エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:ソープ

    ソープ嬢さん(20代)からの投稿
    ----
    ソープ嬢してます。
    月二回指名してくるA君、24才。
    何回も相手してるとき、A君が俺と賭けをしようと言いました。
    何の賭けかと聞くと、時間内に俺を満足させていかせれば倍料金払う、いかせれなかったらチャラにしくれと。
    倍払うならあたしの手元にそれなりのチップが入るので受ける事にしました。
    次回からという事でこの日は普通にやって終了しました。
    後日、A君から指名。
    90分コースで余裕かましてゆっくり可愛がりいざ開始。
    得意のフェラテク。
    玉しゃぶり、尿道チロチロ、大きくグラインドしてバキュームフェラ、上に乗って腰振りまくり。
    気持ちよさそうにしてるけど、いく気配なし。
    終了20分前のタイマーが鳴った。
    A君「残念だったね」 【風俗嬢だけどお客さんとイクかイカないかの勝負をした【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    AVで抜いてもムラムラが治まらなくなってきてしまった。
    色々悩みつつも風俗に行くことを決め、自宅近くの風俗店を調べるとまあ沢山出ること(笑)
    その中から一番安い値段で、夜は15分サービスで入れる店を決めて翌日お店に向かった。
    決めていたお店に着くと、お店前にいた60代ぐらいの受付の人が居たのでフリーで60分だということ伝えて入店。
    待合室に通され、初めてで緊張して脚を震わせながら待っていると
    「お待たせしました」
    と、エレベーターの方へ案内される。
    エレベーターに行くと嬢が待っており顔合わせ。
    嬢「初めまして~、よろしくね~」
    自分「お願いします・・・」
    挨拶ほどほどにエレベーターに乗り、部屋に向かう。
    エレベーター内でお互い容姿を再確認。
    自分身長160cmちょい。友人からは風間俊介に似てるって言われる。 【童貞のオレが初風俗で初挿入を果たしたら即射精してしまった【エッチ体験談】】の続きを読む

    岩手県/名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    スロットで爆発し20万近くになり、高級ソープに行きました。
    若い子がいる店で、南明奈ちゃん似の子がついた。
    スレンダーな子でローションで滑らせながらサービス。
    「アッキーナに似てるね」
    「嬉しい!」
    そう言って笑顔になり、ローションで滑らせながら息子をスリスリ。
    丁寧にフェラもしてもらい、素股でも滑らせながらマッサージ。
    当然の流れで挿入だが、
    「ゴム着けたよ?」
    と笑顔で被せて花弁に挿入。
    「あんっ!気持ちいい!」
    と声を上げる姿とキッチリは締め付ける花弁に興奮。
    19歳のすべすべぬるぬるボディは抱き心地抜群でした。 【スロットで爆発して20万近くになったから高級ソープに行った【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺は朝のモーニング割引きで一発抜いてから営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。
    呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いていると、まだ午前中とはいっても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。
    そこで、顔見知りの女を見かけた。
    3年前に会社を寿退社した、営業2課のT子だ。
    他人の目を避けるように俯き加減に急ぎ足で左から横切るように右の路地に入った。
    この清楚な雰囲気が出ている女には不釣り合いな裏路地を歩いて、数メートル先の高級ヘルスにボーイに頭を下げながら店の中に消えていった。
    昔、何度も残業と嘘をついてT子のロッカーから制服やストッキングを取り出し匂いを嗅ぎながらオナニーをしたものだ。
    その精液を制服の裏地に塗りつけたり歯ブラシに付着させ、昼休みに給湯室で磨く姿を想像してさらに勃起するという俺の憧れのズリネタだった。
    3年前、学生時代から付き合った男と結婚しすぐに子どもができたと噂で聞いていた。
    結婚式で見たT子の花嫁衣装。
    今でも頭の中で、バックから突き上げるようにレイプしている俺。
    よし、今日の相手はもう決まった!
    T子に抜いてもらおうと店に飛び込むと、金額なんか気にすることなく今入った女の子を指名したいとボーイに伝えた。 【【レイプ】3年前に寿退社した清楚なT子を風俗街で見かけた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    先日、パチンコで珍しく大勝ちしたのでソープに向かった。
    行くのはいつも行っているソープで、安くて若い子も多いのでお気に入りの店。
    急ぎ予約の電話を入れたが、かなりの回数行っていたので名前を言うと受付の兄さんもすぐに私だと分かった。
    お気に入りの子を指名しようとしたが、その日は生憎女の子の日でお休みだとの事だった。
    しょうがないので別の店に行こうかなと思ったら、
    「今日体験入店の子がいるんですけどどうですか?まだ予約入ってないんで最初ですよ」
    と言ってきた。
    話によると、とても若くて私好みのロリっ娘だとの事。
    しかし素人か・・・本当だったらお気に入りの子でと抜きたいと思っていたのだが、既にソープに行く気満々だったのでその子を指名する事にした。
    まだ新人なので指名料はタダにしてくれると聞いてちょっとお得な気分。
    店に着いた後は入り口で80分コースとオプションを選択し、コスプレやバイブなどの料金を払い、待合室で待機。
    その日は珍しく待合室には私1人だけ、爪を切ったり漫画を読んだりして待っていると嬢の準備が出来たとのことで2階へ上がる。
    どんな子がいるのだろうとちょっとワクワクしながら上がると、セーラー服を着た女の子が待機していた。 【16歳のはずの妹の親友が風俗で働いていた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前日2人まで絞った姫のうち、どちらかで予約が取れるなら腹を括ろうと決意して朝に電話。
    そしたら一番気になってた姫が予約できてしまった。
    電話対応の人は温和な感じで、少し気持ちが落ち着いた。
    軽くシャワーを浴びてから出発。
    移動中は携帯で姫の画像なんかを見てムラムラしてたが、目的地が近づくにつれて股間が萎んでいく。
    イチモツに一抹の不安を覚えながら入店。
    入り口で総額を支払い、待合室へ通される。
    店員に飲み物を何にするか聞かれ、後で飲み物代を取られないか心配しながら紅茶を頼んだ。(無料だった)
    待合室は豪華絢爛で雰囲気も良いが、股間は益々元気がなくなっていく。
    緊張か、もしくはテレビに映っていた上沼恵美子のせいだろう。
    途中で40代くらいのおじさんが入店。
    やっぱり金持ってる人が多いんだろうなぁ。
    15分くらい待っただろうか?
    用意が出来たとの事で、とうとう姫とご対面。
    パネルマジックとやらを覚悟していたが、めちゃくちゃ可愛くてビビった。 【童貞だからビクビクしながら風俗に行ってきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    宮城県/たかさん(30代)からの投稿
    ----
    某有名地区にあるソープに遊びに行った。
    料金はめちゃくちゃ高いけど、半額のデリでハズレを引くよりはいい。
    店に入ると空いてる女の子を選ぶんだけど、あんまりタイプはいなかったが
    「この子は19歳で巨乳ですよ」
    と優里ちゃんを勧めてきたのでその子にした。
    部屋に入り、タバコを吸ってたら現れた子は、小柄な少し肉付きいい娘で、少し新垣結衣に似てるかな?
    だけど作り笑い感満載で、プレーを開始。
    確かに張りがある巨乳で、シャワーで洗ってもらいヌルヌルにして、体を擦り付けてくれた。
    巨乳で挟んでパイズリして貰い、バイブで彼女に反撃。
    「やん!いゃん!」
    と声をあげて直ぐにヌルヌルしてきた。
    シックスナインで味わってから優里ちゃんを寝かせた。
    タイプじゃないのだろうけど、まぁまだ覚えたてのようなサービスからして新人だから仕方ない。 【嫌そうにしてるソープ嬢にタップリ中出し【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    県外に1ヶ月ほど出張した時にちょっとソープに行ってみた。
    特に指名もせずに来た女の子は中ぐらいの娘。
    ひと通りプレイしたけど時間が余ったので、雑談してるうちに女の子が
    「お客さん、地元の人と違うでしょ?」
    と言った。
    俺「なんで分かった?」
    嬢「話し方が違うなって感じたの」
    俺「出張でここに来た。地元は◯◯県だよ」
    嬢「えっマジ?あたしもそこ出身」
    俺「そんな偶然あるのか」
    歳を聞くと、俺と同い年。
    俺は高校行ってないので中学を聞いたら同じ中学だった。
    嬢「そこも一緒?」 【県外に出張した時に行ったソープで来た子が中学の時の元カノだった【エッチ体験談】】の続きを読む

    店の外観はボロいホテルみたいだった。
    そのくせ入口はめっちゃ綺麗。
    表通りの方ではなく、横の路地に入口があった。
    中に入るとイカついオッサン2人と若いアンちゃんとスタイリッシュお姉さんが
    「いらっしゃい」
    と出迎えてくれた。
    「何時に○○さんで予約取りました○○ですー」
    と言うと、奥の控え室に通された。
    内装は暗めで、黒い暗幕がところどころに張られていた。
    その暗幕の向こう側は多分事務所だったり、トイレだったり、エレベーターだったり、待機室だったりだ。
    偏見で恐いイメージを持ってたが、オジさんもお兄さんもお姉さんもそこらの客商売よりずっと教育されてる感じだった。
    声色からして怖さがない、ドスの低い声なんて出さないよ、みたいな。
    待機室に入るとお茶とおしぼりを出してもらった。
    「会員証はありますか?」
    と聞かれ、 【ソープ初体験の時に経験した嬢の匠の技【エッチ体験談】】の続きを読む

    30歳を超えて未だ童貞だった俺はさすがに焦っていた。
    ちんこの立ち具合が鈍くなっている事も焦る要因の1つだった。
    オナホも色々試した。
    とにかく、もう慢性的なオナニーでは気持よくても心が満足しなかった。
    このままではいずれ犯罪を犯してしまうかもしれない・・・気が狂いそうだった。
    普通に働いているのでお金が無いわけじゃないけど、そういう店に行く勇気がなかった。
    でも、ついに意を決してソープに行く事に決めた。
    電話予約なんて怖くて出来なかったが、飛び込みでもう誰でもいいから俺の童貞奪ってくれェー!って気持ちが強い。
    今度の土日のどっちかに必ず行く。
    俺はそう思ってとりあえず就寝した。
    だけど、寝れなかった。
    どうにか寝ようとするが、緊張のあまり眠れなかった。
    お酒は起ちが悪くなるという知識はあったが、とりあえず呑んで無理やり寝た。
    が、それでも朝6時に目が覚めた。
    うーん、でも冷静に考えたらソープって早朝からやっている店多いよね、と思い直して家を出る。 【【ソープ】30歳を超えて童貞なことに焦りを感じていた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ