図書委員さんからの投稿
----
高校2年の時、俺は図書委員になった。
図書委員には2人の可愛い女の子がいて、1人は穂先先輩といって所謂ヤンキーだった。
ブレザーの胸元ははだけ、極端にスカートを短くしていた。
学校もよくサボっていたので、援助交際でもして稼いでいるんじゃないかって皆で陰口を叩いていた。
そんな不真面目な穂先先輩が図書委員をやっているのは、足りない出席日数を稼ぐ為と、図書委員の活動が月1回、多くて2回の昼と放課後の図書室での受付だけという楽な仕事だからだろうとは誰もが簡単に分かった。
もう1人は藤宮さん。
ショートカットがよく似合う清楚な女の子で、同学年の生徒にも丁寧な言葉遣いをする優等生だ。
図書室の受付は必ず2名となっていて、部活やバイトと被らないように月一の委員会で皆で相談してスケジュールを組み、学年男女関係なくペアを組んだ。
とにかく男子は藤宮さんと図書室の受付を組みたがっていた。
一方、穂先先輩は男子から嫌がられていた。
可愛いが、やる気も愛想も無く不機嫌そうな顔でずっと携帯を弄っては時折
「チッ!」
と舌打ちをするような女だった。
だが、穂先先輩は女子には愛想が良く、何故か見た目も性格も正反対の藤宮さんとは凄く仲が良くて、校内でも楽しそうに会話しているのを時々見かけた。
ある日、俺は図書委員の担当の先生に呼び止められ、今日放課後の図書室の受付をしてくれないかと急遽頼まれた。
今日担当のやつが気分が悪くなって早退したためであった。
しぶしぶ承諾し、図書室に向かうとなんと藤宮さんがいて、今日のもう1人の担当は藤宮さんだった。
俺は藤宮さんとペアを組んだ事が無かったので、めちゃくちゃ嬉しかった。
藤宮さんに事情を話すと、早退したヤツの事を心配そうにしていて、本当にいい人だなぁと思った。
受付に座ると藤宮さんは読書を始めた。
せっかくペアになったのに会話する隙が無くなって残念だと思った。
しかし、強引に話しかけて空気が読めない奴と思われるのも嫌だったので、今日出た宿題をやって真面目さをアピールする事とした。
そんな俺を藤宮さんは
「勉強するなんて偉いですね」
と優しく微笑んで話しかけてくれた。
結局藤宮さんは読書をしつつ、時々俺に話しかけてくれた。
幸せなひと時を過ごし、交代してくれた奴に心から感謝した。
あと30分で閉館という時になり、扉を開けて穂先先輩がやってきた。
穂先先輩は、
「今日の担当ってあんただったっけ?」
と不機嫌そうに言ってきた。
ムカついたが、藤宮さんの前という事もあったので怒りを抑えて
「今日の担当の人が早退したので代わりに来ました」
と丁寧に説明すると
「ふ~ん・・・」
と素っ気無い返事をした。
「終わるまで待ってるから、一緒に帰ろっ♪」
藤宮さんに話しかける穂先先輩の表情は今さっき俺に見せた不機嫌そうな表情とは大違いで、とても可愛らしい表情だった。
思わず俺も見とれてしまった。
穂先先輩は、席に座ると鞄から取り出したファッション誌を読み始めた。
穂先先輩が来てからしばらくした時だった。
藤宮さんが
「今日はもう誰も来ないと思うから先に帰っていいですよ」
と言ってきた。
思わず呆気に取られた。
確かに図書室は俺と藤宮さん、そして穂先先輩だけだったが途中で帰ったのが先生にバレたら怒られるし、何より藤宮さんと最後まで一緒にいたいと思ったからだ。
最後まで残ると食い下がる俺に、藤宮さんは何度も
「遠慮しなくていいですよ。先生にもちゃんと説明しておきますから」
と、1人で居残って受付をする事を希望していた。
流石に俺もここまで言われると
「仲の良い穂先先輩と一緒にいる方が楽しいから早く帰って」
という空気を何となく感じた。
チラッと穂先先輩を見ると、冷たい目つきで俺を睨んでいた。
俺は何とか平静を装って
「じゃあお言葉に甘えて先に帰るよ」
と言い、逃げるように図書室から出て行った。
もう一度穂先先輩を見ると、まるで俺を馬鹿にするかのように微笑んでいた。
図書室から出ると、ずっとイライラしっぱなしだった。
穂先先輩はともかく、藤宮さんにも馬鹿にされたような気がした。
どちらかといえば藤宮さんに対する苛立ちの方が大きかった。
靴を履き替えた時、図書室に携帯を忘れてしまった事に気が付いた。
昼間から電池が減っていたので充電していたのだ。
慌てて出て行ったせいでうっかり置いてきてしまった。
俺はイラつきながら図書室に戻っていったが、図書室の受付には誰もいない事が扉から見えた。
まだ閉館時間になっていなかったので、あの2人がサボっているのは分かった。
扉を開けようとすると、鍵が掛かって入れない。
携帯を置きっぱなしにするのも嫌なので、どこか入れるところがないか探した。
しかし、窓も全て鍵がかかっていた。
俺が通っていた学校にはどういう目的なのか解らないが、廊下側の壁には床から大体60センチほどの高さの引き違いの小扉があった。
クーラーの無かった時代は、夏の暑い日に空けて空気でも入れ替えていたのだろうか?
俺はそこの小扉に賭けてみた。
すると一箇所、幸運にも小扉は開いた。
屈んで入れるほどの十分な大きさがあるので、そこを潜って図書室に入った。
すると、受付カウンターの後ろにある扉の奥、物置部屋でごそごそと音がしていた。
微かに声も聞こえる。
サボりと思ったのは俺の早合点で、部屋の整理でもしているのかと思った。
でもわざわざ鍵を掛ける必要があるのか?と疑問に思った。
物置部屋の扉はガラスが付いて中が見えるが、『図書館だより』のポスターを貼っているせいで今は中が見えない。
中が見えない事をいい事に、穂先先輩がタバコでも吸ってるのか?と思った。
しかし、微かに聞こえる声に違和感を覚えた。
吐息のような声が聞こえる、それも艶かしい感じがした。
俺は屈んで物置部屋に近づいた。
声がだんだんよく聞こえるようになる。
それは女の喘ぎ声、しかも2人だ。
俺はガラスに貼り付けたポスターの隙間から、物置部屋を覗いてみた。
穂先先輩と藤宮さんがキスをしていた。
しかも濃厚なディープキスだった・・・。
穂先先輩は妖しい笑みを浮かべて、藤宮さんはうっとりとした表情でキスに没頭している。
すると、穂先先輩が藤宮さんのブレザーのボタンを外し始めた。
藤宮さんのブレザーを脱がし、シャツのボタンを穂先先輩が外していく。
シャツを脱がせると、ピンクの挑発的なブラが見えた。
あの清楚で真面目な藤宮さんがあんなエロい下着をつけているなんて・・・。
「先輩・・・っ!・・・ああん・・・」
ブラの上から穂先先輩が優しく胸を揉み始めると藤宮さんから悩ましい声が。
我慢出来なくなった俺は勃起したペニスを出してオナニーを始めた。
穂先先輩はブラをたくし上げると、藤宮さんのおっぱいが見えた。
凄く綺麗な形で、ブレザーに隠れて分からなかったが結構大きいおっぱいだった。
穂先先輩は藤宮さんのおっぱいを優しく舐め始めると、藤宮さんは体をのけぞらせ、穂先先輩の頭を抱いて悶える。
「穂先先輩・・・!穂先先輩ぃっ・・・ああん・・・!!」
愛しげに藤宮さんの体を愛撫する穂先先輩。
その手は藤宮さんのスカートに伸びていって、ゆっくりと、焦らすように捲り上げた。
ブラと同じく、色っぽいパンティが見えた。
そのパンティを優しく、ゆっくりと脱がし始める。
俺が覗いている場所から藤宮さんのオマンコの形はハッキリ見えなかったが、陰毛は丸見えで、明らかに手入れをしているようであった。
穂先先輩は優しく藤宮さんのオマンコを指で弄り始める。
「あっ・・・あううっ!!」
と藤宮さんの喘ぎ声が大きくなる。
目はとろんとしていて、快感でうっとりとした表情で穂先先輩を見つめていた。
「んっ・・・ちゅっ・・・んむっ・・・!!」
そんな色っぽい表情を見せる藤宮さんに穂先先輩はキスをした。
すると、藤宮さんの方から貪るように穂先先輩にディープキスを始めた。
「穂先先輩・・・!もっと・・・もっとぉ!!」
藤宮さんがおねだりをしている・・・。
あの清楚な藤宮さんはそこには無く、ただ快楽に溺れているだけの雌にしか見えなかった。
穂先先輩は藤宮さんの欲求通りに、優しい愛撫から激しく、情熱的な手つきで藤宮さんを愛撫する。
乳首を摘んだり・・・舌先で転がしたり・・・よく見えないがクリトリスと思われる場所を指で摘んで弄ったり・・・・・・穂先先輩の愛撫で藤宮さんはあられもない声を上げる。
そして、
「あああっ・・・・ああああああああんっ!!」
廊下まで聞こえるんじゃないのかと思うほど大きな声を藤宮さんは上げた。
どうやらイッたみたいで、体をびくんびくんと震わせている。
そんな2人のレズ行為を見て、俺は3度も射精していた。
これ以上覗くのはまずいと思い、その場から静かに立ち去ろうとした。
しかし、2人がまだ濃厚なキスをしているのを見てると、まだ見ていたい気持ちが湧き上がってきて、覗きを続けた。
キスをしているうちに今度は藤宮さんがリードする立場になった。
ブレザーとシャツを脱がせると、派手なブラに包まれた穂先先輩のおっぱいが見えた。
かなりの巨乳だった。
穂先先輩は誘惑するように妖しい笑みを浮かべて、ブラをゆっくりと外す。
形もとても綺麗なおっぱいだった。
胸のあちこちにはキスマークが付いていた。
穂先先輩の胸を優しく揉んでいた藤宮さんだったが、やがて貪るように舐めしゃぶり、荒々しく胸を揉みしだく。
胸のキスマークの跡は激しい愛撫のせいだと解った。
「あん・・・!あああん・・・!それ、気持ちいい・・・!!」
随分と可愛らしい声で穂先先輩は喘ぐ。
普段男たちに話しかける時の、吐き捨てるような話し方からは信じられない声色だった。
藤宮さんの愛撫は荒々しく、おっぱいだけではなくお尻もぐにぐにと揉んでいるようだった。
藤宮さんの豹変ぶりも信じられない。
あの清楚な藤宮さんが欲望を剥き出しにして穂先先輩を求める姿に、俺はとてつもなく興奮していた。
穂先先輩は藤宮さんに激しく求められながら、スカートを捲り上げた。
パンティは紐パンで、レースの部分が色っぽい。
下着姿だけでも綺麗でそのまま眺めていたいと思うほどだった。
穂先先輩はゆっくりと紐パンの紐を解いて藤宮さんを誘惑するかのように脱ぎ捨てたが、まるでストリップのようだった。
穂先先輩のアソコも綺麗に陰毛を処理していた。
指で陰唇を開きながら藤宮さんに何かを囁いている。
まるで藤宮さんにおねだりしているようだった。
指で開いた穂先先輩のマンコは意外にも綺麗なピンク色だった。
援助交際でやりまくって、アソコが黒ずんでいると勝手に妄想していたが、実際は全く正反対のマンコの形に穂先先輩が可愛いと思えてきた。
藤宮さんは屈みこむと、穂先先輩のアソコを舐め始めた。
ペチャペチャといやらしい音が聴こえる。
穂先先輩は藤宮さんの頭を抱えて
「ああっ!ああん!あああん!」
と喘ぎまくっている。
俺が覗いている位置から藤宮さんがどんな風に舌を使っているのかよく解らなかったが、貪るように穂先先輩のマンコを嘗め回しているのは良く解った。
舐める音もとても大きく激しくなっていく。
クンニに没頭する藤宮さんの表情がチラッと見えた。
とても幸せそうな表情だった。
藤宮さんは穂先先輩のマンコを嘗め回して興奮しているのか、腰をもじもじと動かし、くねらせるような動きをしだした。
すると俺に向けてお尻を突き出すような格好になった。
俺の目の前に藤宮さんの可愛らしいアナル、マンコがハッキリと見えた。
そんなものを見せ付けられて我慢出来るわけがない。
俺は藤宮さんのマンコを見ながら今日何回目か分からない射精を図書室の床に放った。
「ああん!!はぁあん!ああん!ああん!」
「チュッ、チュッ・・・じゅるぅっ・・・!・・・穂先先輩・・・!あああん・・・!!」
穂先先輩の絶頂が近いのか喘ぎ声の間隔が短く、大きくなる。
すると藤宮さんは穂先先輩のアソコを舐めつつ、自分のマンコを弄り始めた。
藤宮さんは俺の目の前でオナニーを見せ付けるような格好となった。
俺は射精しているにも拘らず荒々しくペニスを扱き続けた。
「イクッ!イクッ!!あああぅぅううっ!!」
「穂先先輩!アッ・・・!!アアアアン!!」
扉の向こう側でもハッキリ聞こえるほど、大きな声を上げて2人は絶頂を迎えた。
よほど凄い絶頂なのか、2人は体をビクンビクンと震わせてボーッと呆けていた。
流石にこれ以上覗くのはヤバイと思い、逃げるように図書室を出て行った。
その後、俺は穂先先輩や藤宮さんとペアを組む事があったが、その態度は何事も無かったかのように今まで通りであった。
そして残念ながら、それ以来放課後に物置部屋を覗いても2人のレズ行為を見る事は無かった。