エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    カテゴリ: 人妻のエッチな体験談

    現在
    私は36歳。恵美。既婚で子供が1人います。今はある病院の事務職。離婚調停中です。
    彼は34歳の既婚者。名前をリョウ君。子供も3人います。設計関係の会社を経営しています。奥さんの名前は裕美さん。
    親友の名前は真紀。私と同級生の離婚経験者。某大学病院の看護士。私と同居中。
    現在の私と彼は隣の家同士。
    彼と初めて会ったのは 今から5年ほど前。既にお互い結婚してましたが、その当時住んでいた私のアパートの上の階に彼の家族が引っ越してきたのが出会いです。私は結婚2年目でした。
    引越しの挨拶に来てくれた時の笑顔がとても印象的で今でも忘れられません。 
    その日たまたま遊びに来ていた親友の真紀が「恵美~ダメだよ~」って笑って言ってました。真紀の勘は当たるんだよね。
    当時の彼は、仕事関係の事務所が近所にあり、自宅と事務所を必要に応じて行き来していて、産休&子育てで家にいた私とは頻繁に顔をあわせていました。 
    彼の奥さんも会社の事務か何かをしていて、名前は裕美さん。彼より2歳~3歳くらい年下ですごく胸の大きなお人形さんの様な可愛らしい人です。この人なら彼とお似合いだな~って思っていました。
    いつもいつも明るい雰囲気の彼の家庭。同じアパートの上の階と下の階でお互い小さな子供も居ることもあり、すぐに仲良くなりました。
    プールや海、日帰りで温泉、夏祭り、毎週のように色々な所に遊びに行きました。当然子供中心の遊びだけれど。
    私の夫は休日にあまり出かけたがらない人だったので凄く楽しい休日。夫の代わりにお出かけの3回に2回は真紀を連れて遊びに行っていました。
    私はもともと社交的で、かなり積極的な方だと思います。今までお付き合いした人も10人はいるかな。
    子供の頃から水泳や陸上をしていて足のラインには少し自信がありましたが痩せ気味で身長が高校1年生の頃には既に172cmあり、学生の頃はそれがコンプレックスでした。高校卒業する頃になってようやく女性らしい体つきになってからはスタイルを褒められることが多少増えて、チャームポイントだと思えるようになってきました。 【彼の体は誰のもの Vol.1【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校1年になる私には、37歳になる母と45歳の父がいます。
    父は土建関係の仕事をしており東日本大震災以降、出稼ぎ状態でした。中学2年の頃、同級生A(悪ぶってる奴)に目を付けられ、気づけば私はクラスの
    仲間外れ状態になっていました。
    背も低く、モヤシの様な私には彼らに立ち向かう勇気もありませんでしたから、
    ただ日が経つのを待つばかりでした。
    部活もバスケット部から美術部へ移動(みんな相手にしてくれなかったので)し
    地味な中学生活を送っていました。何とか中学も卒業し、心機一転新しい高校生活で挽回と思っていた矢先の出来事です。
    何の部活に入ろうか?廊下の掲示板を新しく出来た友達と眺めていた時です。
    「お~、し・ら・か・わ・君」
    聞き覚えのある声に振り向くと、奴(同じ中学のA)が数人のガラの悪い連中と立っていたんです。
    「久しぶり・・・同じ高校だったんだね~」
    愕然としました。偏差値の高い学校だったので、まさか奴も入れるなんて思ってもみませんでした。
    「友達?」  友人が怖がりながら耳元で囁きます。
    「違うよ」
    「酷いなぁ!同中でしょ」 【美術部の先輩の裸体モデルにさせられた母【エッチ体験談】】の続きを読む

    あなた、今夜も遅いの?
    そう言って私を送り出す妻は今年27歳。
    バスト97ウェスト63ヒップ88世間で言うグラマーな体型の持ち主だ。
    結婚して2年になり、最近私の寝取られ癖が段々と強みを増し、封印していた自宅の隠しカメラで、妻の痴態をのぞき見たくなり、今回メンテを施し、私の留守中の妻を覗き見ることにした。
    前妻とは、これが原因で離婚している。
    いろんな手を使い、痴態に持って行こうとしたが、警察に通報され、カメラの存在、私の性癖に嫌気をさし、離婚となったのだ。
    今の嫁は、体つきもそうだが、どこか男をその気にさす隙があり、また押しにも弱く、展開によっては痴態をさらけ出す結果につながりそうなので、私は会社に着くと朝の私用を済ませ、部屋にこもり妻の様子を覗うのが日課になりました。
    今日は、広告にあった近くオープンのエステサロンに電話をかけ、訪問販売をお願いし、自宅に行かせるよう仕向けました。
    約束の時間が来て、玄関のチャイムが鳴り、妻が対応しています。
    今日の妻の服装は、ボーダーラインの胸元の大きく開いたTシャツに、白のデニムのミニです。いかにも男を挑発する服装で
    玄関を開けました。
    訪問の男は50手前の長身で、少しひげを生やし、今時のおしゃれなスーツを着ています。
    好感の持てる口調で妻に話しかけ、妻も興味を示しているようです。
    男の方も、妻の体に興味を持った様子で、正面のカメラには、いやらしい目線で妻を視姦する様が映し出されています。
    そんなことも知らず、妻は男の言いなりになり、後ろを向かされ、つぼの刺激を受け始めました。 【隠しカメラに映る妻の痴態【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺は高校2年。
    サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
    香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。
    そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。
    付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。
    付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
    お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。
    やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。
    半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。
    香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。
    家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。
    はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。
    何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。
    香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。
    両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。 【親子丼【エッチ体験談】】の続きを読む

    息子は、翌日も帰って来るなりオナニーをしていたんです。
    夫に嫌われたくない一心で、私は放って置く事にしました。
    その夜、夫はベットに横になる私に抱きつくと、パジャマを脱がせ始めました。
    ”抱かれるんだわ”そう思い、私も彼のズボンを脱がせ股間に手を伸ばしたんです。
    夫は既に興奮している様子で、大きくなっていました。
    ”あなた大きくなってるわ・・・”
    ”早く舐めるんだ”
    強い口調!いつもと感じが違いました。
    ”はい”
    私は夫のチンポを口に咥えるとチュパチュパと吸い始めたんです。
    夫が私と69の体制になるなり、バイブを使いだしたんです。
    ”あなた・・・それどうしたの?”
    ”一度試してみたかったんだ!黙って従え!”
    夫は私のマンコに挿入するとスイッチを入れ出し入れを繰り返したんです。
    ”ん~そんなに動かさないで・・・逝っちゃう” 【夫と義理息子に愛される私 2【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は、妻の手を引き店を後にした。
    妻も、酔いがさめて来たのか?ちょっと恥ずかしがっている。
    「奥さん、まだ疲れるのは早いですよ?まだ次行きますよ」
    その言葉に、ハッとした。
    妻の手を引き一樹は、夜道を歩き出した。
    ヨロヨロした足取りで妻が後を付いて行く。
    駅近くの公園で、一樹の足が止まった。
    公園を見ると、2人のホームレスがゴミ箱を漁っているのが見えた。
    妻を連れ、公園内に入ると人気の無い所で、ベンチに座った。
    ワンピースを剥ぎ取ると、ベンチに全裸状態で手錠をはめた。(私のSMグッツを持参していたのだ)
    そんな格好のまま、一樹は私の手を取り草むらに隠れた。
    私達が消えて直ぐ、ホームレスの男が辺りを警戒しながら妻の元に進んだ。
    妻も、流石に抵抗し始めていたが、手足を固定されては何も出来ない。
    男達は、汚い舌で妻の胸を舐め始め、マンコに指を入れられた。
    「先輩、興奮しませんか?奥さんが他人に遣られるんですよ」 【2、モテない後輩に妻を抱かせた 【エッチ体験談】】の続きを読む

    私(真澄38歳)は、夫(47歳)と息子(20歳)に愛されています。私は22歳の時に一度結婚したんです。
    前夫は、束縛が激しく私が他の男の人と話しているのを目撃しただけで”浮気だ”と言い
    家に帰るなり全裸にされ縛られた上、鞭で叩かれ絶対服従を約束させられるんです。
    昔から、ちょっとMっ気の強い私はそんな彼に逆らう事が出来ませんでした。
    前夫と結婚し2年が経ったある日、私は前夫と一緒に買い物をしていると”真澄じゃないか!”と
    声をかけられたんです。振り向き確認すると学生時代の友人A君だったんです。
    ”久しぶりだなぁ!元気か”
    ”うん!A君も元気そうね!”
    ”あ~何とか社会人生活を送っているよ”
    ”真澄!誰だよ・・・”
    ”えっ、学生時代の友人なの!”
    前夫の顔つきが変わるのが分かり、オドオドしていました。
    ”A君、それじゃ”
    ”あ~真澄も元気でな”
    早く彼と離れないと夫に何をされるか分からない・・・私は泣く泣くA君と別れたんです。 【夫と義理息子に愛される私【エッチ体験談】】の続きを読む

    私は58歳で定年して、久しぶりにゆっくりと朝寝を楽しんでいます。そんな折、ある朝、横で寝ていた妻が俺の朝立ちしているペニスをいきなり握って来て、「しようよ。おとうさんのちんぽもこんなになっているし・・・「」というや、妻は上半身を起こして、着ていた寝着を脱ぎ、上半身裸になりました。ブラはもう結婚した時から寝るときは付けていません。器用にズボンとショーツも脱ぎ全裸になると仰向けに寝ている私を跨ぐようにしてしゃがみ妻の股の部分を私の口の前にやると黒々とした陰毛を私の口にやりました。ぱくりとあそこの部分が開いています。「舐めて・・・・吸って・・」と言いながら妻は両方の手で自分の胸を揉み始めました。次第に潤った妻のあそこはかなり湿っており、あそこの味も感じ始めました。しばらくその状態を続けた後、妻は自らよつんばになり「入れて・・・」とお尻を突き出して来ました。はっきりとしたことは知りませんが、私と知り合う前に妻は何人かの男性との付き合いがあったことは十分わかりました。当時24歳だった妻は銀行員でした。最初はちちんとワンピースを着て、又か今の妻を想像することは出来なかった。それはデートをするようになって3回目の時、ドライブの帰り、妻はあそこへ入る?と言って指差したところはラブホテルでした。部屋に入ると妻は、妻はキスを求め、シャワーを浴びようといいました。臆することなく服を脱ぎ始めた彼女の下着は反カップブラとお揃いだろう黒の紐パンでした。大きなお尻がほとんどまる出してした。すっかり全裸になった彼女の股間にはわずかの陰毛しかありませんでした。明らかに陰毛の手入れをしてほとんどの毛を剃っていたんだと思います。シャワーが終わり、ベットに入ると妻はすっかり勃起した私のペニスを握るとパクリと咥え、片手でしごき始めたのです。ホテルを出るまで口に一度、彼女の中に2度射精しました。それから結婚するまでほとんど車の中でのセックスでした。昼間からすることも再々でした。婚約するころにはお互いの身体をいまさら隠すことなどないほどになっていました。そうしてお付き合いを重ねて行くうちに彼女の口から3人の男性とかなり深い交際をしていたことも判りました。その中の男性に剃毛されたこと、一日中全裸で彼の部屋で過ごしたことなど判りました。結婚してからの私達も休みの日など同じように全裸で過ごすことも何度もありました。50歳代半ばを過ぎた妻は未だに週2回は求めて来るし、この歳になっても純色のビキニショーツや紐パンを穿いています。

    高校3年生のとき、俺は空手部の主将であり、身長も187cmでした。
    部活の帰り道に親友がナンパしようといいだして、俺は男には強いが
    女にはめっぽう弱いんですが、それはひたすら隠していた。
    親友にもばれないように勇気を振り絞り、女性に声をかけた。
    何人にも断られあきらめかけてはいたんですけど、一人はすごく可愛くて
    一人はまぁまぁってとこの二人組を発見し、声をかけるとあっさりOK
    4人で喫茶店に入り、いろいろとしゃべったんですけど、その女の人は21歳で
    二人とも年上。名前は覚えていません。
    俺と親友は電車通学なのですが、学校の最寄駅からは逆方向なんです。
    俺とその女の人とは同じ方向で、親友は悔しがりながら帰っていきました。
    その女の人の降りる駅は俺が降りる駅の一つ手前で、もっとしゃべりたかったな
    と思いつつ、しゃべってたら綺麗な女の人のほうがアパート寄っていく?
    っていうので俺は内心どきどきで承諾しました。
    アパートに入るなり、二人はひそひそ話をしていたんですけど俺は気にせず
    そのひそひそ話を見ていました。 【俺の初体験【エッチ体験談】】の続きを読む

    B○夏の野外のコンサートで、前の女の子が可愛くて、コンサートどころじゃなかった。
    立ち上がって、ノリノリ状態の女の子の香りが、シャンプーなのか、体臭なのか、香水なのか解らないけど、思わず目の前の頭を、嗅いでいた。
    JUMPしながら、曲にノリノリだ。ミニスカがまくれあがり。白いパンツがだ。すると、小雨がふりだした。炎天下でアゲアゲ状態を、クールダウンさせ、誰一人濡れるのを、かまわずに、ノリノリだ。Tシャツが濡れて、ブラの線がくっきり現れ、横乳を見ると、けっこう巨乳だ。
    夕方になり、トークも終わり。ハデな曲に、女の子は気分は、MAXで、頭をシェイクしだした。まだまだ、曲は続くのに、この娘もつのかなって、思った、矢先に、フラフラと、俺に、倒れかかった。
    ラッキーだ。手を添えるが、豊満な乳を、ガッチリと手のひらに、ホールドして、君、大丈夫?うん。
    熱中症だ。俺は、友達が、倒れた事も気づかない。連れの女の子に、
    熱中症だから。
    水分取らせてくると伝え。彼女を抱き抱え。そのままコンサート会場を出て、ラブホに、
    連れ込み、水分を与え、ぬるめの水風呂に、体をつけて、クールダウンさせた。バッチリ彼女の 芸術的なナイスボディを堪能し、風呂の彼女に、気づかれないように、
    パンツを、拝借し、ベットで、究極のオナをした。
    彼女も気分が、回復し、事情をしり、プラチナチケットを不意にした事を、誤りながら、俺の優しさに感激して、
    連絡先を交換し、
    紆余曲折あり、
    今、その娘は、
    俺の優しくて、 【好機は、いつやってくるか解らない【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ