エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:アナニー

    アナさん(20代)からの投稿
    ----
    小学生五年生の時、風邪で高熱が出てママに解熱用の座薬を入れられました。
    その時あたしの身体が何だか変な感じになった。
    熱で意識朦朧としてたからなのか、お尻がカーッと熱くなり、何だか気持ちよくなった。
    熱引いて楽になった。
    さっきのはなんだったんだろ?
    夜、布団に入ってお尻触ってみた。
    なんか気持ちいい。
    指をつばで濡らして入れてみた。
    (その頃はオナニーってのは知らなかった)
    気持ちいいな。
    最初は指一本だったけど、二本、三本と入れだして中をグリグリ掻き回すと凄く気持ちよかった。
    そのうち指じゃ物足りなくなり、オロ〇ミンCのビンを入れたりした。
    ずぽずぽ出し入れすると凄くよかった。 【小学生の時にママに入れてもらった座薬でアナニーを覚えた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    アナニー極め過ぎて悟り開いたら人生詰んだ・・・。
    ◯現スペック
    年齢:29歳。
    顔:フツメン~ブサメン。
    体型:普通。
    順を追って説明していこうと思う。
    特にオチも無いんで、興味がある奴だけ読んでくれ。
    まず高校の頃、俺は超優等生キャラだった。
    部活では部長を務め、成績も上位クラス。
    一時期は生徒会役員も務めていたが、秘かに2日に1回はオナニーをこなす初級オナニストでもあった。
    そんな俺が実家から遥か彼方九州の大学の理系に進む事になった。
    念願の1人暮らし、やる事と言えば・・・そうオナニーである。
    今までの親の動きにビクビクしながらの隠れオナニーではない。 【アナニーを極めていつでも絶頂にイケるようになったけど人生が終わった【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は、大学2年で1人暮らしをしている。
    身長が170cm弱で、体重も夏場には50kg台になるくらいのガリで、スポーツも勉強もそれほど得意ではない。
    ただ唯一、イケメンという取り柄がある。
    男前と言うより美形と言われる俺は、とにかく小学生の頃、いや幼稚園の頃からモテて仕方なかった。
    中2でさっさと初体験を済ませて以来、いわゆるチンポが乾く暇がない日々を送っていた。
    セックスも、女がどんな無茶な願いも聞いてくれるので、19歳にしてもうやり尽くした感すらある。
    そんな俺が最近興味を持ってしまったのが、自分のアナルだった。
    女がアナルセックスでよがる姿を見て、アナルってそんなに良いんだ…そんな疑問を持った事がキッカケだった。
    最初は自宅で指にコンドームを着けて、肛門を触るところからだった。
    正直に言って、何一つ気持ち良くなく、むしろ汚れがつく事が気になってしまってすぐに止めてしまった。
    ただ、暇な時にスマホで調べたら前立腺が物凄い性感帯だと分かり、女とのアナルセックスに使うローションを使って、人差し指を入れてみた。
    もちろんコンドームを指に着けてのチャレンジだが、驚くほどに指が入っていかなかった。
    固く閉ざされた肛門に、指を入れようとあがくが、全く入る気配すらなかった…。
    いい加減疲れてきて、テレビを見ながら指を動かしていると、突然スルッと指が入った。
    だけど、全然気持ち良さはなくて、違和感しかなかった。 【【お勧め】快楽を求めてアナニーに手を出した結果、心が女になった【エッチ体験談】】の続きを読む

    恥ずかしながら、俺はアナルオナニーにハマり毎日やってました。
    するとある日、肛門の付近に膿の溜まった腫れ物が出来たのです。
    でも特に気にせず、さらにオナニーライフを続けていたのですが、その腫れ物がどんどん大きくなっていき、ついには痛くて椅子に座る事が出来なくなりました。
    朝、母親に
    「痔になったみたいで尻が痛いから休むわ…」
    と言うと、休んで良い代わりに強制的に病院に連れて行かれました。
    可愛い受付のお姉さんに
    「今日はどうしました?」
    「あ、痔で…」
    と言ったり、医者とナースにケツ丸出しで診察されたのもかなり恥ずかしかった。
    何故か後ろに立って一緒に聞く母親の前での診察結果。
    「これは~、痔でなくて、肛門周囲膿瘍ですね、原因としては、肛門の酷使が考えられます」
    との事。
    日常生活で免疫力が落ちている時なら出来てもおかしくないという事でしたが、普段自分がやっている後ろめたく、恥ずかしい事があるだけに血の気が引いてちょっと青ざめてしまいました。
    しかも親が聞いてる! 【アナニーのやり過ぎで腫れ物が出来た【エッチ体験談】】の続きを読む

    えりなさん(20代)からの投稿
    ----
    仲良しだったお兄ちゃんと、昔面白半分でしてた事を投稿します。
    リアルにあった事なのでめちゃめちゃ長いです、すいません。
    先にお伝えしておきたいのですが、私は3歳から机の角におまんこを当てるクセがあり、幼稚園の頃はテレビのリモコンをおまんこに夜な夜な擦りつけ、1年生の時にはリモコンや手をおまんこの下にしいて、うつ伏せの状態でモゾモゾと動く事でクリに刺激を与えイってました。
    当時はおしっこが止まる方法とか思ってましたが…笑
    そんな私には3つ上の兄がいます。
    私が小学生2年、兄が5年の頃、私はお兄ちゃんと凄く仲が良く、だからこそもちろん喧嘩もするけど、一緒に寝たり、2人で遊んだりする事も多かったです。
    両親が共働きだったのと、好奇心が凄く旺盛だった私達は、いつもなにかとイタズラやヤンチャな事をやっていました。
    その中でも、ごく自然に好奇心が湧いた事が、おちんちんについてです。
    お風呂も一緒に入って一緒に寝る。
    身体を見たり触れる機会も多く、ただ気になっただけです。
    おちんちんを寝てる時にふざけて触ったりつねったりすると、
    兄が
    「イテー!!」 【昔お兄ちゃんと、何も分からずにしてた事【エッチ体験談】】の続きを読む

    今年の始め、郵便配達のバイトの給料を受け取って最初に俺が買ったのはディルドだった。
    私はホモではないのだが、小学生の頃からアナニーに興味があった。
    ろくに腸内洗浄もせず、指にカーチャンが料理の時に使ってるサラダ油を指にまぶしてケツの穴に突っ込むぐらい興味があった。
    その時指が糞まみれになったのは言うまでもない。
    だが皆も知っての通り、ただ指を突っ込むだけでは全く気持ちよくないのだ。
    むしろ息子は意気消沈し、マスターベーションさえ捗らなくなるという異常事態。
    この事でアナニーを断念した人も少なくないと思う。
    小学生の時に試したサラダ油アナニーは気持ちよくなかった。
    むしろ痛かった。
    これが原因で6年ほどアナニーから離れるのだが、高校1年生の冬にある事件が起きた。
    それは俺が
    「男の娘」
    というジャンルの画像を発見した事である。
    "ただ女の絵に息子を書き足しただけじゃねーか"と思う人が圧倒的多数だろう。
    私もそうだった。 【アナニーで快楽を得るために努力をしていたら人生が変わった話【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ