エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 外国人とのエッチな体験談

    登山家の野口健さん、韓国と日本でうけた外国人差別の経験を告白
    379

    2014年07月15日14:20おたくま経済新聞

    登山家の野口健さん、韓国と日本でうけた外国人差別の経験を告白

     登山家の野口健さんが自身のTwitter(@kennoguchi0821)で、読売新聞の「韓国、日本人客3割減に危機感…誘致イベントも」という記事に触れ、韓国訪問の際に遭遇した出来事について、7月14日に投稿し反響を集めている。


     投稿によると、野口さんがタクシーに乗車した際、ドライバーから「日本人か?」と尋ねられ、「そうだ」と答えたら「車から下りろ」と言われたという。
    しかも、運転手側から「降りろ」と言われたにも関わらず、「金は払え」と要求されたのだそう。
    これについて野口さんは「頭にきて一銭も払いませんでしたが。当たり前でしょ。」と述べ、他にもこのタクシーの件だけではなく、釜山で入ったサウナでも「日本人か?」と尋ねられ、同じように追放された体験も明かしている。

    【野口健、韓国で日本人差別を受ける 【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は外人男と日本人女性がイチャイチャしてるのを見ると興奮するんだがw

    )全世界で見られてると思うとさすがに恥ずかしいなぁww

    韓国相次ぎ“日本締め出し” 大使館の自衛隊記念行事 ワンピース展
    2014.7.1023:46[韓国]
    【ソウル=加藤達也】
    韓国の日本大使館関係者は10日、ソウルのロッテホテルで11日に開かれる予定だった自衛隊創設記念日のレセプションについて、同ホテルでの開催を取りやめることを明らかにした。
    ホテル側が10日、開催できないと通告してきたという。
    異例の事態に、大使館はホテル側に強く抗議した。

    自衛隊記念日のレセプションをめぐっては韓国紙の東亜日報が同日、「(慰安婦問題をめぐる)河野洋平談話の検証、集団的自衛権行使容認などで韓日関係が極度に冷え込む中で開かれる」と批判的な記事を掲載。
    ホテルには抗議電話が殺到し、中には爆破を予告する電話もあったという。

    日本大使館関係者によると、レセプションは同館が毎年行っているもので、今年は韓国の政財界や政府関係者、各国外交団や武官など約500人を招待。
    東亜日報は開始時刻と催事場の部屋名までも明記しており、「警護上の問題も生じた」(警備関係者)。
    大使館は急遽(きゅうきょ)、別所浩郎大使の公邸で開くことを決めた。

    一方、韓国政府が運営するソウルの「戦争記念館」で12日から予定していた日本の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の展示会も取りやめになったことが分かった。 【日本人よ韓国観光に来てくれ!その舌の根も乾かぬうちに 【エッチ体験談】】の続きを読む

    反安倍の売国メディアは、安倍政権が大量の移民を受け入れようとしているというデマを流していますが、「安倍政権は移民を受け入れない」方針であることは明らかです。
    移民受け入れ拡大は「集団的自衛権=徴兵制」などと同じく、安倍政権にあることないこと、デマや誇張、なんでも捏造して安倍政権の支持率を何とかして落とそうとする嘘なので、安心してください。
    安倍晋三政権は移民を受け入れません。
    可能な限り、人手不足の介護現場も国民総力を動員して対応する方向で考えています。
    移民に言及しているのはそれでも足りない場合に限って外国人の利用を考えたいと
    言っているだけなのに、売国メディアがそれをあたかも移民拡大のように改変・捏造しているだけです。以下のニュースで明言されています。
    安倍政権の基本方針は、日本国民の活用です。




    自民・菅原氏「安倍政権は移民受け入れぬ」

    2014.6.1608:30[安倍内閣]
    【「安倍政権は移民受け入れぬ」 【エッチ体験談】】の続きを読む

    ◆「南京大虐殺」に対する日本政府の考え

    今年6月、中国政府は「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」に関する資料をユネスコ世界記憶遺産に登録申請したことを公表しました。

    同じ6月に、安倍内閣は、野党議員の南京事件に関する質問主意書に対して、答弁書を閣議決定しました。その内容とは、「旧日本軍による南京入城後、非戦闘員の殺害、略奪行為があったことは否定できない」。(6月24日朝日新聞)

    日本政府は以前から南京事件の罪を認める公式見解を出しています。その内容は、外務省のホームページに掲載されています。



    ◆なぜ中国は歴史問題にこだわるのか?

    ここで不思議なのは、なぜ中国は歴史問題にこだわるのか?

    韓国のように慰安婦問題で日本から賠償金を取りたいのかというと、それだけではありません。中国は、日本を「戦争犯罪国家」のまま歴史に封印しておきたい、憲法9条改正を阻止し、永久に非武装国家にしておきたい。これが中国の根本戦略なのです。 【中国政府によるユネスコ世界記憶遺産への登録申請 【エッチ体験談】】の続きを読む

    「信じられない」紛失スマホ、日本から戻る 8カ月経て米男性の手に

    2014.7.912:05[米国]

    2013年3月、ホイットニーさんの娘(右)の結婚パーティー。この画像などが入ったスマホが米→日→米と太平洋を往復した。ホイットニーさん提供(AP)

     米南部オクラホマ州に住む農業の男性が昨年10月、穀物の中に落としたスマートフォンが、今年6月に男性の手元に無事戻った。いったん穀物と一緒にはるばる日本まで運ばれたが、発見者が米国へ送り返した。AP通信が8日報じた。

     スマホに保存していた娘の結婚式の写真をあきらめきれずにいた男性は「捨てずに送り返してくれるなんて、信じられない」と大喜びだ。

     男性はケビン・ホイットニーさん(53)。穀物をトラックから倉庫に移す間に、シャツのポケットからスマホを落とした。スマホは穀物に紛れてルイジアナ州の集積所に運ばれ、日本行きの船に積まれた。

     北海道の製粉所で発見した人がルイジアナ州にある全国農業協同組合連合会(JA全農)の関連会社の責任者に返送。責任者はスマホを充電し、起動させて連絡先を見つけた。(共同)

    50年の虐待から救出されたゾウ、やっと訪れた自由に「涙を流した」。

    2014年07月09日12:05ナリナリドットコム


    写真写真
    50年間虐げられ続けた生活を抜け出し、やっと自由を手に入れた1頭のゾウがインドにいる。幼いうちに母親から人間の手で引き離された後、次々と転売され、さまざまな所有者のもとを渡り歩いたとされる50歳のオスのゾウ・ラジュ。最後の所有者となったゾウ使いからは、24時間鎖で脚を繋がれるなど、ひどく虐げられた時間を過ごしていたとされ、1年前から注意を払っていた州の当局者や動物保護活動を行うNGO団体が、先日、ようやく救出に成功したそうだ。


    英・米・インドで活動をしているNGO団体「WildlifeSOS」などによると、ラジュはインド北部ウッタル・プラデーシュ州アラーハーバードのゾウ使いが、最近まで所有していた。幼少時の状況については不明ながら、NGO団体側の説明では、ラジュは野生で生まれたものの、間もなく人間によって「母親から奪われた」とみられ、その後転売が繰り返されて「27人の所有者」のもとを転々としたとされている。


    所有者が変わるたび、飼い慣らすために「従うように縛りつけられ、叩かれる」虐待が繰り返されたというラジュ。人間に服従するしかなかったラジュは、50年間のほとんどを物乞いのための道具として、「夜明けから日没まで」暑い日中に歩かされる毎日を送ったという。しかし、たまに与えられても人間の食べ物が多く、「ゾウには不適当」なものばかり。それらを口にしても全く充分な量は得られないラジュは、やがて「プラスチックや紙」すらも食べるようにもなったそうで、常に飢えと疲労に悩まされる生活を送って来たそうだ。

    【50年の虐待から救出されたゾウ、やっと訪れた自由に「涙を流した」。 【エッチ体験談】】の続きを読む

    2014年07月08日12:00


    【韓国の反応】「たぬき」が日本に向かってアプローチ「歴代最強の台風になるもよう」

    カテゴリ日本と韓国日本社会
    oboegaoboega
    Comment(300)


    「たぬき」、日本に向かってアプローチ…「歴代最強の台風になるもよう」

    みんな、気をつけてね!!
    テレビ見てたら心配でどきどきしてくるよ。
    【自国に台風が上陸すると思ってない韓国人の反応 【エッチ体験談】】の続きを読む

    戦後最大最強レベルの台風が北上中だが、
    韓国によるその予想進路が、じつに興味深いことになっている。

    中国の商標権ブローカーに世界的な電気自動車メーカーのテスラが苦しめられている。テスラは100%電気だけで動く自動車を生産する会社だ。最高時速200キロメートル、1回の充電で400キロメートル走行する高性能電気自動車で有名だ。昨年20億ドルを超える売り上げを記録するなど急速に成長し主要国に進出している。

    そんなテスラが中国で苦戦する理由は、消費者がテスラの製品にそっぽを向いているからではない。8年前にテスラという名前とロゴを商標登録した中国人のためだ。ブルームバーグは8日、「36歳の事業家占宝生が3日、テスラを相手取り北京の裁判所に訴訟を提起した。テスラの商標権を持つ自分に2390万元を支払い、一切の事業を中断するようテスラに要求した」と伝えた。

    広東省に住む企業家の占は2006年にテスラの英名「TESLA」、中国語名「特斯拉」だけでなく、「T」の字を図案化したロゴまでコピーして国家工商行政管理総局商標局に登録申請した。イーロン・マスクが米国でテスラを設立してから3年しかたっていない時だ。中国でテスラがあまり知られていなかったため商標局は占の申請を受理した。占は「www.tesla.com.cn」というインターネットドメインまで取得した。

    問題はテスラが2012年に中国進出を宣言して大きくなった。テスラは中国で有効な自社商標権がまったく関係ない人物に移っていることを発見した。占と接触し商標権を売るよう要求したがうまくいかなかった。テスラは2012年に5万ドル、2013年には30万ドルと値を上げたが占は首を縦に振らなかった。結局中国政府が乗り出し、「占の特許登録は有効でない」としてテスラ側の手を上げた。占はこの決定に不服として訴訟を起こした。ブルームバーグは「国家工商行政管理総局のサイトによると、占は自動車メーカーのロレモ、電池メーカーのコバシス、検索エンジンのクールの商標権も登録していた」と報じた。テスラの広報担当者は、「占の商標権登録は盗み。私たちの商標を盗んだ占を相手に強力に対応する」と話した。

    だが、状況はテスラに有利なばかりではない。名前の起源のためだ。テスラという商標はトーマス・エジソンと肩を並べる天才電気工学者ニコラ・テスラから取った。占は「テスラという電気自動車会社は知らなかった。ニコラ・テスラの名前に着眼した」と主張している。

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ