小学6年生だった頃の話。
俺には4つ上の姉貴がいる。
ある晩俺は全然寝れ無くって隣の姉貴の部屋に漫画を借りにいった。
そしたら姉貴、凄い露出度の高い格好でスースー寝てやがった。
その頃、姓に興味津々だった俺は、何故か迷わず姉貴の胸を揉みまくってた。
そのまま揉みながらてっきり寝てるもんだと思ってた姉貴の顔をチラッと見た。
したら姉貴、口ポカーンと開けたまま俺の顔をガン見してた。
俺がそのままフリーズしてたら手首掴まれて、真顔で
「ねぇなんでっ??」
て何度も問われた。
そのまましばらくフリーズと
「ねぇなんとか言いなよっ」
の繰り返し。
やっとこさ俺の口から出た言葉は
「んごごごっごめごめごごめん!!」 【寝てた姉のおっぱい揉んだら起きてた【エッチ体験談】】の続きを読む