エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 外国人とのエッチな体験談

    女性教師が下半身裸で初出勤、泥酔状態で発見され逮捕される。

    2014/08/0910:42 WrittenbyNarinari.com編集部

    勤務初日に、下着もつけずに半裸で学校に現れた教師がいるようだ。この49歳の女性は教師として初の出勤日に、学校内の自分の担当でもない教室で下半身裸でいるところを他の教師に発見されたという。

    8月4日(月)から米オクラホマ州のワゴナー高校で勤務を開始する予定だったこの女性教師は、警察が駆けつけるまでの間、他の教師によってパンツを履かされた。警察はこの女性の発見時について、「この女性は一室で、ある種の混乱状態で発見されました」と話している。

    その後、女性は公共の場における泥酔の疑いで逮捕されたものの、翌日の晩には釈放。女性は勤務初日の緊張を紛らわせるため、前日の晩にウォッカを飲み泥酔していたことを認めている。

    2014年7月27日19:20(RecordChina)

    カザフスタンの美少女バレー選手にチームメートが不満=「観客が試合に集中できない」―中国メディア

    27日、「美しすぎる」と話題のカザフスタンのバレーボール選手アルシンベコバ・サビーナに、チームメートから不満の声が上がっている。(RecordChina)
    .

    2014年7月27日、中国広播網は、「美しすぎる」と話題のカザフスタンのバレーボール選手アルシンベコバ・サビーナ(AltynbekovaSabina)に、チームメートから不満の声が上がっていると伝えた。あまりの美しさにファンが試合観戦に集中できないというのがその理由だ。


    台湾の台北市で先ごろ閉幕した女子バレーのU#8722;19大会「第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会」で人気が沸騰したサビーナ。17歳の若きスターは、台湾をはじめ、中国や韓国、日本、東南アジア諸国で多くのファンを獲得している。


    だがあまりの過熱ぶりにチームメートやコーチからは「観客の視線は彼女に集中し、真剣に試合を観戦する人はいない」と不満の声が上がっている。これを受け、サビーナは「もうこれ以上、ファンサイトを立ち上げたりせず、試合に関心を注いでほしい」とファンに訴えた。(翻訳・編集/NY)

    日韓関係「今は、間をおく時期」 仙台「正論」懇話会で呉善花氏が講演

    2014.7.2500:25[日韓関係]


     仙台「正論」懇話会の第37回講演会が24日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで開かれ、評論家で拓殖大学国際学部教授の呉善花(オソンファ)氏(57)が「なぜ日韓は理解しえないのか」と題して講演した。

     呉氏は日韓両国には根本的な価値観の相違があることを強調。韓国では異民族からの侵略を受けた経験などから「(信じられるのは)王などの絶対的な人物だけ」とし、その人物が築いた歴史が絶対的な価値観となっていると説いた。

     一方、日本は異民族に侵略された経験がなく多様な価値観が存在するとし、「そういう文化は韓国にとって理解できないため、不安になって日本をたたく。話し合えばいいというのは通用しない」と主張した。

     今後の日韓関係について参加者から質問されると「今は何を言っても無理。間を置く時期」と述べた。

    日本が韓国と「仲良くすること」の意義について改めて考えてみたい。

    日本人は昔から「和をもって貴しとす」とか「仲良きことは美しきかな」と言われるように、
    人の和を重んじる民族・国民性である。
    実際は嫌いでも、わざわざことを荒立てることなく、表面上だけでも仲良くやっていきましょう、とする風習があり、そういう気質である。
    それが日本人の長所でも短所でもあるわけだが、
    これが、外交においてはマイナスに出ることが多いのではないかという気がする。

    特に韓国相手の場合。
    韓国と仲良くしても、日本には何一つメリットが無い。
    韓国には原油や鉱石のような資源があるわけではない。
    日本になく韓国に頼らざるを得ないような技術を持った独自産業があるわけでもない。
    安い労働力があるわけでもない。
    人口が少ないから豊富な市場があるわけでもない。
    そう、日本が韓国から得るものは何一つないのである。 【韓国と仲良くすることの意義 【エッチ体験談】】の続きを読む

    殴られ1日20時間労働、目前で殺人、鎖つなぎ食事抜き…エビ好き日本人の胃袋支える輸出国「タイ」の養殖業界、驚愕“奴隷労働”実態

    2014.7.2112:00(1/5ページ)[岡田敏一のエンタメよもやま話]

    暴行、殺人が横行するタイの水産業での“奴隷労働”の実態を伝える英紙ガーディアンのネット版の記事。こうした“奴隷労働”で供給されたえさで飼育したタイ産養殖エビが、大手業者を通じて欧米に供給されていた…


     さて、今週ご紹介するエンターテインメントは久々となる「食」のお話ですが“あれが美味い、これが美味い”といったお気楽なグルメのお話ではありません。われわれ日本人の食卓にも欠かせないある食材を供給するため、海外で多くの人々の命が暴力や虐待によって失われているという、とんでもないお話です。

     東南アジアのタイといえば、日本とは約600年にわたる長いお付き合いで、伝統的に友好関係を築いてきたことで知られます。世界最大のエビ輸出国でもあり、エビ好きの日本人はタイ産のエビに大いにお世話になっているはずです。

     ところが、そんなタイのエビ産業を支える養殖エビの業界は、近隣のミャンマー(旧ビルマ)などの出稼ぎ労働者を奴隷のような過酷な労働環境で働かせる“奴隷労働”で成り立っており、これらのエビを扱うタイ最大の食品メーカーは、こうした“奴隷労働”が支える養殖エビを欧米の複数の大手スーパーマーケットチェーンに卸しているという事実が明らかになったのです。


    第2の捕鯨、マグロ? 欧米で「エビ食べるな!」 【貴方が食べるエビのため、4万円で売られた人々 【エッチ体験談】】の続きを読む

    「南京大虐殺」首謀者として裁かれた松井岩根大将



    ◆「日中友好親善」を推し進めた松井大将

    松井石根(まついいわね)陸軍大将は、大東亜戦争後の東京裁判で、絞首刑の判決を受け、処刑されました。

    罪状は「南京における捕虜及び一般人に対する虐待」というもので、日本人の自虐史観の元となる「判決」となりました。しかし、実際には「証言」以外に明確な虐殺の証拠もなく、裁判のあり方そのものが不当なものでもありました。

    松井大将は、1937(昭和12)年8月に、中国派遣軍の司令官に任命されます。当時は予備役として、熱海の別荘で暮らしていたのですが、軍からの命令を受け、上海へと向かいます。

    彼は大尉時代に、日露戦争の最前線で戦った経験から、日本・アジアの危機を敏感に察知していました。そして、欧米の軍事的な侵略がこのままエスカレートすると、やがてアジア全体がその植民地になってしまうという危機感を持っていました。

    そのためには、アジアにおいて日本と中国が強い結びつきを持って欧米に対抗すべきだ、と考え、「大亜細亜協会」という団体を創り、積極的な活動を行っていきます。 【「南京大虐殺」首謀者として裁かれた松井岩根大将 【エッチ体験談】】の続きを読む

    前稿




    ◆嘘の歴史で「日本包囲網」の形成する中国

    「南京大虐殺」とは、1937(昭和12)年12月13日、松井岩根大将率いる日本軍が国民党政府(蒋介石)の首都であった南京を制圧した(南京戦)際に、日本軍が20万人、30万人の民間人を殺害したと言われている事件です。

    この「南京大虐殺」について、今年3月、中国政府が「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」に関する資料を国連教育科学文化機関である「ユネスコ」に「記憶遺産」として登録申請しました。

    今後「南京大虐殺」が、国際的な話題になることは間違いありません。中国の目的は、「南京大虐殺」を世界に喧伝することで世界的な日本包囲網を形成し日本を追い詰めることです。

    このままでは、中国がつくった“虚構”の歴史が“事実”として後世に伝わり、私たちの先人は汚名を着せられるばかりではなく、さらに私たちの子孫は、未来永劫、世界中で嘘の歴史を理由に責められることでしょう。
    【「南京大虐殺」の虚構 【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ