エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 寝取られのエッチな体験談

    私は、大阪在住の人間です。これは、私たち夫婦の実話です。私も妻が他人に無理やりいたずらされたり、犯されるのを妻より聞いたり見たりすると異常に興奮いたしますが、妻も他人に無理やり犯されることに、狂うのではないかと思うほどの痴態を表します。私の妻は自分で言うのもおかしいですが、日本的な顔立ちで美人です。体はスリムで子供を3人生んでいますので乳房は若干たれていますが、あそこの全体的な締まりはよく、妻がいく時は膣口がきつくしまり、下半身が小刻みに長い間ケイレンを繰り返します。妻は日本的な柔和な顔立ちのため、よく男性よりお誘いの声がかかります。以前には食事だけのデイトということでOKを出したのですが、帰りの車の中で無理やり犯されてしまったそうです。帰ってきたときは、ブラジャ-・パンティが取られてブラウスとスカ-トだけで帰ってきました。あそこに手を入れて確認すると、どろどろに濡れてクリトリスが硬くなっていました。その時ほど興奮したことはありません。一度は、65歳位の店主のいる、おとなの玩具屋へブラジャ―・パンティを脱がせワンピ-スだけで遊びに行き、店主にバイブレ-タ-を試してもらうため、店の中で客より死角になる所で、素っ裸にし、バイブレ-タ-で店主に遊ばせました。30分の間に客が何人か店に入って来ましたが、客が入店する度、妻はより感じて膣はものすごくぬれていましたので、店主にチンポを入れて犯すように話すと妻はイヤー・イヤーと拒んでいたが無理やり店主は足を拡げチンポを突っ込みました。チンポを入れてから20分ほどの間、正上位・バック・騎乗位とオマンコをしている間に妻は3回ほどいきました。それはすごかったです。店主がイッタとき、ヤクザ風の客(後日知ったのですが本当のヤクザでした)が店に入って来たが、店主が見えないので店の死角まで来て、妻と店主のオマンコのしている所をみられてしまいました。妻は素っ裸かの体を隠す事も出来ず、その間にその男が私に俺もしていいかといいましたのでうなずくと、すぐに裸になり、逃げようとした妻の手を引っ張り体を仰向けし覆いかぶさり、足を思い切り拡げ、大きいチンポをズブリと妻のオマンコを貫くと、妻は先ほど何回も、いったにもかかわらず先ほどからの状況で犯される興奮と、男の突っ込むリズムに妻も腰をリズミカルに動かし男の体に足を絡ませいってしまいました。そのヤクザと妻との後日談は壮絶なものになりました。

    初めての投稿です、よろしくお願いします。
    私と妻のひとみは同い年の42歳、
    高校生の頃から交際を始め、
    別れたり復縁したりを何度か繰り返しながら、
    13年程前に結婚した夫婦です。
    子供にはまだ恵まれておらず、
    妻は不動産屋で夕方から閉店までの仕事をしています。妻はかなりの美人で、私の友人からも
    「おまえの奥さん、20代に見えるし
    綺麗でいいなあ。一度でいいからデートしたいよ」
    と羨ましがられます。ただ、美しくしかも男から言い寄られることが多いのに
    身持ちが堅いというのも、妻の長所ですね。
    私はそんな妻を嬉しく思いながらも、
    物足りなさを感じていました。4日前の日曜日でした。
    不動産屋の忘年会があるとの事で、
    私が出勤する夜8時半頃、妻は普段より少しお洒落をして、 【美しい妻が仕事関係で告られ【エッチ体験談】】の続きを読む

    妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。
    14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。
    と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。
    私の友人の彼女だったのだ。
    初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、
    帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、
    セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」
    そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」
    彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。
    こんなに乱れる女は初めて見た。
    キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め
    ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、
    射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から
    アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を
    トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。 【妻の浮気~公認するまで【エッチ体験談】】の続きを読む

    妻は29歳で巨乳のマゾです。
    3年前に再婚しました。調教を重ねてきて更に何か刺激的なことは
    ないかと考えていたのですが、1年前に思いつき今に至ってます。
     それは妻を43歳になる独身の兄やその独身仲間に精液処理の玩具
    として提供すると言うことです。
     最初は兄を家に飲みに誘い、妻にはノーパン、ノーブラで薄地の
    ニットピチピチワンピースなどを着させて兄に巨乳と異常にでかい
    乳首の突起を晒しました。
     妻には兄の横へ行かせてお酌させたり、酔ってくると乳首やお尻を
    触られても「あん、もう~」とかいっていましたが兄の横からは
    離れませんでした。妻には説得し少しだけなら、と言う約束を取っています
     兄には事前に妻のSM変態ビデオを何本も見せています。兄に私の
    変態な願望も話しています・・・兄が妻に「ビデオ見せてもらったよ
    凄く変態な事が好きなんだね」と言うと妻は私をトロ~ンとした目で
    見つめ、私が前もって命令した言葉を兄に言いました 【3年前に再婚しました。【エッチ体験談】】の続きを読む

    先週やってきた。上手くいった。

    俺の場合思い切ってやらないと絶対上手くいかないと思って
    俺、嫁、T(友人)、G(後輩) の4人で、
    キャンプがてら2泊でバンガローに泊まった。

    ちなみにテレビがなく高級ステレオセットで音楽を楽しむ
    みたいなコンセプトの場所で、備え付けの温泉もある
    という高いところを取った。

    TとGにはどこまで出来るかはその時次第とも言ってあって
    TとGには嫁の評価は高いのでTとGも上手く行けばラッキー
    位の感覚で望んでもらったんだけど、
    結局初日夜にTに嫁を襲ってもらって成功。
    【嫁を友人と後輩に抱かせてみた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    で、暗がりの中、知人嫁が下に降りてきて
    「すみません」と俺に背を向ける格好で
    布団の中に滑り込んで来たんだ。

    情けない俺は腰を引き、手は半分万歳の
    感じで固まってしまっていた。

    「抱っこってどうしたもんかな?
    やっぱり旦那と離れて寂しいのかな?
    さすがにでもヤバイよな。」
    なんてあれこれ考えながら

    「どうしたらいい?」と尋ねると 【知人の嫁が泊まりに来た 続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    知人から「さっき夫婦喧嘩をして、嫁が出でいく、
    と言っているんですが、俺さんのところに
    泊まらせてくれないか?」と言われて、

    てっきり旦那が来るのかと思ったら、
    なんと知人の嫁が来た…。

    それから約1カ月間、俺は知人嫁と妙な
    日々を過ごした。

    俺んちは1Kロフト付きなんだが、ロフトを
    知人嫁に使わせる事にしたんだ。

    で、毎朝知人嫁は風呂に入り会社に行くの
    だが、出掛ける時間帯が俺の起床時間だった 【知人の嫁が泊まりに来た【エッチ体験談】】の続きを読む

    半年前、付き合って間もない彼女とデート中に、
    他の大学の俺の友人とバッタリ会う。

    で、この時の二人の反応が妙な感じだったので、
    その後彼女に聞くも、知ってる人に似てただけ、
    初見だよ、との事。友人に聞いても知らないと。

    その友人とはたまに会う機会があったんだけど、
    こないだ酔った勢いで遂に白状した。
    俺の予想は半分当たりで半分外れ。

    俺は二人が過去付き合ってたのかも、と思って
    たんだけど、友人曰く「セフレ」との事。

    彼女は大人しくて物静かな人。 【付き合って間もない彼女が友人にめちゃくちゃ犯られてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    佐藤さんが「それじゃ失礼します…」
    と、ゆっくり嫁の中に腰をしずめた。
    嫁「んっ、、、」と、ちょっと顔を歪ませた。

    徐々にピストンを早める佐藤さん、布団で見えなかったが
    嫁の胸を揉みながら腰を動かしているようだった。

    俺「我慢しないで声出したっていいんだよ?」
    嫁「我慢っ…してないよ…っ?…んっ…うっ…」

    俺がベッドの脇から手を握ると、言葉とは裏腹に
    力強く手を握り返してきた。
    すると佐藤さんが顔を嫁の顔に近づけキスをしようとした。 【嫁を他人の男に抱かせました 続続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    とっさに体勢に下げてシーツで裸を隠した。
    それでも半分寝バックみたいな体勢で、半ば強引に突いた。

    「もう佐藤さんと会わないんだろ?だったら思い出に
    俺達のH見せるくらいいーじゃん」

    嫁「あんた何言ってるか解っ…あっ!あっ、ちょっ…動かないでよ!」
    それでもピストンを続けると観念したのか抵抗が弱まった。
    それでも声は押し殺していた。

    俺「嫁、頭上げろよ、どーせ暗くて見えないって。
    この際思いっきりやろーぜ?」
    【嫁を他人の男に抱かせました 続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ