エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:シックスナイン

    20代半ば頃、あるきっかけで呑み屋でバイトをする事に。
    そこは所謂『パブスナック』と言われるような所で、マスターの趣味でカクテルも置いてある。
    元々友人に連れられてから単独で時々呑みに行くようになり、バイトのお姉さんが辞めるのでイメチェンがてら俺にバイトをしないかと誘われたのがきっかけ。
    かれこれその店でバイトするのも1年が過ぎ、客層も私の友人から更にその友人知人~と広がり、マスターも格好良くて優しいのと、一部私のファン(に近いもの(笑))も出来て、女性客も増えました。
    そんな中、最近常連となった女性3人(A、B、C)が来店。
    因みに3人とも顔は残念である。
    その内の一人は同級生Pの不倫相手Cだ(苦笑)。
    マスター(以降Mさん)
    「あれっ、このメンバーとは珍しいね!?」
    私「Cちゃん、今日Pと一緒じゃないの!?」
    C「え~っ、悪い!?」
    何か少し怒っている様子だった。
    Mさん「まあ、まあ、飲んで飲んで」
    私「どうれ、じゃあCちゃんの隣に座ろうかな」
    何故かしらないがCの機嫌を取ろうとその後色々笑い話をしていました。 【バイト先の常連になった女にフェラさせた【エッチ体験談】】の続きを読む

    今から5年前に在籍していた会社の話です。
    当時の僕は某出版会社の下請けとして昼夜問わず働いていました。
    忙しい時はそれこそ会社で寝泊まりなんて当たり前でした。
    特に給料が良い訳ではなく、労働条件も良くはなかったのですが会社の雰囲気だけは
    抜群によかったから頑張って働いていたんです。
    小さな会社だったので従業員は僕を含めて6人でした。
    その中でパートで来ていたタカノさん(仮名)と関係を持ったんです。
    タカノさんは当時52歳だったと思います。
    タカノさんは4年前にご主人さんをなくされていたんです。
    どこにでもいるようなごく普通のおばさんです。
    スタイルが良いわけでもない、顔が綺麗でもカワイイ事もなかったんです。
    その辺にいるおばさんのぽっちゃり体型です。
    ただ、性格はものすごく優しくて、とても気がきく方でした。
    その日は珍しく落ち着いていた日でもあり、社長と専務は打ち合わせに出ていて、他の先輩達も納品に出かけたりしていて、事務所にいたのが僕とタカノさんだけだったんです。
    先輩からの指示で地下室にある資料を纏めておいてくれとのことだったので1人地下室へ。 【本当に普通のおばさん【エッチ体験談】】の続きを読む

    ビックオニオンさんからの投稿----きっかけは職場の後輩の結婚式の2次会。
    彼女(チカ)と会うのは何年ぶり?
    年賀状のやりとりはしていたが。
    チカは元職場の後輩で、職場恋愛の末、彼氏に呼び寄せられて結婚・出産。
    今回はダンナの代理で出席(元々はダンナが後輩の結婚式に御呼ばれされてた)していたのだが、2人とも同じ職場だったわけだから、2次会にきてた連中とも顔馴染みで、
    「久しぶり~」
    てな感じで飲んでた。
    オレは彼女が結婚する前に既婚者だったが、当時彼女は酒癖があまりよろしくなく、よく道路にへたり込んでしまったり、同僚たちに抱えられてタクシーに乗せられて強制送還させられていたのを覚えている。
    1度だけ職場での飲み会の帰り、
    「私アッチ行って結婚する前に先輩に話があるから、2次会付き合って」
    と言われ行ったのだが、実は彼氏ではなく別な男を今更ながら好きになってしまい、その男というのが彼氏の友達。
    (まぁ、よくあるパターンだ)
    その彼氏の友達というのが、オレと仲良かった後輩だった(今回結婚した後輩ではありません)ため、オレに事情聴取したかったようだ。
    彼女は押しかけ交際を迫ったみたいだが、彼氏との友情は壊せないとの理由で断られていたが、
    「実は1回だけ抱いてもらった」 【人妻になった元同僚と出張先で交わった【エッチ体験談】】の続きを読む

    当時はエッチな事なんて思ってもいなかったけど、今思うと結構とんでもない事やってた。
    先に言っとくけどセックスはしてない。
    文章能力があるわけじゃないからあんま期待しないでくれ。
    一番古い記憶は俺が小5で妹が小4くらいの頃だったと思う。
    まだ一緒に風呂も入ってたから妹と自分の体の違いにすごく興味があった。
    全てを鮮明に覚えてるわけじゃないから所々端折るのは勘弁してくれ。
    ある日俺たちは全裸で布団の上にいた(急展開でスマン)。
    親は1階の寝室で2階の子供部屋は俺たちだけ。
    1度お休みを行って子供部屋に入ってから親がくる事はまず無かった。
    まぁ来ても階段上がる音で気づけるわけだが。
    二人兄妹だから登場人物は他にいない。
    どういう経緯でとかどんな言葉を交わしてその状況になったかは覚えてない。
    俺と妹はお互いに頭と足が逆を向く、いわゆる69の状態になってた。
    今までも風呂で何度か見てたが、妹の股間をまじまじと見たのは始めてだった。
    とりあえずつついたり撫でたり開いたりしてみた。 【小学生の頃1つ下の妹とエッチな事してた【エッチ体験談】】の続きを読む

    きくりんさんからの投稿----何度となく彼女とは、職場のグループで飲みに行ったりしてました。
    夏のある日、2次会で行ったカラオケで財布を忘れてしまい、僕がなぜか預かって彼女に返す事に。
    次の日、無事職場で財布を返すと
    「お礼に飲み代を奢る」
    との事で、次の週行く事に。
    それほど美人ではなかったけど、身長が低くて、今時珍しく黒髪ストレート。
    お互い酔いも回ってきたので、帰る事に。
    地下のお店から階段を上ってる途中、彼女がよろめいたため胸をムギューって掴んでしまった。
    彼女が顔を上げ、見つめあったままそのままキスしてしまったのです。
    彼女もだんだん舌を絡め出したもんだから、今度は堂々と胸を揉み薄手のシャツのボタンを1つ外し、ブラの間から乳首をコリコリ指で弾いたらいい声で喘ぐんですよ。
    そのまま自分の右手は彼女のスカートに。
    パンツを少しだけ下ろしたら、これまた黒々とした陰毛とご対面!ただ、面積は小さくモジャモジャした感じじゃなかったかな。
    そのまま手と入れたら、陰毛のジョリと感覚の後にヌチョっという感じで、あっという間に僕の中指は彼女のオマンコに吸い込まれていった。
    彼女が耳元で
    「ラブホ行きたい…」 【契約社員との不倫エッチ【エッチ体験談】】の続きを読む

    イタバシっすさんからの投稿----オレの友達の元カノで香澄という女がいた。
    付き合っていた頃、オレを含め周りの友達は
    「なんでだぁ?」
    っていう感じで見ていた。
    今まで付き合ってきた女とはタイプが全然違っていたので不思議だった。
    友達は明るくチャキチャキした感じの女を好んで付き合ってきたのを知ってたし、香澄はチャキチャキというより、オトボケみたいな女。
    友達はというと、
    「男は関白・亭主は淡泊」
    というような性格で、女に対しては従順性を求めるが夜の方はレスでも大丈夫というような男。
    ほどなく半年ほどで別れてしまった。
    周りは
    「やっぱりなぁ~」
    って感じだったんだけど、香澄の方は未練があったようで、女友達に相談していたようだ。
    オレも香澄とは何度か飲んだ事があり面識もあった。
    香澄はとぼけた感じでオッサン的な言動が面白いなぁなんて思ってた。 【友達の元カノと初の顔騎体験&レイプごっこ【エッチ体験談】】の続きを読む

    梅茶漬けさんからの投稿----俺の同僚の「祐次」が10歳も若い嫁「祐美」をもらった。
    俺達3人は元々同じ会社(課は違ってたけど)だったんで、顔見知りだったし、たま~に飲みにも行く仲だった。
    ある時、最初は俺達3人も含め他大勢で飲んでて、別グループに分かれ2次会に行ったら、祐美が俺と同じグループの2次会に来ており、祐次は別グループで飲んでいるとの事。
    いい時間にもなってきたので、2次会はお開きに。
    ところが、祐美がなかなか帰ろうとしない。
    俺と祐次夫婦の家は同じ方向だったので一緒に帰ってたんだが、話をしているうちにどうやら喧嘩している最中との事。
    通りで別行動するわけだ。
    もう1軒行きたいなんて言われたけど、時間も遅いし明日も仕事だったから、
    「仲直りして寝ろ、仲直りできなかったら次回愚痴聞いてやる」
    って約束して、その日は帰らせた。
    数日後、祐美から
    「この前の約束果たしてほしい、一緒に飲みに行こう」
    とメールが来た。
    どうやら、まだ仲直りしていないようだった。
    祐次は職場の連中で飲みに行く日がヒマだから、同じ日に行く事に。 【友達のエロ妻を汁びたしに【エッチ体験談】】の続きを読む

    梅茶漬けさんからの投稿----俺の同僚の「祐次」が10歳も若い嫁「祐美」をもらった。
    俺達3人は元々同じ会社(課は違ってたけど)だったんで、顔見知りだったし、たま~に飲みにも行く仲だった。
    ある時、最初は俺達3人も含め他大勢で飲んでて、別グループに分かれ2次会に行ったら、祐美が俺と同じグループの2次会に来ており、祐次は別グループで飲んでいるとの事。
    いい時間にもなってきたので、2次会はお開きに。
    ところが、祐美がなかなか帰ろうとしない。
    俺と祐次夫婦の家は同じ方向だったので一緒に帰ってたんだが、話をしているうちにどうやら喧嘩している最中との事。
    通りで別行動するわけだ。
    もう1軒行きたいなんて言われたけど、時間も遅いし明日も仕事だったから、
    「仲直りして寝ろ、仲直りできなかったら次回愚痴聞いてやる」
    って約束して、その日は帰らせた。
    数日後、祐美から
    「この前の約束果たしてほしい、一緒に飲みに行こう」
    とメールが来た。
    どうやら、まだ仲直りしていないようだった。
    祐次は職場の連中で飲みに行く日がヒマだから、同じ日に行く事に。 【友達のエロ妻を汁びたしに【エッチ体験談】】の続きを読む

    去年の夏の出来事、俺23歳の会社員で8月の最初の土曜日だったと思う。
    その日は休みだったが緊急連絡が入り急遽出勤する事となった。
    お客さんの所でトラブルが発生した為、その処理に向かった。
    幸いにも症状が軽かった為、午前中には処理が出来、昼前には帰宅出来た。
    それでも真夏の日差しで汗だくになった俺は、帰宅するや直ぐにシャワーを浴びる為、浴室へと向かった。
    脱衣所兼洗面所の扉を開けると、6歳下の妹、明奈が居た。
    明奈は身体にバスタオルを巻き付けた格好で、濡れた髪をもう一枚のタオルで拭いていたところだった。
    どうやら起きたばかりでシャワーを浴びて出て来た所だった。
    そんな妹から
    「あれっ、お兄ちゃん仕事だったの?」
    と聞かれ、急遽呼び出された事を説明した。
    そして汗だくなのでシャワーを浴びるからと言う事も言って俺は妹の目の前(一応背中を向けていた)で全裸になり浴室へ入った。
    俺達家族の説明をすると、親父は北海道に新しく支社を設立する為の責任者として3年前から別居していて、母親は夏…と言うか梅雨入り前になると梅雨の無い北海道へ本州が涼しくなるまでの間、親父の世話をすると言う都合の良い言い訳で約4ヶ月間…6月半ばから9月末頃まで家を留守にする。
    その間は俺と妹の二人暮らしとなる。
    当然その間の妹の保護者は俺になるので、妹が何かやらかしたり学校からの呼び出しには俺が行く事になる。 【性に対してオープンな妹と…。【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿----最近起きた事をお話します。
    家に近くに私立の女子校があり、通学路が家の真横です。
    ある日夕方から急な雨になり傘を持っていない子達はビチャビチャになりながら、駅に走っていきます。
    自分は近くのコンビニに行こうとマンションを出たところエントランスにビチャビチャで雨宿りしているJCがいました。
    顔を見たら意外と可愛い。
    自分は一旦家に帰りタオルと傘を持ちそのJCに差し出しました。
    JCは驚いた感じで
    「いいです」
    と断りましたが、
    「風邪引くから」
    と半ば強引に渡し、
    「使い終ったら捨てて良いから」
    と言い残しコンビニに行きました。
    戻るとその子はもう居なくなっていました。
    そんな事があってから2~3日後、夕方またコンビニに行こうと家を出たところ、エントランスに以前傘を貸した(?)子が居ました。 【雨の日にJCに傘を貸して【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ