小学5年の時、クラスでスカートめくりが流行っていた。
隙をついて女子のスカートをパーッとめくって逃げるんだけど、
いつしか女子の方も、男子のチンコを揉んで逃げるという反撃をするようになっていた。 学校が終わったからも時々遊んでいる仲のいい先輩小学6年生の女の子がいたんだけど、
その子のスカートをめくったり、逆に反撃されたりもしていた。
ある日その先輩小学6年生の女の子の家に遊びに行って遊んでいる時に、スカートめくりの話題になった。
「なんで男子はスカートめくりをするの?」と聞かれた。 最初はみんながやってるからとか遊びでやってるとか答えてたんだけど、
しつこく聞かれたので「見ると嬉しいし、なんか興奮する」と正直に言うと、
「そんなに見たいの?・・・じゃあ見せてあげようか」
と言ってきたので「うん」とうなずくと
立ち上がって自分でスカートを捲ってパンツを見せてくれた。
俺は興奮しながらアソコの部分ばかりを凝視していたと思う。 しばらくしてその先輩小学6年生の女の子が「○○くんのも見せて」と言ってきた。
「僕のパンツが見たいの?」と言うと、「おちんちんが見たい」と言ってきた。 めちゃくちゃはずかしかったけど、その時は
「なんでそっちがパンツなのにこっちはちんちんを見せなきゃならないんだよ?」
なんてことは思わず、
見せてもらったんだから見せなきゃならないという思いでいっぱいだった。 俺は膝立ちになって半ズボンとパンツを下ろすと、その子は顔を近付けてまじまじと見てきた。
見られてることにすごく興奮した。
しばらくすると「触ってみてもいい?」と聞いてきたので「うん」とうなずくと、
両手で竿を揉んだりさすったりタマタマを揉んだりと、感触を味わうかのように触ってきた。 するとなんだかだんだん気持ち良くなってきた。
「そうされてるとなんだかいい気持ち」と言うと「こお?」言ってずっと触ってくれた。
俺は頭がポーッとなりながらただ気持ち良さを味わっていた。 そのうち体の奥から何かが込み上げてきて、トクントクンとチンコが脈をうつようになった。
イッたのだが、精子は出なかった。
その後も触われていたけど気持ち良さはなく、くすぐったいような変な感じがしたので
「やめて!」と言うと触るのをやめてくれた。 今のはなんだったんだという感じでボーッとしていると、
「なんか苦しそうだけど大丈夫?」と聞かれたので、
「うん大丈夫・・・なんだかすごく気持ち良かった」と答えた。
その後「どんな感じなの?」
「天国にいるみたいな感じだった」
「ふーん、不思議だねー」
みたいな会話をした。 その後も何ごともなかったかのように遊んだ。