エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:乳首責め

    名無しさんからの投稿
    ----
    寒いが今年は雪が降らない。
    冬は出会いは少ないが、ワンシーズンは共にいてくれるセフレが大体いる。
    さえのことを思い出したから今回の投稿します。
    さえは俺の二つ上でした。
    最初の出会いは夏、先輩の友達が連れてきた。
    ちなみに先輩は先輩の友達といい感じ。
    さえは彼氏持ち、俺は彼女持ち。でも俺は彼女持ちを隠した。
    初めて会った日、俺は隣の県に静かに過ごせる砂浜を彼女と見つけ、先輩にまずくっついてもらおうと思い、サプライズで遠出した。
    さえもいるし暇にはならないだろうと思い、先輩達は後部座席、俺とさえは前で会話を楽しんだ。
    一時間ほどで着くその海岸は案の定誰もおらず、ただ駐車場の明かりで怖さもない。
    さえは彼氏持ちだからその場で口説くことはできず、先輩達を遠目に見ながらとても話題が盛り上がれた。
    年上だからって同じ目線に話してくれるさえに少し惹かれてさえいた。
    その日はそのまま帰宅し、先輩が次の日も約束した。 【いいと思ってた先輩の女友達とバーで再会した【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/アベッチさんからの投稿
    ----
    前回の話:人妻風俗店で新人として紹介されたFさん
    以前にFさんの体験を書いたがその半年ぐらい後ぐらいの話。
    土曜日出勤していたが予定より早く仕事も終わり、一緒に出勤した同僚と午後2時ぐらいに退社。
    昼飯にラーメンを食べて別れるが、まだ15時過ぎ。
    帰り道にあるパチンコ店の新台大量入荷というノボリに引き寄せられ、座ると数千円で爆発したから+10万円収支に。
    時間は20時になる頃、あぶく銭は使うかと友人に連絡してみるが、皆さん予定あるからとぼっち確定。
    夕飯を食べようと繁華街に向かい、1人贅沢に回転寿司でビールと何皿かを食べ終わる時にメールが入る。
    『体験入店Mさん最終枠空いてます』
    フラフラ歩き、受付に向かいながら電話して確認すると
    「23時ぐらいから2時間です。新人割引とオマケつけます」
    と言われ、予約した数分後に受付に到着。
    料金を払い、オマケを聞くと玩具2つと好きなコスプレと言われたが、コスプレ不要だから30分サービスと交渉が成立。
    最寄りのラブホに先に入り、待っていると予定時間に到着して部屋に招き入れた。 【パチンコで10万円勝ったから、人妻風俗店に体験入店のMさんを電話で予約した【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私の話でよければ、2つほど。
    まず1つ目です。
    小6の頃から胸が膨らみ始めたんですが、多分Bはあったと思います。
    それでもブラは着けてませんでした。
    隣の席のK君はそんな私の胸に興味深々だったみたいで、休み時間や先生の目を盗んで事あるごとに人差し指で私の乳首をピンポイントにツンツンしてきました。
    周りの男子達も
    「あいつ触ってるよ!」
    といった具合に雰囲気が変わり、私は乳首を弄られてくすぐったいような、変な気分になりました。
    しかし、私は本当に根からの引っ込み思案で内気で、何も言わないようにしてました。
    そのうち、他の男子にもかわかわれながらツンツンされるようになり、放課後男子3人にニヤニヤされながらおっぱいを30分ぐらいツンツンされました。
    乳首ばかり狙ってきて、次第に乳首が立ってきてしまい、男子達はニヤニヤ盛り上がりながら人差し指で乳首をさすってきたり爪で欠くように弄られ、その頃には私も変な気分になってた事を覚えてます。
    もう1つは17歳の頃、胸はEからFの間になり、内気な性格や家庭的な事情もあってブラ欲しいとは言い出せず、実はノーブラでした。
    Eカップでノーブラブレザーの女子高生なんていなかったと思います・・・。 【諸事情で長い間ノーブラでいたんだけど色んな男子に服の上から胸をよく揉まれてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    大学時代に、一度だけ先輩の家に連れていってもらったことがある。
    その先輩は結構怖い感じの人なんだけど後輩には優しく、俺含め3人ほどよく飲みに連れて行って貰ってた。
    それで普段は店で飲んでたんだが、その時は当時参加してた野球サークルの打ち上げかなんかで先輩の家でバーベキューすることになった。
    参加者は俺の他にさっき書いたよく飲みに連れて行って貰ってるAとB。先輩と、その友達のCさん。それと先輩の妹のMの6人。
    妹がいるのは知っていたが会うのは初めてで、最初は会話もあまりなかったが、同い年だということと酒の力もあって、1時間もすると普通に話すようになってた。
    Mは芸能人の吉木りさの目をもうちょっと細くした感じ。
    見た目はギャルで、彼氏有り。
    おっぱいがデカくて(確かEカップ)その時も小さめのポロシャツだったから体の線が出ててエロかった。
    それで普通に飲んでたんだけど、俺ABの誰かが部屋を見せてくれと言ってMの部屋に行くことになった。
    部屋は特に変わったところのない普通に女子の部屋って感じ。
    そのままMの部屋で3人で話してたんだけど、部屋の隅にブラが落ちてるのを発見。
    酔ってたのもあってなんのためらいもなく俺はブラを拾った。
    俺「おいブラ落ちてるぞwww」 【バーベーキューの時、酔った勢いで先輩の妹の生乳を揉んだ【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    数年前のことなのですが、飲み会のあと終電に乗ったけど眠ってしまい、降りる駅より3つ向こうの終点まで行ってしまいました。
    「終点だよ」と肩をたたかれて顔を上げると、10歳くらい年上な感じの男の人。
    「やばっ・・・、ありがとうございます」
    と言って歩き出し、改札を出てタクシー乗り場を見るとかなりの人数。
    どうしたものかと口をとがらせていると、さっきの人(Aさん)にまた声をかけられました。
    「乗り過ごしちゃったの?」
    「そうなんですよ」
    「家はどこなの?」
    「××です。駅のそばに車停めてあって」
    「××かあ、良かったら送ってくよ」
    「や、でも、悪いですよ」
    「ここタクシー中々来ないし、××だと5千円くらい取られるよ。無理にとはいわないけど、良かったらどうぞ」
    待たされるのもお金がかかるのもきついと思ったし、割と優しい感じがする人なので 【終電で乗り過ごしたら初めて会った人の車内で胸だけいじられた【エッチ体験談】】の続きを読む

    昔、今の嫁と遠距離で付き合っていた時の事。
    仕事が終わった金曜日、早速彼女の家に行った。
    時間は遅く、既に0時過ぎ。
    彼女は寝ていたので、1人で風呂に入る。
    ■ちなみに俺と彼女について。
    俺:その時27歳くらい。
    彼女からは「Yくん」と呼ばれている。
    彼女:俺より1個下。K。
    エッチは奥手。
    普段ぶっきらぼうだが、甘える時は凄い甘えるし、エロくなる。
    風呂から上がって、ベッドの中で寝ている彼女を見ると何だかムラムラしてきた…。
    そこでごそごそとベッドに入り、彼女の横へ。
    横から胸を触る。
    「んん…ん…」
    と、仰向けだった彼女は俺とは反対方向を向く。 【寝ている彼女に挿入しようとしたら起きたので他人のフリしてみた【エッチ体験談】】の続きを読む

    昔、今の嫁と遠距離で付き合っていた時の事。
    仕事が終わった金曜日、早速彼女の家に行った。
    時間は遅く、既に0時過ぎ。
    彼女は寝ていたので、1人で風呂に入る。
    ■ちなみに俺と彼女について。
    俺:その時27歳くらい。
    彼女からは「Yくん」と呼ばれている。
    彼女:俺より1個下。K。
    エッチは奥手。
    普段ぶっきらぼうだが、甘える時は凄い甘えるし、エロくなる。
    風呂から上がって、ベッドの中で寝ている彼女を見ると何だかムラムラしてきた…。
    そこでごそごそとベッドに入り、彼女の横へ。
    横から胸を触る。
    「んん…ん…」
    と、仰向けだった彼女は俺とは反対方向を向く。 【寝ている彼女に挿入しようとしたら起きたので他人のフリしてみた【エッチ体験談】】の続きを読む

    学生の頃付き合ってた年下のセーラー服が変態だった。
    俺:当時19歳、172㎝の70㎏位。中肉中背大学生の飲み屋バイト。
    彼女:当時3年生、155㎝、45㎏位、Fカップ以上、顔は優木まおみとインリンと宮地真緒と伊藤裕子を足して4で割った感じ。
    援交で変態チンピラだかヤ○ザに鍛えられたらしく、一人暮らしの我が家での初セクロスで鞄から突然ペニバン出してきた。
    当初はそのケはなかったので遠慮したが、フェラしながらアナルをいじってきた。
    「おじさん達はここ弄られると喜ぶんだよね」
    とニヤニヤしながらのアナル舐め、ズボズボ指を蠢かす彼女に、あまり経験の多くなかった俺は気圧されつつもビンビンになった。
    むず痒い感覚と異物感だったが、すぐに射精感に襲われてものの5分くらいで彼女の口内に射精した。
    ティッシュに出しながら
    「多分素質あると思うよ。やってあげようか?」
    とニコッてしながらペニバンを装着して、自分の唾液をまぶして賢者になってる俺の両足を持ち上げて俺のアナルに狙いを定めるが中々入らず、賢者になってる事もあり、今度にしてくれとお願いした。その後はペニバン装着したままもっかいフェラしてもらって再びアナルに指を入れられてビンビンになったところでゴムして騎乗。
    「次はいれさせてね」
    「凄い気持ちいいから」
    と言葉で明らかにリードされながら激しくグラインド。
    過去の彼女と全く違う腰使いに搾り取られる様に射精した。 【高3だった彼女にアナルを弄られ目覚めてしまった話【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ