兄はと言うと私のベッドでスースーと寝息を立てています。
    そんな兄の姿は会社帰りのスーツ姿、このままではせっかくのスーツが皺だらけになってしまうので、兄思いの優しい私は上着を脱がせ、ズボンも脱がせてハンガーに掛けて吊るしました。
    残りはネクタイとワイシャツだけでしたが、ネクタイはともかくワイシャツまではいいかなと思ったのですが、ついでだからと気を利かせて脱がそうとしたのが悪かったのか、まさかその後、兄とエッチをしてしまうとは… 【酔った兄と…【エッチ体験談】】の続きを読む

     私はバツイチで6歳の男の子がいる32歳の女性です。 今は実家に帰り両親と36歳の兄(兄もバツイチ)と一緒に暮らしています。
     私、実の兄としてしまったんです。 酔ってたせいもあると思うのですが、つい兄に身体を許してしまったんです。
     その日私は友達数名と飲みに行き、夜遅くに帰って来ました。 のどが渇き台所で水を飲んでると兄がこっちへ来るのが分かりました。別に気にもとめずに水を飲んでると兄が突然私の後ろから抱きつきました。
     私はビックリして声を上げましたが、兄は私の口を片方の手で塞いでもう片方の手で胸を揉み始めました。私は必死に抵抗しましたが、胸を揉まれ、兄の大きくなったアレをお尻にグイグイと押し付けられて腰を振られると、私はだんだんとどうでもよくなり抵抗をやめました。
     兄は着ていたワンピースの中に手を入れるとブラを外し胸をじかに揉み始め乳首をつまみ始めました。私は何年も男性とセックスしてなく欲求不満でしたので、兄とはいえだんだんと感じ始めて声が出始めました。
     兄に胸を揉まれ乳首を摘まれ、興奮してきた私は兄のアレに手を伸ばしてしまいました。
    (ああ・・・ひさしぶりのチンチン・・それもすごくおおきい・・・)
     私はふしだらにも実兄のチンチンに興奮してしまい、ズボンの上からしごき始めたのです。
     兄は私にキスをしました。兄が舌を入れてくるので私も舌をいれ返しました。
    (ああ・・キスなんて何年ぶり・・・ああ・・・もうどうなってもいい・・・・)
     そのままリビングのソファーでセックスしました。 とても気持ちよく二回もいってしまいました。
     次の朝、酔いが醒めた私は実兄とのセックスはさすがに後悔してまい、もうこれっきりと心に強く決めたのです。兄もそうだな、妹とセックスするなんて絶対おかしいもんなと後悔して何度も私に謝りました。
     しかし何日かすると兄が頼むからもう一回だけと私に頭を下げるのです。私は2人で約束したでしょと言うのですが、私も正直言ってまたしたかったのでしょう。つい兄とまたセックスしていまいました。
     兄とセックスしてる最中も、もうこれっきりもうこれっきりと心に誓うのですが、兄に激しく突かれるとそんな誓いもなりました。
    【兄と【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ