エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:セフレ

     僕は45歳で、バツ一経験者、子供も20歳の女児と18歳の男児がいます。彼女と知り合ったのは、所謂お見合いパーティーでの出来事です。彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。
     40代の男性と40以上の女性が12吊で集まってのお見合いパーティーをしたのです。全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。
     六本木のイタリア料理店で日曜日のお昼に集まりました。
     セレブな奥様の主催で、彼女の知り合いばかりが集まってのお見合いでした。
     一番若くて41歳、女性は40歳から50歳までの6人でした。
     最初は抽選で場所決めをして、全員での自己紹介をして、結婚の意思があるかどうかもお話ししました。
     僕と同じ席には42歳の彼女が同席しました。本当に一目惚れでした。物凄く色白で、顔も小さく、胸はDカップぐらいある素敵な女性でした。着ているお洋朊もシャネルスーツで、靴もバックも高価そうでした。手の爪にもお洒落にアートされていました。
     お仕事はお母さまと、四谷でお料理教室を開いていて、彼女はお料理の先生でした。
     僕は、都内の繁華街に何棟かのビルを持っていて、殆どは貸しビルで、いろんなお店に貸しています。いわゆる貸しビル業です。社員も40吊ぐらいはいて、六本木に会社はあります。今日の主催者の社長夫人にも、ビルの一室を御貸ししています。
     僕は大学時代はラグビー部で、かなりがっしりとしていて身長は178cmで体重は65kぐらいはあります。
     彼女も女子大生の頃にはアメリカのロスで過ごし、いわゆる帰国子女だそうです。身長は168㎝で、想像ですがDカップで、B88、H55、W90くらいでしょうか。
     母親の料理教室を手伝い、先生だそうですが、得意な料理は和食だそうです。
     結婚は22歳の時に、ある広告代理店の人に見染められて結婚したそうですが、40代から酒癖が悪く、自宅で暴力を振るうようになり、離婚を決意したそうです。
     僕は正直に浮気が原因で、妻とは離婚したとお話をしました。一応本当の事を言うほうが今後のためと思い白状しました。
     2時間後にはお話は済ませて、近くの大使館裏の部屋が用意されており、皆さんとの会話をする予定でした。 【×一同士【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉奴隷にしてやっている。
    リナには双子の妹がいて、二人とも同じ店で働いていて、店のナンバー1とナンバー2を争っている。
    妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、客に毒づくことも多いクソアマだ。
    しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。
    M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。
    この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。
    リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。
    リナにチンボをねぶらせて、ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。
    それからクンニと手マンで一回いかせて、薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコにお待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。
    そんでベッドをギシギシきしませて「えっさかほいさ、えっさかほいさ」とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。
    俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」と命令すると、リナは従順に「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」と叫び始めた。
    そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。
    俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。
    そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。
    後はチンボから手を離して、膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。 【生意気キャバ嬢ににトドメの顔射【エッチ体験談】】の続きを読む

    今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
     そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。
     高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。
     だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。
     で、ようやく。
     これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。
     このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。
     でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。
     でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。
     だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。
     飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。
     もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。
     おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?
     それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。
     サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。 【先輩【エッチ体験談】】の続きを読む

    すっごく好きな彼氏と別れて、すごく淋しい時でした。
     友達と飲みに行った後、別れて家に帰る途中で、すっごく私好みの男の人が声を掛けてきたんです。
     話を暫くしてたら、その人も最近、彼女と別れたばっかりって解って更に盛りあがってしまいました(苦笑)
     で、かなり酔っていた私は「ぶっちゃけ、崇史くんってかなり好みなんだけど」って言ったら、彼も「俺も〜」って感じで異常にテンション高くなっちゃいました。
     で、「もっとゆっくり話したいね」って事になって。夜中の3時だと開いてる店も殆ど無いから、お互い、軽い気持ちでホテルへ行きました。
     ホテルに入ってからもカラオケしたり、お酒飲んだり、昔からの友達みたいにお互い打ち解けてました。
     一通り騒ぎ、酔いもまわりすぎたので、ベッドで2人でマッタリしてたら彼が「やっべえ。今、俺、深華の事好きかも。」なんて言うから私も「やっばぁ。私も今、同じ事思ってたかも。」って言ったら彼が覆い被さって来て。
     それからは、私も彼にされるがままでした。
     最初は顔中にキスをしてきて、最後に唇に触れるか触れないかのキス。
     それがすっごく気持ち良くて。でも、物足りなさに負けて自分からディープキス。彼の舌が私の舌と絡んで、吸われて、吸って。
     その間に服の上から胸を揉まれて、小さく喘いでました。
     服の中に手を入れられてブラの上から、既に硬くなってる乳首を爪で擦られ、もう片方の手でホックを外されて直に乳首を摘まれて。
     私、乳首が弱いから、それだけでアソコがヌレヌレでした。
     あっという間にパンティだけにされて、彼も全裸で。
     パンティの上から彼の手がアソコの割れ目をなぞると、すっごくヌレてるのが自分でも解って。クリを布越しに刺激されるとのけぞっちゃって。彼は「すっげえヌレてる。気持ちイイ?」って言ってくるから「気持ちイイよぉ。。。あぁ・・・・ん」って言うと「もっと気持ち良くしてやるから」って言ってパンティの上からクリにしゃぶりつくんです。 【ナンパ【エッチ体験談】】の続きを読む

    私の彼は、かなりのSですごく焦らしたり、逆に何度もイカせたりするのが好きなんです。
    痛いのとか、恥かしいのとか、汚いことはしないんだけど、とにかく責めに関しては容赦ないんです。
    例えば、クリトリスにローターを固定して、最弱のまま1時間放置されたるんです。
    感じてるんだけど、刺激が弱いからイクにイケないんです。
    本当に気が狂いそうになるんです。
    何度「イカせてください」って訴えても聞き入れてもらえず、彼は私の反応を楽しんでいます。
    逆にそんな体にされてから、何個ものローターを私の性感帯という性感帯に固定してから、一気にスイッチを入れます。
    もちろん、今度は最強です。
    敏感になってる体はすぐに反応して、すぐイキそうになるんだけど、イキそうになるとスイッチを切って焦らします。
    1秒か2秒か、本当に一瞬だけスイッチを入れてから、すぐに切ります。
    気が狂いそうになっているところにこれだから本当に気が狂ったように、私は絶叫して悶絶します。
    彼はまたその様子を楽しむだけです。
    そんなのがまた1時間以上続くんです。
    これだけでは終わりません。
    いいえ、これで終わる時もあるから本当に地獄です。 【焦らし【エッチ体験談】】の続きを読む

    暇を持て余して、初めて出会い系サイトを利用して3人の女性に会うことができました。少し高額を提示しましたが。
    前回は23歳のOLさん、
    前々回は26歳のOLさんでした。28歳のトモミさんで、ダンナさんと別れて2年になるバツイチさんです。
    パート先が休みで暇してたという口でした。
    僕より年下でしたが、バツイチだけあって大人な雰囲気がメールからもわかり、何となく年上の女性とメールをしているような感じになってしまっていましたが、
    数日メールのやり取りをしてから、会うことになりました。
    トモミさんは少し気だるそうな雰囲気がある、ちょっとエロそうな感じの女性でした。
    初日は飲みに行って終わりましたが、連休最終日にまた会うことになりました。
    待ち合わせ場所に行くとトモミさんは少し酔っているみたいでしたが、何となくという雰囲気でホテルに行きました。
    最初、飲んだだけで別れたので、完全にダメだったと思ったのですが、再び誘われてイケると確信しました。相手も、そのつもりで誘ってきたと思います。
    部屋に入ると急に積極的になって、ベッドに押し倒されると激しく舌を絡めてきて、全身を弄られました。
    元人妻ならではのエロさとテクニックがあり、僕はもうメロメロでいつ発射してもおかしくないくらい興奮してしまいました。
    トモミさんは「ああ、久しぶり。私にも、私にもして」と、淫らに服を脱いで僕の手を取るとオッパイに導きました。
    僕は興奮に任せて荒々しく揉み、乳首もひねるように摘みました。
    トモミさんは騎乗位風の体勢で僕の股間に自分の股間を擦りつけるようにしてさらに乱れました。 【援【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ワウッ!!」
     亜理沙が学校から帰ってきて玄関を開けると、まるで帰りをずっと待っていたかのように、ジョンが一声大きく鳴いた。亜理沙はちょっとビックリしたが、昨日のことを思い出して頬を赤らめ、ジョンを無視するように部屋に向かった。残されたジョンはいつもと違う亜理沙に戸惑ったようだったが、すぐに体を躱して亜理沙の後を追っていった。
    「コラ、ダメよ!。部屋に入っちゃダメ!!」
     亜理沙について部屋に入ってきたジョンにそう言ったが、ジョンは亜理沙の言葉を無視してカーペットの上に横になった。
    「もうっ、ジョンったら!!」
     亜理沙は机の上にカバンを放り出し、ベッドの端に腰を下ろした。
    ”まさか、この前みたいなことには・・・”
     ジョンが部屋から出ていくまで、座って待っていようと亜理沙は思った。しかし、ジョンは部屋の真ん中に悠々と寝そべって、クンクンと鼻を鳴らしている。亜理沙はなるべくジョンのほうを見ないようにしていたが、ジョンは何か期待するように、亜理沙を時折見つめていた。しばらく時間が経った後、根負けした亜理沙は着替えをするために立ち上がった。
    「えっ、なにっ!!」
     亜理沙が下着姿になると、いきなりジョンが起きあがって、亜理沙に向かって進んできた。戸惑って亜理沙がジッとしていると、ジョンは亜理沙のアソコに鼻面を付けて、クンクンと匂いを嗅ぎ始めた。
    「ちょっと、ジョンッ、だめっ!!」
     亜理沙の制止も聞かず、ジョンはグイグイと鼻面を押しつけていった。亜理沙は身体をひねってかわそうとするが、ジョンは執拗に亜理沙を追ってい
    く。
    「やっ、きゃっ!」
     ジョンに押されて尻餅をつくと、ジョンはここぞとばかりに亜理沙の股間に顔を埋めていった。亜理沙はすぐに脚を閉じようとしたが、すでにジョンが身体を割り込ませていて、布地を通して荒い息づかいが感じられる。亜理沙は気が動転して、身体を後ろ手に支えたまま困惑の表情を浮かべていた。 【獣姦体験談!!ジョンとの交尾記録 その3【エッチ体験談】】の続きを読む

    五分ほどチロチロ、パクリ、ジュポされ続けた私は身体を反転させ、69の状態に。彼女はふとももで私の頭を挟み、締め付ける。マンこはぐちょぐちょですけべな香りを楽しみつつ、舌をワレメになぞり続けました。
    あんあん喘ぎながら、私の愚息を舐め続ける彼女は…欲しい、チンチンが欲しいと腰をグラインドさせながら訴えかけました。どこに欲しい!と尋ねると、オマンコ、ぐちょぐちょなオマンコに欲しいと叫びました。69をやめ、彼女をベッドに立ち上がらせて、壁に手をつかせ、後ろから思い切り突き上げました。射精までに彼女は5回はイッタはずです。終わったあと、身の上話しなどを聞いたりしていましたが、この身の上話しの内容が…彼女はk大学のk道部の副主将をしていると話していました。その日はもう一発かまして、お泊りし帰りました。帰る道で私の中の悪魔がささやきました。ほんとうにk道部に所属しているか調べて本当ならバラすと脅して肉便器にしろと…。審議を確かめるべく、家に帰り、pcでk大学のk道部のhpを検索。すると、そこには彼女の姿がありました。そこにいる彼女は凛々しく精悍な雰囲気でした。

    千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96
    お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。
    独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。
    背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの
    後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。
    顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?
    まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。
    当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、
    女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。
    そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。
    彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、
    喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。
    彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ
    上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。
    彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」 【千恵子の事【エッチ体験談】】の続きを読む

    結婚する一週間前ぐらいのこと。最期の遊びだと思い出会い喫茶にいきました。出会い喫茶に入ると店内はガランとしており、客は私一人でした。帰ろうかなと思っていましたが、入店料も支払ったし我慢して待とうと決め、店内の漫画を読むこと一時間。megみ似の女性が一人、店内に入って来ました。かなり、グラマーで健康的で世間ずれしていない感じから早速声をかけ交渉。OKをもらい、早速、店外にでました。店外に出る際にエレベーターにのるのですが、その際、「よろしく」と軽くフレンチキス…のつもりがそのまま、彼女に壁に体を押し付けられ濃厚ディープキス。息子はギンギンになり、そのまま、ラブホへ…

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ