エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    タグ:お泊まり

    名無しさんからの投稿
    ----
    とびきり美人ではないが、パッと見は清純な顔立ち。
    とはいえ、別に俺は彼女に近づくわけでもなく、高校時代はなにもなく過ぎ去った。
    卒業後は同じ大学に進んだが、学部が違ったので基本的に会う事はなかった。
    しかし、2年生のある日、たまたま学食で彼女にばったり出会う。
    軽く話をして、お互いポケベル(そんな時代だ)を交換して別れた。
    その後、そんなに頻繁にベルしてたわけではないが、何かがキッカケで彼女が俺の家にきて晩ご飯を作ってくれる事になった。
    当時の俺は他の女の子に叶わぬ片想いをしていて、人恋しい状態だった。
    下心がなかったと言えば嘘だったかもしれない。
    大学生から始めた独り暮らし、初めて女の子と自分の家で2人きりになる。
    でも、彼女は実家暮らしだ。
    しかも高校時代、彼女には彼氏がいた。
    家に来たって別に泊まっていくわけじゃないだろうし、何もないだろうと、変な期待は押し殺していた。
    当日、彼女は約束通り家にきて、肉じゃがを作ってくれた。 【【初フェラ】ぱっと見清純な顔をしてる女友達が口で抜いてくれた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    就活中に会った彼氏持ちの堀北真希似の女とやった話。
    説明会で席が隣になって適当に話してたら一緒に帰る事になったのがキッカケ。
    帰りの電車で彼氏がいる事を聞いた。
    だがアドレスはゲットして、後日仲良くなった記念に飯を食いに行く約束をした。
    飯を適当に食ってたら終電が無くなってしまったので、仕方なく家に泊めた。
    ベッドを貸したんだが、寒くて寝られないって言って同じベッドで寝る事に。
    真希はめちゃくちゃ恥ずかしがっていたし、彼氏がいるのでやたら
    「ダメです・・・ダメです・・・」
    と呟いていて可愛かった。
    男女が同じベッドで寝てたら当然間違いは起こるわけで、俺は真希の体をつついたり首筋を舐めたりした。
    「えっ!?はぁんっ!ダメですっ!」
    とか言っていたがもちろんやめない。
    顎を持って無理やりキスすると最初は口を閉じていたが、時間が経つと向こうも舌を入れてきた。 【【寝取り】堀北真希に似た彼氏持ちの女と就活中に知り合った【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    メル友とエッチした時の話書いていいですか?
    ちょうどPCを買ったばかりで、メールがしたくてメル友募集掲示板に書き込みをしたのはもう5年くらい前になります。
    何人もの人からメールが来たから正直びっくりしました。
    その中にいたのがK君。
    同じ大学生だったから話が合って、数ヶ月メール交換していました。
    何ヶ月目だったか忘れたけど、突然K君が
    「会ってみたい」
    と言い出しました。
    メールの内容はエロ話一切なしだったし、まだウブだったのでエロい事になるなんて想像もせずに一緒に映画に行く約束をしました。
    K君は私が断らなかった事を凄く驚いていたみたい。
    待ち合わせの日、凄く緊張したけどK君が凄く格好良くてびっくり。
    ラッキーと思いながら、一緒に映画を見て居酒屋へ。
    もう終電の時間になってしまって帰ろうという話をしていたら、K君がもっと飲みたいと。 【5年くらい前に、メールがしたくてメル友募集掲示板に書き込みした【エッチ体験談】】の続きを読む

    たかさん(30代)からの投稿
    ----
    大学受験前夜、俺は姉のベッドに寝ていた。
    一人ではない。
    隣には寝息を立てる姉がピンクのパジャマ姿で寝ている。
    仰向けに寝る姉に向き直ると、ひんやりとした姉の左手の甲に俺の熱棒の切っ先が触れた。
    姉は優しい寝息を立て続けている。
    色白で透き通るような姉の横顔は薄明かりの中、ぼんやりと自身が輝いているようにさえ見える。
    恐る恐る姉の左手首を手に取ると、切っ先から溢れるカウパーが姉の甲を撫でるように濡らした。
    そしてダラっとしなだれるその冷たい指先を、脈打つ俺の肉棒に絡ませた。
    ・・・・
    俺は都内の大学を受験するにあたって、すでに親元を離れ都内の大学に通っていた姉の部屋を拠点とすることになった。
    受験前日、空港で姉と落ち合った。
    姉は2年の都会生活ですっかり垢抜けていて、そして人混みに揉まれビクついている俺を朗らかに迎えてくれた。
    姉は俺に合わせて地元の方言丸出しで気さくに話しかけてくれたが、当時の俺は訛りを見知らぬ周りの人に聞かれることすら恥ずかしくて、返事するのもやっと・・・という体たらくだった。 【受験前日、寝たふりを続ける姉に素股して射精【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    夏って事で思い出した。
    中1の夏休み、従妹(当時小6)の家に1人で泊まりに行った時の話。
    従妹が自由研究で川に水生昆虫取りに行き、俺は釣りしに付いていった。
    当時は女子の体に興味深々だったし、オナニーしまくりだったから従妹もそういう目で見てしまっていた。
    その時の従妹は薄い格好(Tシャツ+ミニスカート)だったからパンチラ見放題だし、色々透けてたもんだから釣りどころじゃなかった。
    パンツの柄は今でも覚えてる、白地に星が飛んでいるのだった。
    採集も終わったようで帰る事にした。
    どこか寄っていこうかと思ったけど、従妹はすぐに帰ろうと言うのでまっすぐ帰った。
    家に着くと従妹は走ってトイレに向かった。
    築30年以上の家だったし、音消しなんて知らないようで、じょぼぼぼ、という音が響いた。
    一足早く冷房のある部屋で涼んでいると従妹も来た。
    疲れたらしく、眠り始めたのでイタズラ心が湧いた。
    脚の間からスカートの中を覗くと明らかに白じゃない。 【中1の夏休み中に小6の従妹の家に泊まりいった時の話【エッチ体験談】】の続きを読む

    秋田県/名無しさん(20代)からの投稿
    ----
    大学時代にバイト先にいた夏美さん。
    清楚で細身、新垣結衣に似た美人でした。
    バイト先でも人気があり、先輩も誘っては断られていた。
    色白で新垣結衣に似てるし、俺も夏美さんが好きでした。
    なかなか誘えず、俺も唯一の楽しみは駅まで二人きりになれる事。
    楽しかったなぁ。
    ある時連絡先を聞いたら教えてくれ、たまにメールはしていました。
    もっと二人きりになりたいと思うのは男なら当たり前。
    しかし映画に誘ったら断られ、気にしないふりをしながらも過ごしていました。
    それから二ヶ月位か、俺は夏美さんと駅まで一緒に帰っていった。
    夜になり、二人で歩いてたら突然
    「ねぇ、映画見ようか」
    と誘われた。 【バイト先にいた大好きだったお姉さんの正体【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    中高一貫の男子校育ちだった僕は、文化祭で来てた他校の女の子に声をかけられ、その後ちょいちょい遊ぶようになって付き合う事に。
    (今思うとその女の子はビッチっぽい)。
    ある日、僕がバイト終わって
    「家まで帰るのだりー」
    と言ってたら、
    「ならうち泊まってく?誰もいないし」
    的な事を言われ、内心すげードキドキしながらも
    「サンキュー。そうしていい?助かるわー」
    などと精一杯クールを装ったww
    当時僕高2、ビッチ高1で、僕は童貞どころか女の子と付き合うのすら初めての事でしたww
    全ての事柄が新鮮に感じられて、2人で歩いている途中人気のないとこで突然チューとかされてびっくりしたり・・・。
    で、ビッチの部屋入って宿題を見てあげたりしながら飯食ったりテレビ見たりして、寝よう!ってことで2人でベッドに入るわけです。
    まぁ当然ワクワクドキドキして寝れるはずない僕は、とりあえずひたすらベロチューから入りました。 【文化祭で知り合ったビッチ彼女と初めてのお泊まり【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私の20年ほど前の経験。
    相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。
    かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」で喋る、まさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。
    彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。
    俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女をよく知っており、それで話をする事が出来た。
    何でも彼女の親父さんが退職し、リゾート地に引っ越すとかで、彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、一緒に行くのか1人で残るのかの選択を迫られていた。
    彼女は身長約165cm、サイズは上から85・60・90ぐらいで、物凄いグラマーだった。
    その上、目の遣りどころがないほどの爆乳。
    恐らくEからFカップぐらいだろうか。
    やはり裕福な家に生まれると食生活が恵まれているのか、とても発育がいいようだ。
    その日の彼女は夏の初めだった事もあり、薄水色にプリントの柄が涼しげなワンピースを着ており、身体の線はそれほど強調されてはいなかった。
    しかし、ちょっと気をつけてみれば彼女の肢体がいかに成熟しているかは隠せるはずもなかった。
    特に胸の辺りは、ワンピースがパッツンパッツンに張っているのが見て取れた。 【夕食会で知り合った副社長令嬢の娘がグラマーで爆乳だった【エッチ体験談】】の続きを読む

    HHさん(20代)からの投稿
    ----
    ついさっき、お風呂を覗き見した。
    オレは一軒家で一人暮らしをしている。
    空いている部屋もあるので、お盆の帰省で大学の同期で集まった。
    同窓会みたくみんなで集まり、県外から来ている女友達のマキはそのままうちに泊まることになっていた。
    ちなみにマキとは体の関係は一切ない。
    みんなが帰った後、片づけをしながらオレは風呂の用意をした。
    「オレ、先に入ってくるよ」
    とマキに言って、先に入浴を済ませた。
    マキは胸はBくらいしかないが、体は細身でお尻の形はオレの好みだった。
    服の上からだいたいの想像はつくが、オッパイは小さくても生で裸は見てみたい。
    一人でバスタブに浸かっていると、そういう欲求が出てきた。
    マキが入浴中に決行しようと作戦を立てた。
    幸い、夏なので窓は開いても不自然ではない。 【泊まりにきた女友達のお風呂をじっくり鑑賞した【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさん(40代)からの投稿
    ----
    今から10年以上も前の話。
    当時、仕事の関係で田舎に転勤した。
    事務所はあるが、俺1人だけで営業をしていた。(言っとくが左遷された訳ではない)
    事務所の近くに大学があり、俺が住んでいた1Kのアパートも殆どが大学生だった。
    帰るのは毎日夜中の1時2時で、今考えれば良く働いていたと思う。(どーでも良いが)
    夏のある日、この日も遅くなりアパートに帰ると、バスタオル1枚でドアの前をウロウロしている女の子がいた。
    初めは???だったが、近付き
    「どうしたの?」
    と声を掛けると
    「お風呂のお湯が出なくなって…」
    と恥ずかしそうに答えた。
    どうやらお隣さんで、ドアの横にあるガスのスイッチを見に出てきたらしい。
    俺も専門ではないので 【バスタオル1枚でドアの前をウロウロしてた女の子【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ