エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:アダルトグッズ

    名無しさん(40代)からの投稿
    ----
    今から10年以上も前の話。
    当時、仕事の関係で田舎に転勤した。
    事務所はあるが、俺1人だけで営業をしていた。(言っとくが左遷された訳ではない)
    事務所の近くに大学があり、俺が住んでいた1Kのアパートも殆どが大学生だった。
    帰るのは毎日夜中の1時2時で、今考えれば良く働いていたと思う。(どーでも良いが)
    夏のある日、この日も遅くなりアパートに帰ると、バスタオル1枚でドアの前をウロウロしている女の子がいた。
    初めは???だったが、近付き
    「どうしたの?」
    と声を掛けると
    「お風呂のお湯が出なくなって…」
    と恥ずかしそうに答えた。
    どうやらお隣さんで、ドアの横にあるガスのスイッチを見に出てきたらしい。
    俺も専門ではないので 【バスタオル1枚でドアの前をウロウロしてた女の子【エッチ体験談】】の続きを読む

    台湾から来た留学生と仲良くなり、時々一緒に飲みに行くようになった。
    雰囲気はローラチャンみたいな感じ。
    年齢は20になったばかり。
    私は、ほぼ2倍の年齢。
    以前「肩がこる」という話を聞いて、軽く肩のマッサージをしてやったところ、毎回肩~首のマッサージをねだられる程度のスキンシップができるようになっているが、それ以上の接触はなかった。
    その日はワインが飲める店に行き、普段より少し早めに飲み始め、かつ、彼女は普段より飲んでいた。
    いつものようにマッサージをねだられたので、
    「今日は気に入りそうなものを持ってきた」
    といってスライブを見せた。
    スライブは電動マッサージ機なのだが、コンセントから電源を供給するタイプである。
    「コンセントがないから使えないよ~忘れてた?」
    と、彼女に突っ込まれるが、これは想定内。
    彼女はカラオケも好きなので、
    「カラオケボックスならコンセントあるし」
    ということで、店を出た。 【台湾人留学生が泥酔したので電マでイタズラ【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺の親友の彼女は、めっちゃ可愛い。
    気立てもいいし、スタイルもいい。
    俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、親友とのセックスの内容も恥ずかしがらずに教えてくれる。
    「○○はお尻に入れるの好きだから」
    とか
    「お尻も満更でもない」
    とか
    「お漏らししちゃう時ある」
    とか
    「こないだハメ撮りしちゃった」
    とか
    「○○の前で一人エッチさせられるとか」
    はっきり言って羨ましすぎる。
    こんないい女とこんな事できるなんて、ある意味嫉妬心もありました。
    「今度俺にも一回ヤラせてよ」 【親友の彼女と一度だけという約束で【エッチ体験談】】の続きを読む

    大分県/minaさん(10代)からの投稿
    ----
    私は桃華。
    14歳。
    毎日暇な生活を過ごしているけど、最近楽しい遊びにハマッた。
    それは、友達とのレズ行為だ。
    私の親友、綾の家に行き、2人の時間を楽しんでいる。
    もちろん今日もだ。
    学校が終わり家に帰り着いたらすぐに綾の家へ行った。
    私の家は親がいるからだ。
    ローターとバイブで綾を攻める。
    綾は、
    「あっ!んんっ!あんっ!いい!いいよっ!これ!」
    と悶えている。
    そして、すぐに 【最近ハマっている楽しい遊び【エッチ体験談】】の続きを読む

    女子大のサークルの後輩の家に泊まりに行った時の事。
    買ってきたお酒を飲んでたら普通に
    「先輩の胸って良い形してますよね~」
    とサワサワ。
    他にも3人後輩がいたんだけど、
    「あ、ホントですね。凄い良い形」
    と続けてサワサワ。
    私は
    「くすぐったいよ~」
    とか言ってたんだけど、そのうちに後輩のAちゃんが服の上から乳首をキュッと摘んできたので思わず
    「アッ!」
    って声を上げちゃった。
    そしたらその声で後輩達がなんだか興奮してしまったらしく
    「やだー、今の声なんですか?もっと聞きたいです!」
    と私を無理矢理押さえ付け始め…。 【サークルの後輩達に拘束されてHなイタズラされる【エッチ体験談】】の続きを読む

    私はバイブとかが大好きでした。
    仕事から帰ってきては部屋でオナニーをしていました。
    それが私の日課でした。
    たまに会社帰りにもしたくなったりするので、会社のカバンにローターとかバイブとかを入れていました。
    ある日私は残業で男性と2人で仕事の残りをしていました。
    もうすぐ終わるという頃、コーヒーを貰った際にカバンの中身を見られてしまいました。
    「へぇー、○○。こんなの持ってんだ」(ニヤニヤしながら)
    「そっ…れ」
    「使ってあげようか?」
    「え、今なんて」
    A「使ってあげる」
    そこで服を全部脱がされて色々な事でイカされてしまいました。
    最後には本当のセックスしてしまいました。
    帰る時に耳もとで
    「また遊ぼうね」 【職場に持ってきてたバイブを見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は現在公立中学校に通う中学2年生ですが、友達からは"私が中学生に見えない"とよく言われるので、彼氏(結構年上)とデートしてても不自然じゃありません。
    もちろん付き合ってれば、それなりの体の関係もあります。
    私は今の彼氏に処女をあげました。
    ラブホに行き、ガチガチに緊張している私に彼は、
    「どうしたの?緊張してる?」
    と言って、服の上から胸を触ってきました。
    「うん………ちょっとだけ………」
    と答えると、
    「大丈夫。気持ち良くなるから」
    そう言うと、彼は私のパンツの中に手を入れて、クリを触ってきました。
    「ンっ!!アァァ………」
    「ほら、感じてきちゃうでしょ」
    そう言いつつ次は指を入れてきました。
    「ンンっ!!アァァ………ダ、メ………」
    私はこの状態でも、もういっちゃいそうでした。 【年上の彼氏にたくさんお仕置きされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    宮城県/淫乱女のEちゃん(10代)からの投稿
    ----
    これは私が彼氏とデートした時の話です。
    彼はSで私はかなりのドMなので、普段のエッチも主導権は私にはありません。
    ある日、彼がカバンの中から遠隔操作のバイブを取り出し、私にトイレで入れてくるよう命令してきました。
    早濡れの私のマンコはビチョビチョで、簡単にバイブを受け入れました。
    急いで彼の元へ戻ると、すぐさまスイッチを入れられ、私のマンコの中でバイブが大きく振動しています。
    スイッチが入るなり、私は
    「あんっ…」
    と声を出してしまい、彼はニヤニヤしながらスイッチを弱くしたり強くしたりします。
    インテリアの店へ行くと、誰も見えない陰で私のパンツに手を入れて
    「あーぁ、こんなに濡らしちゃって。変態なマンコだね」
    と言われ、私は恥ずかしいのと興奮で我慢ができませんでした。
    彼のアソコを見ると既に立っていたので、ホテルへ行きたいと伝えると駐車場でしようと言われ、私達は急いで車へ向かい、車内に乗り込もうとすると腕を掴まれ、なんと中には入らず車の脇でしようと言うのです。
    我慢の限界に達していた私は、パンツを脱ぎスカートを捲り、車に寄りかかる感じでM字に脚を開きました。 【バイブを入れたまま買い物をし、駐車場で…【エッチ体験談】】の続きを読む

    シオリさん(10代)からの投稿
    ----
    私は最近友達のエミに最高に気持ちくて恥ずかしいイタズラをされました。
    学校の昼休みにバイブを入れられたのです!
    エミに
    「トイレ行こっ」
    と言われたのでトイレに2人で行きました。
    するとエミは
    「シオリ(私)のおしっこみたい」
    と言いました。
    別にまんこを見られるのに抵抗はなかったので、個室に一緒に入れてあげました。
    おしっこの時、私はM字座りでまんこをガバッと開くのですが、おしっこが終わってトイレットペーパーでまんこを拭いていると、突然エミが豹変しました。
    私の脚を抑え、まんこを閉じれないようにしたのです。
    「え?なに?」
    と聞くと彼女はちっちゃめのバイブとビニールテープを取り出しました。 【学校の昼休みに女友達にバイブを入れられた【エッチ体験談】】の続きを読む

    山梨県/名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    農家に嫁いだ私の淫らな私生活を投稿したいと思います。
    結婚後、夫の母が亡くなって父親だけになった事もあり、私達夫婦は実家に入る事になったんです。
    夫の実家は農家で、田んぼを十数枚と畑を少し持っており、夫の父が1人でやり繰りしていました。
    夫(44歳)は公務員(県職)で忙しく、家の事を手伝う事が出来なかったので、私が代わりに炊事の合間を見て手伝う様になったんです。
    子供(1人:男)も生まれ、今では中学生になります。
    数年前には義父も70歳を超え、体調不良もあり農業は私がメインで行う様になっていました。
    30歳後半には夫は仕事も忙しく、夫婦の営みも無くなっていました。
    まだ30歳を過ぎたばかりの私の肉体は欲しくて堪らなかったのを覚えています。(他の人より性欲が強かったかも知れません)
    ある日、押入れの中を片付けていると、若き日に夫が買って使っていたバイブとローター、ローションなどが入った箱を見つけたんです。
    思わずバイブを握り締めながら、昔を思い出しムラムラしていました。
    そして私はズボンを脱ぎ、アソコにバイブを当てていたんです。
    それからと言うもの、私は暇を見つけてはバイブやローターでオナニーをする日々を送っていました。
    しかし、家の中には義父や子供もいたので、ビクビクしながら欲求を満足させていました。 【農家に嫁いでから1人でオナニーする毎日【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ