エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:アダルトグッズ

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした
    オヤジの事業は、オヤジが亡くなった時にすべて俺が引き継いだ。
    しかし、オヤジの私的な遺品を整理する気にはなれなかった。
    オヤジが死んで20年近く経って、最近ようやく整理する気になった。
    先祖代々土地もちの俺の自宅は広く、オヤジの部屋は7つもあるが、オヤジがいつも女をオモチャにする部屋にしか入ったことがなかった。
    初めて入ったオヤジの6畳ほどの広さの部屋は本棚で埋め尽くされていた。
    本棚にはビデオテープがびっしりと詰まっていた。
    タイトルのないビデオテープ。
    それはオヤジが借金を盾に、女たちをオモチャにした記録だった。
    その中にあった「ミホ」という女子大生の話をしよう。
    今、ビデオの中でミホはオヤジの部屋で天井の磔に吊り下げられて、股間のバイブの刺激に体をくねらせている。
    「お願い・・・・・・もうイカせて・・・・・・」
    「おねだりの言葉は教えたはずだ」 【義父から性的虐待を受けていた女子大生をレイプした【エッチ体験談】】の続きを読む

    嶺緒さん(10代)からの投稿
    ----
    前回の話:小学6年生の時に初めて痴漢に遭った
    とある試験を受けに他の市へ電車で向かっていました。
    遅れるより早く着く方がいいと思い、向こうに着けばいい時間の電車の時間よりも2時間早く家を出てしまいました。
    早すぎですよねw
    その時は、制服です。
    スカートは短めで少し薄めの生地。(少し透けている)
    夏なので薄い半袖の制服です。試験ですので、派手な格好はできません。
    見た目をよくするためにおとなしく見える状態にしました。
    耳下でツインテール。
    目が悪いので、メガネをしています。
    その日は休日でも夏休みでしたから満員電車で、私はギュウギュウと押しつぶされていました。
    そんな中、私は負けじと好きなアニメの小説を立って読んでいました。
    (人に押しつぶされててほとんど頭に内容が入ってこない) 【【痴漢】試験のために大人しい格好をしてたことが仇になった【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    前回の話:いつも援交していたJKが卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った
    天使すぎるJKと最後になるであろうセックスをしてからもう1ヶ月が経とうとしていた。
    もう3月の下旬になり、結菜は高校を卒業してしまったと思われる。
    無職だった俺はそろそろ仕事を探さないといけないと思っていた矢先に前の職場から連絡があった。
    もう一度会社に戻って来る気はないか?と社長から直々に言われ、俺は復職願いを出して4月から再び働き出すことになったのである。
    仕事も決まった俺が日々考えることといえば結菜のことばかりだった。
    「結菜・・・会いたいよ・・・」
    そんなある日、俺の携帯の着信音が鳴った。
    画面を見るとアドレスに登録されていない番号からの電話である。
    たまに運送屋が荷物の配達前に連絡してくることもあるが、何か届くような物があったかな?と思いながら電話に出てみた。
    俺「もしもし・・・」
    ??「・・・」
    俺「・・・もしもし?」 【援交で付き合っていたJKが、最後だからと自宅を訪ねてきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/アベッチさんからの投稿
    ----
    10年ぐらい前になるが、たまたま携帯のチャットで暇潰しのためよく遊んでいた時期に知り合ったミサという20歳半ばの女性がいた。
    グループチャットというので、そこにはいろいろな内容を話す人が多数いて、適当に集まり趣味からニュースネタまで好き勝手に話せたから暇潰しには最適だった。
    ある仲良くなったチャット仲間のよくいる部屋にミサがたまにいるのは知っていたが、ある週末夜中にエロの話題で盛り上がった時にミサの本性が出てきた。
    内容は旦那、奥さん、彼氏、彼女とのセックスについてとどこまで性癖を知る、知らせてるかなどかなり際どい話もした。
    たしか4~6人ぐらいがいたが、男は俺と常連のKさん女がミサとNちゃんが最初からいたと思う。
    他愛ないエロ話から盛り上がり、深夜には何人か顔見知りが出入りして更にDEEPな話になってきた時。
    Nちゃんがバツイチだが今は彼氏みたいなセフレがいるけど相性は良くない、とかKさんも結婚する予定の彼女が出来る前はかなり遊んでいてアナルしたな、とか話していたらミサが俺にいきなり話を振ってきてSだよねとか私は彼氏とセフレがいるが彼氏とはノーマルだがセフレとは露出や野外などのプレイしてる等々を話し始め、かなりミサは興奮していた。
    その時二人で話したいからとミサから2ショットに呼ばれ、行くと俺とテレフォンセックスしたいからといきなり言われ、今も弄りながら話していて我慢できないからと番号とメアドを教えられた。
    まずはイタズラかと疑うからメールしてどんな顔でどんなことしてるか写メ見せろと命令口調で送る。
    すぐに返信されて来たのは、井川遥に似た感じの顔とベッドに裸で胸と股間にローターを当てた写メと
    「私見られて命令されると感じるの・・・」
    という文字俺の顔写メを送り、セフレや彼氏は居ないのか?どんなことして欲しいか?を送ると
    すぐに 【チャットで知り合ったOLは変態どMの見せたがり【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(30代)からの投稿
    ----
    以前までは、通販で購入したア◯ブMサイズを、たま~になんですが恥ずかしがって嫌がる妻に使っていました。
    そんな中、サイトで知り合った某エッチ友達から白い◯根というディルドを強く薦められ、購入してしまいました。
    ちなみに白い◯根(細身でスマートな助教授M)にしようと思っていましたが、品切れでエッチ友達さんと盛り上がってしまって歯止めの効かなくなった私は、白い◯根(カリ太自慢の教授L)を購入してしまいました。
    商品が届き手にしてみると、誰が見てもア◯ブMと白い◯根Lとではとてもとても比べられるサイズではなく、注文を失敗したと思っていました。
    「これじゃあとても入らない・・・」
    妻には握らせてエッチな気分にさせたり、胸やお尻やアソコに擦りつけたりして気持ちを高ぶらせる為に使おうと思いました。
    おもちゃのリアルさだったり、エグさだったりを嫌う妻ですので、部屋を真っ暗にして新しくおもちゃを購入しちゃったと説明。
    もちろん、もったいないと怒られましたが、
    「どこで買ったの?」
    「どんなの?」
    「それ使ってどうしたいの?」
    って妻のちょっとしたSっ気やエッチな部分が・・・。
    でも、同時に全く拒否しているわけでもないと悟り、イタズラ程度に使うことを決めました。 【恥ずかしがって嫌がる妻に先日購入した極太ディルドを使用してみました【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    実家暮らしで普段家には誰かいることが多いのですが、偶然にもその日は私一人でした。
    母は夕方から高校生の弟の面談に出掛けて行ったので、帰りは夜19時頃になると言っており、父も出張だったので、大学が終わって帰宅した私はちょっと解放的になっていました。
    住んでいた家は昔ながらの平屋で、声とか音とかあまり出せないから普段できないことをしようと思いました。
    そして、ずっと使ってみたかったディルドを出してきました。
    お湯でディルドを温めているときから、色々エッチな出来事思い出してしまったのです。
    電車で痴漢されたこととか、片思いの男子にじっと胸元見られてたこととか、そんな些細なことで濡れてきちゃって。
    横になり、パンツの上から指先でおまんこの入り口を何度も刺激しました。
    気持ちよくなってきたとこで、インターホンが鳴ったのですが、夢中になっちゃっていて無視して続けました。
    もうヌルヌルがすごくて、パンツの隙間から指を滑りこませると、穴の中にスルンと指が入っちゃって、我慢できなくなってパンツも脱いで温めたディルドを持ってきて股を開いていざ挿入。
    ゆっくりディルドの亀頭を自分の入り口に押し付けると、ヌルヌルすぎたのか、すんなりニュルンと咥えこんでしまいました。
    温かいし、あまりの気持ちよさに声が出ちゃいましたが、さらに深く挿入して出し入れしてるとさらに気持ちよくなって出し入れのスピードも上がってきました。
    好きな男子に突かれていることを妄想して男子の名前を夢中で呼んでいました。
    いきそうな寸前で止めて、一度騎乗位の体勢に変えようとして起き上がると、なんと窓の外に男性が立っていました。 【父の部下の若い男性社員にディルドでオナニーしてるところを見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私のバッグの中にいた「小さな妖精」。
    毎年、慰労会を兼ねて会社の創立記念式典が泊まり込みで開催されます。
    創立記念日は会社が完全休日となりますので、否応なしに前日の夜に近くの温泉郷にあるリゾートホテルに行きます。
    費用は全額会社持ちで、翌日の創立記念日は会社指示の休暇なので「有給」となりました。
    そうしないと工場など二交代勤務の社員なども参加できないので、個人商店が有限会社を経て株式会社に組織変更した時から、こういうシステムになったのです。
    元々が個人商店なので創立者一族が力を持っていて、全員参加を強制させていたのです。
    強制参加とは言うものの、前年末に翌年の行事やスケジュールを書き込んだ社内カレンダーも全社員に配布されてましたし、新卒社員や中途入社した社員にも新入社員教育で告知しているから、参加が無理ということもなく、社員も楽しみにしていました。
    私は短大を卒業して入社3年目のOLです。
    良くも悪くも会社にも慣れた頃でした。
    私もようやく将来を共に考えてもいいかな~って思える男子と出会い、青春を謳歌していた(悪く言うと、ヤリまくっていた)頃でした。
    その年は創立記念日が土曜日で金曜日の夕方からホテルに入り、式典から宴会という流れでした。
    式典と言っても創立者一族が会長職の祖母ちゃん、社長の次男、専務の三男が短い感謝の言葉と長い創立の苦労を述べた後、そのまま宴会に入って行きます。
    私は金曜日の夜に彼氏に会えなくなるので、木曜日に彼氏のアパートに泊まり、そのまま出社していました。 【バイブとか色々入れてたバッグを置き忘れた結果【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    高校の頃の話。
    学校の帰り、電車で座るところが無く、混雑していたので私は電車のトイレに入って時間を過ごそうと思いました。
    テスト前でどうしても本を読む場所が欲しかったので・・・。
    しばらくすると女性の方が入ってきたので、出ようとすると
    「タバコを吸おうと思っただけだから、勉強してていいよ」
    と言ってくれたので、そのままトイレで勉強していました。
    でも、なんか嫌な間があったりするから、そのお姉さんと話したりしているうちに私の身体に触ってきました。
    「高校生?肌がこんなにツルツルだね・・・」
    と、私の太ももをずっと撫でたり胸をタッチしたり・・。
    私はだんだん怖くなってきたけど、彼女の話に頷いたりしていました。
    すると、突然キスしてきたのです。
    「可愛い・・・キスした事ある?」
    と言いながら舌を入れたり唇を吸ったり・・・私は緊張して固まってしまいました。 【帰宅ラッシュで大変だったから電車内のトイレでやり過ごそうとした【エッチ体験談】】の続きを読む

    女房が浮気しやがった。
    携帯もほとんど使っていないようだったし、2才になった息子の世話で忙しくて、そんな暇など何処にもないと思っていたのに。
    それは俺専用のノートPCが壊れてしまった事から始まった。
    久し振りに家のPCを触ったら、何とそこには男とのラブメール。
    確かにここ一年ほどは自分のPCばかりで、家のPCなど触った事もなかったから油断していたのかも知れないが、こんなフォルダまで作って後生大事に保存しやがって。
    俺を舐めとんのか!
    せめて見つからないように、もっと複雑に隠せ。
    『女友達』というフォルダを開けると、中には見覚えのある男の名前がずらり。
    道理であまり携帯を触っていないはずだ。
    (食事ぐらい付き合ってよ。何でもご馳走するから)
    (何度言ったら分かるの?結婚前とは違って、私には主人も子供もいるのよ)
    (結婚する前だって彼がいたのに、食事は付き合ってくれたじゃない)
    これはまだ良い方で、もっと露骨な奴もいる。
    (エッチさせてよ。毎日送り迎えをして、ご褒美にキスさせてくれた時「今度ね」と言っておいて、もう7年も経つぞ)
    (昔の事は忘れたわ。そんな事ばかり言っていると、もうメールしない) 【自慢の妻が、ハゲオヤジと浮気していた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私はとある総合ビルの警備員をしている。
    事務所は2階にあり、他には美容院・ブティック・英会話教室・商社などが入っている。
    ある晩、1時頃の事だ。
    事務所で待機していると、1つの部屋の火災ランプが点滅している。
    慌てて7階に駆け上がると、そこはアロマエステだ。
    ドアをガチャガチャさせ
    「誰かいますか?」
    と声を掛けたが当然こんな時間だ、返事はない。
    もちろん無灯で、緊急事態か誤作動か分からないが、仕方なく合鍵で中に入ると奥に進んでいった。
    何だか蒸気でムワッとしている。
    (これでランプが点いたんだな・・・)
    元となっていると思われるのは、簡易式のユニットシャワールームだ。
    (もしや人がいるのか?) 【【口止め】内緒にしてもらう代わりに何でもしますと言った美人エステスタッフ【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ