エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:ヤンキー

    名無しさんからの投稿
    ----
    私の話でよければ、2つほど。
    まず1つ目です。
    小6の頃から胸が膨らみ始めたんですが、多分Bはあったと思います。
    それでもブラは着けてませんでした。
    隣の席のK君はそんな私の胸に興味深々だったみたいで、休み時間や先生の目を盗んで事あるごとに人差し指で私の乳首をピンポイントにツンツンしてきました。
    周りの男子達も
    「あいつ触ってるよ!」
    といった具合に雰囲気が変わり、私は乳首を弄られてくすぐったいような、変な気分になりました。
    しかし、私は本当に根からの引っ込み思案で内気で、何も言わないようにしてました。
    そのうち、他の男子にもかわかわれながらツンツンされるようになり、放課後男子3人にニヤニヤされながらおっぱいを30分ぐらいツンツンされました。
    乳首ばかり狙ってきて、次第に乳首が立ってきてしまい、男子達はニヤニヤ盛り上がりながら人差し指で乳首をさすってきたり爪で欠くように弄られ、その頃には私も変な気分になってた事を覚えてます。
    もう1つは17歳の頃、胸はEからFの間になり、内気な性格や家庭的な事情もあってブラ欲しいとは言い出せず、実はノーブラでした。
    Eカップでノーブラブレザーの女子高生なんていなかったと思います・・・。 【諸事情で長い間ノーブラでいたんだけど色んな男子に服の上から胸をよく揉まれてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    栃木県/きくすけさん(20代)からの投稿
    ----
    今思えば俺は巨乳のB専だったんだな。
    初めて彼女が出来たのは中学二年の時。
    地元の公立中学に通ってた俺はクラスでムードメーカー的存在。
    部活の野球でもムードメーカーで、野球自体はそんなうまくなかったが一生懸命やってたと思う。
    中学二年にもなるとやっぱり好きな女の子が1人や2人いて、男子だけでそういう誰が好きかとか話すんだが、俺の好きな女の子はクラスでブサイクな方で性格もヤンキーっぽい感じだったからみんな
    「えーっ!?」
    てなってたのを覚えてる。
    みんなからすると、俺の好きな女の子の唯一の取り柄は巨乳であることだけ。
    まぁ他にあるとしたらクラス一可愛いと言われるミユキと親友だってところかな。
    ちなみに俺の好きな女の子はアヤって名前。
    好きになったきっかけは体育の時で、アヤの性格がどうこうじゃないんだが、アヤは巨乳ってこともあってかあまり体育に出たがらず大体見学してる。
    でも、俺は運良くアヤが体育に参加してるところを見た。
    アヤはクラス一の巨乳だから、体育着を着ると余計に巨乳が強調されるし、その時はやけに笑顔で八重歯がすごく可愛く見えたんだ。 【みんなが見守る中、ブサイクでヤンキーっぽい性格のアヤに公開告白した【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    高2の時の話。
    当時そこそこのいじめっ子だった俺はターゲットにしていた光男によく根性焼きなどをしていました。
    そんなある日の事、いつも通り放課後に光男を呼び出してシャーペンで腕に刺青をしていると女の子のコギャル集団5人がきた。
    「何してんのぉ?私達も混ぜてー」
    と言って混ざってきた。
    俺は光男にズボンとパンツを脱がせ、フルチンにさせたところに皮をかぶっていたチンコに輪ゴムで詮をさせた。
    そのまま待っておしっこが出る時にどんな風になるかを見て笑おうと思っていた。
    コギャル集団はみんな格好こそ超ミニでパンツ見せ放題みたいな格好をしていたが、みんな奥手でそれぞれキスか手こきくらいしかしたことはなかったらしいので、みんな興味津々で見ていました。
    そのうち光男はなかなか可愛いコギャル集団に見られているので興奮したのか勃起していた。
    コギャル集団の1人がゴム手袋をして、イク寸前まで手こきして休ませ、またテコキするという、男からしたらいっそ殺してくれともいう遊びをしていると、周りにエッチな雰囲気が流れ、俺の周りにいたコギャル4人が俺のモノを代わる代わる撫で回してきました。
    その中にフェラの経験が無い子が2人いたので、既にフェラ経験のある2人がお手本と言って俺のモノに同時にむしゃぶりつきました。
    俺はたまらず、可愛い方がしゃぶっている時にイッてしまい、F経験のない子達が
    「キャー!ちっちゃくなったー!」 【イジメをしてる最中にギャルがフェラしてきた話【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺は頭が悪く、勉強が嫌いだったので高校は地域でも一番バカが集まる高校へ入学した。
    頭の悪い高校には大概ヤンキーか単純に頭の悪いやつ、女もヤンキーかギャル、そして頭の悪い女が集まる。
    そして入学してしばらくすると大体仲間のグループが決まってくるのだが、やはり似た者同士が必然と集まるようになった。
    俺もどちらかといえばヤンキー気質なところがあったので、大体クラスのワルと群れてる事が多かった。
    そして俺たちが高校3年生になった時の事だ。
    同じクラスの女子に菜月という女がいた。
    この女は身長145センチくらいしかない痩せ型、まあ顔はどちらかと言えば可愛い顔つきで、とても高校生とは思えない、まるで小学生のような風貌だった。
    菜月はあまり明るい方ではなく、勉強もできなくてとにかく鈍臭い。
    そんな性格が、クラスのギャル系女子からは凄くウザがられていた。
    そんな菜月は度々クラスの女子からイジメを受けているようだった。
    俺は当時まったく興味がなかったから別になんとも思っていなかったのだが、ある日仲間との会話で信じられない噂を聞いた。
    「おい、あの菜月が援交したらしいぞ?」
    「は?マジで言ってんの?あんなお子ちゃまがか?」 【【レイプ】幼い容姿をした同級生を脅し、ヤンキー仲間達と輪姦して中出ししてやった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    昨日すぐに会える女を探そうと、いつも使ってる出会い系を見てみました。
    パチンコで5万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。
    いつも以上に念入りに探して募集も掛け、ある人妻にメールを送ってみました。
    『目とかは隠していいから、ある程度分かる写メを送ってくれませんか?』
    と。
    しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。
    他の子を探そうかと思っていた頃、やっと返信がありました。
    「写メはダメなので・・・」
    という内容かと思ったら、ちゃんと写メを送ってきてくれていました。
    本文には
    『寝起きのまんまだったから少し着替えたりしてました』
    と可愛い内容も。
    写メを見てみると、い~じゃ~ん!と思いました。 【援交が初めてという、巨乳のヤンキーちっくな若妻【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    中学生時代の2年生の時の、自分でも酷すぎる話を・・・。
    当時通っていた中学は荒れていて、よく悪さをして地域住民からの報告で教師に怒られる生徒が多数だった。
    その中の1人である俺も、仲間と寄ってたかって悪さをしていた。
    そんな中学校でも、クラスの中にはやっぱりグループというものがあって、地味なやつらと中立するやつら、悪さばっかりするやつらとに別れていた。
    女子も同じだったが、ある日噂を友人である健二に聞いた。
    地味目なグループにいためちゃくちゃ可愛い有希ちゃんという女の子がいて、その子は援交や年上の学生を中心にヤりまくっているという噂だ。
    「兄貴に聞いたからマジだってwww友達がもうヤッたってww」
    爆笑しながらそう言う健二に便乗して、他にもいた友人達也と裕也と俺(正弘)で強姦しようと作戦を立てた。
    作戦決行当日。学校祭の日だ。
    教師の目も薄く生徒も定位置にしかいない。
    俺たちは1年の時からバックれていたので教師も探しには来ない。
    場所は技術室の物置。
    三階の奥にある部屋で、会場は一階が全てなので完全に一目はない。 【中学時代に、援交やってた美少女のクラスメートを友達3人でレイプした話【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺は中学3年の時に転校したんだけど、転校先で虐められたくなくて、茶髪にしていかにも不良だぞって感じにしてガム噛みながらクラスに入った。
    まぁ・・・不良ぶってるのに縦カバンだし、眉毛もイジってなかったから今思えばよくバレなかったと不思議だけど。
    そんで、普通の生徒はビビってたんだけど、やっぱり不良には目を付けられたわけで、初めての休み時間に囲まれて屋上に連れていかれた。
    漫画みたく意地張っても逆にボコられるだけだし、ある程度強気だったけど
    「いや、この学校の番を狙ってるわけじゃないからさ、仲間に入れてくんね?」
    まぁこう言ったところで一発もやられないわけないから多少ヤられたけど、結局仲間になった。
    その仲間の何人かが、この辺仕切ってる魔麟武流(マリンブルーと言うらしい)に顔を出してて、
    「お前も来いよ」
    という事で2日後の集会に顔を出した。
    「チィーッス!!」
    会う奴全員に挨拶をするのは下ッ派の面倒なところだが、結構女もいた。
    周りの隊長格の人に挨拶をした後、最後に総長に挨拶をしに行った。
    そこで、 【【筆下ろし】暴走族に入った当日にレディース(JK2)の彼氏にさせられた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    『不良グループの美人先輩と後輩を交えた初体験』の続きです。
    中2の時、俺は3年生の梨奈先輩と1年生の千夏、2人のヤンキーの女の子とセフレのような関係にあった。
    放課後、時には学校をサボって3人でエッチをしまくった。
    その中でも特にやりすぎたと思える出来事があった。
    7月になったばかりの事だった。
    期末テストが目前だというのに、梨奈先輩と千夏は学校をサボって海に行こうと言い出した。
    梨奈先輩は夏休みに海に行くと兎に角ナンパがウザイので、人気の少ない今がいいと言った。
    俺も海に行きたかったし、2人の水着姿が見たかったので梨奈先輩の意見に賛成した。
    俺達は朝早く地元の駅を出て、何時間も電車に乗った。
    梨奈先輩があまり人がいない海を知っているらしく、移動時間はかかるがそこが良いというのでそれに従った。
    最初は3人でワイワイ言っていたが、流石に何時間も電車に揺られていると皆
    「まだかなぁ」
    と言うようになり、やがて口数も減っていった。 【セフレのヤンキーギャル2人と学校サボって海水浴に行った【エッチ体験談】】の続きを読む

    ガンガンさん(30代)からの投稿
    ----
    俺が20代の頃の話。
    とある掲示板で知り合った、18歳のアリサって名前の女の子と会ってラブホに行く事になった。
    夜中にコンビニで待ち合わせしたんだけど、現れたアリサは金髪でちょいポチャのヤンキーな女の子。
    金髪ヤンキーなのにデニムのミニだったからなんか変な感じだったけど、顔はどう見ても18歳には見えない、何か幼い感じ…。
    とりあえず俺の愛車に乗せてまずはドライブ。
    俺「お前、18じゃないだろ?ホントはいくつなんだ?」
    アリサ「・・・ホントは・・・13・・・」
    俺「マジか!?13て事は中学生か!?」
    アリサ「うん・・・中1・・・別に良いだろ、何か問題あんのかよ!」
    ヤンキーだからさすがに口が悪い…。
    俺「問題あるだろ!ヤバい年齢だし、それに経験あんのかよ?」
    アリサ「バリバリだし、ヤリまくってるよ!(笑)いいから早くラブホ行けよ!ヤリたいんだろ?アタシも早くヤリたいし・・・」
    そう言いながらアリサはデニムのミニを捲ってパンツの上からマンコを触り、オナニーを始めた。 【出会い系で知り合ったヤンキーとその妹と関係した【エッチ体験談】】の続きを読む

    中3の夏、家を一部改装(今でいうリフォーム)する事になって、母と弟と一緒に夏休みの殆どを田舎で過ごした事があった。
    当時母の実家の周りは田んぼと山以外何もない田舎で、もちろんネットもなければ携帯電話・携帯ゲームもなかった。
    なので受験勉強や自然探検したりして暇潰しをするしかなかった。
    最初は弟と周囲を探検したりしてたが、小学校低学年の弟はどんどん友達を作っていったので、すぐに自分一人で暇を持て余すようになった。
    母はそんな自分に気を使ってくれたのか、母の実家の隣の娘(高校3年)の麻美さんが勉強を見に来てくれるようになった。
    麻美さんは声が小さくて内気な感じの人で、お互い気恥ずかしくて最初は会話もほとんどなかったけれど、僕が気恥ずかしくなったのは、麻美さんの胸とお尻がやたら大きくて、目のやりどころに困っていたからでもあった。
    ややぽっちゃりではあったけれど特に胸の突き出し方は尋常じゃなく、歩くだけで上下に弾んでいたほどで、手元にエロ本もない生活をしていた思春期真っ盛りの自分には目の毒すぎた。
    それでも少しでも長くその身体を見ていたくて、自分から隣の家を訪ねて毎日勉強しに行くような感じになってしまった。
    周りから見れば変だったかもしれないが、その時の自分は毎日少しずつ麻美さんと話が出来るようになったり、身体の線が出る服や胸の開いたTシャツ姿の麻美さんを目に焼き付けてオナニーする事に夢中になってしまっていた。
    麻美さんの家が、昼間は麻美さん以外の人が出かけて2人きりになれるというのも自分には大きなポイントだった。
    夜の麻美さんは風呂上がりには薄いブラに寝間着の裾の長いTシャツだけの姿になり、胸のほぼ生に近い形や揺れ方が見れたり何とも言えない良い匂いがしたりするので、母が怒って呼びに来るまで一緒にいる事もあった。
    毎日一緒にいて周りの大人に
    「頼もしいボディガードだね」
    等とからかわれていたので、下心なんかも見透かされていたんだろうし、、麻美さんも身体を凝視されてる事くらい気付いていただろうけど、ずっと優しく接してくれていた。
    ある日弟に遊びに誘われ、さすがに毎日毎日麻美さんを訪ねるのも悪いと思った自分はついていく事にした。 【ヤンキーにヤラれてしまった麻美さん【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ