エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:バツイチ

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    19歳半ば、大学に通っていた俺は家の事情・・・ってほどでもないが、他の学生に比べて働き詰めの毎晩を送っていた。
    バイト先には大学に通ってないことにしてほぼ毎晩シフトに入っていた為、毎日短い睡眠時間だったが欠席することはせず、我ながら頑張っていた方だろう。
    バイト先について詳しく言えないけど、職場の仲は良くて給料も良かったし、何よりも女の人の客が多い職場だった。
    ある日の夜、もうすぐ休憩に入ろうかという時女性一人の客が入った。
    うちの店は女の人が一人で来ることも珍しくはなかったのだが、綺麗な紺のドレスにすらっと伸びた長い脚、黒のショートヘアが際立つ真っ白な肌、ヒールのせいもあるだろうが比較的背の高い女だった。
    綺麗な人だなぁ・・・と思いながらグラスを拭いていた俺。
    受付の男と仲良さげに話している。
    常連ではないはず・・・俺はほぼ毎日働いているのだから初めての見た・・・はずだった。
    受付が案内し、俺とは別の所にエスコートされる女。
    歩く女の揺れる胸に少しばかり見惚れつつ、グラスを拭き終えて休憩に入った俺だった。
    休憩中、入れ替わりで仕事に戻ろうとしていた先輩のAに先の女の話をした。
    俺「さっき綺麗な女の人が入ってきましたよ。先輩の場所あたりに案内されたと思います」
    A「まじか、どんなんだった?」 【バイト先にお客さんとしてやってきた美人とドライブに行くことになった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    うちの隣が某建築会社のモデルハウスだったんだが、そこの受付というか案内人みたいなお姉さんはかなりの美人さんだった。
    ある日、俺が庭で犬の世話をしてたら隣のモデルハウスの二階の窓を開けてお姉さんが声をかけてきた。
    「暇だったら遊びにおいでよー」
    俺は何の疑いもなくモデルハウスの玄関チャイムを押し、出てきたお姉さんに中に招かれた。
    中では新機能のトイレ(蓋が自動で開くだけ)とか、屋上に行く隠し階段とかを見せてもらった。
    リビングで紅茶を出してもらい、しばらく話をした。
    お姉さんはなんと×1子持ち。
    しかも若く見えるのに32歳という事を聞いた。
    実はこの時、正面に座るお姉さんのミニスカートの奥の白い三角がずっと見えていて興奮した。
    俺は半起ちのまま何事もないような顔をして話を続けた。
    「彼女はいるの?」
    とお姉さん。
    「いや、いないけど、欲しいなー」 【中学生の頃、モデルハウスの受付嬢に筆下ろししてもらった話【エッチ体験談】】の続きを読む

    天才会社員さん(30代)からの投稿
    ----
    32歳の会社員です。
    これは今月9月上旬の6日の土曜日に休日出勤したときの話。
    その日の午後になると、一緒に出勤していたバツイチ五十代のおばさんと社内に二人きりになった。
    おばさんはオレのデスクの二つ隣で仕事していた。
    ハッキリ言ってそんな美人でもないおばさんだ!
    午後、しばらくしておばさんは暇になったらしく、オレにやたらと話し掛けてきた。
    早く帰ればいいのに、と思っていてもおばさんは全く帰る気配がない。
    そして、おばさんは
    「この前ね~年甲斐も無く高い下着買っちゃった~」
    と言い出した。
    オレは
    「ふ~ん、そうなんですか」
    とつれない返事をすると、おばさんは 【休日出勤した時に50代のバツイチおばさんと二人きりになった【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ