エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:ゲイ

    名無しさんからの投稿
    ----
    ネット巡りをしていたらここに辿り着きました。
    今まで誰にも話さなかった秘密を打ち明けたいと思います。
    小学4年生の夏、僕は友達と2人で川遊びをしていました。
    近所の山中にある小川で、水も綺麗で鮎釣りが楽しめるスポットです。
    釣り人がいるのは主に上流で、そこには小さな茶屋もあり、ちょっとした観光所でした。
    僕達は釣りの邪魔にならないよう、人のいない下流の方でパシャパシャ遊んでました。
    水着を持ってなかったので、最初は草履を脱いで裸足で川に入ってましたが、遊んで服が濡れていくうち、誰もいないしいいよね、って感じでパンツ一枚になったのです。
    もちろんパンツまでビショ濡れでしたが、帰る前にしばらく水から上がっていれば乾いたでしょう。
    自然の山水は綺麗で冷たくてとても気持ちよく、だから存分に遊んだのでした。
    お昼過ぎ、
    「そろそろお腹空いたし帰ろうか」
    って事になり、僕達は川から離れ、しばらく大きな岩の上に寝そべってパンツが乾くのを待ちました。
    他愛のないゲームの話なんかしながら。 【【ゲイ】川遊びをしていたら見知らぬおじさんにレイプされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/YATさん(40代)からの投稿
    ----
    僕が中2の時の話です。
    当時、僕は水泳部にいました。
    でも筋肉が全然付かず、しかも黒目が大きかったので、パッと見女の子みたいでした。
    そのくせ性器がアンバランスに大きく、競泳用水着を穿くと股間が目立って、友だちによくバカにされました。
    ある日、部の練習で都心の大きなプールに行きました。
    そこに行くのは初めてだったので嬉しくて泳ぎ込んでしまい、疲れて他の部員より早く上がりました。
    更衣室で体を拭いていると、隣で着替えていたおじさんがチロチロと僕の方を見てきました。
    そのおじさんは背は小さかったけれど、筋肉が締まっていて、そして毛深かった。
    あと、眼がギョロッとしてて、ちょっと怖い感じでした。
    しばらくするとおじさんが近づいてきて、僕に歳とか学校の場所とかを訊いてきました。
    とりあえず適当に答えていましたが、その間おじさんはずっと、僕の股間を見てニヤニヤしていて、なんだか変な人だなと思いました。
    その頃、性器には少し毛が生え始めていて、また皮も剥けてきていました。
    友達にそれが解るのが恥ずかしく、普段着替える時は、いつもバスタオルで隠しながら水着を脱いでいましたが、そこには僕とそのおじさんしかいなくて、まさか大人がからかってくる事もないだろうと思って、その時は隠さずにそのまま水着を脱ぎました。 【僕が中2の時、更衣室で知らないおじさんにイタズラされた話【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/エミリオさん(20代)からの投稿
    ----
    オレは子供の頃、よく女の子に間違えられた。
    小4の時だった。
    相変わらず他人に、
    「可愛いお嬢さんですね~」
    などと言われていたオレは、(ひょっとして、女の子の格好してもバレないんじゃないか?)と思い、試す事にした。
    正月に向けて髪を伸ばし、お年玉で女の子の服を買うという計画だった。
    思いついたのが9月。
    元々女の子に間違えられるのが面白くて長めにカットしてた髪は、肩まで伸ばす事が出来た。
    服は買って即トイレで着替えて、正月の街を歩いてみた。
    ドキドキしっぱなしで、今まで経験のない興奮をしていた。
    ミニスカートやストッキングの着け心地。
    ノースリーブのセーターや、ブルゾンの裏地が腕の肌に触れる感じ。
    全てが刺激的だった。 【しょっちゅうお嬢さんに間違われていた小学生時代【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    俺が、従弟と会う度に一緒にエロい事をする話。
    現在俺は19歳の学生である。
    事の始まりは1年前だった。
    俺は祖母に呼ばれて祖母の家に来ていた。
    そこへ、従弟(当時小1)が遊びに来た。
    俺はその従弟(仮にRとする)の遊び相手として呼ばれた訳だ。
    リビングから離れた部屋で相手をする事になった。
    大人達はリビングで寛いでいたため、従弟と2人きりになった。
    面倒見のいい俺は、Rが怪我をしないように意識しながら遊んでやった。
    遊んでいると、Rはふざけて俺のち○こを殴ってきた。
    痛くはないが、少し勃ってきた。
    俺「やったなぁww」
    と俺もやり返す。 【【ショタ】小2の従弟と19歳の俺【エッチ体験談】】の続きを読む

    サバさんさん(20代)からの投稿
    ----
    自分は、ある男子中学に通っていました。
    その時のゲイ?体験みたいな事があったので投稿させていただきます。
    自分はA君、その相手はN君とします。
    僕は身長はまあまあ高い方で、顔も普通な感じでした。
    N君とは中学に入った時から仲良くなり、帰り道も同じだったので寄り道などして帰っていました。
    やはり中学生なので、ゲームなどを帰りにやっていました。
    そして中学2年になり、いつも通りあるショッピングセンターの休憩所のところで自分とN君を含む3人でゲームをしていました。
    その日はN君はゲームを持ってきておらず、かなり暇そうでした。
    N君は「早く帰ろー」とずっと言っていましたが、自分ともう一人の友達はゲームに夢中で全く聞きませんでした。
    すると、N君はなぜか机の下から僕の股間を揉んできました。
    僕はびっくりしてN君の手をどかしましたが、また揉んできました。
    もう一人の友達は気づいておらず、N君はこっちを見て笑っていました。
    同級生の男の子に股間を触れて僕は少し気持ち悪かったですが、N君は小さくて可愛い感じの子だったので僕のアソコは中学生ながらビンビンでした・・・。 【男子校に通ってた中学時代に友達にフェラされたことがある【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    「時給4,000円のバイトに応募したらハッテン場のサクラだった」の続きを書きます。
    実はこのバイトは2ヶ月ほどで辞めました。
    と言うよりもハッテン場自体が閉店になりました。
    僕以外にも、サクラのバイトの子は2人いました。
    無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。
    体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。
    僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。
    お客さんに
    「今度、お兄ちゃんはいつ来るの?」
    と言われる事もありました。
    例えば
    「金曜の18時に行きます」
    と言うと、そのお客さんは来てくれます。 【ハッテン場でサクラしてたらホモAV出演の話が来た【エッチ体験談】】の続きを読む

    仕事柄、男しか居なくてボクからすればハーレムだ。
    しかも今日は上司に褒められて機嫌がいい。
    でも、上司はノンケだし迷惑かけるわけにはいかない。
    ボクのケツマンコと雄マラを慰めてくれる兄貴は居ないかなーって掲示板に載せたところ、すぐ1通のメールが着た。
    「オラァ!お前の種壷に雄マラ突っ込んで雌泣きさせてやるよ!」
    と、普段は敬語でしか来ないメールに、いきなりオラオラ系のメールが来ていた。
    まったく同じものが大量にある中、そういったものが1つあると目立つというやつだ。
    ボクは興味半分でそのオラオラメールに返信をしていた。
    返信してみると、まさか返信が来るとは思わなかったと返ってきた。
    面白い人なので、メールを続ける事にしたのだが彼は早く会ってボクのケツマンコを掘りたいと言っていた。
    彼は毎日雄マラと自分の顔を写した写メを送ってくる。
    そうして何度かやり取りしているうちに会う日が来た。
    ゲイホテルは数が少ないので、男同士でも入れるホテルを探すのに苦労した。
    ホテルに入ったとたん、兄貴はボクを押し倒し乳首責めをしてくる。
    いつも乳首オナニーをしているボクは、兄貴の舐めテクに感じさせられ思わず声をあげてしまった。 【マラを鎮めて欲しくて投稿した掲示板【エッチ体験談】】の続きを読む

    鹿児島県/名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    俺は鹿児◯県の人口5000人ちょっとの小さな離島に住んでた。
    同じ島に住んでいた俺より3つ歳下の従兄弟がマジやばかった…(汗)。
    その従兄弟は高校2年で名前は川上ユウジ(仮名)って言うんだけど、そのユウジがいつも行っている汚くて島の小さなゲームセンターがある。
    そのゲームセンターは70代のお爺ちゃんが1人で経営してる。
    そのお爺ちゃんは通称「森のお爺ちゃん」で名前は通っていた。
    俺が20歳の頃、俺もたま~にゲームセンターに行ったりしていたので、そこでたまたま従兄弟に会ったりしていた。
    でも従兄弟はあまりゲームもせずに店の2階にある森のお爺ちゃんの家に上がって行く姿を俺は多々目撃していたけど、その時はあまり気にはしていなかった。
    そんなある日、ゲームセンターに行った俺はまたも従兄弟の川上ユウジにバッタリ会った。
    俺:おぉ~ユウジまた来てたのかぁ!
    ユウジ:あぁ家にいても暇だし…それにちょっと用事もあるから(汗)。
    俺は何気なく従兄弟のユウジに聞いてみた。
    俺:ユウジゲームセンターに来るけど、あまりゲームしないよなぁ~(笑)それにすぐ2階に上がって行くけど、2階はジジィ1人しかいないだろ~?何しに2階に上がってくんだ??
    そう俺は聞いてみた。 【老人と恋におちた従弟が気持ち悪い【エッチ体験談】】の続きを読む

    休み時間、いつものように友達と話してたら、ある男友達に、
    「Aがお前の事呼んでるから、階段の一番上の所行って」言われて、私は固まってしまいました。
    私は、Aの事はただの男友達だと思っていたので、階段上で「好きだ」と言われても何も言えませんでした。ただ、恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。
    それをOKと勘違いしたのかAは調子にのって身体を触ってきました。
    「意外といやらしい体してんだな」
    とAから言われ、ますます恥ずかしくなってきました。
    恥ずかしさのあまり無言でいると、さっきよりも強く胸を揉まれ、乳首を吸ったり舐めてきます。
    私は、嫌だと思っていても何も言えず、「んっ・・・あぁんっ!」と、甘い声を出してしまいました。
    そのままパンツまで脱がされて、私はとうとう全裸にされてしまったのでした。
    そんな私を見て、Aはあろう事かおちんちんを取出し、フェラチオを要求してきたのです。
    私もどうかしてました。嫌がりながらもAのおちんちんを咥えてしまったのです。
    初めてのフェラチオは生臭く、とても不快でした。
    更に手を伸ばして乳首をギューっとつねってくるのです。まさに悪夢でした。
    唯一の救いはAがスグ逝ってくれた事でしょうか。
    Aの精液はおちんちん以上に生臭く、さらに前触れもなく突然口内に出されたせいもあり、むせて吐き出してしまいました。 【男友達に告白された【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    とりあえずスペック。
    俺:学生、フツメン、服ヲタ、童貞。非処女。
    彼女:アパレル系勤務、冨永愛をムチムチボインにした感じ。
    ちなみに自分がゲイと自覚したのは中学生の頃。
    部活の先輩(♂)が好きで告白したらOK貰えて高校まで付き合ってた。
    大学までは彼氏は作らず、大学入ってからゲイバーに入り浸ってた。
    これまでの経験人数は4人。
    前の彼氏と別れて半年、クリスマスまで残りひと月だし、人肌恋しくなった俺は初めてハッテン場という所に足を運ぶと、何人かのおっさんに声をかけられた。
    ただ、俺は面食いである。
    小汚いおっさんに掘られるくらいなら尻に人参突っ込んでた方がマシだ。
    ハッテン場は街中にある広場を想像してくれ。
    そこの真ん中に小さい噴水みたいなのがあるんだが、彼女はそこにいた。
    噴水の水をばしゃばしゃして遊んでたが、完全なる酔っぱらいだった。 【童貞でゲイの俺、処女でレズのお姉さんと初体験を果たす【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ