エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:不倫

    当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。
    妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。
    子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。
    性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。
    しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。
    胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。
    陰毛は薄いほうでお〇こも見た目は綺麗なのですが締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが顔は同じように可愛い系の美人でスタイルも妻よりは良くお〇この締りも抜群です。
    そう妻の妹と関係を持っていて、妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。そんな妹のH美から妻が若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。
    私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。
    仮に・・万が一にも浮気していたとしても妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが会社に電話して自宅に直帰しました。
    妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。
    自宅マンションの玄関ロビーに入った時にエレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)がワイワイ言いながら出てきました。
    『騒がしい連中だな。』と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが
    「もうババァのガバガバマン〇はいらんな。」とか「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」「離婚確定か?ププッ」とか笑いながら言ってるのが聞こえたのです。
    「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。 【3年前の今日【エッチ体験談】】の続きを読む

    千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96
    お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。
    独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。
    背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの
    後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。
    顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?
    まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。
    当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、
    女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。
    そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。
    彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、
    喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。
    彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ
    上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。
    彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」 【千恵子の事【エッチ体験談】】の続きを読む

    中学受験勉強中の6年生の直人の家庭教師をしていたときのこと、早熟な直人をそそのかし、性的な興味を30代なかばの美貌の母親、由里子に向けさせました。直人は、他の男の子もやってもらっていると、母親にフェラを要望させ、由里子も仕方なく、密かにとうとう応じた後のことでした。もちろん、入れ知恵したのは私です。その話を、由里子に切り出し、脅してから夫婦のベッドで、夫以外の男を知らなかった由里子の貞操を奪うのは難しいことでありませんでした。それから約5年、私の奴隷であった由里子は一度、私の子を妊娠してしまい、家族に内緒でおろす手術をうけました。

    主人の枕を腰の下に入れ両足を大きく開かせ抱え込み屈曲位で腰の動きが激しく速くなると彼は耳元で私の名前を呼び始め
    「イクッ」と呻き声を出しながら私の子宮口に熱い精液を勢い良く浴びせかけ始める。
    私も「イクッイクッ~」と大声で叫びながら彼の腰にしがみつくと自然に体が仰け反り彼自身の脈動と熱い精液の迸りを
    奥に受け入れ癖になりそうな絶頂を味わう。
    重ねた体を解き私の中から流れ出す精液を満足そうに眺めながら彼はティッシュでまだ余韻の残る私自身を拭いてくれる。
    彼の腕枕の中で至福の余韻のまままどろんでしまう。
    多摩センター 302の妻です。
    彼は近くの棟の207です。
    あの投稿みたいに妊娠を繰り返してなんかいません。
    男の人はどうしてゴムを嫌い中だしを望んでくるのでしょうか?
    相手の妊娠に気を使わないからなのかしら。
    主人の浮気の悩みから子供の運動クラブの父親AとW不倫していたのは事実です。
    207の彼からAとの不倫現場を見られ告白されたのです。
    Aはいつもゴムを嫌い中だしを望んできました。
    フェラから69になり彼の愛撫に翻弄され大きく足を広げるとAはいつも生で入ってきました。 【あの投稿は創作し過ぎです。【エッチ体験談】】の続きを読む

    「アア嗚呼ッやめてそれだけはーーーー」彼女は絶叫の喘ぎ声をあげた。僕は大人の玩具を彼女の花芯に奥底まで入れ込んでしまったのだ。バイブのスイッチを入れたとたん彼女は腰を持ち上げて悶え苦しんだ。
    21日、夫の赴任地ニューヨークに発つ彼女。
    美人で気品があってスタイルの良い彼女。某大商社の元秘書室勤務の彼女。同じ会社のエリートと結婚して一児の母親でもある。
    そんな彼女と夫の赴任中の恋。これで6回目の愛瀬となった。
    「そんな、バイブを使うなんて。貴方のだけでも満足なのに。もう抜いてッーーーー」彼女は僕に懇願した。
    僕は抜いて、そして合体して彼女と結合した。バイブで悶えた後の彼女の反応は素早かった。
    しっかりとしがみつき裸体を絡めてきた。何回も何回も果て捲る彼女。
    交尾が終わってぐったりベットの上で「大の字」に。放心状態なのだ。「こんなの初めてよッ。」僕を抓った彼女。
    一緒に風呂に入った。そして再度風呂の中での交尾。「もう貴方とは離れられないわッ」彼女は甘い声で僕の胸に顔を埋めた。
    「ニューヨークの夫とは義務だけど、貴方とは本当の愛だわッ御免ね」
    風呂から出てベットで更に抱き合った。「こんなセックスがあるなんて、夫にはあり得なかったわッ。いつも正常位だけよッ」
    彼女は美脚を絡めて「ねえッもう一度してッーーー」僕はバイブを取り出しおもむろに彼女の花芯に挿入し始めた。
    「アアア嗚呼ッーーーーー」強烈な喘ぎ声が部屋中に響く。バイブが彼女の裸体に食い込み妖しく動く。
    腰を振る振る。スレンダーな裸体が海老のようにくね動く。それを見て僕のセガレもいきり立つ。
    バイブを抜いて僕の本物と入れ替える。激しくお互いの裸体が交差する。 【海外赴任中の夫を持つ人妻(6)【エッチ体験談】】の続きを読む

    美和子物語 四国の住まい SATOの表札
    吉井さんと四国で過ごしてから何日かが経ちました。
    美和子は新しい生活のため、過去と決別をして生まれ変わりたかった・・・。
    上京して整形手術をするための予診を受け次回の手術日を決めました。
    自分の希望する形やその他について医師の助言を聞きました。
    最初は女性器の手術は恥ずかしい事だと思っていましたが、医師が経験豊富なお方で親切に助言をして頂きましたので安心してお任せできると確信しました。
    夕方からは別の病院で中絶手術を受けました。これで竹下さんとのかかわりの全てを消し去りました。
    病院で休憩させて頂いてから予約していたホテルへ到着です。夕食を食べてから宿泊する部屋に移動し夜景を楽しみました。
    10時過ぎに吉井さんから電話が有りました。今日、一日の様子をお話ししました。
    吉井さんは美和子が落ち込んでいないかと心配して下さったのです。
    過去の事よりも今からの幸せを築こうとのご提案でした。
    吉井さんの優しさが疲れた美和子を癒してくれます。岡山への到着時間を知らせてとの事でしたので、空港への到着時間をお知らせました。
    翌日は朝寝坊をしました。遅い朝食を戴いてから和光へ出かけて数点のアクセサリーを買い求めました。吉井さんへのプレゼントです。
    午後には行きつけの画廊を数カ所巡りました。さらに、お菓子とお抹茶を買いました。
    羽田から眼下に快晴の富士山を眺めながら予定時間に岡山空港に帰着です。 【美和子物語 四国の住まい SATOの表札【エッチ体験談】】の続きを読む

    私には夫に言えない隠し事があります。
    夫は45歳で、食品会社の営業課長と言う事もあり海外出張も多く、家を空ける事が多いんです。
    43歳で、課長に昇進すると夫の生活はガラリと変化し始め、会社の日は帰りが23時を過ぎる事が多く、
    休日もほとんどありません。夫婦の会話も減り、夜の営みも無くなりました。私は32歳、やりたい盛りで欲求不満でした。
    夫とは13歳差の夫婦。私は父を早くに亡くし、その影響か?年上の男性でないと魅力を感じないんです。
    元上司の夫に憧れ、私から言い寄って結婚しました。
    初めは、夫の帰りも早く夕食も一緒でしたし、夜の営みも週2回程あり満足していました。
    休日も毎回2人でいろんな所に出掛け、本当に幸せでした。
    (当時、夫が子供嫌いだったので子作りも諦めたんです)そんな生活も、課長昇進と共に崩れ始めたんです。ある日、私は買い物で時間を潰そうと歩いて駅に向かっていました。
    何を買おうか?特に目的も無く、虚しさでいっぱいになっている時、公園が見えました。
    砂場やブランコには小さな子供達とその母親が楽しそうに遊んでいたんです。
    そんな光景を見ていると、1人で居る自分がとても寂しく感じて来て、更に奥にある池の方へ歩いて行きました。
    長椅子に座ってボーっと池を眺めている時、池で洗い物をする一人の男性を見かけたんです。
    汚れた服装で、髪もボサボサ、ホームレスだと直ぐに分かりました。
    年は50代でしょうか?彼を見ている内に何だか父親がカブって来て、凄く可愛そうに見えました。 【夫は知らない私の2重生活【エッチ体験談】】の続きを読む

    先月末で会社を退職した後輩から携帯にメールが届いた。
    「彼氏に振られました。。俺さん、慰めてください」
    もともと後輩(仮名O)と俺は仲が良く下ネタも普通に話す仲だった。
    とりあえず状況確認の為、週末に呑みに行く約束をつける。
    ここでお互いのスペック
    俺・・・31歳既婚者 普通の♂
    O・・・25歳独身 教師で巨乳 真面目で色白で可愛い系
    週末までの間、色々とメールしたが、どーやら重症っぽい。
    そんなこんなで週末。
    普通の居酒屋に行き2件目はバーへ行き、お互いに呑み過ぎた。。
    あらかじめ言っておくが俺はOとエロエロする気なんて無かった。
    さて、そろそろ帰ろうかと思いタクシー乗り場まで歩いていたら
    目の前を歩いていたカップルがラブホへ入っていった・・・。
    そこでOが予想外の一言
    O「おぉ!尾行します?w」 【ピュアな子の豹変【エッチ体験談】】の続きを読む

    現在
    私は36歳。恵美。既婚で子供が1人います。今はある病院の事務職。離婚調停中です。
    彼は34歳の既婚者。名前をリョウ君。子供も3人います。設計関係の会社を経営しています。奥さんの名前は裕美さん。
    親友の名前は真紀。私と同級生の離婚経験者。某大学病院の看護士。私と同居中。
    現在の私と彼は隣の家同士。
    彼と初めて会ったのは 今から5年ほど前。既にお互い結婚してましたが、その当時住んでいた私のアパートの上の階に彼の家族が引っ越してきたのが出会いです。私は結婚2年目でした。
    引越しの挨拶に来てくれた時の笑顔がとても印象的で今でも忘れられません。 
    その日たまたま遊びに来ていた親友の真紀が「恵美~ダメだよ~」って笑って言ってました。真紀の勘は当たるんだよね。
    当時の彼は、仕事関係の事務所が近所にあり、自宅と事務所を必要に応じて行き来していて、産休&子育てで家にいた私とは頻繁に顔をあわせていました。 
    彼の奥さんも会社の事務か何かをしていて、名前は裕美さん。彼より2歳~3歳くらい年下ですごく胸の大きなお人形さんの様な可愛らしい人です。この人なら彼とお似合いだな~って思っていました。
    いつもいつも明るい雰囲気の彼の家庭。同じアパートの上の階と下の階でお互い小さな子供も居ることもあり、すぐに仲良くなりました。
    プールや海、日帰りで温泉、夏祭り、毎週のように色々な所に遊びに行きました。当然子供中心の遊びだけれど。
    私の夫は休日にあまり出かけたがらない人だったので凄く楽しい休日。夫の代わりにお出かけの3回に2回は真紀を連れて遊びに行っていました。
    私はもともと社交的で、かなり積極的な方だと思います。今までお付き合いした人も10人はいるかな。
    子供の頃から水泳や陸上をしていて足のラインには少し自信がありましたが痩せ気味で身長が高校1年生の頃には既に172cmあり、学生の頃はそれがコンプレックスでした。高校卒業する頃になってようやく女性らしい体つきになってからはスタイルを褒められることが多少増えて、チャームポイントだと思えるようになってきました。 【彼の体は誰のもの Vol.1【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は高校2年。
    サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
    香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。
    そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。
    付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。
    付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
    お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。
    やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。
    半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。
    香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。
    家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。
    はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。
    何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。
    香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。
    両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。 【親子丼【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ