エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:兄

    昔、小学校三年生の時、三つ上の兄のオナニーを手伝ったことがあります。
    その頃は一緒の部屋で、私は学校から帰宅すると机で宿題をしていました。
    横には兄の机があり、兄はマンガを読んでいました。
    すると兄が突然ジャンプするみたいにイスから飛び降りると、ズボンとパンツを下ろし脱ぎ捨てました。
    そして自分のモノをまじまじとみています。
    兄のモノは勃起して天井を向いていましたが、当時の私は性の知識などなかったので
    「K-1の人の腕」
    が頭に浮かんだのを覚えています。
    私がビックリして見ていると、兄は再びイスに座り、両手でモノを握り上下させ始めました。
    私には何をしているかサッパリわかりませんでしたがなぜか見続けていました。
    兄のモノはとても大きく私の顔ぐらいありました。
    小学校低学年の時は六年生がとても大きく感じたので、私の記憶の中で誇張されてしまっているのかもしれませんが、兄は両手でシゴいていたので二握りほどはあったと思います(ただ両手だっただけ?)。
    私は兄の変な行動に興味が湧き、イスから降りて兄に近づきました。
    私が近づいても兄は恥ずかしがることなく手を上下させていました。
    でも様子は少しおかしく、ボーっとした感じだったので、 【小さい頃兄のオナニーを手伝った事がある【エッチ体験談】】の続きを読む

    香川県/M子さん(30代)からの投稿
    ----
    うちが中学生の時の事です。
    休日、兄貴が朝からデートやって出掛け、夕方まで帰ってこんと言ってた。
    うちは小遣い無いし、出掛ける予定も無し。
    暇だから兄貴の部屋でテレビゲームしようと。
    それでのほほんと遊んでたら兄貴が帰って来た。
    (何で??夕方まで帰ってこん言うたやん)
    兄貴にはいつも、俺がいない時は勝手部屋入るなと言われてた。
    (やべっ兄貴にシバかれる!)
    慌ててテレビ消して部屋から出ようとしたけど、もう階段上がってきとる。
    押し入れに避難。
    「妹いないみたいだから大丈夫、部屋入って」
    (彼女連れてきたんか)
    フスマちょっと開けて見たら、年上らしきお姉さまが。 【兄貴と彼女のエッチ現場を押入れから覗き見【エッチ体験談】】の続きを読む

    私には6歳年上の兄がいます
    今思い出すとなんであんなことしてたんだろうと恥ずかしく思います^^;
    私が小学校の頃、兄を慕ってたときがありました
    何をするのも兄の後ろをついていた記憶がたくさんあります
    当事は兄とお風呂に入ることもよくあり、小学生の高学年の頃になると
    私も少し性に目覚めはじめ、兄のあそこが気になりだしました。
    話の上ではどうやったら赤ちゃんが生まれるのかも知っていましたが、
    実際、雲の上の話のようでした。
    どうやったら精子というものがでるんだろうとかいろいろな疑問も
    ありました。
    それを兄に何回も質問した記憶があります
    記憶がさだかではありませんが、どうなってそういう風になったのか
    覚えていませんが、兄の射精を見せてもらったことがあります
    そして、手伝いもさせられてた記憶もあります^^;
    当時はそれがおもしろかったんだと思います 【お兄ちゃんの性教育【エッチ体験談】】の続きを読む

    えりなさん(20代)からの投稿
    ----
    仲良しだったお兄ちゃんと、昔面白半分でしてた事を投稿します。
    リアルにあった事なのでめちゃめちゃ長いです、すいません。
    先にお伝えしておきたいのですが、私は3歳から机の角におまんこを当てるクセがあり、幼稚園の頃はテレビのリモコンをおまんこに夜な夜な擦りつけ、1年生の時にはリモコンや手をおまんこの下にしいて、うつ伏せの状態でモゾモゾと動く事でクリに刺激を与えイってました。
    当時はおしっこが止まる方法とか思ってましたが…笑
    そんな私には3つ上の兄がいます。
    私が小学生2年、兄が5年の頃、私はお兄ちゃんと凄く仲が良く、だからこそもちろん喧嘩もするけど、一緒に寝たり、2人で遊んだりする事も多かったです。
    両親が共働きだったのと、好奇心が凄く旺盛だった私達は、いつもなにかとイタズラやヤンチャな事をやっていました。
    その中でも、ごく自然に好奇心が湧いた事が、おちんちんについてです。
    お風呂も一緒に入って一緒に寝る。
    身体を見たり触れる機会も多く、ただ気になっただけです。
    おちんちんを寝てる時にふざけて触ったりつねったりすると、
    兄が
    「イテー!!」 【昔お兄ちゃんと、何も分からずにしてた事【エッチ体験談】】の続きを読む

    当時小4で10歳の自分と小2で8歳だった妹は小さなチーズ臭いツルマンを
    広げてチンポの先をくっ付け抱き合いながらたまにキスし合う。と、いう遊び
    を親に隠れてしていた。小4だともう勃起するのでグリグリ押し付けると妹が
    痛がったり、オシッコしたいと言ってる妹をトイレに行かせずにワレメに擦り
    付けてたら1度だけお漏らしされた事もあった。
    あの頃はまだ妹のあんな小さな穴に入るなんて知りませんでした。
    当時、女の子はオシッコ出る穴2つあるのかと思ってたw

    大学生になって初めての夏休み。
    世間がお盆休みになったのをきっかけに、敏夫は実家に帰ってきていた。
    家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌な敏夫は一人暮らしをさせてもらっていたのだ。
    帰ってきた息子を両親は喜んで迎えてくれたが、今日から親戚の家に行く予定になっているという事で、午前中に出かけてしまった。
    せっかく帰ってきたのにいきなり寂しい状態になったが、連絡をしなかったのだから自業自得といえる。
    敏夫は仕方なく、居間でテレビを見ながらゴロゴロと過ごしていた。
    「あれ?お兄ちゃん帰ってたんだ」
    突然声がして振り向くと、そこには妹の奈美が立っていた。
    「あ、ああ……」
    敏夫は適当な返事をする。
    というのも、妹の格好に目を惹かれてドキドキしてしまっていたからだ。
    妹は別に怪しい格好をしている訳ではない。
    ごく一般的な高校生の制服を着ていただけである。
    だが、その白いブラウスに赤いタイ、深緑のチェックのスカートという姿が敏夫を動揺させる要因となっていた。
    実は敏夫は、そういった格好に目が無かったのである。 【制服を着たまま寝てしまった妹【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前は千里。
    まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。
    "ロリ巨乳"という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。
    千里を狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。
    そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。
    最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも
    「ラブラブだな」
    とよく言われる。
    未だに千里に交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。
    お互いに浮気なんてしなかったし、俺は千里との結婚まで本気で想像していた・・・・。
    そんなある日、ついに千里の家に招かれる事になった。
    その時の俺の興奮ぷりと言ったら、相当なものだった。
    隣に千里がいたから落ち着いたふりをしていたが、下半身は爆発寸前だった。
    こんなに可愛い彼女の家に行ってすることと言ったら一つだろう、と、当時まだ童貞だった俺はセックスのことばかり考えていた。
    学年、いや、学校の中でさえ敵うものはいないと思われるあの巨乳を、白い肌にむっちりと身の詰まった尻や太ももを、そしてマ○コを好き放題に出来るのかと思うと、妄想は止まらなかった。 【兄の子供を産みたい彼女、ダシに使われた自分【エッチ体験談】】の続きを読む

    4年くらい前から妹とエッチな事をして遊んでます。
    きっかけは妹が5年生の時で一緒に風呂に入ってたのですがイキナリ
    「ねね、オニイさーチンチンて大きくなるの??」と聞いてきました。
    学校で性教育の授業があったそうです。なるよって答えたら見たいって言われました。
    ちょっと困りましたが俺も女のアソコに興味があったのでチャンスかな? と思った。
    妹でも女だからね。ガキでも当時の童貞だった俺には貴重な生マンコ。
    妹も乗り気だったので話はスンナリと進んだ。チビでツルペタな妹がオナニー
    してたとはビックリだったけどね。
    それからはオナニーするかわりに妹の口が左手代わり。
    妹の指代わりが俺の舌ってでしたね。
    まあウチは貧乏なんで2DKの借家なんで部屋は妹と共有なんで暇さえあれば
    してたけど挿入はしてません。
    中3になった妹は身長170でFカップ(本人談)ですがオッパイの何分の一かは
    俺の精液で出来てると思う。
    いまでもエッチな事はしますけどね、絶対に妹は入れさせてくれなくて 【オナニーするかわりに妹の口【エッチ体験談】】の続きを読む

    友達の兄貴が大学のサークル旅行でいなかったので、その兄貴のアダルトビデオを借りて家へ持って帰りました。
    いつものように両親は仕事で留守だったので、小4の妹にそのビデオを「一緒に見よっか」と言いました。
    妹はそれが何か分かったようで「うん、見る」と言ったので、両親の寝室のビデオで見ることにしました。
    両親のダブルベッドに横になり、俺は妹の後ろに寄り添うように横になりました。
    見ているうち俺はすっかり興奮し、大きくなったチ〇ポを妹の尻に押し当てました。
    そして妹のフトモモをなでながら、AV女優と男優のカラミを見つめました。
    AV女優のアソコを男優がなめるシーンで、妹は「女の人、はぁはぁ言ってるよ」と言うので、俺は「気持ちいいってことだよ」と言うと、妹は「オシッコするとこなめると気持ちいいの?」と言いました。
    やがてAV男優が挿入して出し入れすると、女優は激しくよがりました。
    妹は「オシッコするとこに男の人のオ〇ン〇ン入れてるよ、痛そうだね」と言いました。
    俺は「オシッコするとこじゃなくて、赤ちゃん作るとこにオ〇ン〇ン入れて精液出すんだよ。
    女の人は気持ちよくて、あんな声を出してるんだよ」と言いました。
    ビデオを見終わって俺は「ビデオの女の人みたいに気持ちよくなれるかやってみよっか?」と言いました。
    妹は「ホントに痛くない?」と聞くので、俺は「痛くないよ」と言いました。
    俺は妹を仰向けにしました。
    妹はフリルが付いたミニのワンピースを着てました。 【妹に性教育3【エッチ体験談】】の続きを読む

    布団の中、妹と裸で
    子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。
    兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。
    もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、
    親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。
    妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、
    父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。
    射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中など
    しばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっていた。
    ある時、妹の部屋で遊んでいるときにふざけて妹にちんこを触らせて、
    そのまま勃起したちんこをしごかせてからというもの、他人にしごいてもらう快感に溺てしまい、
    性のことにまったく知識も抵抗もない妹をオナニーに利用するようになるまでそんなに時間はかからなかった。
    家には常に他の家族が居るので週に1~2回、学校が早く終わる水曜日や土曜日は
    「内緒の遊び」と称して服を着たまま抱き合ったり、舌を舐めあうキスをしたり
    チンコを扱いてもらったり咥えてもらったりとオナニーを手伝ってもらうようになった。 【布団の中、妹と裸で【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ