エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 職場でのエッチな体験談

    前置きが長いのと、性描写が下手なのはゆるしてくださいまし。
    一応実話っていうか、俺の記録です。

     いまから4年前の春の話。とある中東諸国の会社との商談のため、俺の会社と子会社からチームを組んで海外出張に行くことになった。
     この仕事は1年間も残業に残業を重ねて積み上げた仕事。もし次の出張で契約がまとまれば、赤字気味の会社も好転するってもんだ。
     チームは全部で6人。リーダーは常務。そして語学だけが取り柄の部長。俺(伊藤)は常務の鞄持ち兼プレゼンター。子会社からは、やり手のA専務。紅一点で俺の仕事上のカウンターパートのB主任(慶子)。そして通訳役のC君。
     出張2週間前、チームの顔合わせということで、俺の会社でプレゼンと書類のチェックが行われた。日頃B主任(慶子)と打ち合わせているので想定される質問までみっちり打合せ、書類も事前に配布して赤ペンを入れてもらっているので加筆訂正箇所のチェックを行い、午後7時頃解散となった。全員が集まるのは初めてだし、うちの常務が「第2次打合会を行う。」と発案して、夕食をみんなでとることになった。常務が「伊藤、店はここな。」と開いた手帳を俺に示した。店に予約を入れ、ワゴンタクシーを会社に呼んだ。
     向かった店は、洋食なんだけど、掘り炬燵形式のお店。一応招待した側の人間なんで、一番の末席に座る。常務が一番奥に座ったので、座る位置はみんな暗黙のうちに自然に決まる。慶子は俺の隣。
     「みんなまずはビールだよな。」といい、ビールを頼んだ後に、常務がぽんぽんとメニューを決めていく。
     慶子とは仕事上の関係では接点はあったが、私語を交わしたことはほとんどなかった。店の中でも、俺は「出発まで、もう少しですね。チェックを入れられたところは、明日手直しをして、メールで送りますね。」なんて仕事場の延長みたいな会話をしてた。
     常務と専務ばかりがしゃべり続けている。ビールが来て、取り敢えず乾杯。
     ビールのあとにお通しがきた。「済みませんけど回してくださ〜い。」と店員。6つの小鉢が俺の前に置かれる。「そっち、回して頂戴。」と俺。子会社の専務に手を伸ばす。俺の右腕が慶子の顔の真ん前。俺が身を乗り出したために、ネクタイが皿に乗る。慶子は「ネクタイが…。」といいながら左手でネクタイをどけようとする。X攻撃みたい。
     慶子の顔が俺の腕にぶつかった。「伊藤さん、ごめんなさい…。」慶子が謝る。「あ、こっちこそ。」ワイシャツの腕にはほんのりとファンデーション。

     常務と子会社の専務の話はいつもマシンガントーク。俺の些細な事件なんて何もなかったに等しい。 【仕事のパートナー慶子が初体験【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は当時27歳でバツイチで子供が二人。
    名前は小夜といいます。
    約10年前の会社の上司との不倫の話です。
    始まりは会社の飲み会でした。
    日頃から好意を持っていた課長の傍から私は離れず二次会も課長について行きました。
    メンバーは課長と補佐と私の三人。
    スナックでしばらく和気あいあいと呑んでいましたが、補佐はスナックのママのいるカウンターでカラオケを唄いだしたので課長が
    「踊るか?」
    と誘いかけてきたのでこくりと頷きチークを踊り始めました。
    課長は私の腰に手を回し、私は課長の首に手を回してわざと課長の下半身に私の下半身をぴったりとくっつけて課長の下半身の反応を服越しに感じ取りました。
    課長のそこはカチカチに硬くなっていました。
    私はまたわざと課長の目を見つめると課長は優しくキスをしてきました。
    始めはフレンチに軽く唇に触れるだけでしたが、しばらくするとお酒の力も借りてか、かなり大胆に今度は舌を絡めながらのキスに私も濡れ濡れで、
    「今夜は帰りたくない」
    と耳打ちしました。 【日頃から好意を抱いていた上司との不倫話【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    ベッドに押し倒すと、俺も服を脱ぎながら、早希の身体を撫でていった。

    どこか弱点だったかなんて憶えていなかったけど、どこを触ってもぴくっぴくっと身体を小さく振るわせていた。

    一回前戯でいかしとこうと、クリを指と舌で執拗に責めた。
    早希は最初は苦しそうに歯を食いしばって我慢してたけど、

    「・・・・・・っはぁ!」と息を吐くのと同時に
    「う・・・っくぅ・・・あ・・・はぁ・・・だ・・・め・・・」
    と、早希の股間に埋めていた俺の頭をぎゅっと抑えてきた。

    髪痛えと思いながらも無言でクリ責めを続行。
    クリはすぐに硬くなり、ピンと勃起した。 【偶然同じ会社に入社してきた女 続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    10 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/02/14(土) 00:18:58 ID:1GN95OZP0 [1/2]
    5年ぐらい前までおれの部屋の隣に住んでいた。年は当時20代半ばぐらいかもう少し上でも30はいってないと思う。背は160ぐらいで中肉中背でそんな派手な感じもなく平均的なOLて感じの子だった。うちのマンション風呂場が廊下側に有り、そこの窓もついている。そこで見たかおりさんの痴態は
    【【となりのお姉さん】セックス中の腰使いを拝見しますた【丸見え】【エッチ体験談】】の続きを読む

    243 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/09(火) 16:27:27 ID:+0X88vZc0
    去年の夏、引越しようと思って、アー○引越しセンターに見積り頼んだら、若い女性社員がきた。むちむちしたボディーで、お尻やおっぱいも大きく、「ひょっとしたら枕かも?」と期待を抱きつつ部屋の中を案内する。
    【引越しセンターの枕営業最高すぎるんだがww【エッチ体験談】】の続きを読む

    420:えっちな18禁さん[sage]:2013/04/19(金) 10:42:27.22 ID:VZEOhrbT0
    昨日職場にいたのは、
    俺とバイトのゆきちゃん(21歳)とY介(19歳)の3人。
    仕事が終わって片づけをしてる時に、
    ゆきちゃんが前屈みになって、机の上で書き物をしてた。
    「これは!」と思って急いで向かい側に回ると、
    白ブラと豊かなおっぱいの谷間が丸見え。

    しばらく堪能した後、
    「ここはこういうふうに書いた方がいいんじゃない?」
    とアドバイス。
    ゆきちゃんは
    「なるほど~。さすがですね!」
    と言って、書いたものを消しゴムで消しはじめた。
    その動作に合わせて、小刻みに揺れるおっぱい。
    ブラが浮いて乳首がちらちら見えた。 そのときに、
    「何やってんの~?」
    と、ゆきちゃんの左横に膝立ちになって、
    のんきに会話に参加してくるY介。奴の右手にはデジカメ。
    それをスカートの下に突っ込むのが見えた。
    何も知らないゆきちゃんは、
    「あっ、Y介君。実はさ~」
    と言って、書いている物の説明を楽しげにしはじめた。 「へー、そうなんだ。ゆきさんすごいっすね!」
    なんて言いながら、
    何食わぬ顔でゆきちゃんの逆さ撮りを続けるY介。
    この鬼畜野郎。そして、「これは?」と、さらに詳しい説明を求めた。
    「あっ、これはねぇ…」
    ゆきちゃんはさらに前屈みになって
    書いてあるものを指さしながら、説明しはじめた。もう、乳首全開。 彼女の意識が下を向いている今がチャンス。
    俺もポケットからデジカメを出して、
    一瞬後ろを向き、フラッシュが光らない設定になっていることを確認。谷間や乳首の写真は、
    逆さ以上にバレる可能性の高い危険な行為だと思う。
    でも、あわてて撮って失敗作にしてしまっては意味がない。深呼吸して元の体勢に戻ると、
    Y介はゆきちゃんが前を見ないように
    ゆきちゃんの意識を机の上に集中させてくれている。
    その間に、俺は落ち着いてゆきちゃんの乳首をゲット!Y介よ。ナイスフォローだったぞ。 すっかりエロい気分になった俺は、
    その後、ゆきちゃんとすれ違いざまに、
    偶然を装って自分の二の腕を
    ゆきちゃんのおっぱいに押し付けた。
    「えっ」と声を出すゆきちゃん。
    「どうかした?」と声をかけると、
    「あっ、いえ、何でもないんです」と言ってニッコリ笑ってくれた。
    いや、ほんとかわいいわ。
    おまけに、すっげーやわらかかった気がする。片づけを終えて、少し雑談した後
    ゆきちゃんは帰って行った。仕事場に残った俺たちは、急いで今日の成果を確認した。結果は、お見事としか言いようがない出来だった。
    かわいい乳首も、右乳首の上にある小さなホクロも、バッチリ写ってた。Y介の方は動画撮影にしていたようだ。
    再生したところ、画面にはブラとお揃いと思われる白パンツがクッキリ写っていた。
    そしてその画面からは、
    ゆきちゃんのやさしく明るく声が流れてきていた。
    自分を逆さ撮りしてるやつに
    こんなに楽しそうに話すなんて。
    なんか申し訳ないと思ったが、それがたまらん。今まで、ゆきちゃんの隠し撮りは何回もやってきたが、
    これは間違いなく最高傑作だろう。ゆきちゃんのこういう写真は
    バイト内の男全員で共有している。
    このメンバーから唯一除外されているのは、K太。
    K太は某国立大生で、サッカー部所属のけっこうイケメン。単なる僻みなのは認めるが、
    K太は女には好かれるが、男には嫌われるタイプ。
    女の前だと謙虚でかつ明るいさわやか青年を演じるが、
    男だけになると、自分自慢ばかりするし、人を見下すのだ。
    当然、バイトの男全員がK太のことを嫌っている。
    でも、それが写真共有メンバーから除外している理由ではない。やつは、ゆきちゃんの彼氏なのだ。男だけになると、K太はよく、ゆきちゃん自慢もしはじめる。
    「みんなも早く彼女作ったら?
    まあ、ゆきほどの女は無理でしょうけどw」「こないだ、ゆきが俺に甘えてきてねー。
    『うぜーんだよ』って冗談で言ったら、本気で怒ってやんのw」
    みたいなやつ。そしてついには、
    「この土日に、ゆきと2人で旅行に行ったんだ。
    でも、2日間やりまくってただけ。
    別に金出して旅行に行く必要がなかったよ。
    あっ、この話をしたことは、ゆきには内緒でw」
    って抜かしやがった。 そんな話をするK太への苛立ちが、
    俺たちがこんなことを始めたきっかけだった。
    だから、K太からむかつく話を聞かされるたびに、
    俺たちは心の中でほくそ笑む。「お前の大事なゆきちゃんの胸ちら写真を持ってんだよ!」とか
    「ゆきちゃんの乳首がちょっと長めで、
    乳首の上にほくろがあること知ってんだよ!」とか
    「毛が2・3本はみ出た、逆さ撮り写真持ってんだよ」とか…。まあ、どうあがいても俺たちの負けなのだが。
    ささやかな抵抗ということで。 ちなみにうちの職場にはもう一人、まゆちゃんっていう子もいる。
    ゆきちゃんと同じ年なんだが、タイプは違う。
    ゆきちゃんは、細身・スレンダー・美人タイプなんだが、
    まゆちゃんは、ピチピチ・巨乳・ロリカワタイプだ。
    なのに下着は、ゆきちゃんが白や薄い色などの清楚系、
    まゆちゃんが、黒や紫などの大人系なのだ。もちろん、まゆちゃんもたくさん撮られてる。
    当然、まゆちゃんはその事実を知らない。なんにしても、この2人は本当に良い子。
    これからも長く続けてくれるといいなと思ってる。

    連日残業続き。深夜帰宅が当たり前になっていた。
    憧れの上司との時間が長くもてて嬉しかったんだけど
    この前、まっくらな別フロアーで
    キスされて胸モミモミされた。とても幸せだった。
    でも何ごともなかったように仕事してる。。。
    あのですねぇ。。。
    11月半ばあたりから連日終電&休日出勤が続いていたんですよ。
    で、私が仕事してるフロアーは5階なんだけど
    5階の女子トイレっていつ行っても超混みでウザイんで
    いつも別の階(7階)のトイレでハミガキしたり化粧直したりしてたんです。
    そこのフロアーは会議室&応接室なので普段は女子トイレはガラーンとしてるんですね。
    深夜まで残業だと、会社がほか弁を人数分注文してくれるんですけど
    その日、お弁当を食べたあとでちょっと歯磨きして化粧なおして
    また仕事するかーって思って5階のトイレに行ったら
    別フロアのトイレにハミガキ&化粧ポーチを置いたままだということに気が付いて 【深夜の職場のトイレ【エッチ体験談】】の続きを読む

    会社の健康診断での出来事。
    うちの会社の健康診断は、毎年医者や看護師が会社まで出向いてくれる。
    会議室で身長・体重・視覚・聴覚・血液検査など行うが、基本的に男女別室。
    もちろん覗く事など不可能。
    しかし唯一、尿検査の容器を置く場所だけは同じ。
    尿検査の容器は小さい紙袋に名前を書いて、会議室の入り口近くにある回収ボックスに各々入れていく。
    その日も当たり前の様に、俺も検尿回収ボックスに入れようとした際、同じ課の香織さんの名前を発見。
    香織さんは社内のアイドル的存在。
    俺なんか少し喋っただけで舞い上がってしまうほどの高嶺の花。
    周りに人がいない事を十分確認し、速攻でポケットにしまった。
    急いでトイレでオナニーとも思ったが、後々戻す時の事を考え、香織さんの袋に俺の尿入りボトルを入れ、元に戻した。
    香織さんの尿ボトルは俺のポケットの中。
    俺は検尿容器を忘れてきた事にして、香織さんの尿は持ち帰ってゆっくり楽しんだ。
    匂いを嗅いだり、舐めたり、飲んだり、焼酎で割ったり。
    最後はあそこに尿を塗りたくり射精。 【職場でアイドル的存在の女性の検尿ボトルを手に入れた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    獣道のような道は進んでやがて行き止まりで車が止まりました。渓流釣りのポイントだそうです。写真の道具を下ろして沢を降りました。

    着いてみると確かに綺麗な場所です。部長がカメラを向けて撮り始めていました。岩にもたれたりと色々なポーズで撮りました。モデルになったようで揚々した気分です。

    『少しスカートをたくし上げて』と言われ、私も大胆な気分になってスカートを持ち上げました。シャッターの音が何故か淫らな気分にさせられます。

    身体の中心が熱くなって微かに潤んできました。『洋服を脱いで下着だけになってごらん』と言われた時はシャツワンピのボタンを外していました。

    白いレースのセットアップです。岩の上で四つん這いのポーズ。後ろから撮られています。(濡れちゃってるのがわかっちゃう)と思いながらシャッター音に陶酔していました。

    『下着も脱いでごらん』と言われブラのホックを外しショーツを下ろしました。
    青空の下で全裸になるのは恥ずかしい気持ちと半面快感もありました。
    【部長にフェラチオ【エッチ体験談】】の続きを読む

    450 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 05:52:19 ID:jw4EjoRY0
    勤務先に綺麗な子がいます。A子とします。ショートの黒髪が似合っていて、良く着て来るG短から出る足が萌える健康系です。A子は、いつも良くしてくれている先輩と付き合っているのを知って驚きました。先輩には、他に彼女がいたし、俺をよくナンパに連れて行ってくれたりしてたので、ショックでした。俺は、A子の親友を紹介してもらい、その子と交際を始めるとA子との距離がさらに縮まりA子とも一緒に遊ぶ事が増えました。先輩は、背が高くモテ期絶頂で女遊びをやめません。俺は自分の彼女に注意してくれと頼まれたが、俺もナンパとか連れて行ってもらったりしていたので、適当に口先だけで言うに留めていました。
    【社内の黒髪ショートOLが可愛すぎる件【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ