エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 寝取られのエッチな体験談

    前編は以下のとおり

    で、暗がりの中、知人嫁が下に降りてきて
    「すみません」と俺に背を向ける格好で
    布団の中に滑り込んで来たんだ。

    情けない俺は腰を引き、手は半分万歳の
    感じで固まってしまっていた。

    「抱っこってどうしたもんかな?
    やっぱり旦那と離れて寂しいのかな?
    さすがにでもヤバイよな。」
    なんてあれこれ考えながら

    「どうしたらいい?」と尋ねると 【知人の嫁が泊まりに来た 続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    知人から「さっき夫婦喧嘩をして、嫁が出でいく、
    と言っているんですが、俺さんのところに
    泊まらせてくれないか?」と言われて、

    てっきり旦那が来るのかと思ったら、
    なんと知人の嫁が来た…。

    それから約1カ月間、俺は知人嫁と妙な
    日々を過ごした。

    俺んちは1Kロフト付きなんだが、ロフトを
    知人嫁に使わせる事にしたんだ。

    で、毎朝知人嫁は風呂に入り会社に行くの
    だが、出掛ける時間帯が俺の起床時間だった 【知人の嫁が泊まりに来た【エッチ体験談】】の続きを読む

    半年前、付き合って間もない彼女とデート中に、
    他の大学の俺の友人とバッタリ会う。

    で、この時の二人の反応が妙な感じだったので、
    その後彼女に聞くも、知ってる人に似てただけ、
    初見だよ、との事。友人に聞いても知らないと。

    その友人とはたまに会う機会があったんだけど、
    こないだ酔った勢いで遂に白状した。
    俺の予想は半分当たりで半分外れ。

    俺は二人が過去付き合ってたのかも、と思って
    たんだけど、友人曰く「セフレ」との事。

    彼女は大人しくて物静かな人。 【付き合って間もない彼女が友人にめちゃくちゃ犯られてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    佐藤さんが「それじゃ失礼します…」
    と、ゆっくり嫁の中に腰をしずめた。
    嫁「んっ、、、」と、ちょっと顔を歪ませた。

    徐々にピストンを早める佐藤さん、布団で見えなかったが
    嫁の胸を揉みながら腰を動かしているようだった。

    俺「我慢しないで声出したっていいんだよ?」
    嫁「我慢っ…してないよ…っ?…んっ…うっ…」

    俺がベッドの脇から手を握ると、言葉とは裏腹に
    力強く手を握り返してきた。
    すると佐藤さんが顔を嫁の顔に近づけキスをしようとした。 【嫁を他人の男に抱かせました 続続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    とっさに体勢に下げてシーツで裸を隠した。
    それでも半分寝バックみたいな体勢で、半ば強引に突いた。

    「もう佐藤さんと会わないんだろ?だったら思い出に
    俺達のH見せるくらいいーじゃん」

    嫁「あんた何言ってるか解っ…あっ!あっ、ちょっ…動かないでよ!」
    それでもピストンを続けると観念したのか抵抗が弱まった。
    それでも声は押し殺していた。

    俺「嫁、頭上げろよ、どーせ暗くて見えないって。
    この際思いっきりやろーぜ?」
    【嫁を他人の男に抱かせました 続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    いい具合に酔いが回った頃に嫁がお風呂に入ってくると言った。
    これをチャンスと佐藤さんに嫁を抱かせる計画を話す。

    俺の計画はまず、佐藤さんに泊まってもらう。佐藤さんには
    リビングで寝てもらい、1時間後に2階の寝室に入ってきてもらう。

    その時俺と嫁はHしてるので流れで佐藤さんも絡んでこいと、
    大雑把にこんな感じで説明したと思う。

    最初は「無理無理無理!!」と、できないの一点張りだったが
    その時の俺は酔ったせいもあり、土壇場になれば
    なんとかなるだろうと浅はかな考えでいた。
    【嫁を他人の男に抱かせました 続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺、嫁共に28歳、子供小1のが一人。

    嫁スペックは身長162でまぁやせ型かな?
    胸はCよりのDとか。

    嫁には内緒の寝取られ癖だったんだけど、
    嫁の悩みがきっかけでopenすることに。

    その悩みってゆーのが自分の勤めてる病院の入院患者
    なんだけど、とにかくラブコールがしつこいってこと。

    そこでもうここしかないと俺の願望をカミングアウト。
    その患者に抱かれてくれないか、と相談したけどもちろん
    「冗談じゃない」と一蹴される。
    【嫁を他人の男に抱かせました【エッチ体験談】】の続きを読む

    今日は貸出し相手さんと初めて懇親会で
    某バイキング旅館に3人で来てます。

    「やっと会えて嬉しいですよ」
    「そうですね、でも緊張しますね」

    「私の隣に奥さん座ってる感じどうですか?」
    「んー、やっぱり違和感ありますね」
    「まー今日は楽しくやりましょうね」

    なんて会話で、1時間もすると私も緊張ほぐれて、
    嫁と相手はいい感じに酔ってます。

    このあと二人はするんだけどね、寝ないでくれよ
    【嫁が抱かれているところを見学しました【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    後輩の首にぶら下がりながら、結合部分を見つめる二人。

    「ズッポリ入ってるね」
    「うん・・・もういっぱいいっぱい」

    「気持ち良い?」「うん」
    「どこが?」「全部」

    ここで三度目の電話。勿論俺から。
    画面の中に感情移入している俺は、
    邪魔するな、と思ってしまった。

    俺自身、この時点でもうわけわからん状態。 【嫁を後輩に寝取らせました 続62編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    あんま会話が無いのは、その時点でまだ後輩が
    多少は動揺していたからだと思う。

    次に声を掛けたのは嫁からだった。
    「まだ、出来そうだね」
    後輩の下半身を見て、嫁はボソッと言った。

    そしたら後輩は何も言わずに起き上がり、嫁にキスをした。
    軽く、でも笑うことなく、何度も何度も。

    横からのシャツの中に手を入れて乳房を揉むと、
    嫁が恥ずかしそうにうつむく。
    【嫁を後輩に寝取らせました 続61編【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ