エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 高校生のエッチな体験談

    東京都/アリクイさん(40代)からの投稿
    ----
    もう随分前、工房の頃だが半年ほど痴漢にはまっていたことがある。
    3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、学校には週に一度行くだけで、よく暇をもてあましていた。
    かといって彼女もおらず、童貞をいい感じにこじらせていたため、思い至ったのが痴漢というわけだ。
    ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のような過激な行為を行えたわけでもないが、一番印象に残っているものを報告しようと思う。
    その日も俺は関西の某くいだおれ府の地下鉄の駅にいた。
    朝の通勤時間帯、ホームにはやばいくらい人があふれている。
    列車待ちの列に目を走らせ、獲物を物色する。
    この頃には、自分のタイプの女・可愛くて若い子を探せばいいわけではない、ということに俺は気づいていた。
    実際に痴漢をするには、列車の込み具合とポジショニングが重要である。
    俺は、T駅での乗り換えに便利なため特に混雑がひどい中ほどの車両の列に並んでいる女を重点的にチェックする。
    すると、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった。
    列の後ろにいる獲物は乗車時にドア付近に乗ることになり、痴漢がやりやすくなる。
    その女は黒のスーツを着ており、髪はボブ、年は22-3ってとこだろう。 【高校生の頃、痴漢にハマっていた時期があった【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/名無し男さん(10代)からの投稿
    ----
    夏と言えば怪談ですが、俺の身近な怪談の真相にこんな事がありました。
    俺が通っていた高校では、ある時期から突然こんな噂が立った。
    『時々夜の音楽室から女性のうめき声が聞こえる』
    俺は理系だから、その手の話を信じない。
    真相を確かめてやろうと思い、一人で三夜連続で夜の音楽室に張り込んだ。
    高価な楽器がある音楽室は放課後に施錠されるが、その前に部屋の物入れに隠れた。
    それを3日続けた3日目の夜。
    その晩はなかなか施錠されず、おかしいなと思っていると、気づけば部屋に誰か居る気配がした。
    俺は一瞬背筋が凍った。
    まさか本当に霊が居るのか。
    恐る恐る物入れのドアをスライドして覗くと、そこには男女が2人居た。
    初めは薄暗くてよく見えなかったが、目が慣れてきた頃に気づく。
    男性体育教師の武田と女性音楽教師の伊藤晴香先生だった。 【学校の怪談の真相が、衝撃的なエロい事実だった【エッチ体験談】】の続きを読む

    東京都/美奈さん(20代)からの投稿
    ----
    高1の頃のことです。
    あたしはとある私立の女子高の吹奏楽部に所属し、フルートを担当していました。
    あまり目立たない方で、クラスでは保健委員をしていました。
    市が主催する秋の演奏会に向けて連日練習を重ねていたある日、委員会で遅くなり、急いで部室に向かうとなぜかそこには絵美先輩お一人しかいませんでした。
    絵美先輩は2年生で落ち着きのある優しい先輩で、あたしの憧れの方です。
    同じフルートを担当していたので仲良くしていただいており、頼れる理想の先輩です。
    「あれ?絵美先輩お一人ですか?」
    と言うと
    「うん、コーチ(付属の大学生)の都合で今日は中止になったのよ」
    「そうなんですかぁ」
    ということは、部室には今二人だけだということです。
    「陽子ちゃん(あたしのクラスメートで同じ吹奏楽部員です)に、美奈ちゃんが委員会で遅くなりそうだと聞いていたから待っていたのよ」
    「すみませんでした」 【【女子高】吹奏楽部での絵美先輩との想い出【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    私がイジメに遭ってた時に弟を巻き込んだ話です。
    私が高校二年生(♀)、弟が高校一年生の時です。
    私が住む地域では高校が近くに一校しかなく、近所の高校生は殆ど同じ高校に通っていました。
    その高校は通学区が広い為、色々な地域や方面から自転車やバスなどで通う生徒も多く、クラスメート以外では見知らぬ生徒も少なくありませんでした。
    私は5月生まれ、弟は3月生まれでだいたい2歳違いになりますが、学年でいうと1学年違うだけの「年子」の関係でした。
    私は勉強が好きで将来は高校か中学の教師を目指していて、弟は体育の教官に憧れ、目標にしていました。
    私は真面目にしていたつもりですが、中には気に入らない生徒もいたみたいで、生徒会の副会長だった私に無理難題を吹っ掛けてくる生徒たちもいました。
    ある日、私は無理難題グループに図書保管室に呼び出されました。
    そこは高校の中で最も治安が悪い、人の目につかない場所でした。
    私たち生徒会役員は、そういう危険な場所を無くして安心して高校生活を送れる活動をしていました。
    図書保管室は不良たちの溜まり場になっていて、タバコを吸う為の喫煙室や授業をサボって寝てる仮眠室みたいな場所になっていたのです。
    この活動の広報担当が私だったのですが、役割は生徒会や生徒集会でアナウンスするだけだったんで引き受けたんですが、生徒的には私が中心となって活動していると思った生徒も多くいました。
    不良たちは今まで使っていた溜まり場が私のせいで無くなると思い、脅しの為に私を呼び出したのです。 【ヤンキー達に脅され、弟と無理やり関係させられた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    高校1年の終わりの頃の話。
    僕には付き合って1年になろうかという彼女(優菜)がいた。
    優菜はショートカットで、佐々木希似の大人しめの子だった。
    優菜と僕の馴れ初めは、同じ電車に乗るということから僕が片思いをして告白した。
    優菜は快くOKしてくれた。
    それからはどこにでもいる高校生カップルだった。
    一緒に帰ったりデートしたり、何気ない日常だったがそれで十分だった。
    しかし、夏休みが近づいてきた7月の始め、いつもならデートの約束断るはずがない優菜が
    「今日は用事があるから無理」
    と言ってきた。
    普通なら理由を聞いてもいいのだが、不快な思いをされることを嫌ってあえて聞かなかった。
    それからちょくちょくそういう日が増えて行った。
    学校では今までと変わらなかったが、デートの約束をしても最近始めたバイトがあるからと断られてしまう。 【彼女がヤンキーの先輩の手にかかってビッチにされた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    高校の時の体験です。
    僕の女友達の玲奈という子は男子とよくつるんでました。
    玲奈は顔は美形で声も高く、まさに女子の声。
    さらに誰もが理想とするようなボンキュッボンで、髪もキレイなストレートのクラス一と思われる美少女でした。
    しかし、外見とは裏腹に昼休みは外で遊び、暑いときは長い靴下を下げてキレイな足を露出する不思議な子でした。
    そんな彼女は別にレズとかではないようです。
    「彼氏欲しい~」
    なども言ってましたし、男っぽいとはいえセミロングのキレイな髪も切ることはありませんでした。
    そんなある日、僕は玲奈の家に行きました。
    付き合ってるわけでもなく、あくまで友達同士の遊び。
    玲奈の部屋は実に不思議な部屋でした。
    サッカーボールとたくさんのオシャレなバッグが一緒においてあったり・・・。
    ほとんどの会話が男子と喋ってるようでした(声以外) 【同級生の女の子とエッチな習字とか色々やってみた【エッチ体験談】】の続きを読む

    アリサさん(10代)からの投稿
    ----
    私が高2の時の話です。
    修学旅行で私(アリサ)はマヤという子と2人部屋でした。
    最終日の夜23時頃、私たちの部屋にO君という男子が一人で来ました。
    彼は部屋のメンバーがみんな寝て、退屈だったのでこっそり脱け出してきたようです。
    私たちの部屋に来た理由は、ノリがいい、2人とも可愛いなどと言ってました。
    マヤはクラス一に違いない可愛さです。
    私は自信はなかったけど結構可愛いと言われる感じでした。
    さて、O君はベッドに座るマヤの背後に行き、Tシャツの上からおっぱいに触りました。
    「やめてよ・・・」
    と言うのも気にせず、柔らかく触り続けます。
    「ダメって、もう・・・」
    と口で反抗しても、顔が徐々にほころんでいってました。
    「マヤ、アリサ、夜だし・・・脱ご」 【修学旅行の夜、私たちの部屋に男子が1人やってきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    高校に入学して、同じクラスにすごく格好良い人がいました。
    背が高くてスポーツ万能、優しくて勉強も出来て、顔もきりっと整っていて格好いいんです。
    もちろん中学校の頃からモテモテだったようですが、高校に入ってさらに磨きをかけてモテていました。
    当然、私も好意を抱いていました。
    実は私もよく告白される方で、高校に入ってからすぐに何人かの人に「付き合ってくれ」って言われました。
    その度に「好きな人がいるから」と断ってきました。
    もちろん、好きな人とはその彼です。
    彼とは同じクラスだったので、知らず知らずのうちに仲良くなっていました。
    いつのまにか下の名前で呼び合うようになり、友達以上の関係になっていました。
    友達からは、
    「付き合ってるの?」
    とよく聞かれました。
    「ううん、全然そんなんじゃないよ」 【【ハプニング】すごくモテるクラスメートに告白されて幸せだったけど【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    夏休みが終わる3日前、高1の俺は宿題の山に苦戦していた。
    で、何気なくマミ(仮名♀)にメール送ってみた。
    俺「宿題終わった?俺かなりヤバイんだけど…」
    マ「私も数学くらいしか終わってないよぉ~どうしよ…」
    ちょうど数学だけ全然進んでなかった俺は助かった!と思って
    俺「え、数学終わってんの!?明日借りにいってもいい?」
    マ「空欄ばっかりだよ?それでいいなら貸すケド?」
    俺「いや全然いいよ!助かる!」
    マ「あ~じゃぁそっちも何か貸してくれる?」
    どれも貸せるほどしっかりやってないけど、とりあえず英語だけは終わってたから
    俺「英語しか終わってないけど…」
    マ「あ!ウチ英語終わってない!」
    俺「じゃぁ英語持ってくよ。何時頃に行けばいい?」 【7年間好きだった子が夏休みに勉強しに家にきた【エッチ体験談】】の続きを読む

    名無しさんからの投稿
    ----
    僕はカラオケ店でバイトしています。
    ある日、15時でバイトが終わる事になっていたのですが、終わる間際に注文が入ったので部屋にドリンクを持っていくと、2人組の女子高生がいました。
    2人ともどちらかというと清純なタイプで可愛い子でしたが、そのうちの1人が特に可愛く、制服のミニスカートから見える綺麗な色白の太股が堪りませんでした。
    ちょっと我慢出来なくなってしまい、ついつい声をかけてしまいました。
    バイトが終わるとすぐに2人がいる部屋に行き、その後はしばらく一緒に加わってカラオケを楽しみました。
    2人の名前は優希ちゃんと直子ちゃんで、僕がタイプの子は優希ちゃんです。
    2人とも高校2年生の17歳でした。
    歌っている最中に気がついたのですが、どうも優希ちゃんはあまりカラオケ慣れしていないらしく、結構音を外します(笑)
    その後、3人で点数勝負をしたのですが、やはり最下位は優希ちゃんでした。
    僕はふざけて最下位の優希ちゃんに罰ゲームとして、駅で皆にパンツ見せてほしいと頼みました。
    2人ともこの類の話にはあまり抵抗がないらしく、2人は僕の要求が冗談だと思い込んで笑っていました。
    しかし僕は本気です。
    とりあえず店を出て、直子ちゃんは違う電車で帰るみたいだったので見送り、僕は優希ちゃんと一緒に駅まで行きました。 【仲良くなったJKに駅構内でアソコを露出させる罰ゲームをやらせた【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ